ライブに関する内容は既にアップしましたので、爆笑のMCを
少しでも残しておければ・・と。

DressingRoomLive
『浦井健治のDressing Room Live』中野サンプラザ
昼の部:14時開演 4列(実質3列目)
夜の部:19時開演 23列
ゲスト:井上芳雄  



ライブそのものについては、先にアップしたこちら参照。
大したこと、書いてませんけど。




でもライブから既に日数も経ち(忙しくて手が回らなかった)
手元のメモも「ん?」と言う感じになってしまったので、マチソワも
めちゃくちゃですが、自分の記録と言う意味でつらつらと
残しておこうと思います。
(思い出したら、随時追記するかも。)
公開録音部分は、放送されるかな?と思うので、基本的には割愛。
(でももう、どの部分のトークだったか、記憶が曖昧・・・)




■やはり井上芳雄氏はツッコミ王子
マチネは登場するやいなや、袖で見た浦井君の進行についてツッコミ。
そもそも登場が「どうもーツッコミです」みたいな感じで。
揚句には「死んでしまいます!突っ込みすぎて!!」
時にはその突っ込みの矛先が、観客である私たちに向くこともあって
「これ(浦井君のグダグダ)が観たくて来たんでしょ、自己責任ですから(笑)」
ですって(笑)。

芳雄氏が出ていないシーンでのツッコミが面倒になったらしく
「最初から(オレを)呼べ!」とまで言われてました(笑)。


■一応反省する浦井君
マチネは面白かったのですが、確かに進行はグダグダだったんです。
ソワレではそこは反省したのか、序盤は淡々と進行していき、独り言のように
「よしっ、マチネよりも上手く進行が出来てるっ♪」って言ってました。
(ま、その後は安定の芳雄さん頼りの進行になりましたけど)

また、ゲストの芳雄氏にイスを勧める事を忘れ、逆に芳雄氏に椅子を
勧められる・・という残念なホストぶり。
「ああ、オレ、こういうのが出来ないのがダメなんだよな・・」
凹んでおられました(笑)。


■芳雄氏は見逃さない
「こんな雨の中来てくださって素晴らしい」という浦井君に
「その“素晴らしい”はどこに係るんだ?」と芳雄さん。
オープニングでのメンバー紹介で
「“今日は沢山のパフォーマンスをしていただいて”」って、何故過去形?」
と自分が登場していなかったシーンにもツッコミを忘れない。
ちなみにその時の浦井君の回答は「なんか雰囲気で(笑)」だったはず。
浦井トークに慣れた私は、ある程度「ああ、こう言いたいんだろうな」と
脳内で補完して聞いていたんですけど、そういう所、全部拾いまくって
突っ込んでましたからね、頭の回転の速い人だ(笑)。


■笑った芳雄氏のフレーズその1「人の話、聞いてる?」
成り立っているようで、成り立っていないような、二人の会話。
一生懸命、芳雄氏が軌道に乗せようとしているのに、無軌道に話を
散らかしに行く浦井くん。何度も「人の話聞いてる?」
「俺の話、聞いてた?」って言われてたよね(笑)。

公開録音の部分だったと思うけど、「シシイとのデートプラン」とかいう
難しい質問を華麗に答えた芳雄氏。「で、浦井君は?」と聞き返すと
イノセントに「え?何が?」ってかわいい顔して芳雄氏を見つめたり(笑)。
こいつ、本当に人の話を聞かずに、自分の考え事にしか意識が向いてないな
という事が分かりますね。まあ、浦井君らしいんだけども(笑)。

「演出家の話も聞かないよね」とのビックリコメント。
「そうなんですよ、岡本健一さんにも″何度も同じことを言われたらダメだ”
 (よく分からないモノマネをしながら)って言われるんですけど」

えー、それ、ダメなヤツじゃん(爆)
「でも鵜山さんは″そんな浦井が面白い”っていうから、すごい人だ」
・・・確かに、器が大きいというか、すごい人ですね(笑)。


■笑った芳雄氏のフレーズその2「ちょっと黙ってて」
恐らく浦井君は「進行しなきゃ」って思ってるんだと思うんだけど、
芳雄氏が話しているのに、(ほとんどの場合はあまり関係ないこと)
隣で話し始めるものだから「ちょっと黙ってて」って言われてましたよ
メインのMCなのに(笑)。
突然「休日は何してますか」とか、オチの無い質問をする浦井君に
「何が聞きたかったんだ!」という変化球もありましたね(笑)。


笑った芳雄氏のフレーズその3「曲の紹介をしないな」
浦井君のMCっぷりに慣れていたのと、自分もそこそこミュージカル
ナンバーが分かるようになってきたので、あまり気にならなかったけど
確かに、井上芳雄君のコンサートではきちんと曲紹介されてました。
今回も含めて、浦井君は、したり・しなかったり(笑)。
何度も「曲紹介しろよ」って言われてました。


■芳雄さんに頼りっぱなし
最初から「おれ、出番早くね?」と言われていましたけど、本当に
芳雄氏の出番は多かったんです。
ソワレでは「メインのMCが浦井君だって事、今初めて知った」と言われる始末。
「芳雄さんがいると、安心感がある」という浦井君に対して
「分かってた(そう感じてるだろうと思ってた)」。と芳雄さん。

歌の前にまたお水を飲みに行っちゃった浦井君の代わりに、さりげなく
芳雄氏が曲紹介を始めてくれたのですが、その途中に浦井君が戻ってきます。
そこで、恐らく浦井君とバトンタッチをするつもりで一旦話を止めると、
浦井君またイノセントに「どうぞ」って曲紹介の続きをさせようとする(笑)。
「何でおれが曲紹介するんだよ!」って言われて、慌てて続きを話した浦井君。

公開録音中には、射的をやっていたんですが、浦井君が芳雄君に
銃を向けるイタズラをしたり、腰をクネクネして女の子のマネをしたり・・
とかするんですが、ラジオですからね、黙ってやられても分からない(笑)。
そんな時も芳雄さんは、さりげなく実況中継して、ラジオでもわかるように
サポートしてくれていましたよ。


■ラジオだってば。
上にも書きましたが、射的でお互いに銃を向けて追い回したりしても
浦井君は自分が楽しんじゃってるので、状況説明は全て芳雄さん任せ。
芳雄さんが居ない時には、舞台の上で開脚してみせてくれたのですが
(パンツが見えるから、って浴衣姿で、後ろを向いた状態で)、
あれ、ラジオで放送されても、何をやってるんだか分からないよね(笑)。

ちなみに公開録音の部分からは二人とも浴衣姿。(とてもお似合い♪)
「足元とかどうしたらいいか分からないよね」と、着物を着なれず
所作が不安・・というお話をされていました。
「もっと和モノにも出たいですね」って言う話もしていましたけど、
芳雄さんはともかく、浦井君は日本人役を舞台で観たことが無い気が
するんですけどね。(私が観る限り、ですが。)
あと、突然「ぼく、スネ毛が生えないんですよ」とか言い出しまして(笑)。
そう言えば、StarSのコンサートでもスネ毛の話、してました。


■そりゃ疲れますよね、芳雄さん。
「普通、コンサートのゲストってこんなに出ない」
「エリザベートの舞台をやるよりも疲れた」
「久しぶりに昼夜の間に寝たもん、疲れて」
「昼夜の間に浦井君がお菓子もってきて、話したそうにしてるんだけど
 話す気が起きなかった」
「もう向こう3年ぐらいは(浦井君のコンサートは)いいかなって感じ」

だったそうです(笑)。
「ギャラあげてもらっていいですかー」とも言ってましたよ(笑)。


■安定の毒舌っぷり
「ボク、リクエストがあります!」という浦井君に間髪を入れず
「受け付けませんっ!」って言ったり、会話の間が絶妙(笑)。
もう、何の遠慮も無く言いたい事を言ってます、って感じでしょうか。

初めて浦井君が芳雄氏と会った時の話で
「芳雄さんに初めて会った時に「ルドルフへ」って書いて自分の
 こう、風に吹かれた感じのCDをくれたんですよ。心が広いなと思って」
「浦井君の名前を知らなかったのかもよ」って言ったり、毒舌健在。
あまりに伊礼彼方君の名前を浦井君が出すもんだから
「伊礼彼方はルドルフを1度やっただけで、レミゼとかロンドンミュージカルに
魂を売ってるじゃないか」
って言ったりね(笑)。
(その後で「ボクもロンドンミュージカルに出たいですっ!」って言ってた)

また、浦井君のラジオも聴いたそうで、「ゲストがいるとまだマシ」だけど
ゲストのアブちゃんとの会話がおかしい・・と、突っ込んでました。
浦井君は「わざわざ聞いてくれて嬉しい♪」と喜んでましたよ。


■今の浦井君は芳雄氏の好み
芳雄氏いわく「浦井君って伸縮自在じゃない」(体型の事と思われる)。
「今はね、僕が好みの感じ♪」だそう。
確か少しふっくらぎみの方が芳雄氏好みだったんじゃないかな?
ちなみに浦井君は次の公演に向けて、体を作っている最中なんだとか。


なんか、浦井君のフレーズよりも芳雄氏のツッコミフレーズの方が
記憶に残っちゃって、芳雄氏のトーク集みたいになっちゃった(笑)。
でも、ほんと、StarSのコンサートのMCのような面白いトークがが続いて
こんなに涙を流して笑ったのって、何年振りかしら?と思いました。
いい意味で、あの頃と浦井君も芳雄さんとの関係性も変わらないな、って。
翌日は、仕事を休んだ反動で猛烈に忙しくて、残業もめっちゃしたんですが
このコンサートを思い出したら、ちっとも疲れを感じなかったもんね。
でもやっぱり、この日昼夜を通して一番の芳雄氏のコメントはこれでしょう!


「僕がいると、浦井が輝く。」


同感です、芳雄さん(爆)。
「向う3年はいい」なんて言わず、またぜひ何かで共演してください<m(__)m>。