どうしても観たかったのは、坂田藤十郎さんの出演される
「曽根崎心中」だったので、当初は夜の部だけ観るつもり
だったのですが、他の舞台との兼ね合いもあって、昼にも時間が
できたため、急遽昼公演も観ることにしていたのでした。

二月大歌舞伎
松竹創業120周年
中村翫雀改め四代目中村鴈治郎襲名披露
「二月大歌舞伎」夜の部 大阪松竹座 3階2列

一、嫗山姥
   岩倉大納言兼冬公館の場
二、京人形
三、四代目中村鴈治郎襲名披露 口上
四、傾城反魂香
   土佐将監閑居の場 



この中では「京人形」だけが初見かしら。

祝い幕
こちらが四代目 鴈治郎丈の祝い幕です。
4羽の中で先頭を飛ぶ、赤色の鴈が四代目を表している
のだそうです。




一、嫗山姥(こもちやまんば)
  岩倉大納言兼冬公館の場
荻野屋八重桐 中村 扇 雀
太田太郎 中村 亀 鶴
局藤浪 中村 歌女之丞
沢瀉姫 坂東 新 悟
煙草屋源七実は坂田蔵人時行  市川 門之助

 完全に題名は忘れていましたが、勘九郎丈の襲名披露公演で
 拝見した事のある演目でした。
 
 今回の八重桐は扇雀さん。
 扇雀さんは元々大好きな俳優さんの一人です。
 それなりに華やかな廓生活を送っていただろうに、紙衣を着るほど
 困窮し、その困窮の原因となるダンナは戻ってこない。
 でも泣き暮らしたりせず、自力で生活費を稼ぎ、ダンナを探しまわる
 気丈さがピッタリです。
 
 そんな時に時行を見つけたときの様子は元遊女、というよりも
 肝っ玉の太い姐御って感じですが、女から見ても「やれやれ!」
 と思っちゃう感じ。それ程、時行がいい感じにチャラいです(笑)。

 良くも悪くも歌舞伎らしい荒唐無稽さも笑いも、切なさや
 華やかさもある演目。面白かったです。

 
二、京人形(きょうにんぎょう)
左甚五郎 尾上 松 緑
京人形の精 中村 壱太郎
娘おみつ/義照妹井筒姫 坂東 新 悟
奴照平 坂東 亀 寿
甚五郎女房おとく 市川 門之助

 今回はこの演目のみ初見でした。
 面白い作品ですねー、なんかシチュエーションが現代でもあり得る感じで
 笑えちゃいますが。要するに、自分の大好きなアイドルのフィギュアを
 精巧に作って、喜ぶ・・って感じですよね?
 現代なら若干、「キモっ」と思う部分がありそうですが、それに
 付き合ってあげる奥さん、優しいです(笑)。

 でもやっぱり、“京人形”の動きがコミカルで面白い!
 人形らしい動きはまさにパントマイムの世界です。キレイなお姫様姿で
 男っぽい動きをする違和感が笑えるし、人形の懐に鏡を入れた途端
 優雅な女性の動きに変わる、その変化もまた面白い。
 今日も壱太郎丈、大活躍です(笑)。


三、四代目中村鴈治郎襲名披露 口上(こうじょう)
   翫雀改め中村 鴈治郎
   幹部俳優出演

 
四、傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
  土佐将監閑居の場
浮世又平 翫雀改め中村 鴈治郎
女房おとく 市川 猿之助
土佐修理之助 中村 壱太郎
将監北の方 坂東 竹三郎
狩野雅楽之助 尾上 松 緑
土佐将監光信 坂東 彌十郎

 大好きな演目です。でも中村屋の座組でしか観たことが無いので
 興味津々だったのですが・・・すごく良かったです。

 何と言っても、鴈治郎さんの又平がとにかくキュートで。
 子どものように駄々っ子だったり、聞き分けのない所もあるけど
 それもまた魅力です。
 そして、猿之助さんのおとく。猿之助を襲名して以来、女形を演じるのは
 とても珍しくなってしまったように思いますが、私はこの人の女形は
 綺麗なだけの女性じゃなくて、人間味が感じられて好きなんですよね。
 おとくも、本当に又平の事を大切に思っているという事がよく
 伝わってきます。(又平もまたおとくを拠り所にしているのが伝わるし)
 だからこそ、最後には本当に心から「良かったねぇ」と思えるような
 演技が素晴らしかった。

 最期の幕外での花道でのシーンは元々大好きなんですよね。
 今回も幸せ感満載でした。又平のちょっと「どうだ!」という気持ち
 だったり、でも堂々と歩くのに照れちゃうようなキュートさ、そして
 無邪気に喜ぶ夫をみて、心から喜び涙するおとく。  
 すっかり心が温かくなりました。
 修理之助や絵の師匠の土佐将監光信が冷たい・・と思える舞台も
 あるのですが、今回この二人も心根が温かさがよく伝わってきたのも
 この舞台の特徴なのかもなーなんて思ったりしました。
 
 
いやー、今回は殆ど観たことがある演目だし・・と、昼公演に関しては
そこまで前向きではなかったのですが、実際に観てみると、どの演目も
とてもよくって、昼夜とも大満足となりました。 
来年もまた2月に松竹座公演があるといいなぁ。