名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 もうOver 40歳なのに、大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

チケットGET「幻の国」

劇団昴は存じませんでしたが、この作品の事を知って
観たい〜と思っちゃいました。


劇団昴ザ・サード・ステージ第35回公演
『幻の国』
作:古川健  演出:日澤雄介
出演:石田博英、永井誠、渡辺慎平、田中久也、永井将貴、町屋圭祐
福永光生、加藤和将、寺内よりえ、石井ゆき、林佳代子、高山佳音里
落合るみ、関泰子、舘田悠々


観たいと思った理由は、作・演出のお二人。
劇団チョコレートケーキの作家・演出家さんじゃないですか。
てことは、ほぼ劇チョコの作品みたいなもんでしょ(笑)
っていう、かなり乱暴な意見なんですけど(笑)、もともと
劇チョコは役者さんも好きですが、何より作品そのものが
素晴らしいと思っているので、期待大。

しかし、大山駅ってどこよ(笑)。(←東武東上線だそうだ)

ただ、この段階で「上演予定時間は2時間半」と表記してくれて
居るのは助かります、予定が立てやすい。
(実際、この情報があったので、観に行くって決めたし)
まあ、19時開演で2時間半の上演時間、おまけに最寄駅が
大山駅っていう事で、最終の新幹線には間に合わないので(爆)
夜行高速バス決定〜。




朗読「東京」

直前のイベントですが、私の参加する次の回の開場が14:30だった為
いくらなんでも、それまでには終了するだろう、それならば
ギリギリでも芸劇に間に合うはず!と思ってチケットを取っていた
のですが、終了が14:30、品川発は14:45。間に合う訳ないじゃん・・。

朗読「東京」朗読「東京」東京芸術劇場 シアターウェスト B列
演出:長部聡介
出演:渡辺いっけい 中村まこと
朗読作品:黒井千次 著 「たまらん坂」
【あらすじ】
国立から国分寺へと続く街道途中にある「たまらん坂」を登って家に帰る男の物語。「堪らん坂」なのか「多摩蘭坂」なのか坂の名前の拘りが芽生え、調べ始めるのだが・・。




朗読そのものは1時間弱と聞いていたので、20分遅刻したら
半分近く聞けないんだよね。なんか・・・テンション下がる・・
ゆっくりお茶でもして、帰っちゃう?と誘惑に駆られましたが
前方のセンターブロック、空席にするのも申し訳なくて
遅刻をして、参加です。

すると劇場の中には賑やかな音楽が流れ、笑い声なども
聞こえています。ん?どんなお話なんだ?






続きを読む

Kenji Urai Special Talk Event〜デスノート THE MUSICAL

気付けば、8月6日は東京に行く・・のが定番になっているここ数年。
今年は他の観劇と組み合わせられそうにないし、1時間だけだし
見送るか・・と思ったのですが、とりあえずエントリーだけ。
・・・という時は当たるのですよね(笑)。
外れた方もいらっしゃるので、ありがたく参加させて頂きました。
 
浦井大学(デスノート)
Kopi Luwak Presents
「Kenji Urai Special Talk Event〜デスノート THE MUSICAL」
@The GRAND HALL  Part1:13:00〜14:30

とはいえ、この為だけの上京は贅沢すぎる。
そう簡単に東京に行けると思うな、私。と、自分を戒める意味も込め
「往路は青春18きっぷで移動」を自分に課しました(笑)。
朝は4時30頃に起床し、5時過ぎには自宅を出て、始発の次の
電車でトコトコと東京に向かうことに。

通常4回〜6回の乗り換えが必要なのですが、今回は浜松と熱海の
2か所のみ、というとても楽ちんな乗り継ぎでラッキー♪

つい先日行った菊川のカフェを車窓から見つけたり、興津あたり
からは車窓から海が見えて、景色を楽しんだりしながら、
でも殆どの時間は寝て過ごして、12時29分に品川到着。

会場は行ったことが無い場所だったのですが、事前に調べて
何とかなる、と思ったのですが・・・やっぱり迷った(笑)。
後から思えば、何故あそこで迷うのだ?という場所なんですが、
そこを迷うのが、ホンモノの方向音痴っていうものです(笑)。

着席したのが開始4分前だったので、かなりギリギリ。
補助席も相当出ていたようです。横が20人強、前後も20列以上
あったと思うので、1回につき400名〜500名ぐらいという事に
なるのでしょうが、それを3回やってもハズレて参加が出来ない
という人が居るなんて、凄く人数が増えたんだなぁ、と。

レポ禁なので詳細は書きませんが、感想だけね、自分の記録だから。




続きを読む

チケットGET「散歩する侵略者」

いつかは上演してくれると信じ、待ち続けて6年。やっと願いが叶った!
これがイキウメの一番の代表作だと、私は思っております。
チケットが取れない、なんて事はないと分かっていても、無事に
GETするまでは緊張した〜(笑)。
前回は4列目を取りながら、日付を間違えていて最後列で観た・・という
悲しい出来事があったので(自分が悪いだけなんですけどね。)
今回こそ、前方席でガン観してやる!


『散歩する侵略者』
【大阪】ABCホール(11月23日〜26日)
作・演出:前川知大
出演:浜田信也、安井順平、盛 隆二、森下 創、大窪人衛 
   内田慈、松岡依都美、栩原楽人、天野はな、板垣雄亮



一刻も早く東京で観たいところですが、11月は東京遠征の予定が
パツパツで大阪までおあずけになっちゃいました。
鳴海役を内田慈ちゃん、明日美役は松岡依都美さんとか。
慈ちゃんはイキウメは「奇ッ怪」含めても久しぶりですよね。
やっぱり真治役は浜田さんかなぁ。板垣さんは桜井役って感じでしょうか。
前回観た時は前売りが3,800円だったと思うんですよね。
あれ、4,000円になった頃だったかな?
1,000円の値上がりに、時間の経過と劇団の成長を感じますね。
ああ、待ち遠しい。
でも期待し過ぎると、無駄にハードルをあげちゃうので、できるだけ
フラットに観たいな、と思っています。





チケットGET「ちょっと、まってください」

2年ぶりの劇団公演。
地元にいらっしゃらないならば(津はちょっと″地元”とは言えない)、
私が会いに参りましょう・・・。



ナイロン100℃ 44th SESSION
『ちょっと、まってください』
【東京】本多劇場(11月10日〜12月3日)
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:三宅弘城、大倉孝二、みのすけ、犬山イヌコ、峯村リエ
   村岡希美、藤田秀世、廣川三憲、水野美紀、遠藤雄弥、マギー



『消失』を観た際に「劇団公演は今後2年はありません」とケラさんが
おっしゃっていて、「おい・・、2年も無いのかよ」と思ったのが
つい最近のような気がするんですが、確かに2年前なんですよね。
月日のたつのは速いものだ。

私はケラさんデビューが「労働者M」だったため、当初はちょっと
苦手感が拭えずにいて、ナイロンデビューは遅めなんですが、
それでも、初めて観たのが「30th SESSION」だったようです。
今回が44thだから、随分経ったんだな、と改めて時の流れを
感じてみたりします(笑)。




今回の目標:ブルックリン発の朝食を食べる

オープンの情報を聞いて、行きたくて行きたくて、ずーっと
機会を狙っていたお店、先日の遠征時に行ってきました。

場所は池袋。東京芸術劇場を左手に見ながらテクテク・・。
消防署の隣にあります。池袋でもこの辺りは静かだなーと。
egg外観
egg 東京
東京都豊島区西池袋2-37-4 としま産業振興プラザ IKE・Biz 1F
8:00〜21:00(L.O.20:00)

egg店内
オープン当初は行列も出来ていたようですが、そこまでではなく。
10時頃にはほぼ満席になっていましたけどね。
明るいカジュアルな雰囲気の店内ですが、テーブルの上には白い
模造紙が敷いてあって、クレヨンも置いてありますので、
自由に絵とか描いていいよ、っていう演出です。

絵は苦手なんでねー、私は全く興味ないんですけど(笑)。







続きを読む

「世界報道写真展2017」@東京都写真美術館

前回の東京遠征の際、恵比寿でランチを食べて向かったのは
同じく恵比寿にある東京都写真美術館です。

世界報道写真展2017「世界報道写真展2017」
2017年6月10日〜8月6日










この美術館も、この写真展も前から興味がありましたが
何となく恵比寿って、「わざわざ行く」感覚が強くて
今まで行けないままだったんです。
だからいい機会だ!と思って。


入口も素敵
1階のホール部分も大きな写真が展示してあって素敵です。
一番手前は有名なフランスの写真家ロベール・ドアノーが撮影した
「パリ市庁舎前のキス」。4月から展示されているそうで。
おお、これも報道写真なのか?と思ったら(←バカですな)
学生カップルにキスするように頼んで、それを撮影したもの
なんだそうですね。なんか・・ちょっと残念(笑)。





続きを読む

2017年8月のエンタメ予定

8月ですねぇ、暑いですねぇ。
でも冬はもっとキライなので、ガマンします・・・。
仕事も本当に落ち着いていて、残業が殆ど無い今日この頃。
エンタメだけが生きがいでございます(笑)。


【観劇】
「東京」第五回@東京
「プレイヤー」
@東京
「罠」@東京
「髑髏城の七人Season鳥」@東京
「八月納涼歌舞伎/三部」@東京
「八月納涼歌舞伎/一部」@東京
「八月納涼歌舞伎/二部」@東京
「きゅうりの花」@大阪
これ、殆ど一気に観ちゃうんですよね・・・。
次々と観ている間は楽しいのですが、まだ感想が書けていない
舞台もあるので、観た後が大変そう(笑)。
今年の盆休みは、観劇一色で、東へ西へと大忙しの予定です。
台風の動きだけが心配ですが。


【チケ取り】
「散歩する侵略者」
「ナインテイルズ」
「欲望という名の電車」
「幻の国」
「管理人」
ここまでは先行があると明確に分かっているもの。
その他には「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
と「ペールギュント」の東京公演は恐らく8月中に先行が
あるのではないかと。「髑髏城の七人Season月」も情報公開が
あれば、先行もあっという間に始まるんじゃないかな。


【映画】
「夜明けの祈り」
8/5〜
「ブランカとギター弾き」8/5〜
「甘き人生」8/12〜
「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」8/12〜
「ローサは密告された」8/19〜
「ギフト 僕がきみに残せるもの」8/19〜
「エル ELL」8/25〜
観劇で終末や夏休みが埋まってしまうため、映画が全然観に行けない。
8月は興味のある作品の公開が続くので、何とか観たいものです。


【その他】
「Kenji Urai Special Talk Event 〜デスノート THE MUSICAL〜」
「マリアの首-幻に長崎を想う曲-」on NHK プレミアムステージ
「嘆きの王冠 ホロウ・クラウン」on 衛星劇場(先月からの続き)



盆休みは少しまとまって休めるので、溜まった録画の消費をしたい
と思っていたのですが、今年はここに遠征を入れてしまったので
(東京と大阪のフルコース)ゆっくり休む・・という感じではない
かな、私の今年の夏は。






ライブビューイング「髑髏城の七人 Season鳥」

実際に生の舞台を観てリピりたいほど面白くて、チケットが
一般発売で買えるようだったら行きましょうか、ぐらいの温度感
だった鳥髑髏ですが、面白かったんですよねぇ。
で、チケットも買えたんですよねぇ(笑)。
(花髑髏はチケット入手が難しかったと聞きましたが、今回は上映館が増えたので。)
という事で、人生初のライブビューイング体験となりました。

鳥ドクロ
ライブビューイング『髑髏城の七人 Season鳥』


とはいえ、ミッドランドスクエアシネマは一般発売でも
あっという間にソールドアウトしてしまいましたので、
(まあ、そうなると想定していたので狙ってもいなかったが)
109シネマズの方で。当日もチケットは出ていたようです。

ライブビューイングは、地方に住んでいて遠征が難しい人や
例えば宝塚の退団公演など、「その1公演」にとても意味があって
どうしてもその公演が観たい、というような時には、とても有用だ
と思うのですが、私は遠征で生の舞台も観ているし、ライブとはいえ
所詮は映像な訳だし、正直、あまり魅力を感じていませんでした。

ゲキシネは別です。
あれは、いいシーンを厳選して作った、ある意味別のコンテンツ
なので、私的にはアリなんです(もちろん加工した画像はキライなので
ゲキシネなら何でも好きって訳ではないですが)。
ライブビューイングはなんか、中途半端な印象だったんですよね。

でも、今回は「また観たい」気持ちの方が勝り、人生初の
ライブビューイング体験という事になりました。





続きを読む

観劇「Penalty killing remix version」

本日は朝からホットヨガに行き、向かったのは豊橋です。

PENALTY KILLING remix ver
PLAT小劇場シリーズ
風琴工房「Penalty killing remix version」3列目(自由席)
14:30開演、16:50終演
作・演出:詩森ろば
出演:粟野史浩(文学座)、板倉武志(犬と串)、碓井将大、岡野康弘(Mrs.fictions)、岡本篤(劇団チョコレートケーキ)、五島三四郎(流山児★事務所)、誉洋、佐野功、杉木隆幸(ECOHES)、高木健(エンニュイ)、田島亮、筒井俊作(キャラメルボックス)、照井健仁、一太(はらぺこペンギン!)、森下亮(クロムモリブデン)

【あらすじ】
プロアイスホッケーチームの月光アイスブレーカーズは、一時は経営難に陥る事もあったが、地元に愛されるチームでもあった。海外からの帰国組、国内有数の強豪チームからの移籍組、地元で育ちアイスブレーカーズを見て育ったルーキーと、様々な選手が顔を揃えているが、決して競合チームではなかった。シーズン終盤、アイスブレーカーズはプレイオフに出場できるかどうか・・という大事な一戦を目前に控えていた。この試合は負けるとチームを引っ張っていたキャプテンの引退試合となってしまうのだが、相手はリーグ一番の強豪チームだった・・・。





風琴工房は拝見した事が無ければ、この舞台の初演も観ていない。
間違いなく、豊橋で上演されなければ観なかったであろう舞台です。
そもそも最初は全く興味無かったですから(笑)。
でも、PLATが呼ぶって事は、それなりに面白いはずだ、と思い
通し券を買っていた訳ですね。その段階ではアイスホッケーの
舞台だって事も知らず、劇チョコの岡本さんぐらいしか
役者さんも存じ上げませんでした。

でも通し券を買うと、「非常の階段」は整理番号が10番ぐらい
だったのに、こちらは30番近い番号で、明らかにこちらの方が
人気公演らしいなぐらいは認識をしておりました。

アートスペースに入ると、狭いながらもそこには立派なスケートリンク

もどきが作られていてビックリです。うわ、本格的。
ちなみにこのリンクの氷の部分には手動の盆が仕込んでありました。

(リンクの)手すりがあって視界の妨げとなりそうなので、今回は

3列目と少し後ろ、高めの位置から観る事にしました。(自由席なので)




続きを読む
livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定



<9月>
□レ・ミゼラブル@名古屋


<10月>
□人間風車@東京
□関数ドミノ@東京
□「髑髏城の七人」Season風@東京
□トロイ戦争は起こらない@東京


<11月>
□全国芝居小屋錦秋特別公演@岐阜
□プライムたちの夜@東京
□ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ@東京
□ちょっと、まってください@東京
□散歩する侵略者@大阪


<12月>
□荒れ野@豊橋
□ペールギュント@東京
□この熱き私の激情@豊橋
□欲望という名の電車@東京
□The Beauty Queen of Leenane@東京
□ペールギュント@兵庫


<1月>
□黒蜥蜴@東京



以上がチケットGET済み。





●他に興味がある公演はコチラ(9/10更新)



2017年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>4本
■スルース〜探偵〜@名古屋
■新春浅草歌舞伎@東京
□「足跡姫」〜時代錯誤冬幽霊〜@東京
□壽新春大歌舞伎@東京

<2月>5本
■ビッグ・フィッシュ@東京
■陥没@東京
■ロミオ&ジュリエット@東京
■猿若祭二月大歌舞伎@東京
■ザ・空気@豊橋

<3月>6本
■ハテノウタ@大阪
■ロミオ&ジュリエット@大阪
■炎 アンサンディ@東京
■不信〜彼女が嘘をつく理由@東京
■令嬢ジュリー@東京
■死の舞踏@東京

<4月>6本
■白蟻の巣@豊橋
■城塞@東京
■エレクトラ@東京
■王家の紋章@東京×2
■あ、カッコンの竹@名古屋

<5月>8本
■エジソン最後の発明@名古屋
■ハムレット@兵庫
■フェードル@刈谷
■王家の紋章@大阪
□マリアの首@東京
■60'sエレジー@東京
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■王家の紋章@大阪大千秋楽

<6月>6本
■非常の階段@豊橋
■天の敵@大阪
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■グレート・ギャツビー@名古屋
■平成中村座_昼の部@名古屋
■平成中村座_夜の部@名古屋

<7月>8本
■子どもの事情@東京
■怒りをこめて振り返れ@東京
■怪談 牡丹燈籠@東京
■子どものためのシェイクスピア「リア王」@東京
■「髑髏城の七人」Season鳥@東京
■七月大歌舞伎(昼)@大阪
■七月大歌舞伎(夜)@大阪
■Penalty killing remix version@豊橋

<8月>8本
■「東京」@東京
■プレイヤー@東京
■罠@東京
■「髑髏城の七人」Season鳥 2回目@東京
□八月納涼歌舞伎/三部@東京
■八月納涼歌舞伎/一部@東京
■八月納涼歌舞伎/二部@東京
■きゅうりの花@大阪

<9月>9本
□ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと─@豊橋
□あっこのはなし@豊橋
□夜、さよなら 夜が明けないまま、朝 Kと真夜中のほとりで@豊橋
■Glorious!@東京
□CRIMES OF THE HEART―心の罪―@東京
■謎の変奏曲@東京
□ワーニャ伯父さん@東京
■デスノートThe Musical@東京
□幻の国@東京



★★観劇以外のエンタメ★★
■デスノート THE CONCERT@大阪
■KEJI URAI TALK EVENT〜王家の紋章〜
■ライブビューイング「髑髏城の七人 Season鳥」
■KEJI URAI TALK EVENT〜デスノート THE MUSICAL〜




▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★




2017年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:33本(昨年は60本)
読書:12冊(昨年は14冊)
   ※除コミック
観劇:60本(昨年は68本)
その他:4本(昨年は11本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:10回21日
大阪遠征:8回8日

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン