通常の出勤時間と同じぐらいに家を出て、青春18切符で大阪へ。
快速電車の乗継なので、2時間半程で到着し、何だか余裕(笑)。
阪急梅田でお弁当を買い込み、いざ劇場へ。

七月大歌舞伎「七月大歌舞伎」大阪松竹座 3階2列
11:00開演、14:40終演
一、夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)
二、二人道成寺(ににんどうじょうじ)







最初は夜の部だけの予定でしたが、夏に、大阪で観る「夏祭浪花鏡」
もいいなーと思いまして。好きな演目でもありますし。

私の席の近くの集団は「歌舞伎が初めて」の方の集まりだった様子。
「システムが分かんない(大したシステムじゃないですが・・)」とか
「何で前のめりになっちゃダメか分かんない」とか、
「劇場入口のスーツの人を黒子って言うの?(いや、違うと思いますが。)」
とか、戸惑う事もおありだったようですが、幕間や終演後には
「面白い」「楽しい」と仰っていました。
うん、確かに面白かったです!





一、夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)
序 幕
二幕目
大 詰 住吉鳥居前の場
難波三婦内の場
長町裏の場

団七九郎兵衛・・・染五郎
女房お梶・・・孝太郎
一寸徳兵衛・・・松也
玉島磯之丞・・・萬太郎
傾城琴浦・・・壱太郎
下剃三吉・・・廣太郎
役人堤藤内・・・寿治郎
大鳥佐賀右衛門・・・松之助
三河屋義平次・・・橘三郎
三婦女房おつぎ・・・竹三郎
釣舟三婦・・・鴈治郎
徳兵衛女房お辰・・・時蔵


面白い演目ですよね、やっぱり。
染五郎さんの団七九郎兵衛は初めて拝見しました。
私は愛知県人なので、関西弁の上手い下手は正直全く分からなくて
どの程度、染五郎さんの関西弁がネイティブに近いのかは分からない
のですが、少なくとも私には全く違和感は感じませんでした。

もともと染五郎さんに、団七九郎兵衛のイメージがなかったのですけど
演じているのを観ると、なるほどねぇって思っちゃいますね。
役者さんってすごい。

舞台は全体に、割とスマートな感じがしたかな。
スマート・・って言うとちょっと違うんだけど、夏祭〜って、もっと
ムシムシと蒸し暑くて、ベタベタしてるというか、土臭い感じがする、
と勝手に思っていて。
それは染五郎さんの団七九郎兵衛によるものだけではなく、松也さんや
若手も大勢ご出演だった事によるのかも、とは思います。

あと、私は彌十郎丈の釣舟三婦が大好きなんですけど、鴈治郎丈も
良かったなぁ〜。色っぽいし、器の大きさも感じるし、とても
人として魅力的、って思えて。
あと、三河屋義平次を演じた橘三郎さんの憎々しさったら、もう
ハンパないですね(笑)。
団七九郎平衛は結局、義平次を殺してしまうけど、本当によく耐えた、
と褒めてあげたくなってしまうぐらい(笑)。
もともと団七九郎兵衛には、義平次を殺す意図はなかった、いわゆる
過失致死なんだよね、なのに、そんな義平次のために団七のこれからの
運命は狂わされてしまうのね・・と、今後の団七を心配してしまって
幕、となりました。

テンポも良くて、やっぱり面白い作品だな、と思いました!



二、二人道成寺(ににんどうじょうじ)
白拍子花子・・・時蔵
白拍子桜子・・・孝太郎

「男女道成寺」は観たことがありますが、「二人道成寺」は初めて。
とはいえ、いずれも「京鹿子娘道成寺」のアレンジ作品、と考えて
いいんですよね?←誰に聞いてるんだ(笑)!
踊りはねぇ、詳しくないですし、イヤホンガイドも借りていないので
詳しい事は分からないのですが、華やかな舞台です。

何度も「引き抜き」で衣装が変わるのですが、やっぱりコレって
テンションがあがります(笑)。
また二人で踊るので、二人のシンクロ具合を見るのもなかなか
楽しかったです。


元々は夜の部のみの予定でしたが、やっぱり昼の部も観て良かった。
楽しかったです!