初演のチケットが取りづらかったし、梅芸の先行もハズレて
取れなかったので、千秋楽なんて取れないだろうと思って
エントリーしたら、あっさり取れてしまいました(笑)。
行こうか行くまいか少々迷いましたけど、今さらチケットの
嫁入り先を探すのも面倒だったので、行って楽しむことに決定。

王家の紋章大阪「王家の紋章 」梅田芸術劇場メインホール12列(9列目)
13:00開演、16:25終演
原作:細川智栄子あんど芙〜みん「王家の紋章」
脚本・作詞・演出:荻田浩一 
作曲・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ 
出演:浦井健治、宮澤佐江・新妻聖子[Wキャスト]、宮野真守・平方元基[Wキャスト]、伊礼彼方、愛加あゆ、出雲綾、矢田悠祐、木暮真一郎 、濱田めぐみ、山口祐一郎 他
【あらすじ】 
 16歳のアメリカ人キャロル・リードは、エジプトで大好きな考古学を学んでいる。ある日、古代エジプトの少年王・メンフィスの墓の発掘に立ち合う。古代エジプトへのロマンに沸き立つキャロルの前にアイシスという謎の美女が突然現れる。アイシスは古代エジプトの神殿の祭司でメンフィスの異母姉。メンフィスの墓を暴いたことによる祟りを起こすため、現代に現れたのだ。彼女の呪術によって、キャロルは古代エジプトへとタイムスリップ。キャロルの金髪碧眼に白い肌、現代の知恵からエジプト人達に、“ナイルの娘”“黄金の姫”と崇められ、メンフィスからも求愛を受ける。強引で美しい若き王メンフィスに反発しながらも心惹かれてゆくキャロル。だが、メンフィスを愛するアイシスより命を狙われ、ヒッタイト王子・イズミルからも求愛されるなど、2人の間には数々の困難が立ちふさがる。果たしてメンフィスとキャロルの運命は―。



千秋楽キャストです。
キャストで選んでいないので、とうとう平方君が観られなかった・・。
千秋楽キャスト
今回は比較的センターに近いお席で(下手ブロックのセンター寄り)
再演を観た4回の中で一番良かったかもしれません。

開演前、みなさんがチラチラ後ろの席を見るので、ん?と思ったら
原作者の細川智栄子、芙〜みん両氏がいらっしゃいました。
(その後ろにいらっしゃったのは、ジェンヌさんじゃないかな
と思うのですが、私には誰が誰だか分からず・・・)





今回も少女マンガの世界を楽しんできました(笑)。

でも、今日のアイシスは一段と素晴らしかったです。
自分の想いをメンフィスに伝えるものの、その想いが伝わらず
下エジプトに帰ると宣言した後のソロ。
聴いていて、こちらまで胸が苦しくなるようなソロでした。
いつもより少しゆったりと唄う所もあったと思いますが、そこに
バッチリ合わせてくるのは、生演奏ならではですよね。
初演よりもミタムン王女を殺すまでの流れが唐突になっていたり
メンフィスへの想いが叶わず苦しむシーンが減ったりしてしまい
初演のアイシスが好きな私にとっては少し寂しくもありましたが
さすがです、濱田めぐみさん。
序盤にファラオに即位するシーン、絵で描いたようにキラキラ
した目でメンフィスを追い続けるミタムンに対して、メンフィスと
視線があった時だけ、とびきりの笑顔になる濱田さんはまさに
アイシスそのものです。

あとは、宮野イズミルは今日が一番良かったです。
初演は「熱い、力で押す男」な感じが強かったんですが、
抑えて苦悩する姿が良かったな。
イズミルは基本的にはクールで居てほしいというか(笑)。
一旦逃げたキャロルを再度捕らえた後、どうしてもメンフィスが
「何故手を放してしまったんだ」と嘆くシーンは、メンフィスに
目が行ってしまうのですが、その時に横で演じているイズミルと
キャロルの関係が原作の雰囲気と似ていて、おおっと思った(笑)。
宮野さんも千秋楽という事で力が入っていた感じでした。
メンフィスの刀を、片手で受け止めるのはどうかと思いますが(笑)。

メンフィスは東京序盤で観た頃よりも、ずっと暴君度は増して
悪い男度も高くなっていました。ミタムンに対する態度とかね。
ただご自身でも「自分は猫背」と言っていましたが、浦井君は
首が前に出ているんですよねー。どうしても気になってしまう(笑)。
ま、何だかコメントが保護者みたいですけど。
私は浦井君のロングトーンが好きなのですが、今日はそれが
聞けて、嬉しかったです♪

ミュージカルについては、私はまだまだよく分からないというか
良し悪しを語れる程ではないのですが、特にウナスを演じた小暮君、

ルカを演じた矢田君については初演よりも、各人の個性が
感じられるようになっていて、こういう事を「成長した」と
言うんだろうな、と思って観ていたりもしました。

ストプレの千秋楽は特に何もイベントが無い事が普通ですけど
(除 劇団☆新感線)東宝μはカテコでキャストのご挨拶があるのが
普通のようなので、今日はそれも楽しみでございました。

まあ、浦井クラスタ的には、ちゃんと話せるかしら、と心配しつつ
彼の天然ボケボケトークを期待したりもするのですが(笑)、
今回は総じて、キッチリお話が出来ていたように思います。
他のキャストも、全体にとても真摯なご挨拶が多く、敢えて言うなら
挨拶中の伊礼君を、山口祐一郎さんが全力でどついて、伊礼君が
吹っ飛ばされる・・というハプニングがあったぐらい。

濱田めぐみさんは、初演・再演を通してアイシスという女性を
通して何を伝えたいのかが分からず、ずっと考えながら
演じていたが、千秋楽を迎えて、やっと分かったと。
変化を恐れない事、執着を手放すと心が自由になるという事を
役のアイシスが教えてくれた、濱田めぐみとアイシスが二人で
導いた、というような事をおっしゃっていました。

山口祐一郎さんは、「あの蒼白の青年が、こんな個性のキャストを
まとめて、王となっていて、エジプトの爺やとしては、思い残す
事はありません」みたいな事をおっしゃっていて、何だか
ホッコリさせて頂きました。

もし今後、再演があったとして、キャストが違っても観るか?
と言われると・・多分観ないと思う(爆)。
その時点で、舞台作品が好きというよりも、キャスト狙いですね、
という事がバレバレなんですけど、少なくとも今回はキャストも
含めて堪能させて頂きました。当初は東京と大阪各1回ぐらいの
つもりだったので、4度も観るとは想定外だったな(笑)。
あと、事前に原作を読んでおいたのも、プラスだった気がする。
舞台を観たら、原作の続きを読んでみたくなりました。
(まあ、多分・・読まないけど・・・)

キャストの皆様、お疲れ様でした。