遠征2日目はこちらです。ほーんと最近、例年になく日比谷界隈への
出没率が高いのですよ。おかげであの辺りも迷わなくなりました♪

エリザベート「エリザベート」帝国劇場 O列
13:30開演、16:45終演
 脚本/歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽/編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出/訳詞:小池修一郎
出演:蘭乃はな、城田優、佐藤隆紀、古川雄大、香寿たつき、尾上松也 ほか
【あらすじ】
19世紀末のウィーン。若き皇帝フランツ・ヨーゼフが妻にと選んだのは、自由な心と魂を持つシシィ(エリザベート)だった。一目で惹かれ合い、固い絆で結ばれたかに見えた2人だったが、自由を愛するエリザベートにとって、宮廷暮らしは苦痛そのもの。姑の皇太后ゾフィーが取り仕切る宮廷では、自身の子供を自ら養育することも許されない。自分の美貌が武器になると気付いたエリザベートは、ハプスブルク帝国の皇后として栄華を極めるが、夫の不義、国民の誹謗中傷、愛する皇太子ルドルフの死と、常に不幸の影がつきまとう。そして、それらの不幸と共に彼女の前に現れるのが黄泉の帝王“トート=死”。トートはエリザベートが少女の頃から彼女の愛を求め続け、彼女もいつしかその愛を意識するようになっていた。しかし、その禁じられた愛を受け入れることは、自らの死を意味する。滅亡への帳が下りる帝国と共に、エリザベートの“運命の日”は迫っていた・・・。

キャスト
 一番観たいキャストをチョイスして観るのは7月。
と言う事で、今回は7月には観れない方を集めて日程選択。
結果的に、ルドルフ以外は全員違う方になりました(笑)。


この作品自体は随分前に中日劇場で一度観ています。
今から思えば、浦井君がルドルフで出演していたんですよね。
(まあ私は浦井クンではないルドルフで観ていましたが(爆)。)

とても有名な作品で、公演自体にファンが多い作品だという事も
その頃から知っていたのですが、正直私にはそれ程刺さる作品
ではなく、それ以降の公演でもリピる事はありませんでした。
決してつまらないとか、嫌いとか思っていた訳でもないのですが。

ただ、最近同じように興味の無かった「モーツァルト!」を観て
受ける印象がすごく変わったと実感したし、StarSを好きになったのを
きっかけに、ミュージカルナンバーを聴く機会が増えて、
エリザベートの楽曲も耳にする事が多かった為、必然的に
この公演にも興味が出ていたところでした。
(StarSの思惑にまんまとハマってるな・・・)
ミュージカルに対する苦手意識も最近は克服されてきたしね(笑)。

・・・なのに、チケット取るのが大変だったっつーの!
よく諦めなかったわ、私。偉い(笑)。


 


 
フライヤーのイメージがすごく変わっている所からも想像出来ましたが
演出も変わった所があるようですね。
私はぶっちゃけ、前過ぎて覚えていないので比較は出来ません。
舞台中央にベンチがあって、シシィが父親と話す序盤のシーンは
なぜかとても印象に残っていますけど。

まずは何と言ってもタイトルロールのエリザベートは宝塚を退団されて
間もない(らしい)蘭乃はなさん。
宝塚を観ない私は何の予備知識も無いので、可愛らしい方だなあ
と言う印象ですね。フランツを部屋から閉め出し、彼から
「君の言うとおりにする」という言葉を引き出した後のエリザベートは
キラキラと輝く衣裳に、凛とした雰囲気が素晴らしく美しかったのですが
なんかどっかで観た事があるなあ・・と。
そうだ、「レディ・ベス」でのエリザベスのシーンだ。
演出家が同じですから、そうなっちゃうんでしょうね。
まあ、歌に関しては色々と言われているようですが、世の中にはもっと
残念な歌唱力の人でもミュージカルに出ている方も居ますし、
私はそんなに気になるほどではありませんでした。

でも、正直シシィの印象を上回っていたのが城田トートです。
城田君を観るのはすごく久しぶりですが、風格が出てましたねぇ。
最初に観たのは「スウィニー・トッド」の初演ですから2007年。
8年も前になるんですものね。
もう、城田君のためにあるような衣装じゃないの?と思う程に
美しくて妖しくて、溜息が出そうなトートです。ただ観ていたい・・と
思えるほどの魅力があって、その美しい妖しさと“死”というものが
表裏一体になっていると思わせられます。

あと、興味のあったのは松也ルキーニ。
もっと高嶋さんが演じていた時は軽やかだった気がするのですが
すごく下卑たというか、下衆な感じがするルキーニでした。
決してそれがダメという訳じゃなくて、民衆の中にすっと溶け込む感じ
もあって、なるほどなぁ、と思ったりしました。
松也ルキーニは決して嫌いじゃないのですが、ただ歌がねぇ・・。
下手と言うつもりはないのですが、音域が狭い。高音が全く出ていない
とかちょっと残念すぎ。

そして、ゾフィーは香寿たつきさん。私はこの方の声が大好きなので
彼女の歌も大好きです。良かったなあ、香寿さんのゾフィー。
高慢で高圧的で、でもあの最後にはちょっと哀しさも感じるし。
次も彼女のゾフィーで観たかったぐらいです。

古川クンのルドルフは繊細な感じが良かったし、佐藤さんの
フランツも良かったですねぇ。

それにしても本当に楽曲がいいですよね。
StarSのコンサートで歌われたり、石井一孝さんや岡幸二郎さんの
CDにも何曲か収録されているので、知っている曲も何曲もあるし
「闇が広がる」に至っては、思わずゾクゾクしちゃいましたから(笑)。
いのうえひでのりさんがミュージカル好きなんだなあ、と言う事も
よく分かりました。「蒼の乱」で「ミルク」の替え歌(?)が使われていた
とか、「シレンとラギ」のあのシーンはエリザのこのシーンのオマージュ
なのかしらね、と思う所もあったりして。

1幕を観てもあまり前回観たときの事を思い出せなかったのですが(笑)、
2幕で色々と思い出してきました。何でリピろうと思わなかったのかも。
当時はミュージカルに苦手感があった事もありますが、このシシィと
言う人に魅力を感じなかった、もっと言えば苦手感があったから
だったんですよね。
不満は分かるけど、文句を言うばかり。
子育てしたいと言うのに、結局は育児放棄。美貌を活かして政治的に
実権を持つかと思いきや、全てを放棄して放浪の旅。
前向きに生きることも出来ず、かといって死を選ぶことも無い。
イラっとするんですよね(笑)。おまけにフランツもマザコンの優柔不断
野郎なので、更にイラっとさせられるし(爆)。

でも今回「夜のボート」の歌詞を聴いて、ああ、なるほどねぇ・・と。
二人ともフラフラしていて、波(周囲)の影響を受けてばかり。
2艘が近づいても、結局はぶつかって反動で離れてしまう。
動力は無いから、自力で動くことも出来ないわけで・・・。
そんな事に思いを巡らしたら、前ほどの抵抗感は無くなりました。
結局は二人ともお子ちゃまのままだったんですよね。

7月にもう1度観ます。
キャストも全然違うので、受ける印象もきっと違うと思いますが
今からそれが楽しみです。