名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 もうOver 40歳なのに、大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

DVD

Blu-ray「蒼の乱」

今回「大☆新感線博」に行く目的はもう一つありました。
これを買う事です。

青の乱
Blu-ray 「蒼の乱」 Special Edition


大好きな天海姐さんの出演作です。
もちろん舞台も5度ほど観ましたし、ゲキシネも観ておりますが
早く発売されないかなーと楽しみにしていました。

だって、ゲキシネではカットされた場面が多かったし
そのカットされた場面が好きだったんですもん。
こちらは「ノーカット版」だと聞いていたので。

発売は25日ですが、送料が掛かるし通販で予約する程でも・・
と思っていたら、この新感線博の会場では発売日前でも
購入できるという事で、それならば!と。

遠征から帰宅したのは日付が変わる頃でしたが、どうしても
観たいシーンが収録されているのかが不安ですぐに
再生をしてみたのでした・・・(笑)。



 続きを読む

DVD「モーツァルト!」

そんなにミュージカルを積極的に見るほうではなかった私ですが
昨年末及び今年初めに「モーツァルト!」を観に行き、すっかり
好きになった作品。でもDVDは買おうかどうか、迷っていました。
すごく珍しい事だと思います、東宝がミュージカルをDVD化するのは。
おまけにそれが海外の作品なのですから、尚更です。

迷っていたのは、値段が高いのと(10,000円超え。新感線でもそんなに高くない)
なんか色々と特典が付いてくるらしいのが鬱陶しかったから。 
だから予約は止めておいて、本当に欲しいかどうか発売されるまで、
冷静に考えようと思って。
でも、今回レミゼを観に行ったら帝劇の売店で特設コーナーがあって
まんまと買っちゃったわけです(笑)。

M!のDVD
一番右が化粧箱で、DVDとブックレットが入っていました。
この大きな箱が嫌なんですよね、かさばるから。
ブックレットも興味ないし。

売店で「特典が無いヤツは今後出ますか?」と聞いてみたのですが、
明確な回答は得られず、そもそも売店の方に聞いても気の毒だよね、
と思いこの大きなヤツを連れて帰ってきました。
何となく、初回プレス分が完売したら、このDVDだけのバージョンが
販売されるんじゃないかなーなんて思うんですけど、
“今”欲しいんだから仕方ないですね(笑)。


 
 続きを読む

Blu-ray「ZIPANG PUNK 五右衛門ロック掘

舞台は3度観たかな?
決して嫌いではないのだけど、特別に思い入れがある程でもなく
買おうかどうしようか迷っていたのですよね。
送料がかかるから、次に新感線の舞台を観たときでもいいかな、とか。
 
ジパパン「ZIPANG PUNK 五右衛門ロック掘
Blu-raySpecial Edition












でも、[Title of show]で、天真爛漫な浦井君を見て、
このチラシも貰ったら、やっぱり欲しくなってポチっちゃいました(^^ゞ。
FCイベントに行って、あの姿を観たのも大きいなあ(笑)。

今回から新感線の作品でブルーレイが発売されたんですよね。
少し前に、イーオシバイでアンケートをやっていたので
もうそろそろかな、と思っていましたが、想像より早かった。

確かに値段は少し高くなるけど、画質がキレイだし、何より
途中でメディアを入れ替えずに済むから便利。
今さらBlu-rayを選択しない理由は無いですから〜♪

でも、これを買った一番の理由はやっぱり・・・



特典DVDに収録された「続・あなたと浦井健治」 (笑)。



オープニングで“けんだま検定2段”の腕前を披露してくれ
ありあまる(?)天真爛漫さを炸裂させてます、浦井王子。
眺めているだけで幸せになりますよ(笑)。 
鼻たれ小僧役でオープニングにアンサンブルとして
出ていた所も確認する事ができましたしね♪

もう、本読みの段階で既に“シャルル”そのものだから、
じっと座っていられないというか、立ち上がってしまいそう
になったり、手に動きがついていたり・・と一人だけ
落ち着かない様子が、かなり笑えました(笑)。

(もちろん、本編もちゃんと観ました♪)

ゲキ×シネを観たときにも感じましたが、随分と歌を
バッサリカットしてますねぇ・・・。歌が多すぎたんですかね。

 
 
 

今さら「アナと雪の女王」

もう、本当に「いまさら」感全開なんですが、やっと観ました。

アナと雪の女王「アナと雪の女王」









世の中でヒットしている事は十分承知していたし、劇場に
観に行こうかなと何度も思ったのですが・・・・
どうしても足が向かず。

私は自発的に「観たい」と思わないものには、本当に淡泊で、
その頑固さというか、視野の狭さは自分自身でも何とかしないと・・と
思っているのですが、なかなか改善しなくて。

お盆休み中に弟夫婦と昼食を食べに行ったら甥っ子たちが
「レリゴー♪」と唄ってるんですよ。「あ、観たの?」と聞いたら
何とブルーレイを持っているというじゃないですか。

そこで弟たちから借りて、観ることができたのでした♪



    続きを読む

DVD「StarS First Tour」

祝日だった昨日は本当に普通の1日でした。
昼間に2時間ほどウォーキングもしたり、晩御飯は天ぷらを
モリモリ食べたり(笑)。

それが・・・20時過ぎた頃から胃もたれというか、そこはかとない
胃のムカムカ感が無視できなくなり、体が微妙に二つ折り状態。
寝れば治るだろう・・と思っていたのだけど、朝になっても
不快感は治まらず、朝食のパンを一口かじったものの、
どうしても飲み込めなくて、ギブアップ。

体も二つ折り状態再開で、とても電車に乗れる感じではなかったので
そのまま午前は休むことにいたしました。

で、部屋で寝ていたら、クロネコさんがこれを配達。
LiveDVD
StarSのライブDVD、本日発売でした。
これが受け取りたくて休んだんじゃないよ(笑)。

右が通常のDVDパッケージで、左がフォトブックとDVDが
入っていたバカでかい化粧箱。
もちろんStasSが好きだからDVDを買ったんですけど、
この箱はジャマだわー、フォトブックも別に無くていいわー
と思ってしまうんですよね。ホントごめんなさい。
とことん、こういうグッズ類に興味が無いんだと思います、私。

CDはiPodに移して直ぐに聞き始めましたが、DVDは
また時間のある時に観るかな〜。

結局、午後からは仕事に行き、「もう万全です!」とは
言えないまでも、何とか仕事ができるぐらいには回復しました。
一体、何が原因だったんだろ?




「レ・ミゼラブル」ミュージカル映画の革命

12月はWOWOWで「レ・ミゼラブル」が放送されるのに合わせて、
30分間の特番も何度かリピート放送されていますが、私もそれを観て
軽く(というか結構)感動・・。そこで、ハタと思いついたんですよ。
これ・・WOWOWの為に収録したモノではないはずだ。
そういえば,この特典映像、観てないぞ?と。

レ・ミゼラブル(Blu-Ray)
特典の一つが『「レ・ミゼラブル」ミュージカル映画の革命』というドキュメント。
そうか、この映像の短縮版がWOWOWで放送されていたのか!
(逆にWOWOWでしか放送されていないシーンもあったけど)

結構な長さで、充実した内容で大満足。
こんなに見応えがあるなんて思ってなかった!
もっと早く観ればよかったよ〜。

以下、レミゼについて語ります(笑)。



続きを読む

DVDコレクション

会社の同僚に「面白い舞台があれば観てみたい」と言われ、
手持ちの演劇のDVDを見繕って貸していました。

私は舞台を観に行ってもまずパンフレットは買いません(除・新感線)。
確かにより作品の事を理解できるので、買えたらいいのですが
観劇本数を考えるとキリがない。私は部屋にモノを増やしたくないので、
最初から買わない事にしています。

でもDVDや舞台のサントラCDは結構買っちゃうんですよ。
観た事が無い作品は滅多に買わず、一度観て「いいな」と思ったものを
手元に置いておきたくて買う事が多いんです。

戸棚の中家を建て替える時に、DVDを入れるために作った
壁面収納の棚(笑)。
ここには製品のDVDと、録画したものの中で
特に好きな“一軍”のDVDが入っています。









今回貸したDVDの中の1本がこの“1軍”として保管してあった
東京セレソンDXの「くちづけ」。
舞台も良かったんですが、最近映画化もされましたよね。

ただ同僚曰く「DVDが観れなかったんです」とのこと。
WOWOWで放送されたものを録画していたのですが、録画モードが原因で
再生できないメーカーのプレーヤーがあったのかもしれません。
そうかー、観てもらいたかったんだけどなー、残念だなー。
と思った時「あ!製品で発売されてるんじゃない?」と気づき、早速チェック。

おお!売ってる。しかも結構安くて、テレビ放送時とは違う編集らしい。
と言う事でポチっちゃいました(笑)。

くちづけ「くちづけ」
東京セレソンDX






届いて観なおして、また泣く私(笑)。
WOWOW放送時とはアングルが微妙に違うシーンがありますね。
私はこの製品版のカット割りの方が好きかな♪

こうしてまた私のDVDコレクションが増えていくのでありました・・・。




DVD「図書館的人生 vol.2 盾と矛」

まだやるのか?って感じのGWに観たもの記録第5弾(笑)。
どこにも出かける予定が無かったので、「じゃあ、出掛ける代わりに」
お芝居のDVDを買おう♪と思い立ちまして。

盾と矛
「図書館的人生 vol.2 盾と矛
〜攻めるものと守るもの、武器についての短篇集〜」

作・演出:前川知大
出演:浜田信也、盛隆二、岩本幸子、森下創、緒方健児、伊勢佳世、古河耕史、板垣雄亮、窪田道聡
【収録作品】  
1)賽の河原で踊りまくる「亡霊」
2)やさしい人の業火な「懐石」
3)東の海の笑わない「帝王」
4)瞬きさせない宇宙の「幸福」


「何を買おうかなあ」と思った時に目に入ったのが「髑髏城の七人」。
まあこの機会に買っとくか、当分新感線の公演もないし・・でポチ。
うーん、送料が勿体ないなあ・・。で、目に入ったのがこの作品です。

ああ、これでイキウメのDVDコンプリートだ(笑)。

もちろん、イキウメが好き、というのもあるのですが、収録されている
4)『瞬きさせない宇宙の「幸福」』は、今月観る予定のイキウメ公演の
ベースになっている作品のはず。
それ以外にも、前回の「まとめ(上)」で1)と3)は上演されているので
いいんじゃな〜い?って。ぶっちゃけ安いしね、お値段も(笑)。
買った









ということで、GWに観てみました♪


続きを読む

観た「ドラマ『レディ・ジョーカー』」

もう遥か前の話・・って感じですが、GWに観たもの記録第4弾。
私にしては珍しくドラマです。録画してあったものをイッキ観しました。

レディ・ジョーカー連続ドラマW「レディ・ジョーカー」
2013年作品 全7話
原作:高村薫
出演:上川隆也、柴田恭兵、豊原功補、山本耕史、板尾創路、津田寛治、小市慢太郎、渡辺いっけい、益岡徹、泉谷しげる、石橋凌 他




ドラマ・・・観続けるのが苦手なんですよね。
ぶつ切りになる感じが嫌というか、1週間空けると話の続きに
興味が失せるというか(笑)。
昔はドラマ大好きで、毎週楽しみにしていたものですが、
今は好きな俳優さんが主演でも観ないことが多いし、
「面白いよ」と教えてもらっても、なかなか「観る」という行動に
結びつかなくて。

とはいえ、別にドラマ自体が“嫌い”なのではありません。
「JIN〜仁〜」「ハゲタカ」「外事警察」とかは大好きでしたから。
そうそう「救命病棟24時」シリーズも好きでした。

そんな時にたまたま知ったこのドラマ。
キャストが私的には超豪華♪
なんか私好みのガッツリしたストーリーっぽい。

WOWOWのオリジナルドラマが面白そう・・と思ってはいましたが
私にとってWOWOWとは「舞台中継を録画するためのもの」。
リアルタイムで観る事が殆どなく、「面白そう」と気付いた時には
放送が終わってる・・と言う事が続いていました(笑)。
・・・と言う事で、今回は放送前に気づいたので、さっそく録画予約。
全話揃ったところで、GWに観てみることにしました。




続きを読む

観た「こんばんは、父さん」

GWで観たもの覚え書き第一弾。
これは少し前にBSにて放送していたものを録画しました。
これは豊橋公演のチケット取るのに失敗、その頃には東京公演の
発売は既に終わっており、結局諦めた公演です。

こんばんは、父さん二兎社公演37「こんばんは、父さん」
世田谷パブリックシアター(2012年)
作・演出:永井愛 
出演:佐々木蔵之介、溝端淳平、平幹二朗
【あらすじ】
廃墟となった町工場、中にあるのは機械の台座や工具棚、配電盤、コードなど、ガラクタばかり。2階に通じる階段にも廃材が山積みになっている。そこへ1人の男が窓からしのびこんだ。男は何の目的でこのような廃墟に来たのか?そこへ彼を追って若い男がやって来た。いや、もう一人誰かいる・・。攻撃する者とされる者、求める者と拒絶する者、希望を語る者とそれを打ち砕く者―それぞれの立場や役割が入れ替わりながら、世代の異なる三人の男のやりとりが続く。夜が深まっていくにつれ、三人の抜き差しならない状況が明らかになり……。



佐々木蔵之介さんはドラマでも素敵と思いますが、舞台はもっと
素敵なんですよね。
そして何といっても平幹二郎さん!この方も観るたびに圧倒
される素敵な俳優さんですから、やはり観たい舞台でした。




続きを読む

DVD「抜け穴の会議室 〜Room No.002〜」

これは前川ワールドにはまった後なので、実際に舞台も観ていますが、
いずれDVD化されたら買いたいなあと思っていました。
既に初演のDVDも買ってますし(笑)。

抜け穴の会議室Room NO002DVD「抜け穴の会議室 〜Room No.002〜」
作・演出:前川知大
出演:大杉漣、佐々木蔵之介
【あらすじ】
果てしなく広がり、繋がっている六角形の部屋。 それは蜂の巣のよう。 壁の本棚や床には、たくさんの本が置かれている。 そこへ入ってくる、ひとりの男(大杉漣)。 同時にもう一人、別の男(佐々木蔵之介)が現れる。現れたばかりの男は自ら置かれている状況が理解できず、混乱。 そのうちに、偶然、一冊の本に同時に二人が触れた瞬間、二人は前世にトリップしてしまう─。六角形の部屋は、生と死の狭間にあり、書籍に書かれていることは、二人が共有する記憶らしい。そこで過去の清算をし、新たな生に進む為、二人は人生の復習を始める。時空を超えて、輪廻の世界に迷い込んだ二人の人生の意義、生きて行く意味を探る運命の旅。 彼らはそこで、希望を見い出すことができるか―。



まあ、ネット通販など各所で購入できますが、送料も勿体ないし、
1月末までPARCOで使える1000円の金券を持っていたので、
わざわざ渋谷のパルコブックセンターに取り寄せてもらっておき、
先日の遠征時に受け取りに行ってきたのでした。


続きを読む

DVD「奇ッ怪〜小泉八雲から聞いた話〜」

週末にイキウメの舞台を観に行ったら、絶対に連れて帰ろう
と思っていたのがこのDVDです。

奇ッ怪「奇ッ怪〜小泉八雲から聞いた話〜」






これは2009年上演の舞台で、とても面白かった作品
この作品がキッカケで、イキウメの本公演を観るようになった
と言っても過言ではありません。

これが何故か今頃突然DVD化されて発売されたんですよね。

以前より「上映会」等が行われたりしていたようで、映像データ
は残っているはず、と思っていたのですが、何故今さら。。。?
来月はWOWOWで「奇ッ怪 其の弐」を放送するので、その関連?

といろいろ思いましたが、もう一度観たい作品だったので
劇場に着いたらまず真っ先に物販へ。
隣の席の女性も「売っているなら買ってかえる!」と言っていたので
やはり評判の良い作品だったんだと思います。

楽しみに持って帰って、いざ再生してみたら・・・・・


何これ。何でいまどき画面比率が「4:3」なわけ?
いまどきは「16:9(ワイド画面)」が普通でしょう〜。
ワイド画面の中央に真四角の小さな画面(涙)。
何かの設定を間違えたかと思ってしまった。
発売用に考えて録画していなかったのね、と思いますが
何だかちょっとガッカリ。
フルスクリーンに拡大して、役者さんたち、ちょっとぽっちゃりめで
観る事にしました・・・。

DVD「きらきらひかる」

今日は仕事が早く終われたので、帰りにTSUTAYAに寄ってみた。
ぷらぷら〜と店内を歩いていて、ふと目に入ったのがコレ!

きらきらひかる「きらきらひかる」
脚本:井上由美子
原作:郷田マモラ「きらきらひかる」 (講談社)
出演:深津絵里、柳葉敏郎、松雪泰子、鈴木京香、小林聡美
内容:医大生・天野ひかる(深津絵里)は、卒業パーティーで起こったガス爆発事故で見た法医学者・杉裕里子(鈴木京香)の颯爽とした姿、そして、「死者の最後の言葉を聞いてあげたい」という言葉に打たれ、監察医を目指す。それは、ひかる自身にとって、監察医務院の先輩たち―黒川栄子(小林聡美)と田所新作部長(柳葉敏郎)――や捜査一課の刑事・月山紀子(松雪泰子)にとって、そして杉裕里子にとっても、いくつもの輝くような真実への旅の始まりだった。


これ、1998年の1月から放送されたドラマで大好きな作品でした。
キャストも超豪華だし、ストーリーも面白くて。
ドラマシリーズの最終話なんて、かなり泣いた事を覚えてます。
ビデオで録画してあって、ビデオデッキを捨てるにあたって、
DVDにダビングをしたものの、全話揃っていなくて。でもDVD化
されていなくて、「もう観られないのかな」と諦めていたんです。

それが昨年、DVD化されており、TSUTAYAに新入荷されてたとは!
知らなかったよ〜。もう文句なくレンタルです、その後の特番も含めて。

早速見てみた所、やっぱり面白いんですよね、古さを感じない。
そりゃ10年以上前の作品なので、映像が荒かったり、安っぽいCG
みたいなのもあったりするけど。
監察医の仕事っていうのも新鮮で面白かったし、女優さんが皆さん
個性の活きた役を演じていて見応えもあるし、心が温かくなる
1話ごとのストーリーも好きでした。いやー嬉しい♪


・・・ただ、画面サイズが正方形に近いのが時代を感じる(笑)。


イキウメDVD3連発

先週末はずーっと自宅に居たため、買いためていたDVD鑑賞!
選んだのは先日まとめ買いしたイキウメ3作。


プランクトンの踊り場「プランクトンの踊り場」
作・演出:前川知大
出演:浜田信也、盛 隆二、岩本幸子、伊勢佳世、森下 創、窪田道聡、緒方健児、安井順平、大窪人衛、加茂杏子






この作品は実際に劇場で観ていますので、懐かしい感じ。
改めて観ても、安井さんと伊勢さんの掛け合いに笑っちゃう♪
やっぱり脚本がいいわー、と思いますが、一つだけ閉口するのが
画像のひどさ。
舞台後方からのひいた画像のピントが甘く、見るのが辛い。
いまどきのホームビデオでももう少しマシじゃないか?と思う程。
作品が良いだけに、非常に残念。



図書館的人生「図書館的人生Vol.3食べもの連鎖」
〜“食”についての短篇集〜
作・演出:前川知大
出演:浜田信也、盛 隆二、岩本幸子、伊勢佳世、森下 創、 窪田道聡、緒方健児、大窪人衛、加茂杏子、板垣雄亮、安井順平





■#1(Entrée/前菜)
人の為に装うことで、誰が不幸になるっていうんだ?
■#2 (Poisson 魚料理)
いずれ誰もがコソ泥だ、後は野となれ山となれ
■#3(Viande 肉料理)
人生という、死に至る病に効果あり
■#4 (Dessert デザート)
マヨネーズの別名は、全体主義的調味


これは観に行っていない作品ですね。
うまく料理のコースに例えている感じで、■#3(Viande 肉料理)
が一番見ごたえがあり、一番イキウメらしいかもしれません。
「そういう展開なのか!」って驚いたし、うまく■#1(Entrée/前菜)
につながっています。
それにしても、ここに出てくる菜食主義者の奥さん怖いってば(笑)。
まあ、マクロビを熱心にやっている人って、程度の差こそあれ
こういう所がありそうだけど。私は、ご主人派です(笑)。



関数ドミノ「関数ドミノ」
作・演出:前川知大
出演:浜田信也、盛 隆二、岩本幸子、緒方健児、森下 創、窪田道聡、安井順平、ともさと衣、古河耕史、大久保綾乃






これは09年の作品で、まだイキウメにはまる前。
面白かったわー、これ。
「ドミノ幻想」というものについての話だったりするのだけど、実は
世の中に不満を持っている人に対する結構強烈な皮肉なんじゃね?
と思ったり。ただ、そんな「ドミノ幻想」みたいなものは、誰でも、
ある程度は持っているものなのかな、って思うので、ちょっとドキリ
とさせられる部分もある。

せめて、考え方だけでもポジティブでなくちゃ、って思わせてくれたな。
あとはラストのどんでん返しに「やられた」感があってGOOD。


「図書館的人生Vol.3食べもの連鎖」になると画像もキレイになるし
演出も洗練されてきた感じがする。そんな変化も楽しかったです。
新感線のDVDを見慣れちゃうと安い感じに見えてしまうのはもう
致し方ないでしょう。まあ実際に4000円未満で安いですし。
ドッペルゲンガー、吸血鬼、ドミノ幻想(ドミノ幻想はフィクションかしら)。
一歩間違えば安っぽくなっちゃうテーマだけど、どれもキッチリ
収められていてよかったですね。
こうすると「散歩する侵略者」も観たいなあ・・・。

“最初からSF”という11月の「太陽」も楽しみでございます。

心配で買っちゃった・・

先日の、イキウメの窪田さんの逮捕があって、いろいろ心配。
秋〜冬の公演はどうなっちゃうの?とか。(これは、主宰の前川さんが
「許されることなら、何としてもやりたい」とおっしゃってましたね)
そして気づいたのですよ。
「散歩する侵略者」がDVD化されたら、過去作品もまとめて
大人買いしよう!と思っていた事を。

でも「散歩する侵略者」はDVD化されなくなる?窪田さん主演だし。
おっ!過去作品も買えなくなったりする?窪田さん、全部出てるし。


・・・・おいおい〜、勘弁してくださいよぉ・・・・。
いや、今後何の問題も無く買えるかもしれないけど、万が一
買えなくなったら後悔する!
DVD大人買い






てことで、慌てて注文しました。
「ガラスの仮面」全巻セットはまた今度だ!
北島マヤは偽装結婚で逮捕されたりしないだろうっ!


注文画面の備考欄に「大変でしょうが、応援しています」とコメントを
入れて送信したのですが、注文確認のメールに追記がありました。

「ご心配おかけして申し訳ありません」

ったく、本当にバカモンですね、周りにこんなに心配させてさ。


DVD「抜け穴の会議室」

先日勢いでポチったDVDはこちら。

抜け穴の会議室1Team申 第2回公演
「抜け穴の会議室」2007年作品
作・演出:前川知大
出演:仲村トオル、佐々木蔵之介








そう、昨年末に公演があった「抜け穴の会議室 Room.No002
の前の作品ですね。舞台を観に行く前にも一度ポチりそうになり
その時は思いとどまっていたのでしたが、ガマンしきれず(笑)。

この舞台が上演されていた頃、まだ私は舞台観劇を始めて間もなく、
「観たい」という気持ちはあったはずなんだけど・・・・。
多分、「わざわざ遠征しないと観れない」スケジュールだったのかな、
結局スルーしちゃった作品でした。

今はTeam申は(というよりも前川さんの作品は)大好きなので
“わざわざ”であっても(笑)、観に行きますけどね。

続きを読む

DVD「見えざるモノの生き残り」

今回はレンタルで8枚DVDを借りてきたのだけど
(ドラマ6枚、「沈まぬ太陽」「幸せのかくれ場所」の計8枚)
勢いでポチったお芝居のDVDも届いていたんですよね。

見えざるモノの生き残り「見えざるモノの生き残り」











しかも劇場で観た芝居だし(笑)。
最近観劇を(私としては)結構厳選しているつりなのだけど
その反動か、今までになく芝居のDVDを買っている気がする。
なんか・・・意味無いじゃん(爆)。

新感線のDVDなんかに慣れてしまうと、手作り感があるDVD
なんだけど(カメラワークとかがね)、でもやはりアップになったり
自分が観ていなかったシーンを改めて観て気づく事もあって。

有川マコトさんが、生で観ても良かったけど、映像で観て
その表情の豊かな事に驚いちゃった。そしてやっぱり前川さんの
作品は上手く出来てるわ、と再び感心。
でも、ちょっとDVD買うのもいい加減にしないとな〜。


ドラマ「JIN〜仁〜」イッキ見

先日借りてきた8枚のDVDのうち6枚はこちら。

JIN「JIN〜仁」1巻〜6巻










昔はドラマが大好きだったのに、今は“ドラマを観る”のが大の苦手。
何が苦手かって、「毎週決まった時間にテレビを観なければいけない」
という事がダメ。自分のスケジュールをドラマの為に空けるのがねぇ。
「録画すりゃいいじゃん」とよく言われるけど「忘れずに録画しなきゃ」
も「録画したら観なきゃ」というのも縛られているようでダメ。
HDDに余裕も無いので、撮りっぱなしに出来ないし。
なので、どんなに好きな俳優が出ていても、評判が良くても
滅多な事ではドラマをオンタイムで観る事は無くて。
ここ数年で観たのは「SP」と「救命病棟24時」「BOSS」の3作のみ。
しかも、途中見忘れたりしていて、全話完璧に観たのは1本もナシ。
一人暮らしをはじめたら、もう少しテレビを観るようになるかと
思っていたけど、やっぱり観ないもんなんですよね。

ただ「JIN〜仁〜」は世の中的にも、私の周りでも評判が良く
いずれは観てみたいな、とは思っておりました。医療モノ好きだし。
ということで、まとめてレンタル♪ VIVA連続休暇!

さすがに6枚イッキ観すると1日潰れますが(笑)、私のような
せっかちさんには、向いているかも(笑)。
続きを読む

DVD「リボルバー」

これ、昨年大阪に遠征してまで実際に劇場で観たお芝居です。
観劇後、予約をして帰ろうか・・と思ったけど、また買えるさと見送り
今年もM.O.P.を観に行った時買おうか・・と思ったけど見送り。
でも帰ってきてから猛烈に後悔(笑)。
だって通販が終わるなんて想定外だったし!

リボルバー2009年作品
劇団M.O.P.第44回公演「リボルバー」
(芝居の内容とパッケージ、というか
ポスターの絵が相当不一致だな・・・・)








そこで、東京公演を観に行った麗さんにお願いして、
買ってきてもらっていたのです!
どうせならゆっくり観たい、と思い、特に予定の無い本日、
お手製のチヂミをつまみながら、ビールを飲んで、いざ再生♪


いやー。やっぱ買ってきてもらって良かった。感謝!
芝居としては今年の公演よりも、好きです。
マキノさんもおっしゃってましたが、役者さんそれぞれに見せ場
もあるしねー。エンディングが切ないし。
ドリさん超・カッコイイわ、慢太郎さん素敵だわ。
うふ。しばらく、リピ観しちゃうこと決定だ(笑)。

観劇を絞ったら、今年は今までになくチョイチョイDVDを購入。
結局、セーブしたことになるんだか、ならないんだか・・・。

DVD「ウラノス」

今日は、家中のあちこちを掃除したり、PCのメンテをしたり
家に引きこもりながら、いつもはなかなか出来ない作業に没頭。
で、夜ぐらいは・・!と思い、以前BS2で放送していた舞台中継を
晩御飯を食べながら鑑賞してみました。

ウラノス「ウラノス」2008年作品
脚本:前川知大  演出:青木 豪
出演:酒井美紀、土屋裕一(*pnish*)、川村ゆきえ、中野英樹(グリング)、津村知与支(モダンスイマーズ)、岩本幸子(イキウメ)、今井朋彦(文学座)、大河内浩
【あらすじ】
ある片田舎の古い一軒家。裏庭になにやら大きな穴があり、地質調査が行われることになった。調査を進める研究者(今井朋彦)に「貴重な地層が見つかったので、裏庭と家の土地を売ってもらいたい」と持ちかけられて、弁護士(土屋裕一)まで連れて強引に話を進めようとする。持ち主である姉妹(酒井美紀、川村ゆきえ)は戸惑うが…。



この舞台中継の前に今井さんの30分にもわたるインタビュー。
以前、観始めた時はこの部分で心が折れてしまったのですが
「初恋」を観た後ですので、今井さんにも興味が持てて、
インタビューそのものも楽しめました。
「HR」や「新撰組」、「恐れを知らぬ川上音二郎一座」にも出て
いらっしゃったとは。(恐れを〜は映像で観たはずなのに)

さて。私的に今、ブームのイキウメの主宰である前川知大さんの
脚本。演出はグリングの青木さん。
これ、今だったらチケットを買って観に行きたい、と思ったなぁ。
キャストも、小劇場から大集合♪

続きを読む

DVD「狭き門より入れ」

いろいろとやりたい事はあれど、初めての一人暮らしで、
引越し以来約2週間、何だか少し頑張りすぎた感じ。
自転車でいける範囲のスーパーも全部行ってみて、品揃えや
値段のチェックをしたり、食事の作りおきをしたり、布団を干したり
引越し時にシワになった服のアイロンがけをしたり・・・・。
気づいたら毎日3時ぐらいまで起きていた2週間でした。

昨日も歌舞伎は楽しかったけど、帰宅する頃から頭痛がして
ビールでごまかしたら(笑)、そのまま気絶しておりました。
なので今日は、ガッツリ体を休めよう!と思って作品展の事を
考えたり(考えるだけで作ってはいない)、DVDを観たり。

観たのはコレ。
買ったぞ「狭き門より入れ」

 

 

 

 



昨年、全く期待せずに観劇し、すっかり気に入った作品。
DVD発売したら直ぐに買いたい位でしたが、引越しを控えていたのと
送料がもったいないので(笑)、渋谷PARCOに行くまで待ってました。

続きを読む

ドラマ2本、イッキ観

今日も朝からホットヨガ。結構がんばってるじゃん、私。(笑)
ミッドランドスクエア内のヴィトンで、2度目の修理に出していた
お財布を受け取り帰宅。
ちなみに今回のお直しは“ミシンがけ”。私の周りには
「無料で修理してもらった!」という人が複数居たため、少なからず
期待していたのですが、しっかり4,200円取られた(笑)。
何が違うのかなぁ・・・・。まあ買うよりも安いし、いいんだけどね。

で、今日は寄り道せずにすぐに帰宅。
元々私はドラマが好きなのだけど“毎週見る”という事が出来ず
ここ数年は殆ど観ていなかったのです。
でも興味はあるから、録画してDVDとして手元には置いてあって・・。
けど、もう溜まり過ぎた。
DVDの重みでローボードの引き出しもぶっ壊れたし(爆)。

なので、重い腰を上げて観始めたら・・・止まらない(笑)。
ちなみに観たのは・・・・

続きを読む

DVD「ハゲタカ」イッキ観

年始は時間もあるし、まとめて観るにはいいタイミング!
と言う事で、年末にレンタルしておきました。定額制のネットレンタル
の会員なのに、待ちきれずTSUTAYAでも借りて一気に収集(笑)。
(定額制のネットレンタルは一度に2枚ずつしか借りられませんから)

ハゲタカドラマ「ハゲタカ」全6巻

 

 

 




ドラマ放送時は話題になっていたようですが、もともとドラマを
観ない上に、NHKは更に観ないので全く知らず。

昨年映画版「ハゲタカ」を観て、その映画が良くて原作を読み倒し
せっかくなので評判の良かったというドラマ版も観てみよう!と。
しかし、NHKのビデオって1話1本なんですよね〜。
レンタル料金が割高なんですけど(爆)。

ま、全6話と一般的なドラマシリーズよりも短い為、一気に観ました!
(というか、一気に観ちゃいますね、これは。)

続きを読む

DVD「江戸の青空」

今日は家の建て替えの件で弟が話をするため、家にやって来る事に
なっていたので、外出できず。
だったら・・と、以前録画しておいた舞台作品を観る事にしました。

江戸の青空「江戸の青空〜Keep on Shackin'〜」
作:千葉雅子   演出:G2 
出演:西岡徳馬、須藤理彩、中村まこと、松永玲子、戸次重幸、有門正太郎、蘭香レア、小西遼生、いとうあいこ、松尾貴史、柳家花緑、植本潤、吉田鋼太郎

【あらすじ】
あの「文七」が五十両もの大金を「芝浜」で落としてしまったからさあ大変。人気落語の登場人物が入り乱れてのメタフィクションな大騒動。「文七元結」「芝浜」から「御神酒徳利」「井戸の茶碗」「柳田格之進」etc...。名作落語の数々が次々に現れてはこんがらがって絡み合う、お人好しで見栄っ張りの江戸っ子たちが繰り広げる人情コメディー。

この作品は・・・くう〜っ・・・・(涙)。
チケットを取っていて、しかも席もいい席だったのだけど、
かなり直前に仕事の関係で行けなくなってしまい、泣く泣く(?)
会社の後輩に代わりに行ってもらった公演なのでした。

ぶっちゃけ、最近のG2演出はちょっと苦手なものが多いのだけど
千葉さんの作品だし、役者はみんな魅力的だったので
行きたかったのです。

そうそう、この芝居のサブタイトル、私はずーっと
「Keep on Shakin'」だと思ってた。「shackin’(借金)」なのね(笑)

続きを読む

届きましたよ〜♪

何だかここ数日、会社でグッタリです。
いや、それほどの残業もしてないし、どうしてそんなに疲れるのか
自分でもよく分からないけど、帰ると何も出来ません・・・。
ああ、歳なのかしら。

今日もそんな中、一日中、四日市にある支店に入りっぱなしで
一日中話っぱなしでした(研修講師だったのでね。)
うひー、疲れたぜ。

そんな私の帰りを待っていたのはコレっ!
やっほ〜DVD「五右衛門ロック」
もちろん、スペシャルエディション!

 

 

今日が発売日だって事を忘れてたから、嬉しさ3割増しさ♪
さっそく、特典ディスクから観てますよ〜。

え、本編?
それは明日の夜、飲んだくれながら観るか、お休みの日に
ボリュームを上げて、ゆっくり観ます♪

DVD「THE BEE」日本版

興味はあったものの、観ていなかったのですよ、コレ。

THE BEE「THE BEE」日本版
原作:筒井康隆  作・演出野田秀樹
出演:秋山菜津子、近藤良平、浅野和之、野田秀樹

【あらすじ】
70年代の東京。平凡なサラリーマン・井戸(野田秀樹)は息子の誕生プレゼントを手に家へ。自宅付近で急にマイクをもったリポーターに囲まれる。「井戸さんですか?今のお気持ちは?」なんと脱獄犯が自分の妻と子供を人質に立てこもっているというのだ。マスコミからは苦悩する犠牲者の顔を求められ、警察は高圧的で無能・・・。ある瞬間から彼は被害者から加害者へと姿を変える!報復の連鎖の行き着く果てにあるものは・・・・。


生で観たいな、とは思ったものの、スケジュールが合わなくて
断念していたんですよね。

続きを読む

DVD「黒いハンカチーフ」

今日は珍しく一日自宅、用事ナシ。
何もしないっていうのも落ち着かないし、DVD観てみました。

黒いハンカチーフ劇団M.O.P第36回公演「黒いハンカチーフ
作・演出:マキノノゾミ (91年作品)
出演:三上市朗、小市慢太郎、、木下政治、奥田達士、酒井高陽、林宏二、林英世、勝平ともこ、白木三保、塩湯真弓、竹山あけ美、塩釜明子、岡森諦、山内圭哉

【あらすじ】
ポン引きの宮下(木下政治)は、赤線業者が売春防止法阻止のため贈賄した証拠を入手、海老沢代議士(岡森諦)を恐喝した。しかし取引現場に差し向けた娼婦の夢子は車にひき殺され、事件は闇に消える。宮下と娼婦たちは復讐を誓う。喫茶「ノアール」のママ・佐登子(白木三保)は、店に入り浸る医師の日根(三上市朗)に助けを求める。すると彼は「黒いハンカチーフを拾った。落とし主は連絡を乞う」という三行広告を出せという。それは日根の父親で伝説の詐欺師フジケンが、仕事を始める際に用いた暗号だったのだ・・・。


最近M.O.Pづいてます(笑)。
以前シアターテレビジョンで録画して放置されてたんですよ。
これは映画「スティング」がベースになっているんだそうですね。
映画そのものは知りませんが、なんか日本というよりも
アメリカっぽい雰囲気がしたのはそのせい?

で、後日TOKIOのメンバーがメインでフジテレビでドラマ化も
されれいたんですね〜。
いやぁ、知らない事がいっぱいあります、日々勉強(笑)。
↑人として、もっと他に勉強すべき事はあると思うけど・・・

続きを読む

DVD「KANOKO」

名駅薪能が何だか不完全燃焼だったものだから、
自宅で夕食後、ビール片手にDVD鑑賞です(笑)。
先日観た「リボルバー」が良かったので、まずこれに。
ちゃんとチェックしたら、意外と持ってたよ、M.O.Pの作品(笑)。

KANOKO劇団M.O.P 第30回公演『KANOKO』
作・演出:マキノノゾミ(97年作品)
出演:キムラ緑子、三上市朗、木下政治、小市慢太郎、林英世、酒井高陽、奥田達士、勝平ともこ、白木三保、岡村宏懇、友久航、長尾譲二、永滝元太郎、林宏二、竹山あけ美、塩釜明子

【あらすじ】
歌人にして作家の岡本かの子の半生記。かの子は、漫画家である夫・一平、息子・太郎と暮らしながらも、血みどろの恋愛遍歴を繰り返していた。作家志望の青年・堀切と同棲したために堀切に心寄せる実妹・きんを深く傷つけ、父や弟を傷つけ、太郎の下に生まれたばかりの息子の死を経験し……。修羅の時代であった。そして大正十二年、かの子は鎌倉で作家・芥川竜之介と出会う。だが、大震災に襲われた直後、一平は、芥川に、かの子への愛の形を高らかに宣言する。かの子は、いつしか小説家として名声を築いていく。そして、ある日、かの子を認めないという林芙美子に、自分の決心した壮絶な生き方を宣言する。


何年か前にシアターテレビジョンで放送していたものの録画。
あの頃のシアターテレビジョンは良かったよなぁ・・・・。
で、この作品。「岡本かのこ」さんは申し訳ないのですが
存じ上げず。何故コレを観る事にしたかといえば、小市さんが
出ている事と、同じ名前の友人が居るので、懐かしかったので(笑)。

続きを読む

DVD「夏の夜の夢」

とうとうGW突入!映画でも観に行こうかなぁ・・と思ったものの
カレンダー通りの休日だから、明日はまた仕事。
「GWはまだ長い。京都に行くだけで、他には連休中に予定も無し」
と、映画は後日のお楽しみ、とすることにしました。で、代わりに
録画したのに、ず〜〜〜〜っとほったらかしていたコレ観ました。

夏の夜の夢子供のためのシェイクスピアカンパニー
「夏の夜の夢」2007年作品
原作:W.シェイクスピア  演出:山崎清介
出演:伊沢磨紀、福井貴一、佐藤誓、山口雅義、戸谷昌弘、土屋良太、キム・テイ、大内めぐみ、山崎清介

あらすじはパスでいいよね?(笑)




去年「シンベリン」ではじめて観たこのカンパニー。
「夏の夜の夢」そのものも、別の劇団で観た事があるので
そういう意味では敷居が低かったかな〜。
そして、このフライヤーがカワイイ♪

続きを読む

DVD「野田版 鼠小僧」

今日はお出かけ予定ナシ!
という事で、自宅でゴロゴロしつつDVD鑑賞です〜♪

野田版 鼠小僧「野田版 鼠小僧」2003年作品
作・演出:野田秀樹
出演:中村勘三郎、中村福助、中村橋之助、片岡孝太郎、中村勘太郎、中村七之助、坂東新悟、中村獅童、坂東彌十郎、坂東吉弥、中村扇雀、坂東三津五郎

【あらすじ】
江戸の町では鼠小僧の芝居が大人気。見物客の中で、棺桶屋の三太(中村勘三郎)がずる賢く金稼ぎに励んでいる。金にしか興味のない三太は、実の兄(中村獅童)が死んでも棺桶屋の出番と喜ぶ始末。その上遺産があると聞いて大はしゃぎ。ところが遺産は善人と評判の與吉(中村橋之助)が相続することに。他人には渡すものかと一計を案じた三太は、兄の死体の替わりに棺桶の中へ忍び込むのだが・・・。


何年か前にシネマ歌舞伎で上映していたのは知ってたけど
その頃はそれ程歌舞伎に興味が無く、見逃してしまった作品。
DVDをお借りする事が出来て、観る事が出来ました♪

続きを読む
livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定



<9月>
□レ・ミゼラブル@名古屋


<10月>
□人間風車@東京
□関数ドミノ@東京
□「髑髏城の七人」Season風@東京
□トロイ戦争は起こらない@東京


<11月>
□全国芝居小屋錦秋特別公演@岐阜
□プライムたちの夜@東京
□ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ@東京
□ちょっと、まってください@東京
□散歩する侵略者@大阪


<12月>
□荒れ野@豊橋
□ペールギュント@東京
□この熱き私の激情@豊橋
□欲望という名の電車@東京
□The Beauty Queen of Leenane@東京
□ペールギュント@兵庫


<1月>
□黒蜥蜴@東京



以上がチケットGET済み。





●他に興味がある公演はコチラ(9/10更新)



2017年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>4本
■スルース〜探偵〜@名古屋
■新春浅草歌舞伎@東京
□「足跡姫」〜時代錯誤冬幽霊〜@東京
□壽新春大歌舞伎@東京

<2月>5本
■ビッグ・フィッシュ@東京
■陥没@東京
■ロミオ&ジュリエット@東京
■猿若祭二月大歌舞伎@東京
■ザ・空気@豊橋

<3月>6本
■ハテノウタ@大阪
■ロミオ&ジュリエット@大阪
■炎 アンサンディ@東京
■不信〜彼女が嘘をつく理由@東京
■令嬢ジュリー@東京
■死の舞踏@東京

<4月>6本
■白蟻の巣@豊橋
■城塞@東京
■エレクトラ@東京
■王家の紋章@東京×2
■あ、カッコンの竹@名古屋

<5月>8本
■エジソン最後の発明@名古屋
■ハムレット@兵庫
■フェードル@刈谷
■王家の紋章@大阪
□マリアの首@東京
■60'sエレジー@東京
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■王家の紋章@大阪大千秋楽

<6月>6本
■非常の階段@豊橋
■天の敵@大阪
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■グレート・ギャツビー@名古屋
■平成中村座_昼の部@名古屋
■平成中村座_夜の部@名古屋

<7月>8本
■子どもの事情@東京
■怒りをこめて振り返れ@東京
■怪談 牡丹燈籠@東京
■子どものためのシェイクスピア「リア王」@東京
■「髑髏城の七人」Season鳥@東京
■七月大歌舞伎(昼)@大阪
■七月大歌舞伎(夜)@大阪
■Penalty killing remix version@豊橋

<8月>8本
■「東京」@東京
■プレイヤー@東京
■罠@東京
■「髑髏城の七人」Season鳥 2回目@東京
□八月納涼歌舞伎/三部@東京
■八月納涼歌舞伎/一部@東京
■八月納涼歌舞伎/二部@東京
■きゅうりの花@大阪

<9月>9本
□ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと─@豊橋
□あっこのはなし@豊橋
□夜、さよなら 夜が明けないまま、朝 Kと真夜中のほとりで@豊橋
■Glorious!@東京
□CRIMES OF THE HEART―心の罪―@東京
■謎の変奏曲@東京
□ワーニャ伯父さん@東京
■デスノートThe Musical@東京
□幻の国@東京



★★観劇以外のエンタメ★★
■デスノート THE CONCERT@大阪
■KEJI URAI TALK EVENT〜王家の紋章〜
■ライブビューイング「髑髏城の七人 Season鳥」
■KEJI URAI TALK EVENT〜デスノート THE MUSICAL〜




▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★




2017年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:33本(昨年は60本)
読書:12冊(昨年は14冊)
   ※除コミック
観劇:60本(昨年は68本)
その他:4本(昨年は11本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:10回21日
大阪遠征:8回8日

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン