先日の遠征時に、行ってみたいところがあったのです。

TOKYO COFFEE FESTIVAL
TOKYO COFFEE FESTIVAL 2017 spring
開催日:3月18日(土)19日(日)
場所:青山・国連大学前広場

色々な食フェスがあって、コーヒーフェスも知ってはいたのですが
月に1度の遠征ではタイミングが合わないのが基本。
なので、いつも諦めていたのですが、今回はタイミングがピッタリ!
ちなみに、このコーヒーフェスは今回で6度目だそうです。
銀座でブランチをした後、表参道駅まで移動しました。





チケットを買う
最初は仕組みがよく分からなかったのですが、どうやら
カウンターでTASTING TICKETを購入すると、各店のコーヒーを
飲み比べができるようです。チケットは5枚で1000円で、友人と
シェアしてもOKとのことだったので、5枚のみお買い上げ。
試飲用の小さな紙コップも5つ一緒に手渡されます。

混んでる!
焙煎機を持ち込んでいるお店もあり、いい香りがいっぱい。
ただ身動きも大変なほど混んでいる所もあり、お店によっては
強烈な行列になっていたりします。
東京のお店が多いですが、地方都市や海外のロースターも
参加されていました。
私たちは特定のお目当ての店があった訳じゃないので、何となく
面白そうとか、スタッフがイケメンだとか(笑)、適当にチョイス。
試飲用のコップとチケットのシールを渡すと、コーヒーを注いで
渡してくれます。

ticketはシール
小さな試飲用コップですが、味や香りの違いを味わうには
このサイズで充分。色々飲み比べたいと考えると、これ以上
大きくてはお腹がタプタプになってしまいます(笑)。

全体的に酸味のたつコーヒーが流行っているんでしょうかね。
私は酸っぱいコーヒーが好きなので、大歓迎なんですけど(笑)。
でも大豆のような香りのするもの、ベリー系の香りの立つもの、と
種類も色々で、友人と「ねぇねぇ、これ飲んでみて」と
お互いGETしてきたコーヒーを飲み比べてみたり、個性的な
店主のいるお店では、コーヒーに関わる話を聞かせてもらったり
楽しかったなー。これは一人で行くより、誰かと行く方が楽しい。
友人は気に入った1店舗でコーヒー豆も買っていました。

やっと行けた!と思っていたら、次回は6月で、また遠征時と
タイミングが重なるみたい(爆)。でも屋外だから天気が悪いとか
暑いとかってなると、6月はちょっと厳しいかなー。