先日観た「令嬢ジュリー」と「死の舞踏」の間に時間があったので
観に行ってきました。Bunkamuraはこういう時に便利だよね。

これぞ暁斎 ゴールドマン コレクション
「これぞ暁斎!」世界が認めたその画力
bunkamura ザ・ミュージアム
2017年2月23日(木)〜4月16日(日)








一緒に観た友人の御主人が 暁斎が大好きなんだそうで。
マリメッコ展の時ほどチケット売り場が混んでいなかったので
多少はゆっくり観られるかなーと思っていたのですが、
ところがどっこい、中は結構混んでおりました。

 
 
 
河鍋暁斎は、6歳で浮世絵師・歌川国芳に入門した方だそうで
今回はイスラエル・ゴールドマン氏所蔵の作品から、
日本初公開作品を含む約180点が展示されています。

このゴードマン氏がなぜ暁斎を収集しているかと聞かれて
「だって暁斎は面白いでしょう?」と言ったというエピソードを
最初に聞いたのですが、観てみるとその言葉に実感。面白いです。
国芳に入門した方と言う事で、浮世絵の印象が当然強いのですが
本当に色々なタイプの作品を遺していらっしゃっていて
「本当にこれ、一人の作品ですか?」って思うぐらいです。

蛙モチーフが本当に可愛らしくて、「蛙の学校」なんて
ちょっとカードで手元に持っておきたいレベルで可愛いし
今のイラストとしても通用しそう。
宗教画もあるし、春画もあるし、水墨画のような正統派と
言えるような作品もあれば、当然浮世絵もある。
色々な作品が描けたからこそ、生き延びる事が出来た絵師だし
もしかしたらそういう面が仇になって、主流として名を連ねる
事が出来なかった・・のかもしれませんね。
でも、観る側からするといろいろ観られて満足感高かった。

ただ細かく描かれた作品が多いものだから、私を含めて皆さん
ガッツリ観たくなっちゃって、列がなかなか進まないので
全体を回るのにすごく時間がかかってしまいました。
仕方ないけど、それがちょっと難点だったかな。