名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 アラフィフだというのに、こんな状態で大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

映画「日本以外全部沈没」

36歳になって最初に見たのは(笑)「日本以外全部沈没」。
名古屋では、センチュリーシネマでしか公開していない。
そりゃ「日本沈没」を観たら、こっちも観るってモンでしょう!
タイトルを聞いたときに、そのバカバカしさにすっかり惚れてしまい
絶対に観にいくぞ!と固く心に誓っていたのでした。

今日は珍しく仕事が忙しかったのに、「絶対に観にいく」一心で
会社からの逃げ足の速いこと、速いこと(笑)。

日本以外全部沈没「日本以外全部沈没」
監督:河崎実    
原作:筒井康隆   原案:小松左京
脚本:右田昌万 、河崎実 
キャスト:小橋賢児、柏原収史、松尾政寿、岡村洋一 、つぶやきシロー 、松尾貴史 、デーブ・スペクター、筒井康隆、黒田アーサー、中田博久、寺田農、村野武範、藤岡弘

【あらすじ】
2011年。原因不明の天変地異でアメリカ大陸が1週間で海に沈んでしまう。1週間後、中国大陸が沈み始め、その1週間後にユーラシア大陸がすべて埋没。その2日後にアフリカ大陸、翌日にはオーストラリア大陸が海の下へと消えた。やがて日本国以外のすべての陸地が消えると、海外の生存者が続々と日本へ集まり始め……。 (シネマトゥデイ)


どこかに「国際問題に発展しかねない問題作」って書いてある。
何が国際問題なのかなあ・・・?と思って観始めると・・・

続きはコチラ。ネタバレあり↓



続きを読む

Happy Birthday to ME

とうとうなっちゃいました、36歳に。
今更、誕生日が嬉しいトシでも無いですしねぇ、
ここまで来ると、35歳も36歳も大差が無いのです。
マイクロソフトCEOのビルゲイツ氏の総資産が6兆円だろうが、
5兆円だろうが、ここまでの桁になると、大差なく感じてしまうのと
同じような感じと言うか。(笑)

そして今日の私と言えば、いつもと同じように会社に行き、
会社の歓迎会に参加(おまけに幹事(-。-)y-゜゜゜)
ま、さっさと家に帰ってくるよりも、誰かと1杯飲む機会があって
かえって良かったかな。
あとは、あちこちのメルマガからお祝いメールを貰ったぞ(笑)。

そうだ!おあずけにしてあるワインを開けなくちゃ。
でも今日はもう飲んできたから、週末に飲もう〜っと。
35歳は私なりに、いろいろと新しい分野にチャレンジできた
1年だったから、36歳は、更に自分にとって充実した1年になると良いな。

女は30代よっ!そして、私は毎年若返るのよ〜〜ん。



私は中年のオッサンか!?

最近は、本当に残業がない。遅くても20時には帰れちゃう。
家には早いと20時台には着いてしまう。

ここ4年以上、毎日のように22時近くに帰宅する生活をして
過ごしてきたので、こんなに毎日早く帰れると、何だか
逆に調子が狂っちゃう
いや、やることはあるんだよ。

カリグラフィーの練習もしないと。
クリスマス作品展に向けて、考えたり準備する事もある。
仕上げたい作品もあるし。
観ておきたいDVDもある。
早く帰ったなら、映画を観に行ったっていいはず。
読みたい本もあるしね。

けど、何だかやる気が起きずに、結局何もしないまま・・・
お前は定年後、家でゴロゴロするオッサンか!自分でツッこんでみた。
で、オッサンはイヤなのでカリグラフィーの練習をしてみた(笑)。
本当に平日の夜の時間の使い方がヘタだなあ、私。




よりによって・・・・

最近は、劇場に芝居を観にいくだけでは物足りず、
テレビでの放映をチェック。
最近、いろんな所で舞台中継やら録画やらが放映されてない?
ここ1ヶ月くらいのうちに

「雨と夢のあとに
(キャラメルボックス)so-netチャンネル
「嵐になるまで待って(キャラメルボックス)シアターTV
「イヌの日(阿佐ヶ谷スパイダース・初演)シアターTV
「赤鬼(NODA・MAP)シアターTV

と立て続けに放送してたし、頑張って録画もした!
(まだ殆ど観れていないけど・・・)
ホント、スカパーに入ってて良かった〜
シアターTVなんて月に525円。WOWOWと比べても格安!
(基本料金とかは弟が払ってるからね、ははっ)

そして、私が一番楽しみにしていたのは日曜の夜中、
BS2のミッドナイトステージで放送した「BIG BIZ」
私の大好きな大王の作品だもの!!
もう、めちゃ気合入れて録画予約したさ。
(両親の部屋でしかBSは観れないので・・・)
で、朝起きてまずチェックしてみると・・・・


録画できてない(T_T)


何せ初期の頃のDVDレコーダー。
よく書き込みエラーになるのだけど・・・よりによって、
一番楽しみにしていた番組でエラーにならなくてもっ!!
きっと、私の周りで録画してる人なんて居ないだろーな・・
月曜の朝からすっかり腰砕け状態さ・・


・・・この役立たずDVDめっ。次に失敗したら

ぶっ壊すぞ、コラ。(ー_ー)!!

壊されたくなかったら、ちゃんと働け!




観劇「獅堂流 森の石松」

今回は東京で1泊したので体もラクチン。
勝どきにあるホテルだから、演舞場も近い。
ああ、大好きな「新橋演舞場」。行くだけでウキウキしちゃう♪

どうやら今公演は団体がいっぱい入っていたようで、観光バスが
何台も横付けに。(だから対象外になってた先行予約が多かったのか)
おかげで、年齢層が高い、高い・・・(笑)。

獅堂流 森の石松「獅堂流 森の石松」新橋演舞場 6列目 
12時開演、15時30分終演
脚本:サタケミキオ 演出:本木克英 
出演:中村獅童、高岡早紀、橋本じゅん、深沢敦、八十田勇一笹野高史、長谷川朝晴、西牟田恵、角替和枝、高橋和也、ベンガル、吉田日出子 他

【あらすじ】
新進演出家の石井(中村獅堂)は、「森の石松」の演出中。しかし、舞台稽古が思いのままにならず、苛立ちの日々を送っていた。ある日の夜、突然の雷に撃たれ、気を失ってしまう。呼ばれる声を耳にして、石井が起き上がると、そこは清水港の浜辺。“石さん”と呼ばれている自分は、どうやら“森の石松”になったらしいことに気付いた。そういえば、頭にもマゲが……。「自分は演出家の石井」だと周囲に主張して暴れる石井だったが、受け入れられず、石松=石井は、親分の次郎長から、金比羅代参を命じられ、旅に出ることになるのだが……。(イープラスHPより)

とにかく今回は、席が良かった!
あの新橋演舞場で6列目というのも嬉しいのだけど、花道脇。
「劇場で弁当を食べる」が今回の目標だったのだけど、
座席の良さに幸せを感じながらお弁当を食べて開演を待ちました。
本当はお寿司が食べたかったんだけど、今日は築地市場が
お休みだったので、お寿司は無かったの。ちぇっ。

感想はこちら↓ネタバレあり。



続きを読む

観劇「ゴルフ・ザ・ミュージカル〜ゴルフなんか大嫌い〜」

行ってきました、初めてのPARCO劇場。渋谷は嫌いなんだよね・・・。
おまけに方向音痴で、気づいたらどこ歩いてるか分からない。
仕方なく、NAVITAIMEのお世話になる訳だけど、変な道を案内する。

「もっと分かりやすい道を教えろ、NAVITAIME!」

すみません。八つ当たりです。普通迷わないよね、PARCO劇場なんて

ゴルフなんか大嫌い「ゴルフ・ザ・ミュージカル〜ゴルフなんて大嫌い!!〜」
PARCO劇場6列目、19時開演21時50分終演
脚本・作詞・作曲:マイケル・ロバーツ
日本語版台本・演出:福島三郎
出演:川平慈英、高橋由美子、池田成志、堀内敬子、相島一之

【登場人物】
★ワッキー(川平慈英):最近頭角を現してきたコピーライター。 明るくジョークも得意だが打たれ弱く落ち込みやすい。スポーツは得意だが、ゴルフは全くの初心者。
★クロちゃん(相島一之):広告代理店に勤める営業。腰がむちゃくちゃ低い。スポーツは苦手だが、仕事のためにゴルフを始めてはや10数年
★サカシタちゃん(堀内敬子):クロちゃんと社内恋愛中だが、口外していない。人当たりがよく容姿端麗で男好きするタイプ。ゴルフは最近始めた。
★カラクサギさん(池田成志):健康食品会社創業社長の息子。業界では次期社長と噂されているため、シャチョウと呼ばれると、やめてくれよ」と言いながら殊更に喜ぶ。ゴルフが大好き。最近はハンデ10台の限界に苦しんでいる。
★キャディーさん(高橋由美子):妙齢のキャディ。 寡黙に、間違いのない仕事をこなすのだが、たまに言う本音の一言が、ゴルファーたちの心をえぐる。実は、ゴルフは相当の腕前。(チケットぴあHPより抜粋)


今回は、何と言っても池田成志と高橋由美子狙い。
川平慈英がちょっとにぎやか過ぎそうなのだけが心配で・・
(「オケピ!」の時のようなハイテンションだったら着いていけない・・)
ストーリーも何も全く知らないまま。
良いのか?こんな状態でチケットを買ってて・・

原作者のマイケル・ロバーツさんの不思議な(?)
日本語の挨拶の後、幕開け。


感想はこちら。↓ネタバレあり。




続きを読む

電話番をしに津へ。

うちの会社には三重県の津市に支店がある。
退職者の後任がなかなか採用できないので、人手不足。
今日は空っぽになるオフィスの電話番のために派遣された(笑)。

津市って、結構遠いのよ。
それこそ、先日F1グランプリをやった鈴鹿市よりも向こう。
私が働いているオフィスの場所からだと、片道1時間半はかかる。
“のぞみ”に乗ったら、東京に着くってば(笑)。
で、それ程電話が掛かってくるわけではないので、いつも以上に
のんびりPCで資料作成と、原稿の校正が出来ちゃって、
逆に「ラクな仕事でごめんね」って感じの1日。
何だかのんびり仕事させていただきました(笑)。

行きと帰りの3時間で文庫本も1冊読みきってしまった。(^^ゞ



もしかして、特技?

今日は「おとな検診」でした。
バリウムを飲むのは今回で3回目。3回目で再確認した事。

「私、バリウム飲むの、上手かも。」

“上手”なのであって、“好き”じゃないですよ、決して(笑)。
みんな、検査が終わって出てくると口の周りが真っ白。
けど私は、そのまま外に行く事も出来そうなぐらい、バリウムを
口の周りに残さず飲んでるんだな。

・・・・何の自慢にもならない・・・よね、やっぱり(涙)。

あー、お腹にバリウムが沈殿してる感じがする・・。
飲むのもイヤなんだけど、飲んだ後もイヤなんだよねぇ・・。



急いで食べなきゃ!

明日は健康診断。
もう、お歳がお歳なので私は「おとな検診(バリウム有)なのね。
(私はバリウムを飲まない検診を“こども検診”と呼んでいる)
だから、「前日の食事は21時までに済ませてください」とお達しが。

仕事は相変わらず、サクっと終了したので、
・11月利用分の“ぷらっとこだま”の乗車券を購入
・月末の大阪行きの早得きっぷをGET。
・11月利用分のバス席確保。
と全部こなしてやった。

おし!これで11月末までの移動の手配は全部終了だ!
・・・なんて一人で達成感に酔っていたら、あっという間に
20時に!きゃー、急がなくっちゃ!

慌てて帰宅して、晩御飯を食べ終わったのが20時50分。
(ちなみに、みんみん家の晩御飯はコロッケでした♪)
「あと10分」って思ったら、何だか勿体無くて(何が勿体無いの?)
急いでヨーグルトまで食べましたとさ。

・・・でも冷静に考えたら、10分くらい超えたって大丈夫だろうし
そもそも、2食ぐらい抜いたって、普段は平気なのに・・・。

さ〜。今年は何箇所、悪い所が見つかるかなっ(^_^;)



いつもの毎日

連休があけて、仕事が始まりました。
まあ、毎日毎日笑ってもらえるようなネタも無く(笑)、普通の一日。

しかし、連休中のアグレッシブな私はどこへ?ってほど
動きの緩慢な平日の私。まるで、冬眠しそうで、しない熊みたいな感じ?
(って、そんな熊見たことがあるんかいっ!)

せっかくシアターテレビジョンで録画した「嵐になるまで待って」も
チェックする気にもならず、今日から始まったドラマも忘れ
(佐々木蔵ちゃんが出てたんだねー)帰ったとたん、寝ちゃいました。


livedoor プロフィール

みんみん

今後の観劇等の予定




<7月>
□七月大歌舞伎_夜の部@大阪


<8月>
□GHOST@東京
□消えていくなら朝@豊橋
□納涼歌舞伎・一部@東京
□その頬熱戦に焼かれ@東京
□納涼歌舞伎・三部@東京
□「メタルマクベス」Disc1@東京
□MAKOTO@東京
□て@東京
□レインマン@名古屋
□冬物語@名古屋
□ザ・空気@豊橋


<9月>
□出口なし@東京
□GHOST@刈谷
□チルドレン@豊橋


<10月>
□ジャージーボーイズ@名古屋
□ゲゲゲの先生へ@東京
□贋作 桜の森の満開の下@大阪
□華氏451度@豊橋


<11月>
□贋作 桜の森の満開の下@東京
□セールスマンの死@東海市


<12月>
□女中たち@東京




以上がチケットGET済み。




●他に興味がある公演はコチラ(7/1 更新)



2018年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>5本
■髑髏城の七人Season月(上弦の月)@東京
■TERROR テロ@東京
■PLUTOU プルートゥ@東京
■近松心中物語@東京
■黒蜥蜴@東京


<2月>8本
■ブロードウェイと銃弾@東京
■髑髏城の七人Season月(下弦の月)@東京
■Sing a Song@東京
■二月大歌舞伎@東京
■三月の5日間@名古屋
■アンチゴーヌ@豊橋
□岸 リトラル@東京
■夜、ナク、鳥@東京


<3月>7本
■ヒッキー・ソト二デテミターノ@三重
■隣の芝生も。@名古屋
■彼の地@豊橋
■修羅天魔〜髑髏城の七人Season極[初日]@東京
■赤道の下のマクベス@東京
□三月大歌舞伎@東京
■シャンハイムーン@豊橋


<4月>7本
□柿葺落四月大歌舞伎@名古屋
■ヘッダ・ガブラー@東京
■PHOTOGRAPH 51@東京
■1984@東京
■修羅天魔〜髑髏城の七人Season極(2回目)@東京
■修羅天魔〜髑髏城の七人Season極(3回目)@東京
■731@東京


<5月>8本
■ワンピース歌舞伎@名古屋
■百年の秘密@豊橋
■ヘンリー5世@東京(1回目)
■修羅天魔〜髑髏城の七人Season極@東京(4回目)
■図書館的人生Vol.4 襲ってくるもの@東京
□切られの与三@東京
■修羅天魔〜髑髏城の七人Season極(5回目/大楽)
■ヘンリー5世@東京(2回目)


<6月>4本
■ハングマン@豊橋
■夢の裂け目@東京
■父と暮らせば@東京
□マクガワン・トリロジー@豊橋


<7月>4本
■おとなのけんかが終わるまで@名古屋
□ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル@東京
□お蘭、登場@東京
□睾丸@東京



★★観劇以外のエンタメ★★
◆松本白鸚が語る 高麗屋 芸の継承
◆ライブビューイング『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』
◆KENJI URAI Fan meeting & Mini concert 2018〜 heartful 〜





▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■
■2017年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★
★2017年に観た映画はコチラ★




2018年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:26本(昨年は46本)
読書:6冊(昨年は22冊)
   ※除コミック
観劇:43本(昨年は84本)
その他:3本(昨年は6本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:10回16日
     (昨年は14回29日)
大阪遠征:0回0日
     (昨年は9回9日)

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線
・ゲキシネ
・イキウメ
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・阿佐ヶ谷スパイダース
・MONO
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・オフィスコットーネ
・パラドックス定数
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・吉祥寺シアター
・神奈川芸術劇場KAAT
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座


■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン