名演小劇場を出て、テクテクと伏見まで歩きミリオン座へ。
これが今年の映画納めです。

誰のせいでもない誰のせいでもない
監督:ヴィム・ヴェンダース
出演:ジェームズ・フランコ、シャルロット・ゲンズブール
【あらすじ】 
真っ白な雪に包まれたカナダ、モントリオール郊外。田舎道を走る一台の車。突然、丘からソリが滑り落ちて来る。車はブレーキをきしませて止まる。悲劇は避けられたかに思えたが… … 。誰のせいでもない一つの事故が、一人の男と三人の女の人生を変えてしまう。車を運転していた作家のトマス、その恋人サラ、編集者のアン、そしてソリに乗っていた少年の母ケイト。誰のせいでもない。優しく聞こえるその言葉の奥で、彼らの感情は揺れ動く。誰も責められない。誰も憎めない。苦しくて、切ない感情を抱きながら。これは、彼らの12年にわたる物語である。。


予告を観て・・というより、あらすじを読んで気になった作品です。
これ、3Dで制作されているんですね。
・・・なぜにこれを3Dで?というのは、私にはよく分かりませんが。 
(スペクタクル作品ではないので、3Dにする目的は何なんだろう・・)
まあ、3D酔いしちゃう私には関係ない話ですけど(爆)。



 
 
予告の作り方もだし、邦題から連想させるイメージとはちょっと
違う作品だったかなあ。
「Everything will be fine」が英語のタイトルだったと思うんだけど
やっぱり、このタイトルそのまま、って言う感じ。

イマイチ明確に語られていなかったのだけど、クリストファーの
弟はソリに乗っていて、車に轢かれて亡くなったという事ですよね?
幾ら過失ではないとはいえ、全く刑事罰を受けた形跡もないし
賠償をしているふうでもないので、ちょっとよく分からなくて。

なんか全体にのっぺりした感じでしたね。
まず主役のトマスがダメだった(笑)。自己開示が全く出来ないタイプで
「あなたと一緒に暮らすのは大変だわ」って言われていたけど、
激しく同感(笑)。自己開示が全く出来ないって事は、捉え方によっては
自己中心的っていう事ですからね。

「〜のせい」っていう負の連鎖というよりは、再生の話なのかな
とは思いますが、ちょっとトマスが理解できないので、「ふーん」
という感じの域を出なかったかな、私は。
まあ「誰のせいでもない」っていうけど、これは母親のせいでしょ、
って思っちゃうのは私だけですかね。
「あんたのせいじゃない」って言うのは、相手を言外に責める時の
枕詞にしか思えない私は、きっとひねくれているに違いない(爆)。