今週は土曜日に22時近くまで休日出勤しても仕事が片付かず
イヤイヤながら本日、日曜日も朝から出勤。
それでも決して落ち着いたわけじゃないので、このままだときっと
今日も22時コースになってしまう・・と思い、昼過ぎに思い切って職場離脱。

はじまりのうたはじまりのうた
監督:ジョン・カーニー
出演:キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ、アダム・レヴィーン(マルーン5) 
【あらすじ】
ミュージシャンの彼に裏切られ、ライブハウスで歌う失意のグレタ。偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサーのダンとの出会いがデビューの話へと発展するが、録音スタジオは、なんとニューヨークの街角?!?!路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームとゲリラレコーディングは実施され、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。そしてアルバムが完成したその日、誰も予想できなかった最高のはじまりが待っていた。



いっそこのまま帰宅して寝るか?とも思ったけど、思い切ってミリオン座へ。
これは前から観たいと思ってはいたものの、時間がなくて放置状態。
気づけば、来週で公開が終わってしまう!
他にも観たい作品はあったけど、もう公開が終わってしまいそうなものから
優先で観ていくしかない・・・。

今までは、公開が始まったらすぐに観るようにしていたのになぁ・・・。
でも、狭い劇場ながら満席になっていましたよ。 


 
 
面白かったー、観終わってハッピーな気持ちになれる映画でした。

もともと5館という少ない数で公開スタートして、口コミからその数が
1300館に増えて、アカデミー賞でも1部門ノミネートされたという
作品だそうですが、何だか分かる気がします。
確かに大作映画と違って、ライトな感じがする所もありますけど
温かさに溢れた1本ですね。

アカデミー賞でノミネートれた(歌曲賞 )「LOST STARS」は特に
最期のライブのシーンが迫力満点ですごかった!弾き語りだった曲に
ギターやチェロ、ドラム等が加わって曲が厚くなっていくのを
観るのも面白かったし、単純に街中のセッションを聴くのも、
楽しそうに演じているのを観るのも良かったんですよね。

音楽を聴きながら町を歩くと、違った景色に見える・・というのは
初めてウォークマンを聴きながら外出した時の事を思い出したし
プレイリストはその人を表す、とお互いに見せ合ったり、同じ曲を
聞きながら夜の街を歩くのも、なんか懐かしくて、甘酸っぱい感じでね♪
この後のシーンで、「ああ、で、結局この2人はデキちゃう訳ね」
と思ったんですよね、ハリウッド映画の定番でしょ(笑)。
でも、結局はそうならなくて、家庭に戻ったり、元サヤに収まらずに
自立を選ぶ、というのが爽やかで良かったよ。
自転車をこぐグレタの表情が素敵だったもの。

ギリギリだったけど、観に行けてよかった!
まだまだこんなペースの生活が続くと思うけど、今月は観劇も
少ないし、GWもあるので、何とか観たい作品はクリアしたいものです。