昼過ぎに文楽を観た後、大阪のあちこちに出没した後で
向かったのはシアターBRAVA!です。
ここも閉館が決まってしまって、あと何回来ることができるだろう・・・
と思うと、地元の劇場ではないけど、ちょっと寂しくなります。

五右衛門VS轟天2015年劇団☆新感線35周年 オールスターチャンピオンまつり
「五右衛門vs轟天」シアターBRAVA  P列
18:30開演、21:50終演
作:中島かずき   演出:いのうえひでのり
作詞:森雪之丞 / いのうえひでのり   音楽:岡崎司
出演:古田新太、橋本じゅん、松雪泰子、池田成志、賀来賢人、高田聖子、粟根まこと、右近健一、河野まさと、逆木圭一郎、村木よし子、インディ高橋、山本カナコ、礒野慎吾、吉田メタル、中谷さとみ、保坂エマ、村木仁、冠徹弥、教祖イコマノリユキ 他





新感線は「蒼の乱」以来だから、1年ぶりですね。
(「ラストフラワーズ」は多分私のターゲット外なのでスルーしました)

これも“チャンピオン祭り”なので、ストーリー云々という舞台ではない
と言う事は想像がつきます(笑)。
私は五右衛門シリーズは全部舞台を観ていますが、轟天シリーズは
一度も観れていないのですよね。

何となくこのシリーズは私の好みストライクではないと思いますが
1度ぐらいは観ておかねば・・と、やって参りました。
ばってん風車
渡されたフライヤーの束にこれが入っておりました。




 
ストーリーがない訳じゃないけど、大したストーリーでもない(笑)。
轟天が過去にタイムスリップして五右衛門をやっつける・・
(“やっつける”が適正な表現かどうかは微妙)と言う程度で、
あとはドタバタですから。
過去に出てきた五右衛門やら轟天やらのキャラクターが一杯
出演されていて、まさに“オールスター”状態。

とはいえ、観劇歴が長い訳ではない私は昔のキャラは知らない
ものも多い。「レッツゴー!忍法帖」もDVDでしか観たことが
無い私。「これな何かのミュージカルのオマージュだな」と
思うものがあっても、ミュージカルも詳しくないし・・(-_-;)。

まあ、何が一番印象深いって池田成志さんの奮闘ですね。
「またアキレス腱を切ったらどうする!」って言う程(笑)。 
汗だくだわ、「メイクがドロドロ」「(水を飲むとき)ちゃんと息もしてね」
って松雪泰子さんに言われたりしていますから。
ばってん不知火が出て来るときは、ばってん風車を観客が手で
クルクル回す・・っていう仕掛けになっておりました。
こーゆー観客参加企画は本来は苦手なんですが、今回は素直に
参加させて頂きました♪
轟天こと橋本じゅんさんも飛ばしてまして、また腰を痛めるんじゃ・・?
と観ていてハラハラしたぐらい。
また“スカしている”と“スカしっ屁”でギャグを言ったつもりの教祖に
古田さんがダメ出ししたり・・と、自由っぷりこの上ないです。 

五右衛門ロックシリーズに出演した方を中心に、いろんな俳優さんが
飛び入りで通りすがっているようで、淡い期待をしましたが
私が行った時には誰も通りすがらず。シャルルやアンヌさま
等と言う贅沢は言わないので、誰か通りすがってほしかったな〜。

途中で軽く意識が飛びましたけど(笑)、楽しく観させていただきました。
内容とかストーリー云々というタイプの舞台ではないし
内容について書くほどの舞台でもない、っていうか、内容は
あまり覚えていないので(笑)、こんな程度の感想でスミマセン!