今月は観劇の予定が全て終了しているので、そんな時に
映画を観たいのだけど、どうも興味の持てる作品がなくて。
そんな中で、予告で少し興味をもったのでこちらに。

ナイトクローラーナイトクローラー
監督:ダン・ギルロイ
出演:ジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソ、リズ・アーメッド  他
【あらすじ】
職探し中の男ルーは、ある事故をきっかけに犯罪や事故現場を撮影し売買する仕事の存在を知り、カメラを片手にネタを探し始める。そんなある日、大ネタの撮影に運良く成功したことで、金や名声を手に入れる。しかし、彼の行動は少しずつエスカレートしていき、やがて越えてはならない一線を越え――。第87回アカデミー賞R脚本賞ノミネート!ジェイク・ギレンホール怪演で贈る、傑作クライムサスペンス。




朝ランしてホットヨガに行く前にチケットを買いにミリオン座に
寄ると「非常に混みあうので、早めにお越しください」とのこと。
そうかー、混んでいるのかーと思いつつ、ホットヨガが終わって
またミリオン座に駆けつけました。



 
うーん・・・。
確かにサスペンスだし、ハラハラしたりもするのだけど、
どうも海外ドラマという印象の範囲内の1本でした。 

それよりも、主人公の全てがダメだったんですよ、生理的にも
受け付けない、蛇の様な、ねちっこさを感じるし、考え方も
行動も受け付けない。
最初に、盗品を売りに行った工場で自分を売り込むのだけど
その内容だけで「ああ、この人嫌い。」って思ったからね(笑)。

確かに頭の回転は速いだろうし、だからこそ相手の弱みを押さえた
上でのネゴシエーションも出来る人ですよね。
自己顕示欲の強い人なのに、誰にも認められていなかった
期間が長くて、撮影してきた映像が評価される事で行動が
エスカレート。ついには“報道”の枠を超えて半ば“やらせ”とか
“ねつ造”に近いし、殺人に近い事もやるようになっちゃってねぇ。
私は、あんな映像、放送して欲しくないわ、って思うけど
放送する側も視聴率などを気にするが故に、刺激を求めて
過激になっちゃうんだろうねぇ。

でも、本当にこんな事があったとして、アメリカでは犯罪に
ならないんだろうか。
 
勧善懲悪って訳でもないし、なんか後味の悪い1本でした(笑)。
次は心温まる映画が観たいなぁ〜。