名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。芝居と映画、朝ごはんの事しか書いていないブログです。

2020年5月のエンタメ予定

このエントリーを書くのもどうかと思いますけどね(爆)。
まあ、月初ですので書いておきます。


【観劇】
「ウエスト・サイド・ストーリーSeason3」@東京×2
「ヒッキー・カンクーントルネード/ワレワレのモロモロ 東京編2」@東京
「ナツノヨノ夢」@東京
「赤坂大歌舞伎」@東京
 もともと観劇予定が多い月ではなかったんですけど、当然ながら
今月もすべて予定が無くなりました。
ついでに言うと、浦井君のファンミも無くなりました。
まあ、「行くつもりだった」という記録までに。


【チケ取り】

チケットの発売も延期になっているものが多くて、今月何か
発売されるんでしたっけ・・?的な感じです。
最近はチケットが発売される前に公演中止になる事が増えましたから。
敢えて言うなら、次の劇チョコのチケットとかは、今月〜来月ぐらいに
発売になるかもしれませんね、公演があれば、ですが。


【映画】
これも、作品の公開時期が延期続出しているだけでなく、映画館が
クローズしてしまっている以上、特に書き出すものがございません。


【その他】
「タージマハルの傭兵」on NHK BS
「アントニーとクレオパトラ」 on 衛星劇場
劇団チョコレートケーキの過去作品のWEB限定公開と、ZOOMコメンタリー




緊急事態宣言も延長されるでしょうし、感染がおさまった感じもないので
とても以前の生活が戻ってくるという気がしません。
2月には遠征していたなぁ・・と思いますがそんなたった数か月前の事が
はるか昔の事のように感じられますし、また東京に芝居を観に行ける
んだろうか・・と、途方に暮れそうになります。

ただ、そういった先が見えない状況以上に、世の中のトゲトゲとした雰囲気に
毒されたか、自分自身も気が短くなってきているな、と思う事もあります。
「足るを知る」を心に留めて、ちょっとでも前向きに過ごしたいと思う
2020年の5月初めでした。






風琴工房「hedge」

折角「観劇三昧」に入ったので他にも何か観ようかな、と思いましたが
400以上の劇団があって、どこから手をつけたらいいモノか・・と。
であれば、自分が過去に一度でも観た事がある劇団ならば、イメージが
つけやすいので、まずはそこから観るか!でチョイスしました。

hedge
風琴工房「hedge」2013年作品 ザ・スズナリ
作・演出:詩森ろば
出演:佐藤誓、井上裕朗、根津茂尚、多根周作、杉木隆幸、酒巻誉洋、三原一太、金成均、佐野功、藤尾姦太郎、金丸慎太郎
【あらすじ】
人間が編み出した最高のコミュニケーションの産物であるはずの貨幣経済。金融とはそれを流通させること。なのに、結果としてコミュニケーションを分断する皮肉と、しかし今なおそこに確実にある可能性。経済を考えることは人間を考えること。これは企業再生ファンドにかける男たちのドラマです。



今はserial numberと名前が変わっていますが、まだ風琴工房という
団体名だったころの作品ですね。
風琴工房としてもserial numberとしても舞台を観た事があったので、
とっつきやすかったのと、舞台で企業再生ファンドを扱う作品って
何だか珍しい・・と思った事、単純に真山仁さんの「ハゲタカ」
という作品が大好きだった事が、この作品を選んだ理由です。





続きを読む

劇団青年座「ぼたん雪が舞うとき」

コロナ騒ぎで外出が出来なくなって暫くのうちは、ネットやテレビから
離れられず、とてもじゃないけど録画した舞台作品を観たい・・
と思えなかったんですけどね、少し気持ちも落ち着いてきましたので
1本観てみましたの。

ぼたん雪が舞うとき劇団青年座 第233回公演
「ぼたん雪が舞うとき」
作:高木達    演出:齊藤理恵子
出演:横堀悦夫、津田真澄
【あらすじ】
ある日、未曾有の大地震が起こった。津波によって原子力発電所が損壊。すぐさま半径20辧30匏内の住民に屋内退避指示が出された。夫婦は、政府の指示を忠実に守り、電話も電気も水道も止まった家の中で、二人だけの避難生活を始めることになった。これは、立入禁止区域に取り残された夫婦の一週間を描いた物語である。



これは狙って録画したものではなくて、他の舞台を録画したら
一緒に撮れてしまった、ってヤツ。(2本立ての放映ですので)
なので、どういう作品なのか、どなたが出ていらっしゃるのか
全く分からないままの状態でしたが、後から調べた所これは
同じ脚本を3パターンで上演していたようなんですね。
(演出家もそれぞれ違う)





続きを読む

劇団5454「カタロゴス-「青」についての短編集-」

「観劇三昧」に加入してみようかと思ったのは、これを観てみたいな
と思ったので。昨年観に行こうかどうしようか少し迷った作品です。

「青」についての短編集劇団5454第14回公演
「カタロゴス-「青」についての短編集-」
作・演出:春陽漁介
出演:小黒雄太、榊木並、高野アツシオ、村尾俊明、森島縁、阿澄佳奈、及川詩乃、大迫綾乃、河西美季、窪田道聡、鈴木千菜実、テジュ、西野優希、波多野伶奈、山脇辰哉
【あらすじ】
“カタログ”の語源である「カタロゴス」をタイトルにして、 この世やあの世に転がる身近なことを取りまとめる、劇団5454の短編シリーズ。 
第3弾は「青」についての短編集。



劇団5454(ランドリー)は今回初めて知った劇団です。
旗揚げが2012年という事だそうで、東京では今現在
赤坂RED/THEATERでの公演が多いみたいですね。
どうも私が観に行こうとする劇団は、下北沢がベースになって
いない所が多いみたい(笑)。



 続きを読む

チケットGET「アンナ・カレーニナ」

舞台の公演中止が相次ぐと同時に、チケットの先行発売の延期も相次ぎ
新しい舞台の情報は全く途絶えてしまった感があるので、こうやって
「チケット取ったよ」のエントリーは随分久しぶりな気がします。


 
『アンナ・カレーニナ』
【東京】シアターコクーン(8月7日〜9月3日)
原作:レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ
上演台本・演出:フィリップ・ブリーン
出演:宮沢りえ、宮沢氷魚、白洲迅、川島海荷、西尾まり、大空ゆうひ、吹越満、段田安則 ほか



これはすごーく前にミュージカルで一度観た事があります。
原作は読んだことがあるような、無いような・・・。
まあ、不倫する女の人の話なのであまり愉快な内容ではないけど(笑)
この役を宮沢りえさんが演じるというのは、やはり魅力があります。
ただチケットが取れて嬉しいはずなのに、何だか現実感がない
と言うか、また行けなくなるんじゃないか・・と考えてしまい
妙に醒めた感じなのが、自分でもちょっと意外です。

そして同じ日にイキウメの「外の道」が全公演中止の連絡。
ああ・・・もう公演中止の連絡には慣れた私ですが、これは地味に
ダメージが効いてる。次の劇団公演は1年後か(涙)。
来年も豊橋に来てくれるというのが、今の唯一の慰めです。
「終わりのない」のDVD買うか・・・。




ハンサムバーガー

随分前のような気がしますが、これはコロナウイルス騒ぎが
始まった後の話ですね、まだアップしていなかったので、
今さら感満載ですが(笑)・・。

今まで幾つか有名なグルメバーガーを食べに行った事はありますが
「ハンバーガー大好き!」という訳でもないので、なかなか
このお店にも行けないままでした。

ハンサムバーガー
「ハンサム バーガー (HANDSOME BURGER)」
愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 39-40
(火〜金)11:00〜19:00  (土)11:00〜15:00
休:日曜日・月曜日・祝日


名古屋ではそこそこ有名なお店ですね。
伏見ミリオン座が移転したため、伏見地下街を通る回数が増え
「いつか行きたいなぁ」と思っていたんですよね。
それが、ポコッと仕事が空いた日があったので有給を取り
近くを通りかかったので行ってみました。

11時半頃(ランチタイム前)だった事と、コロナウイルスの影響が
出始めていた頃だったので、まだお店はガラガラでした。





続きを読む

オンライン観劇サービス「観劇三昧」

こんなに出掛けない日々が続くと、やる事も無くなってきます。
いろいろ考えたのですが、今回こちらの会員になってみました。

観劇三昧
オンライン観劇サービス「観劇三昧」


オンラインで初めて観劇をしたのはいつだったかな、と思い出すと
CUBEでオンライン観劇が出来た頃、「人間風車」を観たんですよね。
阿部サダヲという俳優の凄さを知った作品でした(笑)。
調べたら2006年だったみたい。その頃は「ADSL」回線で、弟が何かを
ダウンロードし始めたので、画像が途中で止まったんですよ、
ラストのいい所で(笑)。・・・なんてのが思い出です。

舞台を観るのは大好きだし、一度生で舞台を観た後で、映像を
観かえすのは苦にならないんだけど、いきなり映像から観ると
すぐに入り込めない事が多く、あまり得意ではない・・・みたい。
(多くの場合、途中で寝てしまいます(笑))

でも、多少でも演劇界のサポートになれば嬉しいし、読書ばかりでは
肩が凝って仕方ないので、1か月1000円未満ですから、入ってみるか!と。
「観劇三昧」は出来た頃から興味はありましたから。

しかし・・・世の中には「劇団」というものがどれだけ多いのか
思い知らされますね(笑)。多少は小劇団の舞台を観るようになったと
思っていたけど、知っている劇団なんて、ほんの数劇団のみ。
これだけの数があると、どこから観ていいのか途方にくれますが、
とりあえず、観た事があったり、名前だけでも知っている劇団の作品から
いくつか観てみたいな、と思っております!









続・クラウドファンディング

昨日、「ミニシアター・エイド」に支援をした際に、演劇でも
同じように支援出来ないだろうか・・と言うような事を書きましたが
その直後に一つクラウドファンディングを見つけました。

save arts プロジェクト
「“#SaveArts” プロジェクト」


クラウドファンディングって、色々な所でやっているんですね・・。
昨日とは違うサイトで見つけました。
これは、「演劇」「歌劇/音楽劇」の支援を中心に行う事を目的と
しているらしく、特にダメージの大きい小規模団体がターゲット
との事です。演劇部門の実行メンバーは平田オリザさん。

演劇に関しては、団体も多いからか、なかなか映画のように一枚岩で・・
とはいっていないような印象を受けますが、最近私がよくお世話に
なっている「小劇場」や、そこに出演する団体・俳優さん達の力に
なれそうなプロジェクトのような印象だったので、まずはこちらに
支援させて頂きました。
今後、他でも良さそうな所を見つけたら、また、それはそれで
支援してもいいかな、と思いますし。
まあ、昨日と同じで大した金額が支援出来ないのが情けないのですが
昨日よりはちょっと多めに支援しました(笑)。
私にとっての一番の趣味が観劇ですからね。

まだまだ映画よりも支援者や支援金額が断然少ない様子なのが
寂しい気もしますが、少しでもこのファンドで助かる団体や
関係者の方がいることを願って・・・。








初めてのクラウドファンディング

全国的に緊急事態宣言が発出され、愛知県も特定警戒対象となりました。
休業要請も出ていろんなお店がシャッターを閉めています。

私自身も、家族も今のところは健康だし、仕事もあって、ちゃんと
お給料も頂けています。
ただ、世の中には本当に大変な思いをしている方が少なくなくて、
自宅に籠る事を余儀なくされていたとしても、安穏と生活している
という事に、申し訳ない気持ちになっていました。

なので、今回はこちらに参加してみました。
ミニシアター・エイド
「ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金」


メディアでも取り上げられることが増えてきて、気になっていたので。
愛知県だと私が行くのは「名演小劇場」ぐらいだし、名演だって
そんなに頻繁に行っている訳じゃないんです。
でも、だったら無くなっていいのか?って言ったらそれは困る。

幸か不幸かチケットの払い戻しも20件を超えて、あぶく銭はあるし(笑)
遊びに行くところも無いし、食事をしに行く事も出来ない。
(本当に頂けるか分からないけど)今後国が10万円くれるって言うのなら
この騒動が収まった時に「無くなって欲しくないもの」にお金を
使うのも悪くないじゃない、と。
今までも「あ、気になるな」と思うものがあっても、ついつい
後まわしになって、応援できずに終わってしまっていたので、
いい加減、自分も行動を起こそうと思いまして。

所詮私は、しがないOLなので、高額な協賛は出来ませんが、
でももし、何もしない間に映画館が潰れたら、後悔すると思うんです。
ちょうどニュースで観た時には支援金が1億2千万を超えていた所ですが
その段階で1館150万円分配されるんだそうです。
今現在、1億4千万弱、あと27日残っているらしいので、何とか
1館200万ぐらい分配される程度、集まったらいいなぁ。

ただ、私の一番の趣味は観劇、演劇なんですよね。
同じように何か支援したいな・・と思うんだけど、なかなか相応しい
支援先が見つからないんです。
ちょっと、これから探してみよう・・・。









リモートワーク、デビュー。

外出を控えるように言われている中、うちの会社もようやく始まりました、
リモートワークです。
私は基本的に事務職ですし、もともと外出も多いほうだったため、
それ以前からもVPN設定をしたノートPCを貸与してもらっていたので、
やろうと思えば以前からリモートワーク出来たのですけどね。

会社としても、リモートワークの本格的な解禁は、夏のオリンピック時期を
想定していたところ、この緊急事態宣言。大急ぎで回線等の増強を行い、
1万人ぐらいが接続できる環境を整えてくれました。

なのに、「リモートワークは週1回」だって。何それ(笑)。
ベンチャーあがりの会社のくせに、意識が古いんだよねぇ。
まあ、業種的にリモートワーク出来ない人の方が多いんですけども。

・・とまあ、色々と思う所はありますが、まずはやってみませんとね。
在宅勤務は初めてですが、自分を甘やかさないようにしないと・・
という事で、計画を立てました(笑)。

・朝は6時半に起床(いつもより1時間遅い)。
・身支度を整えたら、まずジョギング。だいたい4〜5キロぐらいかな。
・帰宅して、朝食。
・きちんとメイク(ベースはBBクリームだけど)してから着替え。
・服装は、職場に行くのと同程度のものを。
・昼休みは歩いて5分ぐらいのコンビニに敢えて歩いて行き、その間は
 窓をしっかり開けて換気。

これぐらい自分で決めておかないと、ダラダラ働いてしまいそうで。





続きを読む
livedoor プロフィール

みんみん

今後の観劇等の予定




<8月>
□大地@大阪
□ボーイズ・イン・ザ・バンド 〜真夜中のパーティー〜@大阪



以上がチケットGET済み。




●他に興味がある公演はコチラ(4/25 更新)



2020年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>3本
■沖縄世 うちなーゆ@東京
■FORTUNE@東京
■グッドバイ@名古屋


<2月>9本
■私たちは何も知らない@名古屋
■エブリ・ブリリアント・シング@名古屋
■メアリ・スチュアート@東京
■タブーなき世界そのつくり方@東京
■ヘンリー八世@埼玉
□天保十二年のシェイクスピア@東京
■偽義経冥界歌@東京
■往転@東京
■誰にも知られずに死ぬ朝@埼玉



★★観劇以外のエンタメ★★
□NTLive「リーマン・トリロジー」



★コロナウイルスで断念26本
・天保十二年のシェイクスピア@大阪
・オグリ@京都
・アナスタシア@東京
・偽義経冥界歌@東京
・十二夜@東京
・明治座花形歌舞伎@東京
・反応工程@東京
・NARUTO@名古屋
・冬の時代@東京
・愛する母、マリの肖像@大阪
・ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド 〜汚れなき瞳〜@名古屋
・桜の園@東京
・ウエスト・サイド・ストーリーSeason3@東京×2
・ヒッキー・カンクーントルネード/ワレワレのモロモロ 東京編2
・エリザベート@名古屋
・ナツノヨノ夢@東京
・赤坂大歌舞伎@東京
・ケンジトシ@大阪
・4@東京
・欲望のみ@豊橋
・外の道@豊橋
・ジョン王@名古屋
・三人吉三@東京
・アルキメデスの大戦@名古屋
・アンナ・カレーニナ@東京




[チケット発売前に中止決定]
・サヨナフ ―ピストル連続射殺魔ノリオの青春
・ズベズダ―荒野より宙そらへ―
・ある馬の物語
・砂の国の遠い声
・神州無頼街






▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■
■2017年に観た舞台はコチラ■
■2018年に観た舞台はコチラ■
■2019年に観た舞台はコチラ■





★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★
★2017年に観た映画はコチラ★
★2018年に観た映画はコチラ★
★2019年に観た映画はコチラ★




こんな本読みました

読書メーター


2020年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:17本(昨年は54本)
読書:44冊(昨年は48冊)
   ※除コミック
   ※読書メーターを11月
    から始めたので、
    それ以降の記録
観劇:12本(昨年は91本)
その他:1本(昨年は9本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:3回5日
     (昨年は15回31日)
大阪遠征:0回0日
     (昨年は5回6日)

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線
・ゲキシネ
・イキウメ
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・阿佐ヶ谷スパイダース
・MONO
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・オフィスコットーネ
・パラドックス定数
・Stage Gate
・TheatreCompany KAKU-SHIN-HAN
・アン・ラト(unrato)

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・吉祥寺シアター
・神奈川芸術劇場KAAT
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座


■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・おけぴ上演時間情報
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー
・歌舞伎見物のお供

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロステージ
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・高橋洋オフィシャルブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム