名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 もうOver 40歳なのに、大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

観劇「怒りを込めて振り返れ」

今日もまた初台でございます。

怒りを込めて振り返れ「怒りを込めて振り返れ」新国立劇場小劇場
 作:ジョン・オズボーン 演出:千葉哲也
出演:中村倫也、中村ゆり、浅利陽介、三津谷葉子、真那胡敬二
【あらすじ】
英国中部のある大都会の屋根裏部屋。貧しい下層階級に生まれたジミーは、妻アリソンと、同じ下層階級出身の友人クリフとの奇妙な三人の共同生活を続けていた。ジミーは、政治、宗教、あらゆる旧世代の価値観や秩序に激しい怒りをぶちまけ、さらに搾取により裕福で欺瞞に満ちた生活を送る憎むべき中産階級出身の妻アリソンにいらだち罵倒する。善良なクリフはジミーに怒りの矛先を向けられ憔悴したアリソンをやさしくなぐさめるのだった。ある日、アリソンの友人ヘレナが部屋を訪れる。窮状を見かねたヘレナは、アリソンの父親レッドファーン大佐に連絡を取り、説得されたアリソンは実家に戻るのだが......。


新国立劇場らしからぬ客層(若い女性比率が高い)になんだか
落ち着かなかったりしたのですが、これは倫也ファンの方々
なんでしょうか。

感想はまた改めて。
いやぁ、すごい怒りパワーでした。





 

観劇「子供の事情」

チケット取るのに苦戦するだろう・・と推測し、最初から
人気の高い土日を諦め、夏休みを使って平日にやって参りました。

子どもの事情「子どもの事情」新国立劇場中劇場 5列(2列目)
18:30開演、21:00終演
作・演出:三谷幸喜
出演:天海祐希、大泉洋、吉田羊、小池栄子、林遣都、春海四方、小手伸也、青木さやか、浅野和之、伊藤蘭
【あらすじ】
舞台は1971年、世田谷区にある楠小学校。いつも放課後学校に残っている4年生8人(Super8)が楽しみに待っていたのは転校生。その転校生のジョーがやってきてから皆の人間関係がちょっとずつバランスが崩れ始めていく・・・。

 

私は天海祐希さんが大好きなので、絶対観たかったですが、
ある意味ドリームキャスト的な座組みですので、たとえ
天海さんが出ていなくても、観に来たであろう作品です。
当日券を求める人が徹夜までしている、と知ってビックリ。

三谷さんの舞台に出る天海さん・・というと、天海さんが降板を
せざるを得なかった「おのれナポレオン」 を思い出しますが
ある意味リベンジ的な気持ちもあるんだろうな、なんて勝手に
思ったりもします。

舞台は教室。上手(廊下側)の窓には生徒たちの絵が貼り出され
ています。
そこにツインテールの女の子がフラっとやって来て、
最前列の机で何やら書き物をはじめ、そこからユルユルと
開演となります。





 続きを読む

チケットGET「八月納涼歌舞伎」

8月と言えば納涼歌舞伎。
魅力的な演目も多く、何だかんだと毎年観ているような気がします。
とはいえ、1部だけとか、2部だけとか。
でも今年は、3部とも全部興味があって困りました。


『八月納涼歌舞伎
第一部
一、刺青奇偶(いれずみちょうはん)
二、上 玉兎(たまうさぎ)
  下 団子売(だんごうり)

第二部
一、修禅寺物語(しゅぜんじものがたり)
二、歌舞伎座捕物帖(こびきちょうなぞときばなし)

第三部
  野田版 桜の森の満開の下(さくらのもりのまんかいのした)


第三部は絶対観たいじゃないですかー。
第二部は彌十郎丈好きの私としては、やはり観たいし
去年の納涼は第三部しか観ていないので、外せないでしょ。
第一部は見送る?と思ったら、勘太郎君が出るのかー。
・・・全部観るしかないじゃん(爆)。
8月は前半に上京するタイミングが2度あるので、通常の大歌舞伎と
同じスケジュールで上演してくれていれば、分散して
観られたのですが、1泊延泊して詰め詰めで全部観るしかない。

第三部は私は外せなかったので、これより前に別の所で確保済。
全部一等席は厳しいので、他は3等で観るか!と思って本日
歌舞伎会の先行に挑戦しました。
予約開始直後にみると、もう第二部は3等席なんて1枚も残ってない。
あー・・。まあ、人気あるでしょうからねぇ・・・。
第一部は3等Aが若干残ってるレベル。(ちなみに三部も3等席は全く無し)
結局、一部→二部→三部を3等→2等→1等で観ることになりました。
徐々に舞台に近づいていく感じね(笑)。






チケットGET「きゅうりの花」

東京公演のスケジュールがギリギリ合わなくて、今年こそこれは
見送らざるを得ないなぁ、と諦めていたんですが、土曜日に
魔がさして、ふと大阪公演のチケット残状況を見てしまいました。
この段階で負けなんですが(笑)、またいい席が残ってたんですよ。
1列目ですら残ってて。・・・そりゃ、ポチっちゃうでしょ?


土田英生セレクションvol.4『きゅうりの花』
【大阪】 ABCホール
作・演出:土田英生
出演:内田淳子、加藤啓、金替康博、神田聖司、諏訪雅、千葉雅子、土田英生



MONOの出世作らしいとか、MONOの舞台製作をする会社の
名前(キューカンバー)の由来になった舞台だとか、色々聞いていて
元々すごく観たかったから、むしろ「やっぱりね」って感じで(笑)。
お盆の時期は東へ西へと大忙しです。





チケットGET「ペールギュント」

東京公演はまだスケジュールすら出ていませんが、とりあえず
兵庫公演をGET。


『ペール・ギュント』
原作:ヘンリック・イプセン  演出:ヤン・ジョンウン
出演:浦井健治、趣里、万里紗、莉奈、梅村綾子、辻田暁、さつき、浅野雅博
 石橋徹郎、碓井将大、古河耕史、いわいのふ健、今津雅晴、チョウ ヨンホ
 キム デジン、イ ファジョン、キム ボムジン、ソ ドンオ、ユン ダギョン、マルシア



2015年に上演された時もパスした演目ですが、あまり得意なジャンルでは
無い予感がします・・・。イプセンは「人形の家」と「海の夫人」
しか観たことは無いですが。
12月は他にも観たい演目が目白押しなので、東京では観ないかも。
まあ、大晦日に遠征する私もどうかと思いますけどね(爆)。





映画「素敵な遺産相続」

来週以降は週末の予定が混み混みなので、ゆっくりできるのは
今週まで。ということでいつものようにホットヨガの後で映画です。

素敵な遺産相続素敵な遺産相続
 監督:アンディ・テナント
出演:シャーリー・マクレーン、ジェシカ・ラング、デミ・ムーア
【あらすじ】
最愛の夫に先立たれた元教師のエヴァ。夫が残した生命保険5万ドルを受け取るはずが保険会社の手違いにより500万ドルもの大金が振り込まれる。すぐに返金を申し出ようとするエヴァを親友のマディが引き留め、手に入った高額の遺産を元手にヨーロッパの人気リゾート地カナリア諸島へバカンスへ行こうと持ちかける。その頃、保険会社の職員ヴェスプッチは間違えた保険金の回収のためにエヴァたちを追うが・・・。アカデミー賞2大女優競演で贈る、人生再スタートの物語。


一番観たい映画は他にありましたが、上映時間が合わなくて。
どうしても観たい!という程ではありませんでしたが、
キャストが豪華だな、と思ってこちらの作品を観てみる事に。




続きを読む

突然の訃報

深夜、突然の訃報に愕然としました。
中嶋しゅうさんがシアターイーストで上演されていた舞台から転落し、
緊急搬送されたという事はTwitterのTLで知り、心配はしていましたし、
いやな予感がしないでも無かったのですが、まさかこんな事になるなんて・・。
この  「Other Desert Cities」は興味があったものの、東京での
時間が取れずに一旦断念。ただ急遽来週の上京時に時間が取れる事に
なりそうで、当日券で行こうかな、と思っていた矢先でした。

中嶋しゅうさんと言えば、浦井君がとても慕っていて、ブログにも
何度も名前が出てきたり、対談相手に指名したり等をしているのを
見ているので、親近感がありましたが、調べてみると、私は今までに
13本の出演作品を観ていたようです。特にここ数年の作品が多いかな。

「炎」
「ヘンリー4世」
「あわれ彼女は娼婦」
「ETERNAL CHIKAMATSU」
「おそるべき親たち」
「スポケーンの左手」
「夜想曲集」
「狂人なおもて往生をとぐ」
「マクベス」
「ジャンヌ」
「ジキル&ハイド」
「キーン」
「かもめ」


渋くて、出てくるだけで雰囲気が変わるような俳優さんでした。
あまりに突然すぎて、今でも信じられない気持ちです。

秋には「CRIMES OF THE HEART ―心の罪―」のチケットを
取っていましたし、来年の「ヘンリー5世」も行くつもりでした。
「ヘンリー6世」「リチャード3世」「ヘンリー4世」と
中心となるキャストが同じままで上演をしてきただけに、
「ヘンリー5世」まではしゅうさんに出演して頂きたかった。
少なくとも、昨日の初日は終演まで演じられたらね・・。
ご本人も無念だったんじゃないかな。

私がしゅうさんの舞台で真っ先に思い出すのは、「ヘンリー4世」
第二部のラスト、ハル王子と共に王冠を被って真っ白な衣装を身に着け、
鉄骨のようなセットの中でライトを浴びて前を見据えるシーンかな。

自分の思っていた明日が来るとは限らない、という事を
改めて思い知らされた気がします。
平幹二朗さんに続き、中嶋しゅうさんまでも・・。
演劇界がまた寂しくなっちゃいました。





チケットGET「東京」

8月6日はちょっとした用があり(分かる人には分かるだろうけど)
東京に行くんですが、その用事が1時間ぐらいで終了してしまいます。
1時間のために上京・・と思うと勿体なくて、何か観るものはないか
と、ちょっと探したのですが納涼歌舞伎はまだ始まっていない。
「きゅうりの花」を相当観たかったのですが、劇場が三鷹なので
その用事(品川)の後では間に合いそうもなく、止む無く断念。

そんな時にこれを知りました。


朗読「東京」第五回
出演:渡辺いっけい 中村まこと
朗読作品:黒井千次 著 「たまらん坂」


いっけいさんも、中村まことさんも好きな俳優さんですし、
チケット代もお値打ちです。
15時@池袋は結構ギリギリかなーとは思いますが、同じ時間に
三鷹に行くよりは間に合う確率が高い。(三鷹は駅からも遠いし)
はー、これで上京する罪悪感(何に対する罪悪感なのやら)も
軽減するってもんです(笑)。





映画「しあわせな人生の選択」

観たいと思っている映画が溜まってきてしまった事と、
現在仕事がそれ程忙しくない事もあって、仕事終わりに映画を1本
観てきました。

しあせな人生の選択しあわせな人生の選択
監督:セスク・ゲイ
出演:リカルド・ダリン、ハビエル・カマラ、ドロレス・フォンシ
【あらすじ】
フリアンはスペインで俳優として活躍し、愛犬トルーマンと暮らしていた。ある日突然、カナダで暮らしていた古い友人のトマスが目の前に現れる。フリアンのいとこから彼の具合がよくないと聞かされたからだった。フリアンはすでに治療をやめ、身辺整理を始めていた。説教されることを嫌がり、彼を追い返そうとするが・・・。スペイン・アカデミー賞<ゴヤ賞>で最多5部門を受賞。限られた時間を“しあわせ”に導いた、友人と愛犬との愛おしい4日間。


何でこの作品を観たいと思ったのかは思い出せないのですが
(予告すら観たことが無かったので)平日の夜の開映の割には
お客が入っていたような印象です。
スペイン映画かあ・・久しぶりかも。

で、映画館に入ったらめっちゃ暑い。ていうか、暖房が入ってる・・。
開映前に男性が堪りかねてスタッフに下げるように言いにいって
くれたからいいようなものの、熱中症になるかと思った(笑)。





続きを読む

2017年7月のエンタメ予定

7月・・・。今年ももう半分過ぎてしまった訳ですね。
時の速さに溜息しか出ませんねぇ(笑)。
私は今月から夏休み月間でございます。7月に2日間取得して
あとは8月って事で。


【観劇】
「子どもの事情」
@東京
「怒りをこめて振り返れ」@東京
「怪談 牡丹燈籠」@東京
「子どものためのシェイクスピア『リア王』」@東京
「『髑髏城の七人』Season鳥」@東京
「七月大歌舞伎(昼)」@大阪
「七月大歌舞伎(夜)」@大阪
「Penalty killing remix version」@豊橋
8本かー。まあ、10本超えなければ大丈夫(笑)。
東京2泊、大阪もあり。どれもこれも楽しみな作品ばかり♪


【チケ取り】
「24番地の桜の園」
@東京
あら、これだけ?でもそもそも、この作品は見送りが濃厚・・・。
「トロイ戦争は起こらない」も「プライムたちの夜」も申し込み済で
まず取れるだろうし、「納涼歌舞伎」も同様。
「ダディ・ロング・レッグス」@名古屋はそろそろ先行があるかも?
「月髑髏」は前回同様ライブビューイングの際に情報開示されるのかしら。
「この熱き私の激情」@東京もちょっと怪しいかもね。
いずれも私の勝手な推測でしかございませんが(爆)。


【映画】
「素敵な遺産相続」7/1〜
「しあわせな人生の選択」7/1〜
「ビニー/信じる男」7/21〜
「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」7/29〜
「歓びのトスカーナ」7/29〜
「嘆きの王冠 ホロウクラウン」
思ったよりも本数がないかなー。前月からの積み残しもありますが。
「嘆きの王冠 ホロウクラウン」を名古屋で観られること自体は
嬉しいけど、7週連続とか絶対に無理だわ、私・・・。
(連ドラですら観られないというのに)
「美女と野獣」も、とうとう見逃しちゃったね(涙)。


【その他】
「ハムレット」7/3  on NHKプレミアムステージ
「不信〜彼女が嘘をつく理由」 on  WOWOW
「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠シリーズ」 on 衛星劇場
「劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥」ライブビューイング
「嘆きの王冠」は元々ドラマで、その後で劇場版が出来たって事?
とりあえず劇場に7週連続で通う事は出来ないと思われるので
放送してくれて助かります。
あとはライブビューイング。夜公演なら行けなくもないなぁ。
けど・・・ライブビューイングってものそのものに惹かれないので
実際に生で観て、リピりたいと思うような出来で、かつチケットが
残っていたら、行くか・・ぐらいのモチベーションで。


うちの会社は「7月〜8月の中で3日間夏休みをとる」決まりなので
7月に入ると、私以外もポロポロと夏休みをとる社員が出てくるし、
仕事も忙しい時期ではないので「ああ、夏ですねぇ」と思います。
私的には遠征ではない「旅行」の予定もあり、土日は大忙し(笑)。
先日久しぶりに風邪をひいたりしちゃったので、もっとちゃんと
体も動かして、ダイエットと共に体調を整えなければねー。





livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定




<7月>
□Penalty killing remix version@豊橋


<8月>
□プレイヤー@東京
□罠@東京
□「髑髏城の七人」Season鳥@東京
□八月納涼歌舞伎/三部@東京
□八月納涼歌舞伎/一部@東京
□八月納涼歌舞伎/二部@東京
□きゅうりの花@大阪


<9月>
□ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと─@豊橋
□あっこのはなし@豊橋
□夜、さよなら 夜が明けないまま、朝 Kと真夜中のほとりで@豊橋
□Glorious!@東京
□CRIMES OF THE HEART―心の罪―@東京
□謎の変奏曲@東京
□ワーニャ伯父さん@東京
□デスノートThe Musical@東京
□レ・ミゼラブル@名古屋


<10月>
□人間風車@東京
□関数ドミノ@東京
□「髑髏城の七人」Season風@東京


<12月>
□この熱き私の激情@豊橋
□The Beauty Queen of Leenane@東京
□ペールギュント@兵庫



以上がチケットGET済み。





●他に興味がある公演はコチラ(7/14更新)



2017年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>4本
■スルース〜探偵〜@名古屋
■新春浅草歌舞伎@東京
□「足跡姫」〜時代錯誤冬幽霊〜@東京
□壽新春大歌舞伎@東京

<2月>5本
■ビッグ・フィッシュ@東京
■陥没@東京
■ロミオ&ジュリエット@東京
■猿若祭二月大歌舞伎@東京
■ザ・空気@豊橋

<3月>6本
■ハテノウタ@大阪
■ロミオ&ジュリエット@大阪
■炎 アンサンディ@東京
■不信〜彼女が嘘をつく理由@東京
■令嬢ジュリー@東京
■死の舞踏@東京

<4月>6本
□白蟻の巣@豊橋
□城塞@東京
■エレクトラ@東京
■王家の紋章@東京×2
■あ、カッコンの竹@名古屋

<5月>8本
■エジソン最後の発明@名古屋
■ハムレット@兵庫
■フェードル@刈谷
■王家の紋章@大阪
□マリアの首@東京
■60'sエレジー@東京
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■王家の紋章@大阪大千秋楽

<6月>6本
■非常の階段@豊橋
■天の敵@大阪
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■グレート・ギャツビー@名古屋
■平成中村座_昼の部@名古屋
■平成中村座_夜の部@名古屋

<7月>7本
■子どもの事情@東京
□怒りをこめて振り返れ@東京
■怪談 牡丹燈籠@東京
□子どものためのシェイクスピア「リア王」@東京
■「髑髏城の七人」Season鳥@東京
□七月大歌舞伎(昼)@大阪
□七月大歌舞伎(夜)@大阪



★★観劇以外のエンタメ★★
■デスノート THE CONCERT@大阪
■KEJI URAI TALK EVENT〜王家の紋章〜





▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★




2017年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:26本(昨年は60本)
読書:8冊(昨年は14冊)
   ※除コミック
観劇:40本(昨年は68本)
その他:2本(昨年は11本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:7回14日
大阪遠征:7回7日

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン