GWにゴロゴロする癖がついてしまったなあ・・・と思うのですが、
そろそろ普通の生活を送らないと。
ということで、今日は映画を観に出かけてまいりました。


loveisstarange「人生は小説よりも奇なり」
監督:アイラ・サックス
出演:ジョン・リスゴー、アルフレッド・モリーナ、マリサ・トメイ 
【あらすじ】
ニューヨーク、マンハッタン。39年来連れ添ってきた画家のベンと音楽教師のジョージは念願かなって結婚した。周囲の祝福を受けて、二人の新たな生活は順調に始まるはずだったが――。同性同士の入籍が理由でジョージは仕事をクビになり、これまで絶妙なバランスで保たれていた生活はいとも簡単に崩壊。新婚早々に別居を余儀なくされる・・・。男性カップルが“結婚”を機に直面する、笑いと涙。2011年に同性婚が合法となったニューヨークで繰り広げられる上質な大人の悲喜劇。


“すごく観たい”と思っていた作品群は概ね観終わったので
気楽に観られそうなこちらをチョイスです。




 
もっと何も残らない感じの映画かと思っていましたが(スミマセン)
思った以上に余韻の残る映画でした。

ぶっちゃけ私は人のセクシャリティーには興味が全く無し。
「僕はゲイなんです」とか言われても「はあ、そうですか。」ぐらいの
気持ちしかないので、この作品がセクシャル・マイノリティーの
苦難についてのみを描く作品だったらつまらないと思ったかも。
もちろんそう言う側面はありますけどね。
(「リリーのすべて」は私の中では、セクシャリティと言うよりは
アイデンティティに関する映画としての位置づけなのでOKだった)

それよりも、高齢になって職を失って誰かの援助で生活する
というという事、であったり、誰かと一緒に生活するという事の難しさ
の方が印象に残りました。
周りの人は基本的には善意の人なのに、一緒に生活するとなると
どうしても生活リズムや価値観の違いなどから、優しくなれなくなったり
素直になれなかったりする。
居候される側にも自分の生活があるから当然なんですけどね。
もう若くない独り身の人間には、身につまされる部分も少なくなく・・。
貯金しなきゃなあ・・とか真剣に思いましたよ(笑)。 

だからこそ、居候されていた時には疎ましい対象だったベンが
亡くなった後、その死を悼み、またベンが「話しかけるべきだ」と
言っていた女の事付き合えるようになったジョーイを見て
ホットしたエンディングでございました。
彼の中にもベンの存在が残っている事に安心したのかな。