もう年内での感想アップを諦めたので、先にこちらをまとめちゃいます。
年始の落ち着いたときに、まだ感想を書いていない作品については
順次書く予定でございます。(もう断念した作品も若干あります・・・)

毎年毎年このエントリーは手間もかかるし、時間もかかって面倒
なんだけど、1年を振り返る事が出来るので、楽しくもある作業です。

≪みんみんの観劇ラインナップ in 2014年≫
モンテ・クリスト伯」@愛知県芸術劇場
真田十勇士」@梅田芸術劇場
太鼓たたいて笛ふいて」@名鉄ホール
アルトナの幽閉者」@新国立劇場
もっと泣いてよフラッパー」@シアターコクーン
のぞき穴、哀愁」@テレピアホール
ダディ・ロング・レッグス」@シアタークリエ
9days Queen〜九日間の女王〜」@赤坂ACTシアター
「神なき国の騎士〜あるいは、何がドン・キホーテにそうさせたのか?」@世田谷パブリックシアター
おそるべき親たち」@豊橋芸術劇場PLAT
蒼の乱」1回目@シアターオーブ
マニラ瑞穂記」@新国立劇場
夜中に犬に起こった奇妙な事件」@世田谷パブリックシアター
今度は愛妻家」@アートピアホール
蒼の乱」2回目@シアターオーブ
パン屋文六の思案」@青山円形劇場
アダムス・ファミリー」@愛知県芸術劇場
万獣こわい」@名鉄ホール
蒼の乱」3回目@梅田芸術劇場
テンペスト」@新国立劇場
ロンサム・ウェスト」@新国立劇場
殺風景」@シアターコクーン
わたしを離さないで」@愛知県芸術劇場
蒼の乱」4回目@梅田芸術劇場
蒼の乱」5回目@梅田芸術劇場
「関数ドミノ」@シアタートラム
三人吉三」@シアターコクーン
THE BIG FELLAH」@豊橋芸術劇場PLAT
太陽2068」@シアターコクーン
抜目のない未亡人」@新国立劇場
ブラック メリー ポピンズ」@世田谷パブリックシアター
カッコーの巣の上で」@東京芸術劇場
[title of show]」1回目@シアタークリエ
[title of show]」2回目@名鉄ホール
ロミオとジュリエット」@彩の国さいたま芸術劇場
暗いところからやってくる」@豊橋芸術劇場PLAT
炎立つ」@刈谷市総合文化センター
レディ・ベス」@中日劇場
「アルジャーノンに花束を」@天王洲銀河劇場
火のようにさみしい姉がいて」@シアターコクーン
きらめく星座」@紀伊國屋サザンシアター
背信」@豊橋芸術劇場PLAT
シェルブールの雨傘」@中日劇場
ブレス・オブ・ライフ」@新国立劇場
ジュリアス・シーザー」@彩の国さいたま芸術劇場
奇跡の人」@天王洲銀河劇場
「社長吸血記」@本多劇場
アルジャーノンに花束を」2回目@サンケイホールブリーゼ
「錦秋名古屋 顔見世」昼の部@名古屋市民会館
「錦秋名古屋 顔見世」夜の部@名古屋市民会館
ご臨終」@新国立劇場
『皆既食』〜Total Eclipse〜」@シアターコクーン
十一月新派特別公演」@新橋演舞場
吉例顔見世大歌舞伎」@歌舞伎座
水の戯れ」@名鉄ホール
紫式部ダイアリー」@名鉄ホール
新しい祝日」@東京芸術劇場
星ノ数ホド」1回目@新国立劇場
星ノ数ホド」2回目@新国立劇場
モーツァルト!」@帝国劇場
鼬(いたち)」@世田谷パブリックシアター


 ≪番外編≫ 
浦井大学『シャーロックホームズ アンダーソン家の秘密』
ゲキシネ『ZIPANG PUNK 五右衛門ロック掘
浦井大学『THE BIG FELLAH』
「脚本家と演出家に聞いてみよう」(1)(2)
浦井君の誕生日&FC発足10周年イベント
ポストトーク『ハムレット』
「豊橋芸術劇場PLATバックステージツアー」
特別講座『ミュージカルの魅力を語る』
シアタートーク『星ノ数ホド』
ぷっ。浦井君がらみが殆ど(爆)。



今年は調子に乗って過去最高。72演目79公演。 
「蒼の乱」5回、[title of show] 「アルジャーノンに花束を」「星ノ数ホド」
を各2回ずつ。もともと新感線はリピ観がデフォルトですが、 逆に言うと
それ以外では殆どリピりませんので、今年は異例ですね。
天海祐希さんと浦井健治くんにお金をつぎ込ませて頂きましたわ(笑)。 

内訳は追記にて。ご興味のある方だけどうぞ。
ちなみに昨年はこんな感じでした。


 
【どこで観たかというと】
東京:45本(57.0%。うち2本が埼玉)
名古屋:25本(31.6%。うち4本が豊橋、1本が刈谷)
大阪:7本(8.9%)
その他:2本(2.5%。琴平分)

※刈谷・豊橋は名古屋へ、埼玉は東京でカウント。 
ま、こんなもんでしょうね(笑)。よく遠征した気がしますもん。
 東京遠征:18回28日
 大阪遠征:  7回  7日
 それ以外:  1回  2日
これって、1か月東京に転勤したのと同じようなもんじゃん(爆)。

≪じゃ劇場は?
新国立劇場:10回
歌舞伎座:7回
シアターコクーン:6回
名鉄ホール:6回

ほっほっほ。やっぱ東京が多いですわね(笑)。 新国立は「通ってるな」
という実感もありましたが、やっぱり多かったようで。
芝居を観はじめた頃はPARCO劇場に良く行ったものですが、今年はゼロ。
コクーンが最多だったり、世田谷パブリックシアターが最多な年を経て
新国立までたどり着いた・・って感じでしょうか(笑)。



【観た舞台の内容】 
ストレートプレイ:48本(60.8%) 昨年比 -1.7%
歌舞伎等の伝統芸能:18本(22.8%) 昨年比 +6.8%
ミュージカル:12本(15.2%)  昨年比 -6.3%
その他:1本(1.2%)
まあこんなもんかな。今年から歌舞伎は前向きに観ようと決めていたので
増えているのは納得だし、ミュージカルが減っているのは昨年が異常値だった
と思うので。とは言ってもミュージカルの本数そのものは増えているんですが。


 
【お気に入りの作品】 
「太鼓たたいて笛ふいて」・・・気づいていたら泣いていたという思い出の作品。
「ダディ・ロング・レッグス」・・・温かくて、ホッコリ出来て、素敵な作品でした。
「9Days Queen〜9日間の女王〜」・・・ストーリーも演出も想像以上でした。
「おそるべき親たち」・・・全く期待していなかったけど、圧巻で茫然とした1本。
「蒼の乱」・・・・天海さん出演ですから(笑)。ラストシーンが忘れられません。
「空を刻ム者」・・・前川さんらしくない(?)ストレートで真っ直ぐな作品でした。
「マニラ瑞穂記」・・・これも全く期待していなかったけど、圧巻。忘れられない1本。
「わたしを離さないで」・・・演出とキャスティングが見事にハマり、大好きな作品。
「関数ドミノ」・・・観終わって興奮でバクバクした(笑)。再演なのに新たな感動。
「三人吉三」・・・勘三郎Ver.は観ていませんが、これも十分インパクトあったー。
「THE BIG FELLAH」・・・本当によくできた脚本・演出で。かなり好き。
「ブラック メリー ポピンズ」・・・ストーリーもよく出来ていて、ラストの照明が印象的。
「ロミオとジュリエット」・・・古典的なロミジュリかと思ったらあのラストの衝撃!
「暗いところからやってくる」・・・映像では観ていたけど、生っていいなあと実感。
「アルジャーノンに花束を」・・・浦井君の熱演と、内容もまとまっていて良かった。
「きらめく星座」・・・切なさと明るさの両方があり、菜津子さんの歌がGOOD。
「奇跡の人」・・・演出家の違いによる舞台の違いが楽しめた1本。
「星ノ数ホド」・・・面白い構成と言うだけでなく、二人の熱演に胸熱。

厳しめにチョイスしたのに、結構な本数になっちゃいましたねぇ。
ご贔屓の役者さんが出ていても、作品としては・・と思うものは入れてません。



【今年初めての経験】 
・豊橋芸術劇場PLAT
・サンケイホールブリーゼ 
・浦井大学
・金毘羅歌舞伎
 さすがに減ってきました(笑)。



【諦めたもの】 
「冬眠する熊に添い寝してごらん」
「ミス・サイゴン」
「炎〜アサンディ」
「HISTORY BOYS」
「つんざき行路、されるがまま」
「姐さん女房の裏切り」
「鴉よ、おれたちは弾丸をこめる」
「十月大歌舞伎 夜の部」
「Re:」

本気で観たいと思ってチケットが取れなかった公演は無かったな。
これらは殆どがスケジュール的な問題で諦めたもの。(一部、台風。) 
「Re:」だけは少し後悔が残っています。


今年は最初から「芝居ぐらいは我慢しない」と決めて観はじめたら
こんな数になってしまいました(笑)。
もちろん、本当に観たかったから観に行ったのであって、この本数は
結果論にすぎませんし、念願だった金丸座にも行けたので、
思い残すことは・・ほぼ無い(笑)。(←台風で見送った1本と『Re;』は心残りだ・・)
自分自身の好みは(良くも悪くも)自覚できるようになったので
周りで評判が良くても、振り回されなくなったな、とも思います。
ただ、それって自分自身の視野を狭めることと表裏一体のため、
新しい出会いの芽も潰しかねないので、気を付けないといけないな、
とも思っています。

来年はどうなるか分かりませんが、今年よりは落ち着いて、おとなしく
観たいものですね(笑)。
来年も素敵な舞台に1本でも多く出会えますように。