今月の遠征はこちらから。
毎月のようにやって来ている新国立劇場ですが、これを最後に
半年ぐらい来ることはなさそうです。

バグダッド動物園のベンガルタイガー「バグダッド動物園のベンガルタイガー」新国立劇場小劇場B2列
13:00開演、15:40終演
作:ラジヴ・ジョセフ  演出 : 中津留章仁
出演:杉本哲太、風間俊介、安井順平、谷田歩、粟野史浩、クリスタル真希、田嶋真弓、野坂弘
【あらすじ】 
 空爆によって破壊されたバグダッド動物園、ベンガルタイガーの檻の前。ふざけあっていた警護のアメリカ兵が、腹をすかせたトラに手を噛みちぎられる。トラはその場で射殺されるが、幽霊となって撃った兵士に取り憑いてしまう。精神に異常を来たした兵士は自殺、これまた幽霊となり、義手をつけた元相棒に取り憑く。トラの幽霊、アメリカ兵の幽霊、さらにはサダム・フセインの二人の息子の幽霊、さまよう女の子の幽霊......幽霊と現実を生きる人間とが絡み合い、バグダッドに渦巻く欲望と残虐さがあらわになっていく。


ストーリーなど、全く想像つかなかったし、予習もしていなかった
のですが、お目当てはなんといっても安井順平さんです。
あとは中津留さんの演出作品を拝見したことは(たぶん)無いので
それもたのしみでございました。



 
これは実際にあった事件をモチーフに描かれている作品だそうです。
舞台は中東。バクダッドに駐留するアメリカ兵が酔って動物園の
トラを射殺してしまうという事件があったのだそうです。

舞台はそのトラが射殺される事件からスタートします。
トラ(杉本哲太)はどうやるのかな?と思っていたのですが
オフホワイトの丈の長いガウンっぽい衣装を着ているだけで、
別に着ぐるみでもなく、四つん這いになっている訳でもない。
でも舞台って面白いよねーと思うのは、トラっぽく見えてくる時が
あったりするんですよね。
このトラが結構よくしゃべってて、捕らえられて故郷から
何百キロも離れたバクダッドに連れてこられて・・と語ります。
これが結構達観している所もあるんだけど、思わず米兵の腕を
食いちぎってしまう所に、どんなに檻に閉じ込められても
″野生”が顔を出す。怒りとかそういう感情じゃないんだよね。

トラの檻の前で話す米兵が2人だけど、タイプが全く違う二人。 
帰国後の事を考えている冷静というか醒めたトム(谷田歩)と、
ちょっとKYで教養もなく実は臆病で虚勢をはっているケヴ( 風間俊介)。
トムが腕を食いちぎられ動転したケヴはトラを撃ち殺します。
するとトラの幽霊はケヴに取り憑き、ケヴは精神を病んで自殺。
ケヴも死後幽霊となってトムに取り憑くことに。
その後サダムフセインの息子の霊も出てきて、生きた人間よりも
幽霊のほうが多いんじゃね?な感じに。

それにしても欧米でも動物が死んだあと、化けて出る・・っていうのは
普通の感覚なのかしら?″成仏できない”とか。
日本は割とそういうのには違和感が無いと思うけど、あまり
欧米では聞かない気もしてね。
ちなみにトラは幽霊になると、めっちゃ哲学的。実存について語ったり(笑)。
以前のような″野生”を無くし、神について語ったりもする。
むしろ、以前食い殺した少女に思いを馳せたり、少女の霊を慰めようと
公園のトピアリーを見せに連れて行ったりもする。
というか、この作品では死ぬと頭が良くなるシステムのようで(笑)
ケブも死んで幽霊になるとアラビア語が話せるようになってました。
あんな情けない男だったのに、冷静で論理的に離していたりして
全くタイプが違って、その振り幅が面白いです。

まず思うのは、戦争のバカバカしさというか、何のための戦争?
ということ。トムもケヴも愚かだけど、戦場というものがそうさせた
とも言える訳で、何のために戦争をしているんだか・・という無力感。
あとは″神”って何だろう、と。
一瞬、トピアリーを作ったムーサなのかな、と思ったりしたけど
結局ムーサも後悔を抱えて生きる、心弱い人間でしかなく・・・。
そもそも″神”はいるのか?とか思ったり。

今回のお目当てだった安井順平さん、彼のいい所が出てましたねー。
パッツン前髪のあまり冴えない、弱っちい風貌・・。
そういう″一般庶民”なところと、そういう人の苦悩の深さのような
ものも見えて。セリフも届きますしね〜。
イキウメの俳優さんも、どんどん外部に客演して頂きたい。
もちろん、定期公演は出てほしいですが(笑)。

正直、分かったような、分からなかったような。
でも、何となく言いたい事は伝わってくるような、そんな舞台でした。

「アラビア語に字幕はつけてはいけない」と戯曲で定められて
いるそうで、何を言っているのか、分からなかったりするところも
ありますが、何となく分かるものなんだな、と。
あと、ブロードウェイでは杉本さんが演じたタイガーは、私の
大好きだったロビン・ウィリアムさんが演じていたのだそうです。
どんなタイガーだったんだろう・・・。