久しぶりにホットヨガに行った後、ミリオン座へ。
これは興味があるものの、後回しにされてしまった1本です。

さざなみさざなみ」 
監督:アンドリュー・ヘイ
出演:シャーロット・ランプリング、トム・コートネイ
【あらすじ】 
 自然豊かな田舎で2人暮らしの仲睦まじい夫婦ジェフとケイトは、週末の土曜日に結婚45周年の記念パーティーを控える。しかし月曜日、ジェフ宛にある手紙が届いたことで、彼らの土曜日までの6日間は、45年の関係を大きく揺るがしていく――。





大きな劇場での上映でしたが、ちょっと地味な作品だし
公開から時間が経っている事もあって、全く混んではいなかったな。



 
風邪薬を飲んでいた事もあって、何度か寝落ちりましたが(笑)
決してつまらない映画と言う訳ではないと思います。
静かな作品なだけで。

私自身は結婚していませんが、男女の考え方の違いが
とてもよく分かる作品だな、と思います。

45年も一緒に過ごしてきた夫には身ごもった恋人がいて
その死を忘れられないでいた事が許せない。
そう言う事実は受け入れらとしても、今のダンナの態度は
受け入れられない。今までの事も信じられなくなっていき、
どんどんと醒めていってしまう。

まあ・・・ 「だったら別れれば?」と思う部分もあるのですが、
一応私も女性なので、 ケイトの気持ちがよく分かる部分もあります。
だからこそ、ラストのダンスシーンは、何だか怖かったなぁ。

寝落ちった私が言うのも何ですが、静かで、その静けさが
決して不快ではない映画だったと思います。
シャーロット・ランプリングの演技も素敵でした。