名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 もうOver 40歳なのに、大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

梅雨があけたので、爽やかな青紅葉へ



昨夜はネットカフェで1夜を過ごしましたが、寝られないですね・・。
フラットな部屋が取れなかったという事もありますが、3時ぐらい
までは殆ど寝られず、4時過ぎには起きて退店してしまいました。
どこでも眠れるのが特技だと思ってたのに、ちょっとショック(笑)。
ただ、何故か今日は全く眠くなくて。
帰りの電車でもほぼ眠らず、帰宅後も寝たりすることも無ければ
特に疲れを感じる事もなく・・・。
ショートスリーパーで良かった、とつくづく思った1日でした。
(時間差で明日、疲れが出たりしなければ・・ですが(笑))

ただ、帰宅時間が狂ったため、予定していた外出は取り止めに。
せっかく時間が出来たので、手拭額をチェンジしました。
以前は梅雨仕様の柄でしたから、梅雨明けしたしね・・という事で。

楓石畳
「町家手拭 楓石畳」

5月に京都に行った際に買い込んでおいた1枚です。
夏柄なのか、春柄なのか分かりませんが、爽やかなので
今年の夏はこれで過ごそうと。
やっぱり縦柄は落ち着くな(笑)。

でも、今日は一日梅雨時みたいな天気だったんですけどね(爆)。




ネットカフェで夜明かし体験

昨日「青春18切符を使って大阪往復!」って書いたばかりなんですけど
いきなり往復できなかった、というお話(笑)。

松竹座での観劇が終わり、梅田に移動して21時発の米原行きに乗れば
自宅に帰れるはずだったんです。
ただ、これが最終電車なのでリスクあるなーとは思ってたんですが。
無事に予定の電車に乗り、順調に爆睡し、ふと気づくと草津駅で
電車が止まってるじゃないですか。
アナウンスを聞くと、琵琶湖線が大雨のため運休になってしまっていて
河瀬駅止まりになり、米原まで行けない・・らしい。
ていうか、琵琶湖線ってどこのこと?河瀬駅ってどこのこと?
っていうレベルなんですが。

京都まで戻って新幹線に乗ることも検討したのですが、そもそも
逆向きの電車もまったく来ない。
ダイヤ通りに運行していれば間に合うのですが、この調子では
新幹線の最終列車にも間に合いそうにない。
念のために駅員にも聞いたけど「名古屋に行くのは無理っすね・・」と
言われてしまいました。


・・・・最悪。


往路は順調で「これなら次回も使えるねー」と思ったばかりなのに。
でも草津駅で放り出されてもねぇ・・と考え、とりあえず、多少なりとも
土地勘があって、潰しが利きそうな梅田まで戻り(この時点で23時半くらい)
以前何度か使ったことのある東梅田のネットカフェに無事落ち着きました。
ビジネスホテルも取れそうではあったのですが、この時間なので
知っている所が一番安心だ、と思いまして。
ということで、明日の始発で帰ります。
ちっ、青春18切符1回分無駄にしちゃったよ。

ま、今日が土曜日で(明日も休みでかつ特別に予定がない)良かった。
知っているネットカフェがあって、空いていてよかった、って事にします(爆)。





観劇「七月大歌舞伎」夜の部

昼の部が終わり、一旦難波の街をウロウロしてからまた劇場へ。
今回の私の遠征の一番の目的は夜の部なので、花道横をGET。
本当はもう2列ぐらい後ろが良かったんだけどな・・。

七月大歌舞伎「七月大歌舞伎」大阪松竹座 1階3列
16:00開演、20:10終演
一、舌出三番叟(しただしさんばそう)
二、盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)







三番叟かあ、何を寿いでいるのかしら?と思ったら、そもそも
この公演が大阪松竹座新築開場二十周年記念の公演なんですね。
私が最初に松竹座に参りましたのは、「朧の森に棲む鬼」の時
だったかと思いますが、好きな劇場の一つです。

そして一番のお目当ては「盟三五大切」。
コクーン歌舞伎でしか観たことが無かったので、大歌舞伎で
ちゃんと観てみたい、という事と、仁左衛門丈が薩摩源五兵衛を
演じるなんて素敵!と。
感想はまた改めますが、これまた観に来てよかった!と思う1本。

その後、結局ネットカフェで夜明かしをするハメになるのですが
ちっとも腹が立たなかったのは、舞台の満足度が高かった、
という事も大きいと思うんですよね。




観劇「七月大歌舞伎」昼の部

通常の出勤時間と同じぐらいに家を出て、青春18切符で大阪へ。
快速電車の乗継なので、2時間半程で到着し、何だか余裕(笑)。
阪急梅田でお弁当を買い込み、いざ劇場へ。

七月大歌舞伎「七月大歌舞伎」大阪松竹座 3階2列
11:00開演、14:40終演
一、夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)
二、二人道成寺(ににんどうじょうじ)







最初は夜の部だけの予定でしたが、夏に、大阪で観る「夏祭浪花鏡」
もいいなーと思いまして。好きな演目でもありますし。

感想はまた改めて。
でも、観に行ってよかった!
私の席の近くの集団は「歌舞伎が初めて」の方の集まりだった様子。
「システムが分かんない(大したシステムじゃないですが・・)」とか
「何で前のめりになっちゃダメか分かんない」とか、
「劇場入口のスーツの人を黒子って言うの?(いや、違うと思いますが。)」
とか、戸惑う事もおありだったようですが、幕間や終演後には
「面白い」「楽しい」と仰っていました。
うん、確かに面白かったです!





今年の夏の目標

夏って、何かと遠征が多くなりがち。そんな時にお世話になるのが

青春18きっぷ
じゃーん、青春18きっぷ。

別に長時間移動が好きな訳じゃないですよ。新幹線で移動するのが
一番体にもラクだし、時間もかからない。
でも、ダントツでお得だし、つい挑戦してみたくなるんですよね。
一度東京まで行くと「来年はもう止めよう」って思うのに(笑)。
さすがにもう身の周りで、青春18きっぷ使っている人は
居なくなるお年頃ですしね(爆)。

でも、懲りずに今年も買っちゃいました。
毎年数回だけ使って、あとは売っちゃうんですけど、
今年は5回分全部使う!が目標。

まずは明日、大阪往復で〜す♪



スムージーカクテルで暑気払い

あまり仕事帰りに飲みに行く機会が多くは無いのですが、
前から興味のあったお店に、仕事帰りに後輩と突撃してきました。

「グランデ カラ」
名古屋市千種区 今池 1-12-3
18:00〜翌2:00(LO 翌0:30)

今池は私の生活動線にないので、「行くぞ!」と思わない限り
なかなか立ち寄る事がないエリアなのですが、今回はたまたま
見ていたテレビでココが取り上げられていて、興味があったんです。

このお店のウリはフレッシュスムージーカクテル。
メニュー
ものすごくたくさんの種類があります。
「コレとコレを使って、アルコールはこれぐらいで・・」のような
ふわっとした注文でもOK。メニューにあるものでも
「甘くしないで」とかアルコールの強さとかも調節可能。

スムージーカクテル
スムージーカクテルでかんぱ~い!(1つはアルコール無し)
1杯ずつ作るので、全員揃うまで、ちょっと時間がかかって
しまうけど、それは仕方ないですね。

私がオーダーしたのは左から2番目のもの。
キャベツ&パイナップルに、チアシードとコラーゲンボール入り。
アルコールはテキーラ。
一番左は、ブロッコリー&キウイ。
右の二つはベリーやマンゴー、サクランボやイチジクなどの
女子っぽいヤツ(笑)。(←絶対私じゃないって感じのヤツ)

どれも美味しい!お酒飲んでる感じがしないぐらい(笑)。
2杯目は、「りんご&青野菜」をオーダー。
この日の青野菜は法蓮草だったのですが、苦みが強い法蓮草だった
という事で、ラ・フランスと生姜をプラスしてくれました。
その時の果物や野菜の味によって、いろいろと調整して
作ってくれるみたいです。

この日は隣のテーブルの女子たちがお誕生日会だったようで
ケーキのサプライズもしていたようなのですが、私たちをはじめ
店内の他のお客様全員に特製サングリアを出してくれて
(ちゃんと一つはノンアルコール仕様になっていた)
一緒にお祝いをさせて頂きました。

調子に乗って飲むと酔っ払いますが(笑)、1杯800円程度なので
コールドプレスジュースを飲むのと変わらない価格帯。
アルコールを飲んでいるんだけど、ヘルシーな気がして、
罪悪感が軽くなるという、魔の飲み物でした(爆)。
一人で来店して1杯だけ・・なんて、ゼンゼンできちゃう感じなので
今池じゃなくて栄にあれば、仕事帰りに一人で寄れるのに・・。

遠征時は積極的に店を探すクセに、地元は本当に疎い私。
もう少し地元開拓をしてもいいかなーなんて思ったのでした(笑)。





チケットGET「この熱き私の激情」

11月はもう遠征の予定がパツパツなので、豊橋とはいえ地元で
上演していただけて助かります。
とはいえ、12月は週末全てがパツパツなので、豊橋で上演されても
かなり無理をして予定を空けた、という感じですが。


『この熱き私の激情
【豊橋】穂の国とよはし芸術劇場PLAT(12月9日 〜12月10日 )
作:ネリー・アルカン  演出:マリー・ブラッサール
出演:松雪泰子、小島聖、初音映莉子、宮本裕子、芦那すみれ、奥野美和、霧矢大夢



作も演出も海外の方かー。どんな感じになるんだろう。
しかし、チケ取りは既に師走突入ですか・・・。









観劇「髑髏城の七人Season鳥」

髑髏城の七人の花鳥風月シリーズ、第二弾ですね。
最近はちょっと新感線熱が落ち着いていたのですが、「花」を観て
やっぱり面白いなあと思い、期待マンマンで臨みました。
これが今回の遠征最後の観劇。よく観たわー。

鳥髑髏劇団☆新感線「『髑髏城の七人』Season 鳥」
IHIステージアラウンド東京7列 18:30開演、22:00終演
作:中島かずき     演出:いのうえひでのり 
出演:阿部サダヲ、森山未來、早乙女太一、松雪泰子、粟根まこと、福田転球、少路勇介、清水葉月、梶原善、池田成志 ほか

※あらすじはもうパスしていいですか・・・。




「Season花」も素敵なキャストでしたが、 個人的には「鳥」の方が
好みなんですよね。
阿部サダヲさん、森山未來さん、早乙女太一さん、梶原善さん、そして
池田成志さんは新感線に3度以上出演している“準劇団員”の方たち(笑)。
劇団員は粟根さん、右近さん、カナコさんの3人しか出演していない
ですけどね(爆)。(仁さんは厳密には劇団員ではないですもんね(笑))

お席は7列目。どの席でも視界に難ありのイメージがある劇場ですが
今回はめちゃくちゃ観やすかったです。
前過ぎると映像酔いしてしまうのですが、これぐらいの距離感であれば
ギリOK。役者の表情もよく見える。
また、下手のブロックの一番センター寄り(通路脇)の席だったので
視界を遮るものが無く、ストレスフリーでございました。


「ガラスの仮面」の中に「忘れられた荒野」という劇中劇があります。
北島マヤが狼少女ジェーンを演じたヤツですね。
ガラカメの中で演出家が全く解釈を変えて数パターン上演しています。
コメディになったり、悲劇になったり、オオカミが人間を支配する
という逆転世界だったり。基本は同じ作品なのに、全く違った
舞台になり得るんだ、というのがとても印象的で、最初に読んだのは
中学とか高校生ぐらいだったのですけど、記憶に残っていました。
今回の「髑髏城」のプランを聞いて、最初に思い出したのはこの
「忘れられた荒野」の事だったなぁ、なんて思い出したりしながら
「花」も面白かったけど、「鳥」はどう変わっているんだろうと
ワクワクし、出来るだけ予備知識を入れないで、観劇に臨みました。

もう1度観る予定があるので役者さんについては改めて・・と
して、全体の印象などについて、つらつらと。





続きを読む

観劇「怪談 牡丹燈篭」

夜はこちら。すみだパークスタジオ倉は初めての劇場です。
小劇場って駅から遠い事が多いんですよね・・。
新国立から移動して、みっちり1時間。少し迷いながらも何とか到着。

怪談牡丹燈篭「怪談 牡丹燈篭」すみだパークスタジオ倉 C列
18:30開演、20:30終演
原作:三遊亭円朝   脚本:フジノサツコ   演出:森新太郎
出演:柳下大、山本亨、西尾友樹、松本紀保、太田緑ロランス、青山勝、松金よね子、花王おさむ、児玉貴志、原口健太郎、宮島健、川嶋由莉、新上貴美、井下宜久






「牡丹燈篭」自体は歌舞伎でも、そうではない舞台でも何度か
観た事がありますが、森新太郎さんが演出するという事と
キャストが私的に魅力的だったので、観るぞ!と決めていました。
 
初めて行く「すみだパークスタジオ倉」。
10列もないんだけど、横幅はかなり広い印象ですし、舞台自体も
結構広いんだな、と思いました。ただ椅子も小さいし、シートピッチ
も非常に狭く、前列の大柄な男性が縮こまって観ていらっしゃって、
気の毒になってしまいました。

舞台は真っ暗で、一枚の布がつりさげられてるだけ。
ヨットの帆みたいな感じに、長い棒に吊るした布が垂らしてあって
それがクルクルと回転する(うまく説明できない・・)だけのセットです。


 
続きを読む

観劇「子供のためのシェイクスピア『リア王』」

地方公演で観るのはまずムリだろうな、と思いましたので
今年はさっさと諦め、東京で観ることに決めておりました。
それにしても、大阪公演も無くなっちゃったんですね。

リア王子どものためのシェイクスピア「リア王」あうるすぽっと
脚本・演出:山崎清介
出演:福井貴一、戸谷昌弘、土屋良太、佐藤あかり、若松力、加藤記生、チョウヨンホ、大井川皐月、山崎清介
【あらすじ】
ブリテンの王リアは、三人の娘に領地を分け与えようと考え、自分への愛の深さを娘たちに問う。二人の姉娘は、父の機嫌をとろうと心にもないことを言って父を喜ばせる。リアが一番愛する末娘のコーディーリアは、娘としての愛以外に何も言うことはないと答え、父の怒りをかい勘当されてしまう。王位を譲り二人の姉娘のところを行き来するリア。だが、二人は次第に父を粗末に扱うようになる。嵐の中、正気を失いさまようリア・・・。娘の愛情をはかりにかけた男の物語



「リア王」というと、私は平幹二郎さんを思い出してしまって
ちょっと切なくなってしまうのですが、どんな演出になって
いるのかなあ、というのも毎年楽しみなカンパニーです。

ソワレの舞台を一緒に観る予定の友人と一緒に朝ごはんを食べて
一旦別れる予定だったのですが、「特に予定もないので、私も
舞台を観ようかな」と言い出し、当日券を買いに行ったらC列。
普通に買った私がJ列って、なんか微妙なんだけど・・・(笑)。

感想はまた改めて。

 

livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定




<7月>
□Penalty killing remix version@豊橋


<8月>
□プレイヤー@東京
□罠@東京
□「髑髏城の七人」Season鳥@東京
□八月納涼歌舞伎/三部@東京
□八月納涼歌舞伎/一部@東京
□八月納涼歌舞伎/二部@東京
□きゅうりの花@大阪


<9月>
□ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと─@豊橋
□あっこのはなし@豊橋
□夜、さよなら 夜が明けないまま、朝 Kと真夜中のほとりで@豊橋
□Glorious!@東京
□CRIMES OF THE HEART―心の罪―@東京
□謎の変奏曲@東京
□ワーニャ伯父さん@東京
□デスノートThe Musical@東京
□レ・ミゼラブル@名古屋


<10月>
□人間風車@東京
□関数ドミノ@東京
□「髑髏城の七人」Season風@東京


<12月>
□この熱き私の激情@豊橋
□The Beauty Queen of Leenane@東京
□ペールギュント@兵庫



以上がチケットGET済み。





●他に興味がある公演はコチラ(7/14更新)



2017年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>4本
■スルース〜探偵〜@名古屋
■新春浅草歌舞伎@東京
□「足跡姫」〜時代錯誤冬幽霊〜@東京
□壽新春大歌舞伎@東京

<2月>5本
■ビッグ・フィッシュ@東京
■陥没@東京
■ロミオ&ジュリエット@東京
■猿若祭二月大歌舞伎@東京
■ザ・空気@豊橋

<3月>6本
■ハテノウタ@大阪
■ロミオ&ジュリエット@大阪
■炎 アンサンディ@東京
■不信〜彼女が嘘をつく理由@東京
■令嬢ジュリー@東京
■死の舞踏@東京

<4月>6本
□白蟻の巣@豊橋
□城塞@東京
■エレクトラ@東京
■王家の紋章@東京×2
■あ、カッコンの竹@名古屋

<5月>8本
■エジソン最後の発明@名古屋
■ハムレット@兵庫
■フェードル@刈谷
■王家の紋章@大阪
□マリアの首@東京
■60'sエレジー@東京
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■王家の紋章@大阪大千秋楽

<6月>6本
■非常の階段@豊橋
■天の敵@大阪
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■グレート・ギャツビー@名古屋
■平成中村座_昼の部@名古屋
■平成中村座_夜の部@名古屋

<7月>7本
■子どもの事情@東京
□怒りをこめて振り返れ@東京
■怪談 牡丹燈籠@東京
□子どものためのシェイクスピア「リア王」@東京
■「髑髏城の七人」Season鳥@東京
□七月大歌舞伎(昼)@大阪
□七月大歌舞伎(夜)@大阪



★★観劇以外のエンタメ★★
■デスノート THE CONCERT@大阪
■KEJI URAI TALK EVENT〜王家の紋章〜





▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★




2017年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:26本(昨年は60本)
読書:8冊(昨年は14冊)
   ※除コミック
観劇:40本(昨年は68本)
その他:2本(昨年は11本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:7回14日
大阪遠征:7回7日

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン