土曜日に観た映画2本目はこちら。本来のお目当ての作品です。

キャロルキャロル
監督:トッド・ヘインズ
出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ
【あらすじ】 
1952年、ニューヨーク。高級百貨店でアルバイトをするテレーズは、クリスマスで賑わう売り場で、そのひとを見た。鮮やかな金髪。艶めいた赤い唇。真っ白な肌。ゆったりした毛皮のコート。そのひともすぐにテレーズを見た。彼女の名はキャロル。このうえなく美しいそのひとにテレーズは憧れた。しかし、美しさに隠された本当の姿を知ったとき、憧れは思いもよらなかった感情へと変わってゆく。



 
アカデミー賞関連で話題になっている事も手伝ってか
こちらも凄い混雑で、シャーロックよりも空席がありませんでした。
 


 
いい意味で映画らしい映画というか。
ホント台詞が少ないんですよね。
その分、顔のアップが多いと思ったのは気のせいかな。
表情の変化だけで、どれだけ物語が語れるか・・のお手本のような
作品という印象ですね。 

その一番の例がラストシーン。
レストランでキャロルを見つけたテレーズと、テレーズを認識した
キャロルの表情の変化が圧巻でした。
“圧巻”というのは「大きく変化した」という意味ではなく、微妙な変化に
大きな意味を持たせている、微妙な変化だけで心の動きを
第三者に理解させている、という意味ですが。

あと、ケイト・ブランシェットが離婚に関する審理の場で、
涙ながらに自分をさらけ出し、子供との面会権を要求するシーンは
素晴らしかったなぁ、と記憶に強く残っています。
彼女の決意というか、心の強さに打たれるんですよね。

とても上質な映画だったと思います。
ただ・・・私はやっぱりどんなに上質でも恋愛映画は響かないな(笑)。