感想が書けていない舞台が数多くある状態で年越しをするのは
もはや定番となってしまいました、情けない。
とはいえ、遅くなっても書けるだけ書きたいんですけどね。


≪みんみんの観劇ラインナップ in 2018年≫
 <1月>5本
髑髏城の七人Season月(上弦の月)@IHIステージアラウンド東京
TERROR テロ@紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
PLUTOU プルートゥ@シアターコクーン
近松心中物語@新国立劇場 中劇場
黒蜥蜴@日生劇場

<2月>8本
髑髏城の七人Season月(下弦の月)@IHIステージアラウンド東京
Sing a Song@本多劇場
二月大歌舞伎@歌舞伎座
三月の5日間@愛知県芸術劇場小ホール
アンチゴーヌ@穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
□岸 リトラル@シアタートラム
夜、ナク、鳥@吉祥寺シアター

<3月>7本
隣の芝生も。@愛知県芸術劇場小ホール
彼の地供前いたいひ、と。@穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース
修羅天魔〜髑髏城の七人Season極[初日]@IHIステージアラウンド東京
赤道の下のマクベス@新国立劇場小劇場
□三月大歌舞伎@歌舞伎座
シャンハイムーン@穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

<4月>7本
□柿葺落四月大歌舞伎@歌舞伎座
ヘッダ・ガブラー@シアターコクーン
PHOTOGRAPH 51@東京芸術劇場シアターウェスト
1984@新国立劇場小劇場
修羅天魔〜髑髏城の七人Season極[2回目]@IHIステージアラウンド東京
修羅天魔〜髑髏城の七人Season極[3回目]@IHIステージアラウンド東京
731@シアター風姿花伝

<5月>8本
百年の秘密@穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
ヘンリー5世[1回目]@新国立劇場 中劇場
修羅天魔〜髑髏城の七人Season極[4回目]@IHIステージアラウンド東京
図書館的人生Vol.4 襲ってくるもの@東京芸術劇場シアターイースト
切られの与三@シアターコクーン
修羅天魔〜髑髏城の七人Season極[5回目/大楽]@IHIステージアラウンド東京
ヘンリー5世[2回目]@新国立劇場 中劇場

<6月>4本
ハングマン@穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
夢の裂け目@新国立劇場小劇場
父と暮らせば@俳優座劇場
マクガワン・トリロジー@穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

<7月>5本
ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル@紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
お蘭、登場@シタートラム
睾丸@東京芸術劇場シアターウェスト

<8月>12本
GHOST[1回目]@シアタークリエ
消えていくなら朝@穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
納涼歌舞伎・一部@歌舞伎座
その頬熱線に焼かれ@東京芸術劇場シアターウェスト
納涼歌舞伎・三部@歌舞伎座
□MAKOTO@吉祥寺シアター
「メタルマクベス」Disc1@IHIステージアラウンド東京
@東京芸術劇場シアターイースト
5seconds@シアター風姿花伝
レインマン@御園座
冬物語@名東文化小劇場
ザ・空気@穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

<9月>5本
かのような私 -或いは斎藤平の一生-@文学座アトリエ
出口なし@新国立劇場小劇場
□秀山祭九月大歌舞伎@歌舞伎座
GHOST [2回目/大楽]@刈谷市総合文化センターアイリス大ホール
ドキュメンタリー@下北沢楽園

<10月>8本
□吉例顔見世@御園座
□芸術祭十月大歌舞伎@歌舞伎座
ゲゲゲの先生へ@東京芸術劇場プレイハウス
蛇と天秤@シアター風姿花伝
ジャージーボーイズ@名古屋市民会館
タイタニック@シアタードラマシティ
華氏451度@穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

<11月>6本
平成中村座@平成中村座(浅草)
贋作 桜の森の満開の下[2回目]@東京芸術劇場プレイハウス
修道女たち@本多劇場
遺産@すみだパークスタジオ倉
「メタルマクベス」Disc3[1回目]@IHIステージアラウンド東京
セールスマンの死@東海市芸術劇場大ホール

<12月>8本
評決@あうるすぽっと
□森からきたカーニバル@駅前劇場
スカイライト@新国立劇場小劇場
□女中たち@シアター風姿花伝
民衆の敵@シアターコクーン
カタルシツCo.jp@六本木スーパーデラックス
「メタルマクベス」Disc3[2回目]@IHIステージアラウンド東京
ロミオとジュリエット@刈谷市総合文化センターアイリス大ホール



《番外編(芝居でもなく、映画にも分類されないもの)》
ライブビューイング『メタルマクベスDisc3』



去年の観劇数が85回で、今年が83回なので(その他1回は台風のため
払い戻したので、本来ならば84回になるはずでした)概ね昨年と同水準。
感覚としてはもっと多く観た気がするんですが。
今年のリピートは「修羅天魔」×5回、「ヘンリー五世」×2回
「GHOST」×2回、「贋作 桜の森の満開の下」×2回、そして忘れてた
のですが「メタルマクベスDisc3」×2回。
要するに推しの俳優さん出演舞台のみ、リピっているという事です。
(推しに貢いだ、とも言う。)

なので演目としては75本という事になりますね。演目数は昨年より4本減。
(ここまできたら、4本なんて誤差の範囲かもね)
更に細かい分析は、ご興味があれば追記でどうぞ。





【どこで観たかというと】
 東京:58本 (69.9%)昨年比 +6.4%  
 名古屋:22本 (26.5%)昨年比 +1.8%  ←豊橋、刈谷、東海市、津を含む
 大阪:3本 (3.6%)昨年比 -8.2%
感覚としても、よく東京に行ったなと思います。実際に昨年は14回
 だったのに、今年は19回も行っていましたね。
 19回32日って、単身赴任者が家族の元に帰ってくる頻度じゃない(笑)?
 名古屋も増えた・・みたいに見えますが、名古屋市内は9本だけで
 昨年より1本減っています。豊橋が特に多かったですね、9回ですから。
 大阪が極端に減っていますが、小劇場の作品を観る機会が増えたので
 東京に集中しまうのは仕方ない。
 でも東京と大阪の観劇数を合算すると昨年とほぼ同水準でした。

 あちこち行きましたので、劇場数は36か所でした。
 一番通ったのが、IHIステージアラウンド東京の10回
 穂の国とよはし芸術劇場PLATが観劇で9回(主ホール8回、アートスペース1回)
 次が新国立劇場で8回(小劇場5回、中劇場3回)で今年はやや少なめ、
 歌舞伎座と東京芸術劇場は7回(プレイハウス2回、シアターイースト2回、
 シアターウェスト3回)でした。通ったな、豊洲・・(遠い目)。

 今年は兵庫県芸術劇場や梅田芸術劇場、彩の国さいたま芸術劇場、
 世田谷パブリックシアター(シアタートラム除く)や帝国劇場など、
 今まで1年に1度は行っていた劇場に一度も行かなかったですね。
 

【観た舞台の内容】
 ストレートプレイ全般:63本(75.9%)昨年比 +7.7% 
 歌舞伎等の伝統芸能:12本(14.5%)昨年比 -3.1%
 ミュージカル・音楽劇:8本(9.6%)昨年比  -3.4%
うわー、思った以上にストプレが多い。まあ・・確かにそうかな。
 「メタルマクベス」をミュージカルに分類してこの結果なので、本当に
 ミュージカルは観ていないんでしょうね。
 カタルシツの「CO.JP」をストプレに入れていいかどうか、悩みましたが。


【お気に入りの作品】
「TERROR テロ」
「その頬熱線に焼かれ」

今年は飛び抜けて凄い!と思う作品が思いつかないんですよね。
 敢えて言うならこの2作かなあ。
 「TERROR」はその場で観る、という事が今まで以上に意味がある
 と言う感じがしました。「その頬〜」は重いテーマながら、とても
 記憶に残り、素敵なセリフも多かったのが印象的です。
 
 ただ、例年「次点」に入れていた感じの舞台は多かったな。
 パラドックス定数も劇チョコも良かったですし、KERAさんの舞台も
 良くて、平均して満足感が高いっていう感じ。


【今年初めての経験】 
・パラドックス定数
・三重県文化会館
・名東文化小劇場
・文学座アトリエ
・下北沢楽園
・駅前劇場
・六本木スーパーデラックス
・チェルフィッチュ

今年初めて観たパラドックス定数は大当たりで、きっと来年以降も
 観つづけるだろうな、と思います。



昨年からの流れをそのまま引き継ぎ、「小劇場」の作品にシフト
してきています。去年13本だった4000円以下の舞台は12本でしたので
ほぼ同じ。でも5000円以下まで広げると18本で増えています。
このブログでも何度もボヤいていますが、小劇場の作品は4日間とか
上演期間が短いので、スケジューリングにも苦心しました。
(故に、必然的に東京への遠征が増えてしまった)

731部隊、薬害エイズ、日航機墜落事故、新薬の開発、医療訴訟、
原爆、保険金殺人事件、引きこもり・・と社会性の高いテーマを扱った
作品を多く見た印象があります。
つまり私は、小劇場の作品だから好きという事ではなくて、社会性の高い
特に会話劇が好きなんだろうな、と思うようになりました。


自分の好みが分かってきたので、観に行くかどうかで迷う事は少なくなり
どんなに人気作でも、アンテナに引っかからない作品には、全く
興味がなくなる・・と言う状態になりました。
以前は話題作は「とりあえず観たい」と言う気持ちが湧いたものですが。
(蜷川さんが居なくなった影響も大きいかな。以前は「蜷川さんの
作品だったら観てみるか」と思って、観てみたところ、新たな発見が
あったりしましたが、今はなかなか・・)
人を羨んだり、人と比べたり・・という事が無くなったのは良いけど
観る作品がどんどん偏ってしまって、本来は面白い作品なのに
見逃してしまっていないだろうか、素直に観られなくなっていないだろうか
という不安は以前よりも強くなっています。

まあ、行くところまで行かないと納得しない性格ですので、仕方ない。
今年も、これだけ多くの舞台を観て楽しませてもらった事を感謝しつつ、
来年はどんな作品が観られるのか、楽しみに年越しをしたいと思います。