今まで殆どドラマを観てこなかった私が、頑張った!
週末に録画してあったもの、観ました!

家康、江戸を建てる
正月時代劇「家康、江戸を建てる」
 前篇〜水を制す〜
 後編〜金貨の町〜


【前後編】
市村正親、高嶋政伸

【前編】
佐々木蔵之介、生瀬勝久、優香、千葉雄大、マギー、藤野涼子
松重豊、上杉祥三、今井朋彦、勝野洋

【後編】
柄本佑、広瀬アリス、林遣都、伊原六花、高橋和也、吹越満
吉田鋼太郎


たまたま年末年始にNHKを観ていて、予告を観たのがきっかけ。
「このなにも無い関東平野に・・」と家康を演じる市村さんが
言っていたセリフから、髑髏城の最後の場面を思い出して、
なんか、どうしても観たくなってしまったのですよね。
とはいえ、たった2話といっても、きちんとその時間に待機して
観ることができない性分なものですから、録画しておりました。

 




好きな俳優さんがいっぱい出ていて(今井さんが出ていたのは
ちょっと意外でした)面白かったー。

予告を観る限りでは、前編の方が面白そうだったのですけど、
実際に観てみると、(面白かったですが)ちょっとお上品過ぎる感じで
サラっと見終えてしまい、あまり心に留まらなかったというか。

その分、あまり期待していなかった後編は見応えあったなぁ。
吉田鋼太郎さんと吹越満さんの悪人コンビなんて、最高の人選(笑)。
そもそも「小判」は褒美として使っていた「大判」を汎用化したものだ
って事すら知らなかったんですよね。
(もっとも、前編の神田上水についても知らなかったのですが)
後編は貨幣を軸とした豊臣と徳川の覇権争い、恋愛、主従だったり
先輩・後輩の絆・・と、盛り込まれる要素が多かったというのが、
面白く感じた要因じゃないかな、と思います。

それにしても、徳川家康と言う人は、とても先見の明があるというか
長期的視野のある人だったんですね。
だからこそ、江戸があれだけ栄え、江戸時代が長く続いたんだな、と。
これもまた原作が読んでみたくなるヤツでした(笑)。

市村正親さんの徳川家康、好きだったなぁ。
舞台で拝見しても素敵な俳優さんだとは思っていましたけど、
今回は凄く人間的魅力のある家康を演じていらっしゃいました。
こういう主君なら、とことん仕えたくなるよね、っていう、ね。

さっさと録画を消化して、HDDの空きを作らないと・・・!