今年は本当に良くお芝居を観た年でした。
観劇暦の浅い私は、「とにかく今年は、どんなジャンルでも
興味があったら何でも観てみる!」がテーマでした。
その課題はクリアできたかな。

12人の優しい日本人(大阪:シアタードラマシティ)

労働者M(東京:シアターコクーン)
贋作〜罪と罰(大阪:シアターBRAVA!)
クラウディアからの手紙(名古屋:愛知県厚生年金会館)
桜飛沫(大阪:シアターBRAVA!)
間違いの喜劇(名古屋:勤労福祉会館)
イッセー尾形のとまらない生活(名古屋:テレピアホール)
アンナ・カレーニナ(名古屋:中日劇場)
メタル・マクベス(松本:松本市芸術劇場)
メタル・マクベス(東京:青山劇場)
ライフ・イン・ザ・シアター(名古屋:勤労福祉会館)
タイタス・アンドロニカス(大阪:シアタードラマシティ)
まとまったお金の唄(大阪:大阪厚生年金会館)
HUMANITY(東京:新宿コマ劇場)
あわれ彼女は娼婦(東京:シアターコクーン)
OUR HOUSE(名古屋:愛知県厚生年金会館)
開放弦(名古屋:愛知県厚生年金会館)

初仕事納め(東京:新国立劇場 小劇場)
雨と夢のあとに(東京:サンシャイン劇場)
魔界転生(東京:新橋演舞場)
プライベート・ライブズ(東京:青山円形劇場)
ゲキ×シネ[SHIROH](名古屋:東建ホール)
噂の男(名古屋:名古屋市民会館中ホール)
18代目中村勘三郎襲名披露公演(名古屋:同朋高校特設)

Cat in the Red Boots(大阪:大阪厚生年金会館)
ゴルフ・ザ・ミュージカル〜ゴルフなんて大嫌い!!(パルコ劇場)
獅堂流「森の石松」(東京:新橋演舞場)
オレステス(名古屋:愛知県厚生年金会館)
中之島演劇祭2006(大阪:中之島特設テント)
奇跡の人(名古屋:愛知県厚生年金会館)
タンゴ・冬の終わりに(東京:シアターコクーン)
ペテン師と詐欺師(名古屋:愛知県厚生年金会館)
Love 30〜女と男と物語〜(名古屋:名古屋市民会館中ホール)
ロープ(東京:シアターコクーン)
少年ラヂオ(東京:サンシャイン劇場)
トーチソング・トリロジー(名古屋:愛知県厚生年金会館)
みんな昔はリーだった(東京:パルコ劇場)
朧の森に棲む鬼(東京:新橋演舞場)

名古屋・・・15公演(含:ゲキ×シネ)

大阪・・・・・ 7公演
東京・・・・・15公演
その他・・・  1公演


以上、37演目、38公演でした。リピートはメタマクのみ。
住んでいる土地柄、遠征が多いので仕方ないかな。
それにしても、東京と地元名古屋の観劇数が同じってのもね(>_<)
名古屋に芝居が来ないのは、非常に残念だけど、こうして見ると
東京にも大阪にも行けて、それはそれでお得なのかもしれません。
どの芝居も、個性があるのでベストを選ぶのは出来ないんだけど・・・


【予想を上回って、嬉しかったで賞】

8月に観た“雨と夢のあとに”。いやー、泣きました、泣けました。
コレがきっかけで、キャラメルボックスを観に行くように。
同点で3月に観た“間違いの喜劇”。この後、悲劇だろうが喜劇
だろうが、蜷川シェイクスピアは皆勤賞です。

【予想通り、良かったで賞】

12月末に観た“朧の森に棲む鬼”。いわずもがなです。

【観にいけなくて、悔しかったで賞】

行きたいのは、殆ど制覇しましたが、
“決闘!高田馬場”これは、本当に行きたかった・・・。
“ヴァージニア・ウルフなんか怖くない?”これも行きたかった。

内容を問わずにガンガン観たおかげで(?)、何となくだけど
自分の好みなんかも少しずつ分かってきた感じ。
来年も、ガンガン行きますよ〜。