ミリオン座に残って、引き続き観たのはこちら。

ROOMルーム
監督:レニー・アブラハムソン
出演:ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレン、ブレイジョアン・アレン、ショーン・ブリジャー、ストム・マッカムス、ウィリアム・H・メイシー 

【あらすじ】 
施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。

第88回アカデミー賞<主演女優賞>受賞
<作品賞><監督賞><脚色賞>ノミネート


この作品も観たかった1本です。
主演の2人が、割と最近来日されていましたよね。

この主演の女性、どこかで観たことがあるんだけど・・・と思ったら
SHORT TERM 12」に出ていた女優さんだったんですね。



 
絶対に私は「スポットライト」の方を面白く感じるだろう
と思っていたのですが、これも面白かった・・。甲乙つけがたい。

17歳の頃に誘拐されて監禁。犯人の子供を産んで7年間も
監禁生活を送る母子。
狭い中でも工夫をして、勉強をさせて運動もさせるようにして。
こんな逃げ場のないところで育児をしていたら、ましてやその子が
自分の臨んだ妊娠じゃなかったのならば、子供を虐待したって
不思議じゃなさそうなのに、本当に仲睦まじい。

そして、脱出。「モンテクリスト伯」を読み聞かせていたので、
ああ、そこにヒントを得たか、と思いましたが、計画が成功しても
失敗しても二度と会えなくなる可能性もある訳だから、どんなに
勇気のいる事だっただろう、と思うし、上手く逃げ切れるか
観ていてハラハラと身を乗り出す思いだったし、ジャックと母親が 
再会するシーン、特に母親の表情には泣かされてしまいました。
(周りでもこのシーンで泣いていた方多数)

ただ、これで徐々に幸せを取り戻していくかとおもいきや
7年ぶりに再会した両親は離婚しており、母親は別の男と
暮らしているし、マスコミからは追いまくられる事になる。
父親は自分の無事は喜んでくれたが「犯罪者の子供」である
ジャックを避けるようにし、目も合わせようとはしてくれない。
昔のアルバムを見ては「なぜ自分だけがこんな人生を・・」と
いう想いにかられるし、受けたインタビューでは「なぜ子供を
生まれてすぐに部屋から出さなかったのか、そうすれば、
普通の子と同じように暮らせたじゃないか」と質問をされ、
精神的に追い込まれて、自殺未遂まで起こしてしまう。
なんか、どう転んでも気の毒すぎる。

そして、不自由な中でもいつも側にいた母親が遠い存在に
なっていく寂しさを感じるジャック。
ママの為に髪の毛を切る決意をしたり、母親に対する
揺るぎない想いが、健気で、その健気さがまた母親を救う事に。
(髪を切った後のこの子役ちゃんがイケメン過ぎてビックリ。)
外でサッカーができる友達ができたり、犬と触れ合ったり
少しずつ親離れしていって、″世界”での二人のいい距離感が
新たに出来て行くんですよね。

再び「部屋」を訪れて椅子やシンクに「さよなら」を言った後
「ママも″部屋”にサヨナラを言って。」と言う辺りは、なんだか
頼もしさまで感じてしまいました。
 
いやー、今日は2本とも私的にアタリでした。いいGWのスタートだ♪