名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 アラフィフだというのに、こんな状態で大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

映画「木更津キャッツアイ」

木更津キャッツアイは、連ドラでも前作の映画でも観た事が無い。
なのに、観に行くのは、とにかく橋本じゅんさんと古田新太さんが
出ているから。もうそれだけで行くってモンでしょう(笑)。
(akiさん、教えてくれてありがとう!)

木更津キャッツアイ
「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」
監督;金子文紀   脚本:宮藤官九郎 
キャスト:岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史/阿部サダヲ/山口智充/ユンソナ/栗山千明/古田新太/橋本じゅん/小日向文世/薬師丸ひろ子 
 
 
【あらすじ】
“ぶっさん”が死んでから3年。木更津キャッツアイのメンバーはバラバラの生活を送っていた。しかし、バンビが“ぶっさんの声”を聞いたことで4人は再集結。言えなかったお別れを伝えるため、思い思いに奮闘する。




結構人が入ってました、50〜60人くらい(定員約350席のうち)。
でも、思ったよりも楽勝。
なぜならば、今日は「Death Note」初日だから。
隣の定員500席強のシアターはほぼ満席。初めてあんなに
人がいるのを見たよ。恐るべし、Death Note。
ふふっ。私の狙い通りだわ。今日は「木更津〜」よりも「Death Note」
に人が集中するだろうと読んだんだよね。

で、ついでに明日の「Death Note」の指定券も買ってきちゃった(笑)。
2日目だったら、少し落ち着くだろうし、早く観たいし♪映画3日連続!

で、木更津キャッツアイの感想はこちら




 

続きを読む

映画「ただ、君を愛してる」

特に狙ってたわけじゃないけど、もうこの映画ぐらいしか時間的に
間に合わなかった事と、会社の人が観に行っていて
「周りは泣いていたよ」と聞いたので、この映画に決定。
先週は重い作品だったから、泣けるのも良いかな?と。

22:30からなのでガラガラかと思いきや、15人位いた(定員347)
私が行ってるシネコンはいつもコレくらいなのっ!(笑)。
で、ちなみに「木更津キャッツアイは混んでいますか?」と聞いてみた。
「そうですね、混んでますね。本日60名程入ってます(定員500)」

・・・だから。そういうシネコンなのっ。
(新しいし、大手映画配給会社系列だから設備も良いのにね)

ただ君を、愛してる
「ただ、君を愛してる」
監督:新城毅彦 原作:市川拓司 
主題歌:大塚 愛 
キャスト:玉木宏、宮崎あおい、小出恵介、上原美佐、青木崇高、大西麻恵、黒木メイサ

【あらすじ】
大学で知り合い、写真を通じて交流をとっていく誠人(玉木宏)と静流(宮崎あおい)。誠人は同級生のみゆき(黒木メイサ)に惹かれていたが、静流の存在が次第に大きくなっていく。ところがある日、静流が突然、彼の前から姿を消してしまう。その2年後、誠人はNYにいる静流から手紙をもらい、彼女に会うために渡米する。(movie walkerより)


ほんの数日前にも観に来てるし、なんだかこのシネコンに
“通ってる”って感じがしてきた(笑)。

そして、今回の教訓その1。
「休み前のレイトショー・ラブストーリー、女1人で行くべからず」
周りはカップルばっか。ペチャペチャしゃべってうるさいよ(怒)


感想はこちら↓


続きを読む

だって悔しいんだも〜ん

本当だったら今日は、芦屋のカリグラフィー教室。
けど明日は祭日だし、昨日は新人の対応で他の仕事は何も
出来なかった。原稿の入稿日も一日前倒しで今日が締め切り。

休めないよ、さすがに・・・。ちっ

悔しいし(笑)、同じ職場のSさんとランチに。
エビのトマトクリームパスタ





栄界隈に勤めている人だったら知っている人が多いと思うお店。
「La Mano di Kato」というイタリアン。ダイエー栄店があった近く。
ピンクの壁が目印。

ランチメニューランチメニューは3種かな?
私はAランチ。今日のパスタとサラダ、ドリンク。
で、682円!お得っ!
(※随分前に閉店しているようです。2013年追記)




ちなみに、私が行くといつもトマトソースのパスタなんだけど、
今日はトマトクリームのパスタでした。

値段が安いだけじゃなくて、美味しい♪
ご主人が定期的にイタリアに行っているという話しを聞いた事がある。
釜もあるので、ピザも美味しいんだけど、お昼はピザは出してない。
メニューも季節ごとに結構入れ替わるので、夜のアラカルトもGood。
ただねえ、店が狭いのよね。
だから落ち着いて・・って訳にはいかない。それが難点・・・

で、それだけでは何だか悔しいので、映画も行っちゃおう!
何を観ようかなあ。(ちなみに既に帰宅し、今は21時過ぎ)
木更津キャッツアイはもう間に合わないしなあ・・・




朝からヒヤヒヤ

今日は一人中途社員が入社する日。
新人が入ると、その日は付きっきりで手続き&研修。
初出勤の日は「8時45分までに来てください」と伝えてあっても、
みんなそれよりも早く出勤してくる。

8:30頃 みんみん出社。「はー、まだ来てない。間に合った
8:40頃 みんみん、そわそわする「そろそろ来るかな?」
8:45頃 みんみん、ドキドキしはじめる「おかしいなあ、まだかな
8:50頃 みんみん、冷や汗が出てくる「ヤバイ・・。来ないのか?
8:52   朝礼開始
8:55頃 みんみん、いたたまれずオフィスを出て会議室へ
     (会議室のセッティングをしなければならなかった為)


やばいよ。入社手続きと同時に退職手続きか?

実は過去にも同じ仕打ちを受けた事があるので、あの時の事が
走馬灯のように(笑)思い出される。
こういう事があると「私って本当に人を見る目が無いんだ」
と人事失格宣言をしちゃいたくなる。

あ、でどうだったかって?

来ました!本当に9時ギリギリに(笑)。良かった〜。

入社初日にそこまでギリギリに来るって、いい根性してるわ(笑)。
久しぶりにバタバタと忙しく、21時半頃、いっぱい仕事を
積み残したまま、家路に着いたのでした。




俳優・古田が敗北宣言?

昼休みにネットでニュースを見ていたら、気になる一行。

俳優・古田「役者魂!」で敗北宣言!?

なにっ??古田さんが“役者魂”に出るの??
初耳だ!!と慌ててクリック。


・・・・・・なぁんだ・・・。ヤクルトの古田監督の事か。
“俳優・古田”って言ったら、古田新太でしょうが。
きっとこのトピックスに惑わされてクリックした芝居好きは、
私だけではあるまい。

紛らわしいっすよ、スポーツニッポン!



3度目の正直?それとも・・

過去2週間連続で録画失敗中のミッドナイトステージ館。
今回は「Biggest  Biz」でBizシリーズ3部作の最終回。
半分諦めつつ録画予約し、朝、DVDをチェック。

・・・おっ・・撮れてる・・・・


やれば出来るじゃん。もう〜。この老いぼれDVDめ!
プレッシャーに弱いっていうか、本番に弱いっていうか、
気が小さいっていうか、私にそっくり と朝から上機嫌
(こらこら。リアル・みんみんを知っているそこのアナタ!笑わない!!)

帰ってから、大王のインタビューを見て、さあ、今から!
という所でふとイヤな予感。で、DVDの最後の部分をチェック。

・・!!途中で止まってるよ・・・(T_T)


だぁ〜〜っ!!そんなのあり??
そんなネタは提供してくれなくていいっっ!!
やっぱりお前はダメダメDVDだ!!見直して損したっ!



絶対、ぶっ壊すっ


映画「父親たちの星条旗」

宣言どおり、カリグラフィーの課題を終わって(出来はイマイチ)
観にいってきました。
この映画は開始が21時過ぎ。でもって明らかに重い話。
行こうか行くまいか、結構迷いましたが・・・。

父親たちの星条旗「父親たちの星条旗」
監督:クリント・イーストウッド
キャスト:ライアン・フィリップ 、ジェシー・ブラッドフォード 、アダム・ビーチ

【あらすじ】
第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる“硫黄島の戦い”を、アメリカ側の視点から描いた戦争映画。
戦場に星条旗を打ち立てる米軍兵士を写した一枚の写真。誰もがどこかで一度は目にしたことがあるに違いない世界で最も有名な戦争写真。それが写された場所こそ、硫黄島だった。勝利のシンボルともいうべきこの一枚の写真によって、英雄に祭り上げられた若きアメリカ兵たちが、その後歩んだ人生とは?

そこそこお客も入っていたけど、とにかく年齢層が高い!
そして、男性比率がと〜っても高い!

観にいっておいて、ナンなのですが、私は戦争映画が苦手。
祖父が戦争で亡くなっており、祖母にいかに戦争が酷いものか
イヤと言うほど聞かされて育った、というのも一因だとは思うのですが。
でも、硫黄島ってどこ?ってことすら知らない私。
ワシントンD.Cに行った時に、この像を見たことがあるけど
硫黄島の戦いのものだとは知らなかった私。
思い切って観にいってみました

感想はこちら↓。




 

続きを読む

危うく、休日出勤。

先日上司に「みんみんさん、28日、出勤して。」と言われた。
でも、「あ、すみませ〜ん、28日は芝居を観に大阪に行くので
出れません」
と断った。
その後、諸々の事情で、29日(日)に出勤する事になった。
やっぱり、休日出勤しなきゃいけない週なのねー、と諦めていた
んだけどね、急遽、出勤しなくても良くなったの

今日は、とにかくカリグラフィー!
今月の芦屋の教室は残念ながら参加不可。
だから、皆で作る合作の担当分だけは仕上げなくちゃ!!
もう、今日しか出来る日はないっ!
(だったらブログの更新なんか、しなきゃいいのに。)

で、仕上げて夜は映画を観にいくのだ!!
がんばるぞ!おぉ〜〜〜っ!


観劇「中之島演劇祭2006」

大好きな大王(後藤ひろひと)プロデュースの王立劇場。
観にいってきました!

開演が15:30と遅めのため、まずは腹ごしらえ。
きじ新梅田食堂街にある「きじ本店」へ。





一緒に行ったのが美味しいもの大好き!人で、探してきてくれたお店。
とにかく狭〜いドアをくぐると、すぐ階段。階段に立ってお客が待ってます。
カウンターが7席、テーブルが4つしかない狭いお店。
私はモダン焼きを食べましたが、イメージ的には「オムそば」っぽい
感じ。友人はミックスを食べましたが、ふわっと焼けてました。
お値段もお味もGoodだったんですが・・・・
ご主人が鉄板のところで、タバコを吸うのはいかがなものか?

その後、会場へ!
ここが会場のテント当たり前だけど、本当にテントだ・・(笑)。





写真のとおり、今にも降り出しそうな空。雨が降ったら、どうなるの?
テント内はすごい音にならない?入り口でスープ無料券を頂きましたが、
お昼に食べたモダン焼きが胃の中で
「私はまだここにいるぞ!」と強く主張していたため、パス。
寒い日だったら、ありがたいサービスでしたけど。

中之島演劇祭「中之島演劇祭2006」
王立劇場「The Worst of・・・」

中之島4丁目テント 桟敷席C列
15:30分開演、17:35終演
キャスト:丸謙二郎、内場勝則。川下大洋、後藤ひろひろ、須知裕雅、中川貴志、ぼんちおさむ


大王こと後藤ひろひと氏は演出中、椅子から立ち上がったときに
椎間板ヘルニアを再発させてしまったそうで、お辞儀をしたり、
階段から降りるなどが大変そう。
まあ、それすらギャグにしてしまうあたりは、さすが大王ですが。
12月からの「みんな昔はリーだった」は大丈夫かしら・・。
この日は収録日のため、カメラも入っていました。

椅子席最前列には、元モーニング娘。の矢口真里もいました。
ヘアメイクばっちりだったので、収録に関連して来てたのかな?

感想はこちら↓

席は3列目、ど真ん中。途中お尻が痛くて辛かった・・・。



続きを読む

結果が来た!

先日受けてきた「おとな検診」の結果が届いた〜!
以前受けた成人病総合検診の判定結果が悪かったので
今回の結果に興味津々。

今回はC判定でした。

ちょっとビミョー
Aでもなければ、ウケが取れるほど悪くもないし(笑)。
ただ、前回引っかかった項目は定期健康診断では
検査項目に入っていないので、良くなってるのかどうか?だけど。

基本的には超健康。
肝機能はバリバリ。γ-GTPなんて今年も12。(70まではA判定)
中性脂肪も30(149まではA判定)。視力も裸眼で1.2
その他もぜーんぶA判定なんだけど、やっぱり今年も消化器のみアウト。
去年から胃にポリープが見つかって、今年もまだありました。
胃のポリープってほったらかしておいていいものなのかしら?

ま、自覚症状が無いからいっか(笑)。
ただねぇ・・体重が2キロも増えちゃったので、
それに関しては、何らかの対策を打たねば



livedoor プロフィール

みんみん

今後の観劇等の予定



<4月>
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極
□731@東京


<5月>
□百年の秘密@豊橋
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極
□ヘンリー5世@東京
□切られの与三@東京
□図書館的人生Vol.4 襲ってくるもの@東京
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極
□ヘンリー5世@東京


<6月>
□ハングマン@豊橋
□夢の裂け目@東京
□父と暮らせば@東京
□マクガワン・トリロジー@豊橋


<7月>
□おとなのけんかが終わるまで@名古屋
□ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル@東京
□お蘭、登場


<8月>
□「メタルマクベス」Disc1@東京
□レインマン@名古屋


<9月>
□GHOST@刈谷


<10月>
□ジャージーボーイズ@名古屋


<12月>
□女中たち@東京




以上がチケットGET済み。




●他に興味がある公演はコチラ(4/18更新)



2018年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>5本
■髑髏城の七人Season月(上弦の月)@東京
■TERROR テロ@東京
■PLUTOU プルートゥ@東京
■近松心中物語@東京
■黒蜥蜴@東京


<2月>8本
■ブロードウェイと銃弾@東京
■髑髏城の七人Season月(下弦の月)@東京
■Sing a Song@東京
■二月大歌舞伎@東京
■三月の5日間@名古屋
□アンチゴーヌ@豊橋
□岸 リトラル@東京
■夜、ナク、鳥@東京


<3月>7本
■ヒッキー・ソト二デテミターノ@三重
■隣の芝生も。@名古屋
■彼の地@豊橋
■修羅天魔〜髑髏城の七人Season極[初日]@東京
■赤道の下のマクベス@東京
□三月大歌舞伎@東京
■シャンハイムーン@豊橋


<4月>4本
□柿葺落四月大歌舞伎@名古屋
□PHOTOGRAPH 51@東京
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極
□1984@東京




★★観劇以外のエンタメ★★
「松本白鸚が語る 高麗屋 芸の継承」






▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■
■2017年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★
★2017年に観た映画はコチラ★




2018年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:16本(昨年は46本)
読書:6冊(昨年は22冊)
   ※除コミック
観劇:24本(昨年は84本)
その他:1本(昨年は6本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:5回9日
     (昨年は14回29日)
大阪遠征:0回0日
     (昨年は9回9日)

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・オフィスコットーネ
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン