名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 アラフィフだというのに、こんな状態で大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

映画「出口のない海」

暫くバタバタしていて映画を観にいけない日が続いたら
「観たい映画」が溜まってしまった。

観たい映画の数>日曜日の数

と言う事に気づき、1200円といつもより200円高かったけど
土曜日の今日、レイトショーで観てきました。

出口のない海「出口のない海」
監督:佐々部清
原作:横山秀夫「出口のない海」
脚本:山田洋次、冨川元文
キャスト:市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬、柏原収史、香川照之、古手川祐子、三浦友和 他

【あらすじ】
1945年、敵艦の攻撃を避けながら海中を進む1隻の潜水艦内に待機する4人の若者たち。彼らは人間魚雷“回天”に乗って敵艦に激突するという極秘任務を帯びており、艦長の出撃命令を待っていた。そんな中、甲子園の優勝投手だった並木浩二(市川海老蔵)は野球に熱中していたころや、戦争に行くと決めた日々を思い出す。


最近は「泣ける映画」嗜好が高めだったため、他にも観たい
映画があったものの、まずはここから。
感想はこちらです↓

さ、明日は・・「フラガール」かな?



続きを読む

おあずけ

もらっちゃった〜。前倒しの誕生日プレゼント。ありがとう、Nさん。


ボルドーワイン

私の好きなボルドーだって〜。








秋はやっぱり赤ワインだよね。(特に根拠ないけど。)
ちょうど水曜日に「赤ワインが飲みたい〜」って話していたばかり。
何てGoodタイミング

でもね、誕生日まであと1ヶ月くらいあるから、それまでは
このまま“おあずけ”なの。

あ、そうそう、「朧の森に棲む鬼」の先行予約にエントリーしなくっちゃ。
カウントダウン公演行きたいけどなあ。
やっぱり31日に遠征は厳しいなあ。
どこでエントリーしよう。まずは作戦を練らなければ・・・


観劇「噂の男」

毎回書いていてくどいけど、平日の観劇は定時サッサで会社を
出なければいけないので、本当にスリリング。
定時(18時)頃になると、いじめのように電話が入るし・・・。

で、観てきました、「噂の男」千秋楽。

噂の男「噂の男」

名古屋市民会館中ホール、7列目
19時開演、21時30分終演
作:福島三郎、 脚色・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:堺 雅人、橋本じゅん、八嶋智人、山内圭哉、橋本さとし他

【あらすじ】
時は現在。場所は大阪にある宝田興業の宝田グランド劇場の舞台袖、地下にある『ボイラー室』と呼ばれる一室。宝田グランド劇場支配人、宝田興業所属の漫才コンビ“パンストキッチン”のツッコミだったが、相方に先立たれ、今は酒びたりのもっしゃん。ボイラー室の整備のためにやって来た、ボイラー技師の加藤。宝田興業所属の売り出し中ピン芸人ボンちゃん、“パンストキッチン”のボケで12年前に事故で他界したモッシャンの相方あきら、宝田興業所属の中堅夫婦お笑いコンビ、骨なしポテト。 五人の男と一人の女、そして一人の幽霊(?)が集まって、やがて露呈するそれぞれの思惑・・・。そして12年前、アキラの死の直前に一体何があったのか・・?過去と現在を行き来しながら、物語は意外な方向へと展開していく・・・。(公式HPより抜粋)

名古屋では珍しく追加公演になったこの舞台。
ケラさんは、個人的には「難しい」印象があったものの、
とにかくこのキャスト!芝居好きだったら行きたいと思うよね?

公演は終わりましたが、感想の興味がある方はこちらへ


続きを読む

ハズれた・・「ロープ」

NODA・MAPの先行にエントリーをしていた「ロープ」。
今日は抽選結果発表の日だった。
私は、第1希望と第2希望の2公演エントリーしていたんだが
結果は・・・


玉砕・・・(T_T)


2つとも取れなかった・・。
最近は順調に当選してたから軽くショック(~_~;)。あーあ。
で結局、藤原達也クンのFCに入っている人にお願いして
一緒に取ってもらうことになりました

そして今は、昨夜録画しておいたSo-netチャンネンルの
「雨と夢のあとに」を見ながらブログ更新。
舞台の映像以外にオフステージの映像が1時間なんて贅沢だわ
この公演は結構前の席で観たので、引いて撮影した
映像は逆に新鮮。そして、福田麻由子ちゃんてば、私が
観にいった頃よりも背が伸びてる??
ま、いいや。機嫌復活(笑)。


おいしいランチと飲み会

今日のランチは「ラ・ピエドラ」へ。
会社の近くにあるんだけど、ドライカレーが有名らしい。

ピエドラのドライカレー




五穀米のライスの上に辛さ控えめのドライカレーあって、その上には
「これでもか」ってくらいレタスなどの生野菜がサラダのごとく盛られてる。
温泉卵はお好みでトッピング可能(80円)。
お昼に外でランチって、いいよねー。
いつもはコンビニのご飯ばっかりだから。
これからは定期的に、いろんなお店に行こうね、Sさん!

そして夜は、某在京の大学のOG・OBの方々が中心に
集まる会に参加させていただきました。
けっこう何度か参加させてもらっているのだけど、
会社の人とばっかり飲みに行っているので、
(あるいは自宅で缶ビール
普段接する事のない会社・職業の方と飲むというのは
けっこう新鮮で楽しい。

この会で初夏に知り合ったMさん(女性)が転勤で関東
に戻られると言う事。何だか寂しいなあ。
ビアガーデンに行こうね〜なんて約束していたんだけど
叶わないまま・・。うーん。残念

おっ、今日は1時からso-netチャンネルで「雨と夢のあとに」
の千秋楽を放映するんだった!!
どうやら舞台映像以外もあるらしいし♪
見始めると終わりの4時まで寝られないから、録画しなくっちゃ〜


原作「雨と夢のあとに」

今日は久しぶりの会社。
どうも疲れが溜まってて、午前中は仮死状態(~_~;)。
そしたら、夕方〜プレゼンだの採用面接だのが入り
結局22時くらいまで働く事になっちゃった。
疲れましたよ。久しぶりにこんな時間で。

さて。先日ブックオフに行った時にたまたま目にした
柳美里さんの「雨と夢の後に」。半額になってたから買っちゃった。
雨と夢のあとに雨と夢のあとに









私って、芝居や映画を観てから原作を読んだりすることが多い。
先日も、今更ながら「吉原御免状」を読んだもの。
もちろん、芝居なり映像なりが良かった、というのが大前提だけど。

この程度のボリュームの本なら、私は2時間もあれば読める
ので、あっという間に読み飛ばしちゃった。
で、感想なんだけど・・・・

先日のお芝居と、この本は別のものと思ったほうがいいね。
そして私は、ベタベタなのかもしれないけど、
お芝居のストーリーの方が好き。
原作は、雨ちゃんの一人称で進んでいく。
だから、朝晴の雨ちゃんに対する気持ちには触れられていない。
朝晴自身の親とのシーンは大好きだったのに、原作には無い。
そして、「部屋がゴキブリだらけで、死体にウジが沸いて」
なんて、このストーリーではあまり読みたくない(ーー;)

怖いもんだな。間違いなく原作なのに、私の中では
お芝居のストーリーの方が一人歩きしてるよ(笑)。



“いもうと”ができた日

今日は弟の結婚式。すったもんだがあって、今日を迎えた。
台風が来そうだったりして気をもんだけど、
最悪の状況は避けられました(笑)。

厳密には、弟達は入籍だけは1ヵ月半前に済ませているので
既に「妹」が出来ている訳だけれども、やっぱり披露宴が終わって
“結婚したんだなあ”という実感って出てくるものだよね〜。
と、ここまで読み返してみて「まるで自分が結婚したみたいな文章」
に思わず、ぷぷぷっ、と吹き出しちゃいました。(^^ゞ
私には弟しか居ないので、妹ってどんな感じなのかなあとか
あまり私が目立っても「この、小姑野郎!」と嫌われそうだし
と〜ってもいい子なんだけど、未だに距離感が掴めていません。

そして今日は、姉の私が聞いていても歯が浮くような弟に対する
褒め言葉のオンパレード。
“爽やか”だと?“リーダーシップ”だと“いつも笑顔”だと?

・・・あり得ん。

多分、地球上で一番縁遠いカテゴリーの単語のはずだ。
ヤツめ。さては多重人格者か?
そして、そんなに褒められて、大丈夫なのか?
・・・と、ひそかに訳の分からない心配をしている姉なのでした。

何はともあれ、「で、お姉ちゃんの結婚はいつなの?」攻撃も
上手く迎撃しつつ、我が家の一大イベントはコレで終了。
でも、新居の完成(賃貸のアパートだけどね)が11月末まで
ずれ込むとのことで、明日からはまた、双方の実家生活という
今までと何も変化の無い毎日が、当分は続きます。

・・・それって、どうなのよ。

ま、おめでとさん。ま、何はともあれ、おめでとさん。







今日は出勤。

昨日のごくつぶしっぷりから一転して、今日は出勤日。
最近は残業も少ないので、休日出勤しても体力的には
それほど辛くはない感じ。

定時でさっさと会社を出て、そのあとはまずBOOK OFFへ。
溜めてあった本を買い取ってもらわなば。
自分の本と他の人の買取の本がぐちゃまぜになり、
3度も計算し直ししてもらい、異常に時間がかかる。
予想通り、ビックリするような安値で引き取ってもらい、
「世の中、リサイクルだからね」と自分に言い聞かせる私。
売るつもりが結局10冊買い込んでしまいました。
あれ?余計な出費・・?

ま、いいのよ。読むんだから。新品で買うより安いんだから。

その後、額屋さんに明日の弟の結婚式で使う
ウェルカムボードを受け取りに。
今回は少し凝った額装にしてもらったのとサイズがでかいのとで、
ビックリするほど高かった。(Nintendo DSが2つ買えるよ)

ギリギリに完成。ま、仕方ないのよ。
弟の結婚式なんだから・・・(泣)







安月給なんですけどね、姉は。

 

 

 

ゲキ×シネ「SHIROH」

一体、SHIROHはいつ上演してたんだ!と突っ込みたくなるくらい
(1年以上前だよね?)のこの時期に、名古屋にゲキ×シネがやってきた。
ミュージカルだからDVDを見るよりも、大きな画面で大きな音で観た方が
いいよね〜って思って、DVDはガマンしてたのです。

SHIROH

「SHIROH」








この間の「魔界転生」が思ったよりも理解出来ず歴史モノ
(特にコレも天草四郎の話だし)は私、ダメなんじゃないか?と
若干の不安を抱えての鑑賞。

席は1列目(笑)。気合入りすぎだよね〜
でも、ゲキ×シネぐらいでないと最前列なんて取れないもの(^_^;)。

公演からあまりにも経っているので、ストーリーとかは省くけど
ちゃんと理解できました。面白かった。良かったよ〜。
いのうえひでのり氏がリベンジで再演したがっているというのは
知っていたので、「どんな作品だろう?」とは思ってたんだけど、
何より皆さんちゃんと唄える方(除・江守さん)が揃っていて
聴き応えもあるし、ストーリーもしっかりと見ごたえあり。
不思議と今日は同じ歴史モノでもストーリーは十分理解できた。
何でだろう・・?見せ方の問題?

まあ、それ程「歴史」って感じじゃなかったからかな。
あと、劇団員はもちろん、客演でも私が好きな俳優さん(上川隆也、
秋山志津子、高橋由美子、池田成志)が出てるしね。

高橋由美子はやっぱり本当に歌が上手い。大塚ちひろもね。
ま、中川君は言うに及ばず。彼の歌い方に合った曲が多かった
んじゃないのかなあ。

秋山志津子、この人は本当に素敵。
亡くなる場面は切なかったねえ。そして本当に高田聖子と姉妹みたい。
上川隆也は思ったよりも唄えるし、目ヂカラのある役者さんだな、と。
そして皆さん、本当によく泣いてたわ。秋山志津子が息を引き取る
時の涙なんて、もうタイミング絶妙すぎ。
この辺りが分かるのは、ゲキ×シネならでは、だね。

最近はキャラメルがマイブームだったけど、やっぱり新感線は
新感線。この勢い、好きです
そして今更ながらに新感線は舞台も衣装も豪華だよねぇ・・・。
金銭的に余裕が出来たらDVDも買おうっと。(いつだよ??)

そして帰りにランチを取ろうと思ったけど、上映時間が長すぎて(笑)
ランチタイムが終了の店続出。
結局Saucissesでホットドックとスープを。
もっと暑かったら、ビールに合うだろうなあ・・とちょっと残念でした。
(空調効き過ぎで寒かったんだもん・・・)

その後はエステ&買い物。
ああ、ごくつぶしOLの休日バンザイ!って感じ・・・



片瀬那奈はでかかった

今日は夕方から某イベントで仕事。
うちの会社も出展しているので、出展者としてね。

17時に会場入り、22時イベント終了っていう長時間イベント。
招待客は600名。
そこにブースを出しているので、サンプリングをしたり、
色々な説明をする予定。

出かける時はまだ「交代で食事でも取る?」なんて余裕をかまして
いたものの、始まったら、もう大変。人が多くて、トイレにも行けない。
私は現場を離れた、管理部門の人なので、メインの業務は
なかなかお手伝いできない。
なので、サンプリングをしたり、足りなくなった備品を取りに
タクシー飛ばしてオフィスを往復したり・・・。
ただ、最前線で働いていた社員の子達は本当に立ちっぱなし、
話しっぱなしで本当に疲れたと思う。

で、このイベントには片瀬那奈がトークショーで来る事になってた。
別に彼女のファンって訳じゃないけど、芸能人だし、
どんな感じかなあ?って興味はあったんだよね。
でも、ステージの方なんてチラっとくらいしか見れなかったし、
疲れてそこまで元気がなかった、ってのが正直な所。
なので、感想は

やっぱり、でかい(笑)。


それくらい。
それにしても、帰ってからのの美味しかったこと
明日出かけるので、その待ち合わせのメールを受信したら
安心して、そのまま眠り込んでしまいました・・・。
久しぶりの肉体労働(笑)。


livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定



<2月>
□岸 リトラル@東京
□夜、ナク、鳥@東京


<3月>
□隣の芝生も。@名古屋
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極
□赤道の下のマクベス@東京
□シャンハイムーン@豊橋


<4月>
□PHOTOGRAPH 51@東京
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極
□1984@東京
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極


<5月>
□百年の秘密@豊橋
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極
□ヘンリー5世@東京
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極


<7月>
□おとなのけんかが終わるまで@名古屋





以上がチケットGET済み。




●他に興味がある公演はコチラ(2/13更新)



2018年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>5本
□髑髏城の七人Season月(上弦の月)@東京
■TERROR テロ@東京
■PLUTOU プルートゥ@東京
■近松心中物語@東京
■黒蜥蜴@東京


<2月>6本
■ブロードウェイと銃弾@東京
□髑髏城の七人Season月(下弦の月)@東京
■Sing a Song@東京
□二月大歌舞伎@東京
□三月の5日間@名古屋
□アンチゴーヌ@豊橋




★★観劇以外のエンタメ★★







▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■
■2017年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★
★2017年に観た映画はコチラ★




2018年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:6本(昨年は46本)
読書:5冊(昨年は22冊)
   ※除コミック
観劇:11本(昨年は84本)
その他:0本(昨年は6本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:2回4日
     (昨年は14回29日)
大阪遠征:0回0日
     (昨年は9回9日)

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・オフィスコットーネ
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン