今日は一日オフ!と言う事でまずは映画館へ。
他にも観たい作品はあったのですが、時間が合わなかったという事と
なんだか明るい気分になれる作品が観たかったのでこちらをチョイス。

マリーゴルドホテルマリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章
監督:ジョン・マッデン
出演:ジュディ・デンチ、マギー・スミス、ビル・ナイ、デヴ・パテル、リチャード・ギア
【あらすじ】 
神秘の国インドの高級リゾートホテルでエレガントな時を──そんな謳い文句に惹かれてイギリスからやって来た男女7人。様々な事情で5人になった男女は楽しい老後を送っていた。若き支配人ソニーは、副支配人となったミュリエルと一緒にホテル拡大を狙って奔走する一方、恋人スナイナとの結婚を目前に控えていた。そんな中、アメリカからチェンバーズという男が泊まりにやって来て、出会いを求めていた女性陣は色めきたつが……。



これは「マリーゴルド・ホテルで会いましょう」の続編。
「レ・ミゼラブル」の後、2013年に公開されたんですよね。
このフライヤーの感じは前作の雰囲気をそのまま踏襲しているし
キャストも基本的に続投ですから、ちょっと懐かしい気持ちと
これだったら明るい気分になれるだろうな!と。


 
 
基本的に「続編」モノは好きじゃないんですよね。
でもこれは良かったな、というか、こちらの方が好きでした 。
もちろん、前作を観ているからこそ分かる事もありますので
誰にとっても同じように感じるかどうかは分かりませんが。

前作ではインドの無秩序の秩序に振り回される英国人、という
切り口だったと思うのですが、あれから何年も経って、それぞれに
インドで“生活”を送っていました。
インドの文化や伝統を受け入れたうえで生活している様子に
余裕を感じて、ちょっと羨ましく感じたぐらいです。
自分自身が今、時間やタスクに追われて余裕が無いので尚更(笑)。

でも前作から通して思うのは、何かを始めるのに遅いなんて
事は無いということ。その気持ちさえあれば、たいがいの事は
何とかなるということ。
そういう意味では、自分も歳を取ってきて感じることの多い作品
だったな、と思います。

でも今回、結婚式のシーンがあるのですが、あれは圧巻ですね!
インド映画みたいなダンスシーンもあるし、豪華絢爛、観ている
だけで何だかハッピーになりますね。
まあ、ちょっと最後がビターな感じなのもいい塩梅で。

うん、希望通りの映画でございました♪