今通っているホットヨガスタジオも今月限りなので、行けるだけ行こうと
本日もホットヨガです。で、その後に映画といういつもの週末コース。

はじまりはヒップホpップはじまりはヒップホップ
監督:ブリン・エヴァンス
出演:The Hip Op-eration Crew
【あらすじ】 
ニュージーランドで生まれたギネス認定の世界最高齢ダンスグループの彼らの夢は、ラスベガスで行われる世界最大のヒップホップダンスの選手権に出場すること。耳慣れないリズムに、昔のようには動かない体。ひざも痛いし、持病もある。旅費もないし、パスポートもない。前途多難ではあるけれど、それでも彼らには“勇気”がある。悪戦苦闘もジョークで笑い飛ばしながら、夢のために一直線に進んでいく。平均年齢はなんと83歳!ダンスで世界を感動させた彼らの挑戦の日々を追う。

 
これはドキュメンタリー映画ですよね。
何年かに一度、こういうお年寄りの挑戦ドキュメントが
映画化されているような気がしますが、毎回観てるような気が(笑)。



 
いい意味で想像通り・・かな。
でも本当に素直にあんな歳のとり方って素敵だなあと思います。
そして出てくる全員がポジティブで、アクティブで。

私自身、これからどういう老人になるのかは未知数だけど、恐らく
家に閉じこもるタイプにはならない気がします、体さえ動けばね。
でも、だからと言って「ヒップホップやりましょう」と言われて、挑戦するか
って言われたら、まずやらないからね。 
先入観を持たずに「新しい事への挑戦は楽しい」と思えるって、
人としてとっても真っ当というか、まっすぐな人が集まっている気がする。
笑顔が皆さんとっても素敵です。

でもそれよりすごいと思ったのはダンスアカデミーの若者たち。
老人たちのヒップホップに素直に感動し、「週末には全員が、
自分の祖父母を訪ねた」って、本当に素直な子たちばかり。
同じ趣味があるとはいえ、あれだけ素直にお互いを受け入れて
リスペクトし合えるって人として尊敬すべきだ、と心から思います。

いいよなー、こういう老後って。
この世界大会から帰国した後、骨折したり肺炎で入院したメンバーが
居たという事ですが、いずれも完全復活。
普通、90代の方が骨折したり肺炎になったら、かなり厳しいと
思うのだけど、やはり人生に「目標」や「やりがい」があるって
何よりも強いんだろうな、というお手本みたいな話でした。
ちなみに客席は老人多数でして、皆さんがどう思ったのか興味が
ある所だな、とも思いました。