名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 アラフィフだというのに、こんな状態で大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

KENJI URAI Fan meeting & Mini concert 2018〜 heartful 〜

初台で舞台を観て、大手町で早めの晩御飯を摂り、よしっ!
と夢の国のある街へ向かいました。目的はこちら。

heartful
「KENJI URAI Fan meeting & Mini concert 2018〜 heartful 〜」
6月16日(金)19時開演〜21時30分 終演
舞浜アンフィシアター 20列目


敢えて金曜〜土曜の遠征のスケジュールにした理由の一つがこちら。
ファンイベントは一昨年のクリスマスに大阪で開催されたもの
以来なので、久しぶりですね。
最近は終演後のトークイベントも殆ど参加できていませんでしたし。

舞浜なんて、10代、あるいは20代前半に行ったのが最後のはず。
となれば、30年ぶりぐらいになるはずなんですが、舞浜の駅って
こんなんだったけ?と思うほど賑やかで。
だって、その頃はイクスピアリなんか無かったし(爆)。
イクスピアリ
会場の場所もよく分からないまま、周りの「夢の国」オーラに
圧倒されながらテクテクと歩いてき、アンバサダーホテルまで。
おお、これが有名なアンバサダーホテルか・・とか思いながら
更に歩いていくと、開場のアンフィシアターに到着です。

18時過ぎに到着したのですが、グッズ売り場は強烈な行列。
(16時頃から発売していたはずなので、買いたい人は買えたのでしょうが)
まだ雨もパラついていたし、何より寒かったので行列をしている方は
本当に大変だったと思います。


基本はレポ禁なんだと思いますので、他のメディアでも
公表されている程度の内容になりますが、自分の記録として
感想をちょこっと書いておこうと思います〜




続きを読む

観劇「夢の裂け目」

今月の遠征は、幾つかの理由により金曜日スタートです。
平日は高速バスがお得なので、早朝から東京着でした。
寒いわっ、東京・・・。

夢の裂け目「夢の裂け目」新国立劇場小劇場 C4列(7列目)
13:00開演、16:00終演
脚本:井上ひさし   演出:栗山民也
出演:段田安則、唯月ふうか、保坂知寿、木場勝己、高田聖子、吉沢梨絵、上山竜治、玉置玲央、佐藤誓
【あらすじ】
 ある日突然GHQから東京裁判に検察側の証人として出廷を命じられた天声は、民間検事局勤務の川口ミドリから口述書をとられ震えあがる。家中の者を総動員して「極東国際軍事法廷証人心得」を脚本がわりに予行演習が始まる。そのうち熱が入り、家の中が天声や周囲の人間の〈国民としての戦争犯罪を裁く家庭法廷〉といった様相を呈し始める。そして出廷の日。東条英機らの前で大過なく証言を済ませた天声は、東京裁判の持つ構造に重大なカラクリがあることを発見するのだが......。




予定が変わって、チケットを少し遅く取ったので、新国立主催の
舞台では初めてかもね、7列目ぐらいの席って。
でも観やすいお席でした。
えっと、何故この舞台のチケットを取ったんだっけ?と思って
開演したのですが、そうそう、キャストに惹かれて・・だったわ、と
気付いたのでした。




続きを読む

金谷でお魚を。「夕まずめ」

金山で晩御飯食べてきました。
今回のテーマは「金山で」。でも金山と言えばチェーンの居酒屋は
多いけど、気の利いたお店が思い当たらないなぁ・・と思っていたら
お相手の方がお店を選んでくれました。

夕まずめ
愛知県名古屋市中区金山1-2-24 ロンシャン金山 1F


金山の名古屋市民会館の西側にあるお店でで、大きな看板もなく
いわゆる「隠れ家」っぽさのあるお店。
どうやら同じ金山にある「空」の姉妹店のようです。
そうだ、「空」がありましたね、金山には。

つけ出し
つけ出しも温かい物は温かく、小さいけど手が込んでいます。

刺身の盛り合わせ
これは刺身の盛り合わせ。
わさびは生わさびを渡され、自分ですりおろすんですね。
私はわさびが苦手なので関係ないけど(笑)、こういうこだわりは
いいな、と思います。

カウンター中心のお店で、落ち着いた雰囲気ですね。
客層も少し年齢が高め、男性が多めかな、といった印象です。
お魚の煮つけや焼き魚を頼むと、目の前で作ってくれるのですが
注文するとどこかに携帯で電話をして在庫を確認しているようなので
直ぐ近くの「空」と食材を共有しているのかもしれませんね。

今回は目上の方との会食だったため、あまりバシャバシャ写真も
撮れませんでしたが、どの料理も丁寧に作られていて、とても
美味しく頂きました。

また是非再訪したいお店でした〜!





チケットGET「出口なし」

サルトルは得意じゃない気がする。
でも、このキャストは観てみたいな・・と言う事で、チケ取り参戦決定。

 
『出口なし』
【東京】新国立劇場小劇場(8月25日〜9月24日)
作:ジャン・ポール・サルトル  上演台本・演出:小川絵梨子
出演:大竹しのぶ、多部未華子、段田安則
 


この日は朝から伏見で映画を観て、その後ダッシュで名古屋駅へ
移動して、11時59分発の新幹線に乗る予定。
チケット予約は12時からだから、間に合うと言えば間に合うだろうけど
なんだかバタバタしそうな予感。
・・・・で、予感的中(笑)。
結局は、1発めで繋がり、1分程度でミッション・クリアーだったので
良かったのですが、先日の野田地図の先行が頭にあったので
繋がった時はいつも以上に嬉しかったですね(笑)。

でもこの演目、来年の1月に白井さん演出で上演予定があったような・・?





観劇「ハングマン」

これは遠征して観るつもりでしたが、豊橋で観られるという事で
大助かりです。朝はまず伏見で映画を観て、終映後慌てて新幹線で
豊橋へ移動です。JRの「豊橋往復きっぷ」は土日は1540円と
安いですが、390円追加して往路は新幹線で。やっぱ速いわー。

ハングマン「ハングマン」穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホールA列
13:00開演、15:45終演
作:マーティン・マクドナー  翻訳:小川絵梨子
演出:長塚圭史
出演:田中哲司、秋山菜津子、大東駿介、宮崎吐夢、大森博史、長塚圭史、市川しんぺー、谷川昭一朗、村上航、富田望生、三上市朗、羽場裕一
【あらすじ】
1963年。ハングマン=絞首刑執行人のハリー(田中哲司)は、連続婦女殺人犯ヘネシー(村上航)の刑を執行しようとしていた。ヘネシーは冤罪を訴えベッドにしがみつき抵抗するが、結局ハリーは乱暴に刑を執行した。2年後、死刑制度が廃止になった日、ハングマン・ハリーと妻アリス(秋山菜津子)が切り盛りするパブでは、常連客(羽場裕一・大森博史・市川しんぺー・谷川昭一朗)がいつもと変わらずビールを飲んでいた。新聞記者のクレッグ(長塚圭史)は最後のハングマンであるハリーからコメントを引き出そうと躍起になっている。そこに、若いロンドン訛りの男、ムーニー(大東駿介)が現れる。翌日ムーニーは姿を消し、シャーリーは帰宅しない。そんな中、ハリーのかつての助手シド(宮崎吐夢)が店を訪れ、「ロンドン訛りのあやしい男が『ヘネシー事件』の真犯人であることを匂わせて、オールダムに向かった」と告げる。娘と男が 接触していたことを知ったハリーは・・・!謎の男ムーニーと消えたシャーリーを巡り、事態はスリリングに加速する。

 

最近は小川さんが演出するものを観たりもするので、前ほどでは
ありませんが、マクドナーといえば長塚さん、というイメージ。
映画の「スリービルボード」を除くと、マクドナー作品を観るのは
5作目と言う事になるのかな。

お隣の方の香水がなかなか強烈で(私の苦手な香りで)上演中は
ほぼ口呼吸という、なかなか辛い観劇となりましたが(苦笑)。




続きを読む

映画「30年後の同窓会」

芝居を観に行く前にホットヨガに行くか、映画に行くか・・
軽く悩み、映画の方を選びました。なんか、そういう気分だったの(笑)。

30年後の同窓会30年後の同窓会
監督:リチャード・リンクレイター
出演:スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーン
【あらすじ】
かつてベトナム戦争に従軍し、痛みを分かち合った気の置けない仲間たち。30年前に起きた事件をきっかけに大きく人生が変わった三人。すっかり酸いも甘いも噛み分けた大人となり、それぞれの道を歩む旧友にして悪友の三人組は、仲間に起きた悲劇をきっかけに、海の向こうでイラク戦争が行われている時代に30年ぶりの再会を果たし、親友の息子の遺体を連れ帰る旅に出る―《アメリカ》。


予告を1度観が事があったぐらいだったかな。
お客さんの入りはイマイチ・・と言う感じ。
もう少し混んでいるかと思ったんですけどね。





続きを読む

チケットGET「贋作 桜の森の満開の下」

これ、情報が公開された時には嬉しいと思うのと同じか、それ以上に
「チケット取れるのかよ・・」と、軽く絶望的な気持ちになりました。


NODA・MAP第22回公演『贋作 桜の森の満開の下』
【東京】東京芸術劇場 プレイハウス(9月1日〜12日、11月3日〜25日)
【大阪】新歌舞伎座(10月13日〜21日)
作・演出:野田秀樹
出演:妻夫木聡、深津絵里、天海祐希、古田新太、秋山菜津子、大倉孝二、藤井隆
   村岡希美、門脇麦、池田成志、銀粉蝶、野田秀樹



今回は、先着先行も抽選も両方あるとのこと。
じゃあ先着に挑戦してみましょうか、と言う事でスタンバイ。
開始直後に繋がったのですが、途中で「複数タブで〜」とか言われて
(複数タブで操作なんかしてないし!)拒否られてしまい、以後は全く
繋がらなくなってしまいました。

左手で電話、右手でマウス操作・・・を繰り返しても全くダメ。
20分経過した頃に一度WEBが繋がり「もうダメかも」と思って
おりましたが、チケットはほぼ全日、残っている事を確認。
まあ、これも途中で接続がタイムアウトで切れてしまって、
最終的につながったのは、55分後ぐらいでした。

希望日の残状態が「△」だったのを確認して、最後の画面まで
進んだのに結局「ご準備できませんでした」との残念な表示。
とりあえず、当初の予定ではなかった金曜日のソワレを確保し
東京公演の戦いは終了しました(笑)。
個人的には大阪にも観に行きたいと思っており、その後大阪公演に
トライして、何度もタイムアウトになりながら、こちらは希望日を
無事GET。もう大阪分は4回目ぐらいらいのタイムアウトの時には
意味もなく笑えてきたもんね。

とはいえ、慌てて取った東京公演は平日だったので、一緒に行く予定
だった人たちに抽選エントリーを頼んでおいたのですが、
結局そちらは全滅し、平日公演を観に行く事が確定致しました(笑)。

でも、WEB会員でない方は電話予約しか手段がなく、これは
6時間や8時間も電話をかけ続けて、それでGETしたというツイートも
散見され(WEBと電話では予定枚数がそれぞれ別に定められていた
と言う事ですよね)、野田地図、どんだけ〜・・・という、久しぶりに
激しいチケ取りでございました。

しかし・・・。
8時間も後になっても電話でチケットが取れたとか、1時間以上経っても
平日ならWEBもチケットが残っているって、電話もWEBも、どんだけ
接続可能数が少ないの?って話だと思うんですけど。
あと、一旦繋がったら途中で切れるのは、本当に勘弁して欲しい・・。





チケットGET「MAKOTO」

昔は阿佐スパは定期的に公演をしている・・と言う印象だったのに
「あれ、解散したっけ?」と思う程公演が無かったですよね、2016年の
「はたらくおとこ」まで。まあそれからも無かったですけど(爆)。
新作なんて、一体何年ぶりでしょうか。


 『MAKOTO』
【東京】吉祥寺シアター(2018年8月9日〜20日)
作・演出:長塚圭史
出演:中村まこと、大久保祥太郎、木村美月、坂本慶介、志甫真弓子、伊達暁
   ちすん、長塚圭史、中山祐一朗、藤間爽子、森一生、李千鶴



改めて阿佐スパのHPを見ると、今までは「劇団」ではなく、あくまで
プロデュース集団で、今回「劇団」となって初めての作品、と言う事
なんだそうです。
新感線なんて「劇団」とついていても、ほぼ「いのうえひでのり
プロデュース集団」じゃないかと思うんですけど。
「劇団」というものの位置づけって、ちょっと特別なものなんですね。




チケットGET「て」

ハイバイの作品が2つ上演されると聞いて、楽しみにしておりましたが
スケジュールの都合上、1つしか観られない事が判明。
仕方ないので、観られる方だけでも・・と思いチケット取りました。


『て』
【東京】東京芸術劇場シアターイースト(8月18日〜9月2日)
作・演出:岩井秀人
出演:浅野和之、平原テツ、田村健太郎、安藤聖、岩瀬亮、長友郁真、今井隆文
   能島瑞穂、湯川ひな、佐野剛、松尾英太郎、猪股俊明


上演されるのは「夫婦」と「て」。
いずれもハイバイの作品としては有名で、特に「夫婦」に関しては
映像で録画していたものを観て、面白いなぁ、と思っていました。
いつかは生で観たいと思っていたので、残念なのですが、
逆に「映像で観たことがない作品が観られてラッキー」だと
思う事にしたいと思います。





2018年6月のエンタメ予定

気付くともう梅雨入りした地方もあり、紫陽花も咲いていて
凄い勢いで夏がやってくるな・・と言う感じ。
6月ももう3日だし、チケ取りは終わってるものもあるし・・だけど
とりあえず、書き出しておきます。


【観劇】
「ハングマン」@豊橋
「夢の裂け目」@東京
「父と暮らせば」@東京
「マクガワン・トリロジー」@豊橋
おお、4本しかない(驚)!その中で豊橋が2本もあるって凄いわ(笑)。
歌舞伎座も行きたかったんですけどね・・・。
豊洲通いも終わってしまった事だし、今月は大人しくしております。


【チケ取り】
「MAKOTO」
@東京
「贋作 桜の森の満開の下」@東京&大阪
「て」「夫婦」@東京
「チルドレン」@豊橋
「出口なし」@東京
ここまでは確定ね。野田地図はねぇ・・・(また改めて書きます)。
個人的にはパラドックス定数や劇チョコ、早く公演スケジュ―ルを
出してくれっー!って思っています。遠征の日程パズルが組めない・・。
チケ取りは本格的に秋〜冬公演が始まってきた、と言う感じですね。
まだ梅雨入りもしていないけど(爆)。


【映画】
「30年後の同窓会」
6/8〜
「ワンダー 君は太陽」6/15〜
「告白小説、その結末」6/23〜
「母という名の女」6/23〜
「ガザの美容室」6/23〜
あれぇ、これだけだったかな?ここ最近は名演小劇場から足が遠のいて
しまっていたので、今月は行けるといいな。


【その他】
KENJI URAI Fan meeting & Mini concert 2018〜 heartful 〜
「プルートゥ PLUTO」 on WOWOW
「密やかな結晶」 on WOWOW
申し込んだのがすご〜く前だったので、何だか忘れかけていましたけど
浦井君のイベントが今月でした。なぜ舞浜・・・と思いますが(笑)。
最近はFCのイベントとかトークショーから縁遠かったので、楽しみです。



気付くともう今年も半分が終わろうとしている・・(絶句)。
今月は観劇も映画も大人しく、規則正しい生活を心がけたいと思います!
(宣言するのは自由だし(笑))




livedoor プロフィール

みんみん

今後の観劇等の予定




<7月>
□七月大歌舞伎_夜の部@大阪


<8月>
□GHOST@東京
□消えていくなら朝@豊橋
□納涼歌舞伎・一部@東京
□その頬熱戦に焼かれ@東京
□納涼歌舞伎・三部@東京
□「メタルマクベス」Disc1@東京
□MAKOTO@東京
□て@東京
□レインマン@名古屋
□冬物語@名古屋
□ザ・空気@豊橋


<9月>
□出口なし@東京
□GHOST@刈谷
□チルドレン@豊橋


<10月>
□ジャージーボーイズ@名古屋
□ゲゲゲの先生へ@東京
□贋作 桜の森の満開の下@大阪
□華氏451度@豊橋


<11月>
□贋作 桜の森の満開の下@東京
□セールスマンの死@東海市


<12月>
□女中たち@東京




以上がチケットGET済み。




●他に興味がある公演はコチラ(7/1 更新)



2018年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>5本
■髑髏城の七人Season月(上弦の月)@東京
■TERROR テロ@東京
■PLUTOU プルートゥ@東京
■近松心中物語@東京
■黒蜥蜴@東京


<2月>8本
■ブロードウェイと銃弾@東京
■髑髏城の七人Season月(下弦の月)@東京
■Sing a Song@東京
■二月大歌舞伎@東京
■三月の5日間@名古屋
■アンチゴーヌ@豊橋
□岸 リトラル@東京
■夜、ナク、鳥@東京


<3月>7本
■ヒッキー・ソト二デテミターノ@三重
■隣の芝生も。@名古屋
■彼の地@豊橋
■修羅天魔〜髑髏城の七人Season極[初日]@東京
■赤道の下のマクベス@東京
□三月大歌舞伎@東京
■シャンハイムーン@豊橋


<4月>7本
□柿葺落四月大歌舞伎@名古屋
■ヘッダ・ガブラー@東京
■PHOTOGRAPH 51@東京
■1984@東京
■修羅天魔〜髑髏城の七人Season極(2回目)@東京
■修羅天魔〜髑髏城の七人Season極(3回目)@東京
■731@東京


<5月>8本
■ワンピース歌舞伎@名古屋
■百年の秘密@豊橋
■ヘンリー5世@東京(1回目)
■修羅天魔〜髑髏城の七人Season極@東京(4回目)
■図書館的人生Vol.4 襲ってくるもの@東京
□切られの与三@東京
■修羅天魔〜髑髏城の七人Season極(5回目/大楽)
■ヘンリー5世@東京(2回目)


<6月>4本
■ハングマン@豊橋
■夢の裂け目@東京
■父と暮らせば@東京
□マクガワン・トリロジー@豊橋


<7月>4本
■おとなのけんかが終わるまで@名古屋
□ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル@東京
□お蘭、登場@東京
□睾丸@東京



★★観劇以外のエンタメ★★
◆松本白鸚が語る 高麗屋 芸の継承
◆ライブビューイング『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』
◆KENJI URAI Fan meeting & Mini concert 2018〜 heartful 〜





▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■
■2017年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★
★2017年に観た映画はコチラ★




2018年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:26本(昨年は46本)
読書:6冊(昨年は22冊)
   ※除コミック
観劇:43本(昨年は84本)
その他:3本(昨年は6本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:10回16日
     (昨年は14回29日)
大阪遠征:0回0日
     (昨年は9回9日)

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線
・ゲキシネ
・イキウメ
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・阿佐ヶ谷スパイダース
・MONO
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・オフィスコットーネ
・パラドックス定数
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・吉祥寺シアター
・神奈川芸術劇場KAAT
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座


■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン