名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 もうOver 40歳なのに、大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

観劇「死の舞踏」

一旦コクーンを出てお茶をした後またコクーンへ。
この2本はセットで観たいと思っていましたから。

死の舞踏「死の舞踏 」シアターコクーン 左2列
18:30開演、20:15終演
作:アウグスト・ストリンドベリ  翻案:コナー・マクファーソン
上演台本・演出:小川絵梨子
出演:池田成志、神野三鈴、音尾琢真

【あらすじ】 
舞台は、「小地獄」と呼ばれている孤島。そこに住むのは、退役間近の砲兵隊大尉エドガー(池田成志)とその妻アリス(神野三鈴)だ。二人は銀婚式を三ヶ月後に控えて、普通ならば仲むつまじく、、、と言ったところだが、夫エドガーは、傍若無人、傲慢不遜を絵に描いたような暴君。そして、妻アリスも負けてはいない!辛辣無比、凶暴過激のいわばモンスター化した女。二人は毎日、心底憎み合い毒づき、激しい喧嘩を繰り広げる。そして、この冷め切った家に、アメリカ帰りのアリスの従弟クルト(音尾琢真)が15年ぶりにこの島の検疫所長として赴任してきた。エドガーとアリスは、それぞれにクルトを自分の味方につけようとし、次第に、3人三つ巴の主権争いのバトルが過熱して・・・!クルトを交えたエドガーとアリスの闘いの結末は…。 
 



こちらは、平幹二朗さんが主演される事になっていたんですよね。
池田成志さんは大好きな俳優さんなので、舞台を拝見できる
事自体は嬉しいのですが、平さんで観たかったなぁ・・と
思わずにはいられない舞台です。
本来は第二部まであるけど、第一部のみを翻案したものだそうで。

劇場中央に舞台があり、片方にはバルコニーに続く大きな窓と
大きなカーテンが。
つい数時間前までは全く違うステージになっていて、とても
同じ劇場に居るとは思えません。
ていうか、二つに仕切ってある訳ですけど、私のような
方向音痴人間には、もうこの劇場に入っただけで、方向が
全く分からず、どっち側がロビーだっけ?と頭を抱える始末(笑)。

こういう上演形式にすると、当然ながら集客数は落ちるわけで
(1回あたりの収容客数が減るため)、今回は毎日2公演だから、
結局はいつもと近しい集客数に落ち着くのかもしれませんが、
スタッフの稼働時間は長くなるわけだから、収益率は悪いはず。
よくこれをやろうと考えたな、シスカンパニーとbunkamura。
でも、そういうチャレンジ、観る側からすると嬉しいです♪





 続きを読む

観劇「令嬢ジュリー」

ブランチを頂き、コーヒーを楽しんだ後に向かったのは渋谷です。

令嬢ジュリー「令嬢ジュリー」シアターコクーン Y列(最前列)
14:30開演、15:50終演
作:アウグスト・ストリンドベリ  上演台本・演出:小川絵梨子
出演: 小野ゆり子、城田 優、伊勢佳世

【あらすじ】 
聖ヨハネの祝日前夜(夏至祭)。この邸の気位が高い伯爵令嬢ジュリー(小野ゆり子)は、母の手で男まさりに育てられ、つい2週間ほど前には婚約を解消したばかり。夏至祭で高揚した気分のジュリーは台所に現われ、この邸の下男ジャン(城田優)をダンスに誘う。躊躇するジャンに、「祭の日には、身分の上下はない」と強引に相手をさせ、徐々にその行動は大胆な誘惑へと変わっていく。下男のジャンは、年上の料理女クリスティン(伊勢佳世)と婚約中の身だったが、「子供の頃、あなたに恋をしていた。でも、あなたは、自分がこの貧しい身分から抜け出すことは絶望的だと思い知らされる、その象徴だった」と打ち明ける。そして、2人の間を支配していた緊張感が、ほんの一瞬はじけた途端に、何かに取り憑かれたかのように激しく求め合う2人・・・。この瞬間から、この貴族と平民の男女関係の上下が逆転していく・・・



特設S席を取っていたことを忘れてましたが、舞台を囲む席の
正面一列の真ん中という特等席でございました。
アウグスト・ストリンドベリの作品は観たことが無いというのも
興味の一つでしたが、これは城田君の初ストプレなんですよね。

天窓から光が差しこんでいて、恐らく地下とかなんだろうな、
と思える所が舞台。真ん中に大きな作業台があって、奥には
かまどなどがあり、クリスティン(伊勢佳世)が立ち働く。
下手には上から降りてこられるような、階段があるセットです。
豪華ではないけれども、何だか絵になるなぁ、と思うセット。
窓から差し込む光がキレイで印象的だと思っていたら、
照明は原田保さんだったんですね。



 
続きを読む

観劇「不信 〜彼女が嘘をつく理由」

1本目の舞台を一緒に観た友人と別れて向かったのは池袋です。

不信「不信 〜彼女が嘘をつく理由」東京芸術劇場シアターイースト
O(オー)列(最前列) 19:30開演、21:15終演
作・演出:三谷幸喜
出演:段田安則、優香、栗原英雄、戸田恵子
【あらすじ】
1組の夫婦が引っ越してきた。20年ほど前から住んでいる先住夫婦の元に挨拶に行った際は部屋が異常に「臭い」以外は“とてもいいご夫婦”だったと安堵する。ただお隣の奥さんの“あり得ない姿”を隣町のスーパーで見かけたことから状況は一変する。その後も表向きは友好的に付き合っていた2家族だったのだが・・・




三谷さんの作品なら何でも観たい!と言う程ではないですし
「期待しすぎだったな」と思う方が多いのも事実ですが
何本に1本かの確率で、凄く面白いと思う作品に出会うので
どうしてもチケットを 取ってしまうのですよね。

劇場に入ると舞台の真ん中にステージがあって、客席は
左右に分かれています。
ステージの左右には同じような家具がしつらえてあって、
舞台上には6つのスツールがあるだけのシンプルな舞台です。


 

 
 
続きを読む

観劇「炎 アンサンディ」

久しぶりに、繁忙期で仕事に追われる日々が続いており
さすがの私もお疲れ気味ですが、この遠征を楽しみに平日を何とか
乗り切って、遠征にやって参りました。

アンサンディ「炎 アンサンディ」シアタートラム D列(最前列)
13:00開演、16:20終演
脚本:ワジディ・ムワワド   演出:上村聡史
出演:麻実れい、栗田桃子、小柳友、中村彰男、那須佐代子、中嶋しゅう、岡本健
【あらすじ】
 中東系カナダ人女性ナワルは、ずっと世間に背を向けるようにして生きてきた。その態度は実の子供である双子の姉弟ジャンヌとシモンに対しても同様で、かたくなに心を閉ざしたまま何も語ろうとしなかった。そのナワルがある日突然この世を去った。彼女は公証人に、姉弟宛の二通の謎めいた手紙を遺していた。公証人は「姉にはあなたの父を、弟にはあなたがたが存在すら知らされていなかった兄を探し出して、その手紙を渡して欲しい、それがお母さんの願いだった」と告げる。その言葉に導かれ、初めて母の祖国の地を踏んだ姉弟は、封印されていた母の数奇な人生と家族の宿命に対峙することになる。その果てに姉弟が出会った父と兄の姿とは!




初演でも観たかったんですが、その際は遠征スケジュールと合わず
諦めていました。でもとても評判も良くて、観られなかった事を
とても残念に思っていた作品です。
だから再演と聞いて、 とても楽しみにしておりました。
舞台を囲むような形で客席がセットしてあり、センター最前列。
ステージは結構な奥行があります。


 

 
続きを読む

映画「LA LA LAND」

私も映画は一人で観に行くのが基本なのですが、今回は
珍しく友人から映画のお誘い。
友人が土日は難しいとのことなので、平日のレイトショーとなりました。

ララランドLA LA LAND
監督:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン 他
【あらすじ】 
夢追い人が集まる街ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャンと出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが・・・。


★第89回アカデミー賞受賞
<監督賞><主演女優賞><撮影賞><美術賞><作曲賞><主題歌賞>
最多6部門


とはいえ、最近は毎日相当忙しく、普通にしていたら、とても
20時に職場を出られる状態ではなく、必死に「逃げ帰る」ように
職場を出て、20:35の開映に間に合わせたのでした。 



 
続きを読む

「デスノート THE CONCERT」

土曜日は、こちらのコンサートに行ってきました。

Death Note「デスノート THE CONCERT」
梅田芸術劇劇場メインホール20列
18:00開演、17:25終演
出演:浦井健治、柿澤勇人、小池徹平、唯月ふうか、濱田めぐみ、石井一孝 ほか。
ゲスト:カン・ホンソク
 





いつもなら大阪で何か食べに行ったり、買いに行ったり・・・と
予定をいれるところで、今回もそうするつもりだったのですが、 
17時過ぎに難波に着くアーバンライナーに乗る事にして
それまでひたすら家でダラダラする事にしました(笑)。
もう、何だか疲れちゃってて。

「デスノート The Musical」は初演を2回観ましたが、
コンサートに行くほどデスノート好きか?と言われるとちょっと・・
ですが(決して嫌いな訳ではない)そこはホラ、浦井君出てますし(笑)。


 
 続きを読む

6年目の3.11

もう6年ですね。

あの日に生まれた赤ちゃんが、今年は小学校に入学する、
というニュースを見て、時の流れを感じます。
11
毎年書いていますが、この日は何の不自由もなく、
いつもと同じ生活が送れる事を感謝する日だと思っています。
あの日を忘れないように、あの日にしたのと同じように、
少額ですが、1年間で溜めたTポイントを募金しました。
これからまた、来年に向けてせっせとポイントを貯めなければ。

東南海地震が起きたときに、あの日に起こった事を
糧と出来るように、そして他の人に迷惑をかけないように
非常食など、見直したいと改めて思います。


 
 

今年の日焼け対策

2014年から、日焼け止めはもっぱら「飲む日焼け止め」愛用中。
そろそろ今年の対策を考えなくちゃ・・と思ってネットを覗いたら
新しい商品が発売されていました。

ヘリオケア日本人向け
ヘリオケア ピュアホワイト ラディアンス マックス240」 

こちら、日本人向け(アジア人向け)なんだそうです。
L-システインは入っていても、入っていなくても構わないのですが
確かに欧米とアジア人では肌の特性は違うよねぇ・・と思うと
ちょっと割高ですが、魅力を感じて、今年はこちらにしてみました。 
知り合いのドクターに軽く聞いてみましたが、その人は
まだこちらの製品を知らないらしく、従来品のウルトラDを
愛用されているようで、参考にならなかった(爆)。

今までのヘリオケアは並行輸入品なので、買うショップによって
価格差があったけど、こちらは日本での正規販売店からの
購入になるので(Amazon)、値段の差はなく、「定期購入」
にして、10%オフがせいぜいの割引。でも、届くのは早い(笑)。
安くはないけど、飲む日焼け止めの便利さは、一度使ったら
手放せません。

今度は紫色
ちなみに今度は紫色。

オレンジのがノーマルの「ヘリオケア」(もう売っていないかも)
緑×オレンジのが「ウルトラD」、そして紫のが今回買ったもの。
どれも毒々しい
海外のサプリってどうしてこう、口に入れるものとしては
あり得ない色使いをするんでしょう・・・っていつも思う(笑)。
ちょっと生理的に抵抗感を覚える色だよね。
(このオレンジ色は画像でみるよりずっと毒々しい(?) 鮮やかな色です)


とりあえず、昨年買った「日本製で1粒で24時間OK」のもの
(主成分が違う)と、併用して今年の紫外線を乗り切りたいと思います!
それにしても、飲む日焼け止めも本当に種類が多くなったものです。






しろたえ

今となっては随分前の話ですが(爆)、せっかくなのでアップします。
前回の上京時、赤坂ACTシアターでの観劇まで、小一時間時間が
空いちゃいました。
どうしようかな・・と思ったのですが、土曜日で営業しているはず!
と思ったので、「しろたえ」に行ってきました。

テイクアウトしたものは食べたことがありますが、お茶室は初めて。
まずは店頭でケーキを選び、席に着いてから飲み物を頼みます。
お客の年齢層高い(爆)。 
「レアチーズケーキ」 を頼んだところ「そのほかには?」と。
どうやらここは、ケーキは複数チョイスして頂くのが普通のようです(笑)。
部強になりました(^_^;)。

レアチーズケーキ
ちょっと小ぶりのケーキですが、260円!
私はスイーツを食べすぎると(特に洋菓子)、お腹を壊すため
これぐらいのサイズがありがたい。

うん、安定の美味しさ。
シュークリームとかタルトタタンとかも食べたかったのですが
観劇中に腹痛に襲われるといけないので、自粛致しました(笑)。
買って帰りたかったなぁ・・・。



 

チケットGET「天の敵」

土曜日に大阪に向かうアーバンライナーが10時発車だったため
隣に座るKさんとそれぞれ別の日をGETするために発車と同時に
チケットGET開始!
アクセス集中のため、繋がりづらかったけど、二人とも無事に
希望日GET。 昔はスイスイで取れたのになぁ・・・。
そして、気づくとチケット代が1000円も値上がりしてるわ(笑)。
(前が安すぎたと思うし、今でも安いので文句はない)

 
「天の敵」
作・演出:前川知大
出演:浜田信也、安井順平、盛隆二、森下創、大窪人衛、斧ゆり子、
  太田緑ロランス、松澤傑、有川マコト、村岡希美



これは「図書館的人生Vol3. 食べ物連鎖」という短編集が2010年に
上演されておりまして、その中の「人生という、死に至る病に効果あり」
という作品(作品ごとに“前菜”、“魚料理”、″肉料理”、“デザート”と
副題がつけられており、これは″肉料理”。)を抜きだし、1本の作品に
書き上げたというもの。
 
「獣の柱」も、「図書館的人生Vol.2 盾と矛」の中の1作である
「瞬きさせない宇宙の『幸福』」をリライトしたものなので、
似たような作り方と言う事になりますね。

既に「図書館的人生Vol3. 食べ物連鎖」が上演されている頃はイキウメに
ハマリ、公演を観ていたんですが、この作品だけは観ていないんです。
短編と言うカテゴリが苦手な事と、スケジュールが合わなかったので。
その後DVDで作品だけは観たのですが、この「人生という、死に至る病に
効果あり」がすごく面白くて、何で観に行かなかったんだ! と大後悔。

だからこの公演の事を知って、本当に嬉しくて。
でも、板垣雄亮さんはご出演にならないんだなぁ・・。
長谷川卯太郎は誰になるんだろう。安井さんかなぁ・・?



 
livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定


<5月>
□ハムレット@兵庫
□エジソン最後の発明@名古屋
□フェードル@刈谷
□マリアの首@東京
□60'sエレジー@東京
□「髑髏城の七人」Season花@東京
□王家の紋章@大阪


<6月>
□非常の階段@豊橋
□天の敵@大阪
□平成中村座@名古屋
□「髑髏城の七人」Season花@東京
□グレート・ギャツビー@名古屋


<7月>
□怒りをこめて振り返れ@東京
□怪談 牡丹燈籠@東京
□「髑髏城の七人」Season鳥@東京
□Penalty killing remix version@豊橋


<8月>
□子どもの事情@東京
□罠@東京
□「髑髏城の七人」Season鳥@東京


<9月>
□デスノートThe Musical@東京
□レ・ミゼラブル@名古屋




以上がチケットGET済み。





●他に興味がある公演はコチラ(4/26更新)



2017年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>4本
■スルース〜探偵〜@名古屋
■新春浅草歌舞伎@東京
□「足跡姫」〜時代錯誤冬幽霊〜@東京
□壽新春大歌舞伎@東京

<2月>5本
■ビッグ・フィッシュ@東京
■陥没@東京
■ロミオ&ジュリエット@東京
■猿若祭二月大歌舞伎@東京
■ザ・空気@豊橋

<3月>6本
■ハテノウタ@大阪
■ロミオ&ジュリエット@大阪
■炎 アンサンディ@東京
■不信〜彼女が嘘をつく理由@東京
■令嬢ジュリー@東京
■死の舞踏@東京

<4月>6本
□白蟻の巣@豊橋
□城塞@東京
□エレクトラ@東京
■王家の紋章@東京×2
■あ、カッコンの竹@名古屋



★★観劇以外のエンタメ★★
■デスノート THE CONCERT@大阪





▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★




2017年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:18本(昨年は60本)
読書:3冊(昨年は14冊)
   ※除コミック
観劇:21本(昨年は68本)
その他:1本(昨年は11本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:4回8日
大阪遠征:2回2日

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン