名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 もうOver 40歳なのに、大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

2017年3月のエンタメ予定

毎月基本的に1日にアップしている記事だけど、もう3月6日だし
今月はパスしようかな・・とも思ったのですが、何だか自分でも
気持ち悪いので、今さらですが書いておきます(笑)。


【観劇】 
「ハテノウタ」@大阪
「ロミオ&ジュリエット」@大阪
「炎 アンサンディ」@東京
「不信〜彼女が嘘をつく理由」@東京
「令嬢ジュリー」@東京
「死の舞踏」@東京
もう最初の2本は観ちゃいましたけどね(笑)。
今月は歌舞伎が無いんだなぁ・・。ていうか、入れる余裕がなかった。


【チケ取り】 
「天の敵」
@大阪
「平成中村座」@名古屋
「デスノート THE MUSICAL」@東京
 今分かっているのはこれ位かな。過去のスケジュールから考えると
「子どものためのシェイクスピア」はまだ先行は先だと思うのだけど
早く公演スケジュールだけでも出してほしい(涙)。


【映画】 
「ラビング 愛という名前のふたり」3/4〜
「わたしは、ダニエル・ブレイク」3/18〜
「未来よ こんにちは」3/25〜
「ムーンライト」3/31〜
 とりあえず、絶対に観たいのはこれぐらい。でも時間が無くて
私が調べられていないだけで、他にもありそうなんですけどね。
映画は少しペースを落としたいなとは思っています。
(昨年からそう言っているんだけど、なかなか実行に移せない・・)


【その他】
「デスノート The Concert」@大阪
「エノケソ一代記」 on WOWOW
そこまでデスノート好きか?とは思いますが、行きますよ
浦井君を追っかけて大阪まで(爆)。



昨年程ではないけど、仕事もいい感じで忙しいので、情報収集を怠りがち。
なかなか先の事を考える余裕がないのですが、最近はチケ取りに
失敗してばかり(日程的な問題)なので、ちょっと落ち着いて
スケジュールを立て直したいな、なんて思ってます。
とにかく、この忙しい時期を乗り越えなきゃ。




 

今年の春

確定申告やら週末に観た舞台の感想アップやら(それ以前の舞台も!)
平日は何かと忙しくて出来ない事をするために、今日はホットヨガと
加圧トレーニングだけにして(映画を断念して)、早めに帰宅。
それにしても、昨日からポカポカ陽気で気持ちいい〜。

はっ、という事はそろそろか?
と思って、帰り道、自転車に乗りながら地面に目を凝らしていると・・・
今年の春
あった!土筆!今年も土筆の画像を載せちゃうのだ(笑)。

自転車を止め、地面にしゃがみ込んで何枚か撮影しましたが、
どうしても今年もスマホでは綺麗に撮れなくて、一旦帰宅してから
改めて一眼レフを持ち出して、撮りに戻りましたよ(笑)。

ああ、ここまで来ると、本格的な春が近づいてきた実感が・・。
そう言えば、日没時間も遅くなってきていますよ。
もう3月でしたもんね(爆)。




観劇「ロミオ&ジュリエット」@大阪

東京で1度観て、今回はそれで終了!のはずだったのですが
1度観たらやっぱりもう一度観たくなって、ちょうど「ハテノウタ」
の後にソワレが観られるじゃないか!と気付いちゃいまして(笑)。

ロミオ&ジュリエット「ロミオ&ジュリエット」梅田芸術劇場メインホール16列
 17:30開演、20:45終演 
原作:W.シェイクスピア  作:ジェラール・プレスギュルヴィック 
潤色・演出:小池修一郎
出演:大野拓朗、生田絵梨花、、矢崎広、小野賢章、広瀬友祐、大貫勇輔、香寿たつき、シルビア・グラブ、坂元健児、阿部裕、秋園美緒、川久保拓司、岸祐二、岡幸二郎  他
※あらすじは省略



そう言った理由なので、キャストに関しては選択権なし。
キャスト表3_4
ロミオとジュリエット以外は全員前回と同じでした。 
欲を言えば、主演の二人は据え置きで、それ以外は全員
もう一方の方を観てみたかったなぁ。

そして、ある程度は想像していましたけど、やっぱり
男性客がいらっしゃいましたねぇ。
普段はあまり若い男性の二人連れとか、ミュージカルでは
見かけないのですが、勿論おひとり様の男性も含めて
結構の人数を見かけました。さすがアイドル(笑)。

 

 
続きを読む

観劇「ハテノウタ」

何だか平日の疲れがど〜〜んと溜まった状態でしたが、
この今年初の大阪遠征を楽しみにウィークデーを乗り切ったようなものです。

ハテノウタMONO「ハテノウタ」ABCホール 1列目
14:00開演、15:30終演
作・演出 土田英生
出演:水沼 健、奥村泰彦、尾方宣久、金替康博、土田英生、高橋明日香、松永渚、松原由希子、浦嶋りんこ
【あらすじ】 
ある薬の普及で100歳間近になっても若いままの人々。服用の度合いによって老け方が違うらしい。しかし共通しているのは、今年中に全員死ななければならないということだった。皆は集まり唄う。懐かしいエピソードで盛り上がる。ただ、未来のことだけは語れないのだ。
 


MONOは土田さんが愛知県のご出身という事もあってかどうか
本当の所は分かりませんが、名古屋公演をしてくれる確率が高く
「名古屋で公演があれば観る」スタンスでした。
(つまり、遠征まではしない)

でも、「あらすじ」的なものを読んだときに、何となく
面白そう・・という感じがしたので、エイッ!と遠征する事に。
そして、いつも東京とか名古屋で一緒に観劇する事の多い
Kさんも「大阪に行く」と言う事だったので、初めて一緒に
大阪に向かったのでした。(いつも、大阪行は一人だから〜)





続きを読む

チケットGET「『髑髏城の七人』Season鳥」

夜、残業の合間にスマホでメールチェックをしたら、
「抽選結果のご連絡」のメールが来ていたのですが、一体何に
エントリーしていたのかも忘れておりました(爆)。コレですね。


劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season鳥
【東京】IHIステージアラウンド東京
作:中島かずき  演出:いのうえひでのり
演出:阿部サダヲ、森山未來、早乙女太一、松雪泰子、粟根まこと、福田転球
 少路勇介、清水葉月、梶原善、池田成志  他 



ほんと、新感線は(というかVACは)最後列近くとか2階席とかしか
回ってこないので(私には、ね。)、今度もどんな遠方席になることやら。
でも、「Season花」よりも、全体的なキャスティングとしては
「Season鳥」の方に興味アリなので嬉しいです。
「花」は3回分チケットを取っていたのですが、「鳥」の情報知ったら
「うーん、3回は多い気がする」と思い、1枚手放しちゃいました(笑)。

とりあえず1公演のみGETしましたが、もう1公演ぐらい観たいなあ。 
でも、他に同時に観たい作品のスケジュールが未だ分からないのと
どこなら仕事が休めそうなのかが読めず、なかなか手が出せない(涙)。




 

「WASHI 紙のみぞ知る用と美」展@LIXILギャラリー

前回の遠征は1泊で、1日目は非常に盛りだくさんだったのですが
2日目も朝から元気に活動です。「月刊新潮」が買いたくて
荷物を東京駅のロッカーに預けがてら、八重洲ブックセンターに行き
京橋までテクテクとお散歩です。

WASHIのみぞ知る用と美
「WASHI 紙のみぞ知る用と美」展
2016年12 月 8日〜2017年 2月 25日
LIXIL:GINZA2F 入場料 無料


カリグラフィーをやってましたので、「紙」と言うものには
興味がありまして。
どんな場所かとおもったら、LIXILの展示場の2階に
ギャラリーが2つあるんですね。
思ったより狭いなぁ・・とは思いますが、私企業の展示場に
併設されたギャラリーで、入場無料ですからね。



 
 続きを読む

今回の目標:ハンドドリップで日本茶を愉しむ

オープン以来、行きたいと思っていたのですが、混んでいる事が
想定されたので、平日遠征の時に訪問するのを狙っていたお店です。
この日は富ヶ谷でモーニングを頂き茅場町で展示会を見て
銀座三越でチョコを買ってからビッグ・フィッシュを観てこちらへ。

東京茶寮
東京茶寮
東京都世田谷区上馬1-34-15
平日:13:00〜20:00(L.O19:30)
土・日・祝:11:00〜20:00(L.O19:30)
※電話番号は非公開(予約すると教えて頂けます)


三軒茶屋駅から徒歩7分ぐらいでしょうか。
座席はコの字型のカウンター9席のみ。WEBから予約も出来ますので
予約して行きました。
私が訪問する数日前に「めざましテレビ」で取り上げられていました。
もう、混むから取り上げないでーって感じ(笑)。
(お店の方は「頼まれて仕方なく・・でした」っておっしゃってましたけど)


 
 
 続きを読む

今回の目標:「It’s a Sony 展」Part気帽圓

先日の遠征時、行きたいと思っている所がありました。
富ヶ谷でモーニングを頂き茅場町で展示会を見て
銀座三越でチョコを買ってからこちらへ。

SONY展
It's a Sony展 Boodbye Sony Building, Hello Sony Park
Part機2016年11月12日〜2017年2月12日
Part供2017年2月22日〜2017年3月31日


粟根まことさんのブログで見かけて、興味があったのですが
正直、展示期間が長すぎて忘れておりました。
けど、先月銀座を歩いている時にソニービル前を通りかかりまして
「しまった!」と思い出したのです。
どうしてもPart気諒がみたかったので、これがギリギリ。
間に合ってよかった・・・。


階段や床には年代がプリントされており、その年代の代表的な
ソニー製品が展示されています。
階段
 

入口直ぐにこちらがあったのですが、オープンリールのテープ、
素材が和紙だったんですって!
素材は
箱に「SONI」と書かれていて、SONYじゃないんだ・・

なんて驚いていたのですが、展示はまだまだ続きます。
 



 続きを読む

映画「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」

1本目が終わってそのまま残って2本目です。

ニュートンナイトニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男
監督:ゲイリー・ロス
出演:マシュー・マコノヒー、ググ・ンバータ=ロー、マハーシャラ・アリ
【あらすじ】 
1863年、南北戦争で二つに引き裂かれたアメリカで、ニュートン・ナイトは甥の遺体を家族に届けようと南部軍を脱走する。故郷で仲間の農民たちから農作物を奪う軍と衝突したニュートンは、追われる身となって湿原に身を隠す。そこで出会った黒人の逃亡奴隷たちと友情を築いたニュートンは、黒人と白人が一つになった前代未聞の反乱軍を結成し、自由のために立ち上がる―。農夫から奇跡の英雄となりアメリカ南軍に反旗を翻した伝説の男。10年の歳月をかけて製作に至った感動の実話。



観てみたいとは思っていたのですが、上映時間が長めの作品で
明らかに重い内容だと思ったため、なかなか腰が重く・・。
こちらも、来週金曜日で上映が終わってしまうため、
やっと観に来たのでした。



 
続きを読む

映画「エリザのために」

今週末は当初は梅田のヴェローナに居るはずだったのですが
チケットを手放しちゃったので、名古屋でいつも通りの週末です。
まずはホットヨガに行き、それからミリオン座。

エリザのためにエリザのために」 
監督:クリスティアン・ムンジウ
出演:アドリアン・ティティエニ、マリア=ヴィクトリア・ドラグス
【あらすじ】 
50歳になる医師ロメオには、イギリス留学を控える娘エリザがいる。ある朝、娘が登校途中に暴漢に襲われてしまう。大事には至らなかったが、娘の動揺は大きく、留学を決める最終試験に影響を及ぼしそうだ。ロメオは娘の留学をかなえるべく、警察署長、副市長、試験監督とツテをたより、ある条件と交換に試験に温情を与えてもらおうと奔走する。しかし当の娘には反発され、ロメオには検察官の捜査が迫ってくる。


予告を観て、観たいなと思っていた作品ですが、公開終了日が
決まってしまったので、ヤバイヤバイと思って、やって来ました。
客席は割と空席多め。





続きを読む
livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定


<5月>
□ハムレット@兵庫
□エジソン最後の発明@名古屋
□フェードル@刈谷
□マリアの首@東京
□60'sエレジー@東京
□「髑髏城の七人」Season花@東京
□王家の紋章@大阪


<6月>
□非常の階段@豊橋
□天の敵@大阪
□平成中村座@名古屋
□「髑髏城の七人」Season花@東京
□グレート・ギャツビー@名古屋


<7月>
□怒りをこめて振り返れ@東京
□怪談 牡丹燈籠@東京
□「髑髏城の七人」Season鳥@東京
□Penalty killing remix version@豊橋


<8月>
□子どもの事情@東京
□罠@東京
□「髑髏城の七人」Season鳥@東京


<9月>
□デスノートThe Musical@東京
□レ・ミゼラブル@名古屋




以上がチケットGET済み。





●他に興味がある公演はコチラ(4/26更新)



2017年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>4本
■スルース〜探偵〜@名古屋
■新春浅草歌舞伎@東京
□「足跡姫」〜時代錯誤冬幽霊〜@東京
□壽新春大歌舞伎@東京

<2月>5本
■ビッグ・フィッシュ@東京
■陥没@東京
■ロミオ&ジュリエット@東京
■猿若祭二月大歌舞伎@東京
■ザ・空気@豊橋

<3月>6本
■ハテノウタ@大阪
■ロミオ&ジュリエット@大阪
■炎 アンサンディ@東京
■不信〜彼女が嘘をつく理由@東京
■令嬢ジュリー@東京
■死の舞踏@東京

<4月>6本
□白蟻の巣@豊橋
□城塞@東京
□エレクトラ@東京
■王家の紋章@東京×2
■あ、カッコンの竹@名古屋



★★観劇以外のエンタメ★★
■デスノート THE CONCERT@大阪





▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★




2017年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:18本(昨年は60本)
読書:3冊(昨年は14冊)
   ※除コミック
観劇:21本(昨年は68本)
その他:1本(昨年は11本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:4回8日
大阪遠征:2回2日

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン