やはり年始は浅草に行きたい気分になります。
行きの新幹線が時間ギリギリだったので浅草寺のお参りは後にして
まずは浅草公会堂へ。

新春浅草歌舞伎
「『新春浅草歌舞伎』昼の部」 浅草公会堂
 お年玉〈年始ご挨拶〉
一、傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
二、吉野山(よしのやま)
 

書籍を読んでから観劇したので「頑張ってるなー」という
思いもひとしおで観て参りました。



 
一、傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
 土佐将監閑居の場

浮世又平後に土佐又平光起・・・坂東巳之助
又平女房おとく・・・中村壱太郎
狩野雅楽之助・・・中村隼人
土佐修理之助・・・中村梅丸
将監北の方・・・中村歌女之丞
土佐将監光信・・・大谷桂三


これは結構好きな演目です。
でもこの座組みだと、誰がどの役なのかなーと思ってましたら
又平は巳之助丈だったんですね。
確かに巳之助さんは、不器用だけど一生懸命・・のような役は
とても似合っていらっしゃいました。
瞬きひとつせず、師匠に言いつけられた通りに見張りをしたり
全身全霊で演じている、という感じが伝わってきます。

が。どうもしばらくの間は私の心に響いてこない。
それは私が歌舞伎の事をよく知らないからなのかもしれません。
けど、巳之助さんの話し方が、「吃音」に聞こえないのですよね。
だから、微妙な違和感がずっと引っかかっているというか。
そして、違和感があったのはおとくを演じた壱太郎さんも。
いや、何が悪いとか言えるほど詳しくはないのですが、何だか
とても現代的な奥さんと言う感じでしょうか。
北の方を演じた中村歌女之丞さんをみて、ああ・・違う・・
と思っちゃったというか。
醸し出す雰囲気が、違う、っていう感じなんですよね。
去年も、ベテランと若手では注目を浴びていない時にその違いが
出るよな、と思った事を改めて今年も思ったのでした。
すみません、ちゃんと言語化できなくて。

ただ、後半、石の手水鉢に絵を描いて、師匠に認められる・・
という辺りからは、俄然引き込まれていきましたので、
楽しめたし、最後はやはりホッコリ温かい気持ちになれたのは
確かでございます。


二、吉野山(よしのやま)

佐藤忠信実は源九郎狐・・・尾上松也
早見藤太・・・坂東巳之助
静御前・・・中村壱太郎

これは踊りなんですね、私は初見でした。
義経千本桜は幾つか観ているので、分かるかなーと思っていた
のですが、私には厳しかったみたい(笑)。

松也さんの大きさと、巳之介さんが直前に観た傾城反魂香と
雰囲気が全く違って驚いたという印象ばかりが残っております。
この感想を書くのが遅すぎ(ただいま4月)のため、記憶も薄れ
これ以上書けなさそうです、無念・・・。←だったら早く書け!