ミリオン座で映画を2本続けて観た後、一旦劇場を離脱し鍼治療。
その後またミリオン座に舞い戻ってまいりました。

サウルの息子サウルの息子
監督:ネメシュ・ラースロー
出演:ルーリグ・ゲーザ、モルナール・レヴェンテ、ユルス・レチン
【あらすじ】 
1944年、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所。同胞のユダヤ人をガス室に送り込む任務に就く<ゾンダーコマンド>のサウルは、息子の遺体を正しく埋葬しようと、人間の尊厳をかけて最後の力を振り絞る。2015年、無名の新人監督、カンヌ国際映画祭グランプリデビューの衝撃作!極限状態におかれてもなお、息子を正しく埋葬することにより、最後まで人間としての尊厳を貫き通そうとした、一人のユダヤ人の二日間を描いた感動作。

 


明らかに″重い”よねぇ・・と思い、なかなか「よしっ!」と
言う気持ちになれず、今日までずるずる延期してしまった作品です。



 
この作品、画面のサイズ(とうか形)が4:3なんですね、意外。
そして、観始めてすぐに映像に違和感というか、普通の映画と違う
と言う事が分かります。

何ていうのかな、多分ハンディカメラで撮影したんだろうな、という
揺れもありますが、映像の″視野”が狭いんですよね。 
そして、ピントが合っている範囲がすごく狭い。
だから、主役のサウルは映っていても、背景で行われているであろう
「部品(ユダヤ人たちの死体)」や「部品を処理している様子」は
少ししか映っていないし、映っていたとしてもピントが合わずに
ぼんやりとしか映っていない。
ドキュメント映像って言う感じなんでしょうか。
主人公しか映っていない事が多いから、“想像”しながら観る感じ。

それにしても、同朋達を殺す仕事を強いられ、そしていずれは
自分達も殺されると分かっているゾンダーコマンド。
どんだけ強いんだ、この人たちは・・・。
確かに「感情を殺して」いかなければやっていけないんでしょうが
その中で「正しく埋葬したい」というある意味当たり前の考えが
サウルにある事に少し救われた気もしますけど、ユダヤ教では
火葬が禁じられている(死者が復活出来ないから)事を知らなかった
ので、それを知った今は少し納得が出来た気がします。
 
最後の子供に向けた笑顔と、その後の銃声がインパクトの
大きな映画だったな、と思います。