名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 アラフィフだというのに、こんな状態で大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

観劇「奇跡の人」

遠征の3本目はこちらです。「奇跡の人」は2006年に最初に観劇。
すっかり気に入ってしまい、名古屋公演が無くなってからも、
遠征して観つづけておりました。なので、今回についても迷いなく
チケットGET。これで4回目になるのかな。

奇跡の人「奇跡の人」東京芸術劇場 プレイハウス K列
12:30開演、15:45終演
脚本:ウィリアム・ギブソン  演出:森新太郎
出演:高畑充希、鈴木梨央、江口のりこ、須賀健太、久保田磨希、青山勝、増子倭文江、原康義、益岡徹、他
【あらすじ】
アラバマのケラー家。アーサー・ケラー大尉(益岡徹)とその妻ケイト(江口のりこ)がベビー・ベッドを心配そうに覗き込んでいる。1歳半の娘ヘレン・ケラー(鈴木梨央)が熱を出したのだ。やっと熱が下がり安心したのも束の間、ヘレンは音にも光にも全く反応しなくなっていた……。
それから5年。ヘレンは見えない、聞こえない、しゃべれない世界を生きているが、甘やかされて育てられたヘレンは、わがまま放題で家族はどうすることもできない。そんな折、ボストン・パーキンス盲学校の生徒アニー・サリヴァン(高畑充希)の元に、ヘレンの家庭教師の話が舞い込んでくる。誰もがお手上げの仕事ではあったが、アニーは初めて得た仕事に果敢に挑戦しようとする。そして、アニーとヘレンの初対面の時。ヘレンはアニーに近づき、その全身を手で探る。それはふたりの闘いのはじまりだった……



2006年版:田畑智子×石原さとみ(鈴木裕美演出)
2009年版:鈴木杏×高畑充希(鈴木裕美演出)←高畑さん幼い!
2014年版:木南晴夏×高畑充希(森新太郎演出)
    (※アニー・サリバン×ヘレン・ケラーの順で記載)

過去2回連続でヘレンを演じていた高畑さんが、サリバン先生へ。
鈴木杏さんも、(私は観ていませんが)ヘレン役を演じた後に
サリバン先生を演じた事がありますので、役者さんの成長と共に
上演されている作品なんだな、と思います。
今回、小さなお子さんも、何名もご覧になっていたようです。
(お子さんには時間を区切った3幕ものって、いいと思う)



 



続きを読む

観劇「かもめ」

遠征2本目は新国立劇場です。
この作品、豊橋公演もあるんですが、その事を知った時には既に
チケットの申し込みをしてしまっており(豊橋の情報公開が遅い&
新国立の会員先行なので、申し込みが早い)敢えて東京での
観劇となってしまいました。

かもめ「かもめ」新国立劇場 C1列(最前列)
作:アントン・チェーホフ  英語台本:トム・ストッパード
翻訳:小川絵梨子
出演:朝海ひかる、天宮良、伊勢佳世、伊東沙保、岡本あずさ、佐藤正宏、須賀貴匡、高田賢一、俵木藤汰、中島愛子、松井ショウキ、山秀樹、渡邊りょう

【あらすじ】
ソーリン家の湖畔に女優のアルカージナと愛人の小説家トリゴーリンが滞在している。アルカージナの息子トレープレフは恋人のニーナを主役にした芝居を上演するが、アルカージナは芝居の趣向を揶揄するばかり。トレープレフは憤慨しながら席を外すが、アルカージナはニーナをトリゴーリンに引き合わせる。 ニーナは、徐々にトリゴーリンに惹かれていき、モスクワへ戻ろうとするトリゴーリンに、自分もモスクワに出て、女優になる決心をしたと告げ、二人は長いキスを交わすのだった。 2年後、トレープレフは気鋭の作家として注目を集めるようになっている一方で、ニーナはトリゴーリンと一緒になったものの、やがて捨てられ、女優としても芽が出ず、今は地方を巡業している。トレープレフの前にニーナが現れるが、再び出て行くニーナ。 絶望のなかトレープレフは・・。



「かもめ」自体は何度か観た事があります。
凄く好きな脚本、という訳でもないのですが、何となく興味があり
チケットを取っておりました。




 続きを読む

観劇「笑う男」@日生劇場

繁忙期も終わって、久しぶりの平日からの東京遠征です。
平日はコスト重視で夜行高速バスにて上京、朝風呂でシャキっとして
朝ごはんを食べたりしてから日生劇場へ向かいます。

笑う男「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」御園座 13列
13:00開演 15:50終演
原作:ヴィクトル・ユゴー   脚本:ロバート・ヨハンソン
演出:上田一豪   作曲:フランク・ワイルドホーン
出演:浦井健治、衛藤美彩、朝夏まなと、宮原浩暢、石川禅、山口祐一郎、他
【あらすじ】
17世紀のイギリスが舞台。コンプラチコスという人身売買集団に誘拐され口の両端を引き裂かれたグウィンプレン。幼い彼はある日コンプラチコスから吹雪の中一人捨てられる。そして赤ん坊であったデアと出会う...。その後、興行師ウルシュスと出会いウルシュスはグウィンプレンの奇形的な笑顔と盲人であったデアの話をもとに公演を創作し流浪劇団を立ち上げる。やがて時は経ち、グウィンプレンは青年へと成長すると欧州全域で最も有名な道化師となり、妹のように育ったデアと互いに愛情を抱くようになっていた。だがある日、グウィンプレンの前に肉親を名乗る裕福な者が現われる。自分の出生の秘密を知らされたことで平和であった3人の人生に新たな危機が迫る...。



ミュージカル好きのお友達からも「今年期待の1本らしい」
と言う話を聞いていたので、楽しみにしておりました。

ダブルキャストは衛藤美彩さん。私は初めて聞くお名前ですが
どこかの坂道にいらっしゃった方のようです。
キャスト

このエントリー、一度書き上げたのですが、うっかりと
別エントリーに上書きしてしまい、内容を消してしまいました。
GW中に頑張って書いたのに・・・(涙)。
思い出しつつ書き直しますが、もう当時と同じ気持ちでは
書けないのが残念です・・(今の時点でもう更に2度観ているので)

ここでは、全体の印象について書きたいと思います。




続きを読む

読了「名前探しの放課後」

相変わらず、私としてはいいペースで本を読んでおります。
今年は4月半ばの段階で、観た映画・舞台・読んだ本の数が
どれもほぼ同じぐらい、という奇跡のバンランスです(笑)。

名前探しの放課後
「名前探しの放課後(上)(下)」
著:辻村深月
【内容紹介】
依田いつかが最初に感じた違和感は撤去されたはずの看板だった。
「俺、もしかして過去に戻された?」動揺する中で浮かぶ1つの記憶。
いつかは高校のクラスメートの坂崎あすなに相談を持ちかける。
「今から俺たちの同級生が自殺する。でもそれが誰なのか思い出せないんだ」
2人はその「誰か」を探し始める。 (講談社文庫)
 


先に読んだ同著者の「ぼくのメジャースプーン」が気に入って
WEBでのレビューをみていたところ、どうやらこの作品は
「ぼくのメジャースプーン」と関連がある作品らしい・・
という事が分かったので、読んでみる事にしたのでした。




続きを読む

映画「ビューティフル・ボーイ」

次の週末は遠征の予定なので、今のうちに観ておかねば。
という事で、金曜日は23時近くまでセンチュリーシネマに居たのに
土曜の朝イチから新しいミリオン座ですよ(笑)。

ビューティフル・ボーイビューティフル・ボーイ
監督:フェリックス・バン・ヒュルーニンゲン
出演:スティーブ・カレル、ティモシー・シャラメ、モーラ・ティアニー
【あらすじ】
優等生でスポーツ万能、才能豊かな学生として将来を期待されていたニック。しかし彼は、義理の母親、幼い弟たちにとって“いい息子・いい兄”であることがいつも求められていた。そんな日常の中で、つい手を出してしまったドラッグ。断ち切ろうと思いつつも、禁断の誘惑に抗えない自分を恥じる気持ちから、次第にエスカレートしてゆく……。“誇りに思ってほしい”と痛切に願うニックの更正を、大きな愛と献身で包み込むデヴィッド。何度裏切られても、息子を信じ続けることができたのは、すべてをこえて愛している存在だからー。≪アメリカ製作≫


このフライヤー、同じ画面を父親側と息子側と両面から
撮影したものになっていますが、実在の父親が書いた手記と
その息子が書いた手記を1つの話にまとめてできた作品だ、
という事なので、それも良く表しているビジュアルって事ですね。


 

続きを読む

伏見ミリオン座新館

先週閉館した、伏見ミリオン座ですが、今週金曜日(12日)に
新しい場所でプレオープンとなり、1スクリーンだけ稼働。
来週の19日からグランドオープンという事になるそうです。
折角なので、プレオープンのうちに1度行っておくか!と
土曜日に突撃してまいりました。

新ミリオン座
以前のように広小路通など広い通りから見える所にあるのではなく、
錦通りから1本北に入った通りにあります。
地下鉄で行く場合、日曜・祝日以外なら、長者町側の小さな改札を
使って地上に出ると一番近いですね。

この建物、写真で観たときには「まだ工事中の覆いが外れていない」
と思ったのですが、こういう外壁デザインでございました(笑)。
近くで観ると、なかなかモダンですよ。
ただこのビルの袖看板がダサいと言うか、懐かしいというか
レトロというか・・・(笑)。
9時まで開場しないというのは、以前と同じでした。

もう単純に入口が自動ドアって言うだけで「おおっ」と
思ってしまいますね(どんだけ〜(笑))






続きを読む

映画「バイス」

こちらも観たかった1本なのですが、ちょうどハシゴで一緒に
観られそうだったので、そのままセンチュリーシネマに残って
観ることにしました。今年に入ってから平日の仕事帰りに
映画をハシゴ観するのはもう3度目(苦笑)。

バイスバイス
監督:アダム・マッケイ
出演:クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、スティーブ・カレル
【あらすじ】
1960年代半ば、酒癖の悪い青年だったチェイニーは、後に妻となる恋人リンに叱責されたことをきっかけに政界の道へと進み、型破りな下院議員ドナルド・ラムズフェルドの下で政治の裏表を学んでいく。やがて権力の虜になり、頭角を現すチェイニーは、大統領首席補佐官、国務長官を歴任し、ジョージ・W・ブッシュ政権で副大統領の座に就くが……。≪アメリカ製作≫


★第91回 アカデミー賞(R)<メイクアップ&ヘアスタイリング賞>受賞



この作品はアカデミー賞でも受賞していますけど、バイス役の
クリスチャン・ベールが完全にチェイニー元副大統領になりきって
いるっていうのが、やはり興味を持ったきっかけですね。




続きを読む

映画「ブラック・クランズマン」

最初は興味の無かった作品だったのですが、アカデミー賞の
授賞式でスパイク・リー監督が「グリーン・ブック」に対して
コメントしていた事が記憶に残っていたんですよね。

ブラック・クランズマンブラック・クランズマン
監督:スパイク・リー
出演:ジョン・デビッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー
【あらすじ】
1979年、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース。署内の白人刑事たちから冷遇されながらも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていたKKKのメンバー募集に勢いで電話をかけ、黒人差別発言を繰り返して入団の面接にまで漕ぎ着けてしまう。しかし黒人であるロンはKKKと対面できないため、同僚の白人刑事フリップに協力してもらうことに。電話はロン、対面はフリップが担当して2人で1人の人物を演じながら、KKKの潜入捜査を進めていくが……。≪アメリカ製作≫


★第91回アカデミー賞(R)<脚色賞>受賞



予告を観る限り、コメディーだと思っていたんですよね。
でも違うらしいぞ?と。
ただ上映時間が長いので、なかなかタイミングが掴めなくて
ようやく仕事を少し早めに上がれば間に合う・・という
上映回を発見して、フレックスを取ってパルコまで向かったのでした。






続きを読む

ドラマ「家康、江戸を建てる」

今まで殆どドラマを観てこなかった私が、頑張った!
週末に録画してあったもの、観ました!

家康、江戸を建てる
正月時代劇「家康、江戸を建てる」
 前篇〜水を制す〜
 後編〜金貨の町〜


【前後編】
市村正親、高嶋政伸

【前編】
佐々木蔵之介、生瀬勝久、優香、千葉雄大、マギー、藤野涼子
松重豊、上杉祥三、今井朋彦、勝野洋

【後編】
柄本佑、広瀬アリス、林遣都、伊原六花、高橋和也、吹越満
吉田鋼太郎


たまたま年末年始にNHKを観ていて、予告を観たのがきっかけ。
「このなにも無い関東平野に・・」と家康を演じる市村さんが
言っていたセリフから、髑髏城の最後の場面を思い出して、
なんか、どうしても観たくなってしまったのですよね。
とはいえ、たった2話といっても、きちんとその時間に待機して
観ることができない性分なものですから、録画しておりました。

 




続きを読む

11年目の桜は・・・

毎年桜の時期は仕事の繁忙期。
だから、職場の近くの桜が咲いても夜桜しか見られない事もあり
無理にでも昼休みに出かけて、写真を撮り続けています。
振り返ると、今年で11年目になるようです。

今年もこの時しか登場機会のない、ミラーレス一眼を持って
撮影しに行って参りました。(撮影そのものは4月5日でした)
桜1

去年の撮影は3月27日で少し早めだったはず。
確認すると例年は3月30日〜4月1日頃のようなので、今年は確実に遅い。
(2017年は4月14日なので、そこまでではないみたいですが)
花冷えでなかなか満開にならず、この日もまだ蕾が残っている感じ。

桜2
でもね、葉も出てるんですよ。蕾も結構残ってるのに。

いつもは一気に開花して、枝が重そうに見える程、たわわに花がつき、
なかなか見事な桜なのに、何だかスカスカなんです。
(去年はもっとモリっとしてた
2本あるうちの1本はもう、半分は葉桜になってしまっていて
「あれ、いつ満開になった?」
と思うほど、あっけなく桜の時期が終わってしまいました。

どうやら所有されている方が枝を大きく剪定されたようなので、
気候ではなく、それが原因なのかもしれませんが・・。

この満開の桜を見るのだけが、春の通勤時の楽しみなのに、
何だか不完全燃焼な感じで、残念な4月の始めでございました。






livedoor プロフィール

みんみん

今後の観劇等の予定



<5月>
□クイーン・エリザベス-輝ける王冠と秘められし愛−@東京
□ハムレット@東京
□1001@東京
□埒もなく汚れなく@東京
□山の声@東京
□獣の柱@東京


<6月>
□CITY@豊橋
□六月大歌舞伎(夜)@東京
□オレステイア@東京
□機械と音楽@東京
□レ・ミゼラブル@名古屋


<7月>
□黒白珠@刈谷
□ピピン@名古屋
□骨と十字架@東京
□けむりの軍団@東京


<8月>
□じゃじゃ馬ならし@滋賀
□けむりの軍団@東京
□フローズン・ビーチ@名古屋
□ブラッケン・ムーア〜荒地の亡霊〜@名古屋
□福島三部作:第一部「1961年:夜に昇る太陽」@大阪
□福島三部作:第二部「1986年:メビウスの輪」@大阪
□福島三部作:第三部「2011年:語られたがる言葉たち」@大阪


<9月>
□アジアの女@東京
□ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ@名古屋




以上がチケットGET済み。




●他に興味がある公演はコチラ(5/14 更新)



2019年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています


<1月>4本
■スリル・ミー@名古屋
□罪と罰@東京
■帰郷@東京
■出口なし@神奈川


<2月>9本
■プラトーノフ@東京
■マニアック@東京
■ヘンリー五世@埼玉
■拝啓、衆議院議長様@東京
■夜が掴む@東京
■糸井版 摂州合邦辻@豊橋
□世界は一人@東京
■芸人と兵隊@東京
■チャイメリカ@東海市


<3月>7本
■Le Pere 父@名古屋
■偽義経冥界歌@大阪
■熱帯樹@東海市
■はなにら@豊橋
■ロミオ&ジュリエット@刈谷
■血のように真っ赤な夕陽
■Das Orchester@東京


<4月>7本
■笑う男@東京
■かもめ@東京
■奇跡の人@東京
□良い子はみんなご褒美がもらえる@東京
■四月大歌舞伎(昼)@東京
■四月大歌舞伎(夜)@東京
■十二番目の天使@名古屋


<5月>2本
■笑う男@名古屋(2回目)
■笑う男@名古屋(3回目)



★★観劇以外のエンタメ★★
■おしゃべり古典サロン」vol.2





▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■
■2017年に観た舞台はコチラ■
■2018年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★
★2017年に観た映画はコチラ★
★2018年に観た映画はコチラ★



2019年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:26本(昨年は40本)
読書:21冊(昨年は20冊)
   ※除コミック
観劇:29本(昨年は83本)
その他:1本(昨年は8本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:5回10日
     (昨年は19回32日)
大阪遠征:1回1日
     (昨年は2回2日)

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線
・ゲキシネ
・イキウメ
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・阿佐ヶ谷スパイダース
・MONO
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・オフィスコットーネ
・パラドックス定数
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・吉祥寺シアター
・神奈川芸術劇場KAAT
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座


■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・おけぴ上演時間情報
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・高橋洋オフィシャルブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム