1本目を観てからダッシュで今池に移動して加圧トレーニング。
終了後またダッシュで矢場町に行き、2本目です。

奇蹟がくれた数式奇蹟がくれた数式
監督:マシュー・ブラウン 
出演:デヴ・パテル、ジェレミー・アイアンズ
【あらすじ】 
1914年、英国。ケンブリッジ大学の数学者ハーディ教授は、遠くインドから届いた一通の手紙に夢中になる。そこには驚くべき発見が記されていた。ハーディは差出人の事務員ラマヌジャンを大学に招聘するのだが、学歴もなく身分も低いことから教授たちは拒絶する。孤独と過労で、重い病に倒れてしまうラマヌジャンの代わりに、ハーディは奇蹟の証明に立ち上がる─。インドの<アインシュタインと並ぶ天才>を見出した英国人数学者。2人が起こした奇跡と友情を描いた感動の実話。



これはかなり観たいほうの1本。これも実話ベースの作品だそうで。
ほんと、世界は私が知らない事だらけだわ(笑)。


 
 
これでも高校生の頃は数学が得意だったので、「数式が美しい」
みたいなセリフは、なんかよく分かります。
無駄なく解かれた数学の問題って、惚れ惚れする所がありますから(笑)。
もちろん、ここに出てくるようなレベルの数学は、私なんかじゃ
全く理解の及ぶところじゃありませんが(笑)。

もっとハーディが呼び寄せたラマヌジャンに対して友好的で
協力して成果を出したのか・・と思いきや、全く違っていたんですね。

イギリスでも人種差別が普通に行われていたんですね・・。
でも唯一の救いは、学問というものに対しては真摯な方が多かった事。
ラマヌジャンを最初から毛嫌いしていた人も、彼の公式が正しいと
理解したら、きちんと味方についてくれていますからね。

もっと彼に対して(インド人やその人たちの宗教、風習も含めて) 
理解があれば、恐らく彼は死なずに済んだのではないだろうか。
きちんと食事が摂れて、体力があれば免疫力も落ちないだろうから
結核なんかにかからなかったでしょうし。

でも、それでも彼はイギリスに来た事を後悔はしてないだろうな。
彼の公式が今でもブラックホールの分析に使われているなんて
凄い事だよね。彼自身が亡くなっても公式はいつまでも残るのだから。

とても丁寧に作られた映画という印象の1本。
デヴ・パテルは「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」の印象が強いので
何だかとても大人になっちゃって・・・という感じでした(笑)。