観劇好きで、しかもシェイクスピア好きとくれば、やはりこれは
観ておきたい1本でしょう。
とはいえ、今はちょっと蜷川さんを思い出して辛いんですが。

マクベスマクベス」 
監督:ジャスティン・カーゼル
出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール 
【あらすじ】 
戦乱に揺れる中世スコットランド。反乱軍を打ち破って国の英雄となった勇将マクベスが、荒野に出没した3人の魔女から王になれるという予言を聞く。それをきっかけにマクベス夫人の心に邪悪な野心が芽生え、妻から暗殺計画の実行をけしかけられたマクベスは、敬愛する国王ダンカンの胸に短剣を突き刺した。こうしてマクベスは新たな王位に就き、栄華の絶頂を極めるが・・・。




この作品のキャッチは「地獄に一番近い愛」。
これがとても“マクベス”の世界観に近いフレーズだなぁと思って
期待しておりました。
でも思ったほど観客は多くないかも。



 
とても面白い・・・という表現が適切かどうかは分かりませんが
興味深い作品でした。
ただこれが、一般受けするかどうかについては疑問がありますけど。
私が「マクベス」を知っているからこそ面白いと思えた部分も多く
特にシェイクスピア作品の知識が一般に浸透しているとは言えない
日本においては・・ね。

マクベスの描き方にはいろいろあると思いますが、個人的には
猝欧蠅鮖Δ靴拭 マクベスの錯乱ぶりであったり、狂気に堕ちていく
レディ・マクベスが一つの見ものだと思っているのですが、
あまりこの部分を深く描いている感じではなかったですね。
原作はどうしても古典なので唐突感があるのですが、レディ・マクベスが
心を病んでいく原因に、マクダフの妻や子供を目の前で火刑に
処せられる姿を見た・・という感じになっていました。
自然と言えば自然だけど、ダンカン殺しとの関連が薄くなるかなぁ。
でもレディ・マクベスを演じた マリオン・コティヤールは美しいですねぇ。
はかなげで、野心があって、でもやっぱり弱いところがあって。

マクベスはもっと強欲で、暴君と言われて劣勢の中にあっても
「死ぬわけがない」と傲慢さ120%で、最後マクダフ達に立ち向かっていく・・
というイメージが強かったのですが、自分が死ぬ運命にあると知った
時はむしろ自ら死を選んでいる感じだったのが、新鮮でしたね。
ちょっと“ヴァーナムの森が動いた”が分かりづらかったですけど。

最後、ヴァンクォーの息子フリーアンスとマルコム王子が剣を持って
歩いていくシーンで終わるこの映画。
マクベスは死んだけど、それに次ぐマルコム、フリーアンス。
結局はマクベスも歴史の流れの一部にしか過ぎないのだね・・
と感じるエンディングでした。
 
・・・王になるのが目的だった人ですからね。
ちゃんと政治をしなきゃダメだよ、マクベス(爆)。