名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 もうOver 40歳なのに、大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

「これぞ暁斎!」展@ ザ・ミュージアム

先日観た「令嬢ジュリー」と「死の舞踏」の間に時間があったので
観に行ってきました。Bunkamuraはこういう時に便利だよね。

これぞ暁斎 ゴールドマン コレクション
「これぞ暁斎!」世界が認めたその画力
bunkamura ザ・ミュージアム
2017年2月23日(木)〜4月16日(日)








一緒に観た友人の御主人が 暁斎が大好きなんだそうで。
マリメッコ展の時ほどチケット売り場が混んでいなかったので
多少はゆっくり観られるかなーと思っていたのですが、
ところがどっこい、中は結構混んでおりました。

 
 
 続きを読む

チケットGET「罠」

公演情報を聞いたとき「おっ」と思ったこの公演、チケット確保。


『罠』
【東京】サンシャイン劇場(8月8日〜15日)
原作:ロベール・トマ  演出:深作健太
出演:加藤和樹、白石美帆、渡部秀、初風緑、山口馬木也、筒井道隆


この作品自体は観たことが無いのですが 、ロベール・トマと言えば
たまたま「W」を観たら面白くて、その後上演された「8人の女たち」
まで観ちゃったよ、という作家さん。
だからこれも観てみたかったんですよね。
それにしても、サンシャイン劇場なんて、何年振りかな、「鋼鉄番長」
観に行った以来かもしれないな。




 

チケットGET「60’sエレジー」

これ、どうしても行ってみたかったんですよね。
ていうか、絶対行くって決めておりました。
 

『60’sエレジー』
【東京】新宿サンモールスタジオ(5月3日〜21日) 
作:古川健  演出:日澤雄介
出演:浅井伸治、岡本篤、西尾友樹、林竜三、日比野線、浦田大地、栗原孝順、佐藤みゆき


 「ラインの向こう」も「治天の君」も、とってもいい舞台で
次も絶対に観たい、って思ってたんですよね。
イキウメを観て「次も絶対に観たい」と思った時に似てる。

整理番号も無い全席自由席で、チケット代も当日清算ってのは初めて。
昔はイキウメも3000円台でしたけど、席は全席指定でしたしね。 
まあ、どうしても遠征してまで観たいと思うのは
大きな劇場で上演される舞台が多くなってしまうので。


うん、楽しみだ♪




 

チケットGET「デスノート The Musical」

チケ取は春も夏も飛び越えて秋に突入した感がありますな。


『デスノート The Musical』
【東京】新国立劇場 中劇場(9月2日〜24日)
演出:栗山民也
出演:浦井健治/柿澤勇人(Wキャスト)、小池徹平、唯月ふうか
   盒恐摸、濱田めぐみ、石井一孝、別所哲也 ほか 



こちらは再演。初演も観ておりまして、決して嫌いな作品ではないし
WOWOWで放送されたものも、ちょくちょく観る程度には好き。
でも、浦井君が出演していなければチケットは取らなかっただろうな。
ということで、1度だけ観に行きます。
1度だけの観劇なので、せめて真ん中位の席が来るといいんだけど・・。




 

2017年4月のエンタメ予定

遠征を1つ諦めたけど、仕事の繁忙期も4月は落ち着く・・・はず。
少し落ち着いて生活がしたい4月でございます。


【観劇】 
「白蟻の巣」@豊橋
「城塞」@東京
「エレクトラ」@東京
「王家の紋章」@東京
 初演のチケット取れなさぶりにビビって、少し多めにエントリーした
「王家の紋章」が全部当選。嫁に出そうと思っても、なんだか随分と
チケットがダブついていて、値下げしても引き取り手が見つからず。
すごくリピる結果になるかも。 東京では1度観られればいいんだけどなー。
誰か行きません?値下げしますよ(笑)。


【チケ取り】
「60’Sエレジー」
@東京
「子供の事情」@東京
「罠」@東京
「プレイヤー」@東京
「謎の変奏曲」@東京
 ここまでは分かっている分ね。「人間風車」の地方公演が気になるし
「ワーニャ伯父さん」もそろそろ気になる頃ですね。
今年も子どものためのシェイクスピアの先行に乗り遅れてしまったので、
他も気を付けないと・・です。


【映画】
「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」
4/7〜
「マイ ビューティフル ガーデン」4/8〜
「ぼくと魔法の言葉たち」4/8〜
「午後8時の訪問者」4/15〜
「汚れたミルク/あるセールスマンの告発」4/15〜
「美女と野獣」4/21〜
「人生タクシー」4/29〜
 映画はなかなか観たい作品が続く感じですね。仕事が本当に
落ち着いてくれたら、仕事帰りに観たいなぁ。


【その他】
「門出二人桃太郎」4/7 on NHK Eテレ
「クレシダ」4/10 on NHKプレミアムステージ
「グリーン&ブラックス」4/29 on WOWOW



そう言えば、今月末にはもうゴールデンウィークじゃないですか!
(まあ、何の予定もございませんが。)




 

映画「ムーンライト」

アカデミー賞で何らかの賞を受賞した作品は極力観たいと
思っておりますが、公開が1か月も早まるって凄いよね(笑)。

ムーンライトムーンライト
監督:バリー・ジェンキンス
出演:トレバンテ・ローズ、アッシュトン・サンダース
【あらすじ】
名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちから標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れることに・・・。世界が震えた感動作!マイアミを舞台に、自分の居場所とアイデンティティを探す、ある少年の成長を3つの時代構成で描く。

★第89回アカデミー賞<作品賞><脚色賞><助演男優賞>受賞


まあ、アカデミー賞を獲らなくても観に来ていたと思いますが
受賞作品は「ふーん、こういう作品が受賞するんだ」
っていう観かたになっちゃいますね、どうしても。

アカデミー賞の作品賞を受賞したからといって、私が面白いと
思うとは限らない、むしろそうじゃない場合の方が多い
という事は、さすがに実感してきてますので(笑)。




 
続きを読む

今回の目標:TOKYO COFFEE FESTIVALに行く

先日の遠征時に、行ってみたいところがあったのです。

TOKYO COFFEE FESTIVAL
TOKYO COFFEE FESTIVAL 2017 spring
開催日:3月18日(土)19日(日)
場所:青山・国連大学前広場

色々な食フェスがあって、コーヒーフェスも知ってはいたのですが
月に1度の遠征ではタイミングが合わないのが基本。
なので、いつも諦めていたのですが、今回はタイミングがピッタリ!
ちなみに、このコーヒーフェスは今回で6度目だそうです。
銀座でブランチをした後、表参道駅まで移動しました。





続きを読む

チケットGET「レ・ミゼラブル」@中日劇場

チケットに関するエントリーが久しぶり!な気がしますが
9月〜10月公演のチケットという事で、気が遠くなりそうです(笑)。

 
『レ・ミゼラブル』
【名古屋】中日劇場(2017年9月25日〜10月16日)


和音美桜さんや橋本じゅんさんは名古屋公演には出演しないし
ダブルキャストも前半・後半で入れ替わる事が多いので
どうしても、観たい組合せにはなり得ないのが地方公演の
残念な所なのですが、かといってその為だけに遠征するって
程でもなくて、ちょっと不完全燃焼感があるのは事実です。

新演出になった頃のレミゼ熱はすっかり失せていますので、
何なら、もう行かなくてもいいか・・ぐらいのテンションでは
ありましたが、中日劇場に行けるのもあと何回だろう・・
と思うと、やはり行っておかなきゃ!という事で。


 
 

今回の朝食@銀座

遠征時の芝居は友人@名古屋と観る事もありますが、
一緒に行くとかはなくて、「あ、今日は東京で泊まりなの?」と
前日や当日に確認するような感じ。
その友人も以前は数か月に一度、芝居を観に上京する頻度だった
のですが、今は毎月上京するのが定番になり、一緒に東京で過ごす
時間が増えました。

そんな時は一緒に朝食を食べに行くのですが、お店を決めるのは
いつものその友人です。
美味しいものが大好きで、本人もホテルでフレンチのシェフとして 
働いた経験もあるので、詳しいですし。
(まあ私が「ここに行きたい」と言っても、彼女のお眼鏡に叶わないと、却下されるし(笑)
実際に美味しい店を探し出すので、店選びは完全に彼女にお任せ)

今回は、彼女が以前トライしたけど行列で諦めたお店に行きたい
と言うので、ノコノコついて銀座まで。

エントランス
「MERCER BRUNCH GINZA TERRACE」
東京都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ4F
ブランチ L.O.16:30   ディナー L.O.22:00


普段は寝坊なんかした事がなく、遠征時でも概ね7時には
起きている私が気が付いたら8時34分という大寝坊。
平日よりも早く寝たというのに。相当寝不足だったんでしょうね。
友人との待ち合わせが9時だったものだから、大急ぎで支度して
(間に合わせた私、エライ!)ちょっと寄り道して、キラリトギンザ
に着いたのは10時ちょうどでした。

お店は広いし、空席はあっても全員を通してくれなくて
しばし外で待ちましたが、恐らく15分ぐらいで着席。
「お時間は2時間までとなっております」と言われます。
朝からそんなに長居しねーよ、と思ったのですけど(笑)、
料理が出てくるまで時間がかかるし、落ち着いた店内なので、
つい長居になっちゃうのは、分かる気がします。

これは友人が頼んだメニュー。
友人が選んだメニュー
ニース風サラダ 
ノルディックサーモンと4種の野菜のこってりサウザンドレッシング

本当は私もコレが良かったんだけど(笑)、同じじゃシェアできない
のでこちらを頼みました。
私が選んだメニュー
サーモンのタルタルとアボカドとポーチドエッグ ディルソース

どのメニューにもブリオシュのフレンチトーストが2枚ついてきます。

このフレンチトースト、美味しかった!
甘過ぎず、柔らかすぎず(おそらくパンがブリオシュと言う事もある)。
結構なボリュームがあって、かなり満足な朝食となりました。

私は店の内側に向いたの席だったので平気でしたが、友人は店の外側が
見える席だった為、並んでいるお客さんに「ガン見されてる・・」と
何度か呟いておりまして(笑)、ちょっと申し訳なかったな。
お店を出る頃は、結構な行列になっておりました。 

でも朝イチで来れば、そこまで待たなくて済みそうなので、また
朝食で困った時には是非再訪したいです!

 

 

 

映画「ラビング〜愛という名前の二人」

観たい作品だったのですが、どうしてもタイミングが合わなくて。
それが今日なら観られる!ということでこれが本日の2本目。

ラビングラビング 愛という名前のふたり
監督:ジェフ・ニコルズ
出演:ジョエル・エドガートン、ルース・ネッガ、マートン・ソーカス
【あらすじ】 
レンガ職人のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。1958年、生まれ育ったバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られ―。二人の純粋な愛が、世界を変えた感動の実話。アメリカ史上最も純粋なラブストーリー。

 
これは実際にあった話の映画化なんですよね。でもたった60年前。
黒人問題って、本当に大変だったんだなぁ・・・。
(今でも完全に克服されてはいないでしょうけど)





続きを読む
livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定


<5月>
□王家の紋章@大阪


<6月>
□非常の階段@豊橋
□天の敵@大阪
□平成中村座@名古屋
□「髑髏城の七人」Season花@東京
□グレート・ギャツビー@名古屋


<7月>
□怒りをこめて振り返れ@東京
□怪談 牡丹燈籠@東京
□「髑髏城の七人」Season鳥@東京
□Penalty killing remix version@豊橋


<8月>
□プレイヤー@東京
□子どもの事情@東京
□罠@東京
□「髑髏城の七人」Season鳥@東京


<9月>
□謎の変奏曲@東京
□デスノートThe Musical@東京
□レ・ミゼラブル@名古屋


<12月>
□The Beauty Queen of Leenane@東京



以上がチケットGET済み。





●他に興味がある公演はコチラ(5/15更新)



2017年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>4本
■スルース〜探偵〜@名古屋
■新春浅草歌舞伎@東京
□「足跡姫」〜時代錯誤冬幽霊〜@東京
□壽新春大歌舞伎@東京

<2月>5本
■ビッグ・フィッシュ@東京
■陥没@東京
■ロミオ&ジュリエット@東京
■猿若祭二月大歌舞伎@東京
■ザ・空気@豊橋

<3月>6本
■ハテノウタ@大阪
■ロミオ&ジュリエット@大阪
■炎 アンサンディ@東京
■不信〜彼女が嘘をつく理由@東京
■令嬢ジュリー@東京
■死の舞踏@東京

<4月>6本
□白蟻の巣@豊橋
□城塞@東京
■エレクトラ@東京
■王家の紋章@東京×2
■あ、カッコンの竹@名古屋

<5月>6本
■エジソン最後の発明@名古屋
■ハムレット@兵庫
■フェードル@刈谷
□マリアの首@東京
□60'sエレジー@東京
□「髑髏城の七人」Season花@東京



★★観劇以外のエンタメ★★
■デスノート THE CONCERT@大阪
■KEJI URAI TALK EVENT〜王家の紋章〜





▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★




2017年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:21本(昨年は60本)
読書:4冊(昨年は14冊)
   ※除コミック
観劇:27本(昨年は68本)
その他:2本(昨年は11本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:5回10日
大阪遠征:4回4日

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン