名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 アラフィフだというのに、こんな状態で大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

ミュージカル・音楽劇

チケットGET「ブロードウェイと銃弾」

エントリーしたのが前過ぎて、忘れてました(爆)。
来年2月の公演ですね〜。 


『ブロードウェイと銃弾』
【東京】日生劇場(2018年2月7日〜28日)※大阪・福岡公演あり
作・脚本:ウディ・アレン  演出:福田雄一
出演:浦井健治、城田優、平野綾、保坂知寿、鈴木壮痲、愛加あゆ、ブラザートム、前田美波里


改めてみるとキャストはなかなか豪華ですね。
でもこれは、浦井君が出演しなければ、チケット取らなかっただろうなぁ、
色んな意味で。せっかくなので楽しみたいと思います〜。





観劇「レ・ミゼラブル (2017)」

土曜日は、朝イチで映画を観た後に向かったのが中日劇場です。

レ・ミゼラブル「レ・ミゼラブル」中日劇場 2階1列
12:00開演、15:10終演
原作:ヴィクトル・ユゴー  
演出:ローレンス・コナー/ジェームズ・パウエル  
出演:福井晶一、岸祐二、二宮愛、昆夏美、海宝直人、小南満佑子、駒田一、鈴木ほのか、相葉裕樹 他





大好きな演目ですが、遠征する程でもないので、地元で1度ぐらいは・・
と思っておりました。

キャスト表
キャストは結構私としては考えて選んだんですよ。
観に行く時には、何故このキャストにしたのか忘れていましたけど(笑)
こうやって感想を書いていて思い出しました!

バルジャンは福井さんか吉原さんで、ジャベールは岸さん、
(岸さんは今まであまり拝見する機会が多くなかったので)そして
エポは昆ちゃん希望。コゼットは生田さん以外、マダムテナルディエは
森さん以外、ファンティーヌは知念さん以外、あとできればマリウスは
田村さん以外がいいなーなんて思ったら殆ど選択肢無くて(笑)。
“以外”の方は、嫌いというよりも拝見した事があるので別の人が
いい、っていう感じかな、殆どの人は。

中日劇場
中日劇場に来るのも、あともう1度ぐらいかもねぇ・・・。
職場が激近なので、毎日見かけたり横を通ったりはしてますが(爆)。





続きを読む

チケットGET「ダディ・ロング・レッグス」

井上芳雄ファンのお友達にチケットを頼んでいたのですが、少し前に
聞いたときも「まだ取れたかどうか分からない」と言われて、
そのまま放置。そう言えば一般発売始まってるじゃん!と思って
今日聞いてみましたら「あ、取れてるよ」とのこと。
無事GET出来ていたそうです。


『ダディ・ロング・レッグス』
【名古屋】中日劇場(12月16日〜17日)
原作:ジーン・ウェブスター  演出:ジョン・ケアード
出演:井上芳雄、坂本真綾 



前回の公演を観ておりおりますので、何が何でも観たい、という
訳ではなかったのですが、恐らくこれが私のラスト中日劇場に
なるんじゃないかな・・と思いまして。
不満はあれども、職場に近い劇場だったから便利だったんだけどな。





観劇「デスノート THE MUSICAL」

遠征3日目は初台から。今日は大きい方(笑)。

デスノート「デスノート THE MUSICAL」新国立劇場中劇場6列(2列目)
12:30開演、15:30終演
脚本:アイヴァン・メンチェル  演出:栗山民也
音楽:フランク・ワイルドホーン  歌詞:ジャック・マーフィー
出演:浦井健治、小池徹平、唯月ふうか、盒恐摸、濱田めぐみ、石井一孝、別所哲也
【あらすじ】
死神リュークが人間界に落としたデスノートを拾った成績優秀な高校生・夜神月。半信半疑でデスノートを使った彼は、その威力を目の当たりにして恐怖する。しかし自分が理想とする社会を作るため、強い精神力で恐怖を乗り越え、凶悪犯を粛清しようと決意。「心の正しき人々のために、すべての悪を裁こう」デスノートの効果で次々に死んでいく犯罪者たち。そして月は救世主キラとして、世界の人々から指示を集め始めていた。だが、この不可解な事件を解決するために、日本警察は世界屈指の名探偵 L に捜査を依頼。依頼を受けた L は、キラの逮捕を宣言する。 「追いつめてやる。死ぬのはお前だ」今、二人の壮絶な戦いが始まる・・・・。


初演は2回観ているんですよね、東京公演大楽@名古屋
今回は名古屋公演は無いので、パスしようかな・・と思わないでも
無かったのですが、せっかくなので1度は観よう、と東京公演の
チケットを押さえておりました。

しかし、この公演はトラブルが続きましたよね。
富山公演初日には、盒恐摸襪気鵑急遽休演となってしまったため
初演で同じ役を演じた前島亜美さんが、公演前日だか当日に東京から
呼び出されて代役を勤めたりとか、石井一孝さんが体調不良のために
大阪公演を休演してしまい、アンサンブルの俵和也さんが急遽リュークを
演じる事になったり・・。
どんな事があっても、きちんと幕を上げていく俳優さんや
スタッフさんって、本当に凄いなと思います。



続きを読む

Kenji Urai Special Talk Event〜デスノート THE MUSICAL

気付けば、8月6日は東京に行く・・のが定番になっているここ数年。
今年は他の観劇と組み合わせられそうにないし、1時間だけだし
見送るか・・と思ったのですが、とりあえずエントリーだけ。
・・・という時は当たるのですよね(笑)。
外れた方もいらっしゃるので、ありがたく参加させて頂きました。
 
浦井大学(デスノート)
Kopi Luwak Presents
「Kenji Urai Special Talk Event〜デスノート THE MUSICAL」
@The GRAND HALL  Part1:13:00〜14:30

とはいえ、この為だけの上京は贅沢すぎる。
そう簡単に東京に行けると思うな、私。と、自分を戒める意味も込め
「往路は青春18きっぷで移動」を自分に課しました(笑)。
朝は4時30頃に起床し、5時過ぎには自宅を出て、始発の次の
電車でトコトコと東京に向かうことに。

通常4回〜6回の乗り換えが必要なのですが、今回は浜松と熱海の
2か所のみ、というとても楽ちんな乗り継ぎでラッキー♪

つい先日行った菊川のカフェを車窓から見つけたり、興津あたり
からは車窓から海が見えて、景色を楽しんだりしながら、
でも殆どの時間は寝て過ごして、12時29分に品川到着。

会場は行ったことが無い場所だったのですが、事前に調べて
何とかなる、と思ったのですが・・・やっぱり迷った(笑)。
後から思えば、何故あそこで迷うのだ?という場所なんですが、
そこを迷うのが、ホンモノの方向音痴っていうものです(笑)。

着席したのが開始4分前だったので、かなりギリギリ。
補助席も相当出ていたようです。横が20人強、前後も20列以上
あったと思うので、1回につき400名〜500名ぐらいという事に
なるのでしょうが、それを3回やってもハズレて参加が出来ない
という人が居るなんて、凄く人数が増えたんだなぁ、と。

レポ禁なので詳細は書きませんが、感想だけね、自分の記録だから。




続きを読む

CD「Campanula」

iPodの中の曲にも飽きてきたので、何か新しい物が欲しいな・・
と思って、前から気になっていたこちら、ポチりました。
私はそれ程ミュージカルを観るほうではないのに、なぜか
ミュージカル俳優さんのCDは結構買ってるんですよね。

megumi

 「Campanula」濱田めぐみ

【Disc-1】
1. わが家(美女と野獣 )
2. 美女と野獣 (美女と野獣 )
3.Someone To Watch Over Me (クレイジー・フォー・ユー)
4. シャドウランド (ライオンキング )
5. 星のさだめ(アイ―ダ )
6. 人生の苦しみ (アイ―ダ )
7. 自由を求めて(ウィキッド)
8. あなたを忘れない (ウィキッド)
9. マンマ・ミーア(マンマ・ミーア!)
10.勝者が全てを (マンマ・ミーア!)
11. ガス劇場猫(キャッツ)
12. メモリー (キャッツ)

【Disc-2
1. 世界は二人を忘れない(ボニー&クライド)
2. 死ぬのもそれほど悪くない (ボニー&クライド)
3.あんな人が(ジキル&ハイド)
4. 新たな生活 (ジキル&ハイド)
5. Stasrs and the moon(Songs for a new world)
6. いかれた帽子屋(アリス・イン・ワンダーランド)
7. 彼こそ奇跡(シラノ)
8. 愛は死なず(ラブ・ネバー・ダイ)
9.もしも叶うなら(カルメン)
10. Someday(メンフィス)
11. Colorde women (メンフィス)
12. 愚かな愛(デスノート THE MUSICAL)
13. With one Look(サンセット大通り)
14. As If We Never Said Goodbye(サンセット大通り)



一番好きなミュージカル女優は?と言われたら、やっぱり
濱田めぐみさんを挙げちゃいます。彼女の歌の迫力ったら!
私は四季を観ていないですので、最初に彼女を拝見したのは
「ジキル&ハイド」だったと思います。

ま、分かった上で買ったのですが、知ってる曲が殆ど無い(笑)。
彼女の歌そのものは、とてもステキですので、文句は無いですが
ミュージカル好きの方とか、四季をよくご覧になる方には
また別の魅力があるんだろうな、と思います。

でもやっぱり、生で聴く時の迫力が魅力なんだよねぇ・・と
当然のことを改めて思ったりする。
次に濱田さんの歌が聴けるのは、9月のデスノート。
でもそれ以降は当分予定が無いなぁ・・・。





観劇「グレート・ギャツビー」

今日はフレックスを使って、16時過ぎに職場離脱。
約2週間の公演期間のうち平日ソワレがあるのは2日だけ。
しかも17時開演。もう、一体誰に来てほしいと思ってるんだ?
なんだか「別に来なくていいよ」って言われているようで不愉快。

グレート・ギャツビー「グレート・ギャツビー」中日劇場6列(3列目)
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
脚本/演出:小池修一郎
出演:井上芳雄、夢咲ねね、広瀬友祐、畠中洋、蒼乃夕妃、AKANE LIV、田代万里生
【あらすじ】
作家志望のニックがニューヨークで居を構えたのは、毎夜のように豪華絢爛なパーティーを開く謎の大富豪ジェイ・ギャツビーの豪邸の隣。ニックはある夜、ひとり佇み湾の向こう岸の灯りを見つめるギャツビーの姿を目にする。そこにあるのはニックのいとこデイジーとその夫トムの邸宅。ニックは、ギャツビーに興味を抱き始める。そして遂にギャツビーのパーティーに足を踏み入れたニックは、デイジーの友人ジョーダンとの出会いを通じ、ギャツビーの過去を知る…。やがて、ギャツビー、デイジー、トム、そしてトムの愛人マートルとその夫のジョージ、それぞれの想いが交錯していき、物語は悲劇へと―。


今回は芳雄ファンの友人がチケットを取ってくれたので、すごい
前方席でした。オケピの部分が張り出し舞台になっていて
オケはステージ後方だったので、尚更近い。こっちが緊張する・・(笑)。
中日劇場でこんなに前の席は、2度目ぐらいだわ。

まあ、色んな企画がされていて、チケット苦戦しているんだろうな
と思いましたが、1階席も後方は案の定空席がありましたねー。






続きを読む

観劇「王家の紋章」大千秋楽

初演のチケットが取りづらかったし、梅芸の先行もハズレて
取れなかったので、千秋楽なんて取れないだろうと思って
エントリーしたら、あっさり取れてしまいました(笑)。
行こうか行くまいか少々迷いましたけど、今さらチケットの
嫁入り先を探すのも面倒だったので、行って楽しむことに決定。

王家の紋章大阪「王家の紋章 」梅田芸術劇場メインホール12列(9列目)
13:00開演、16:25終演
原作:細川智栄子あんど芙〜みん「王家の紋章」
脚本・作詞・演出:荻田浩一 
作曲・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ 
出演:浦井健治、宮澤佐江・新妻聖子[Wキャスト]、宮野真守・平方元基[Wキャスト]、伊礼彼方、愛加あゆ、出雲綾、矢田悠祐、木暮真一郎 、濱田めぐみ、山口祐一郎 他
【あらすじ】 
 16歳のアメリカ人キャロル・リードは、エジプトで大好きな考古学を学んでいる。ある日、古代エジプトの少年王・メンフィスの墓の発掘に立ち合う。古代エジプトへのロマンに沸き立つキャロルの前にアイシスという謎の美女が突然現れる。アイシスは古代エジプトの神殿の祭司でメンフィスの異母姉。メンフィスの墓を暴いたことによる祟りを起こすため、現代に現れたのだ。彼女の呪術によって、キャロルは古代エジプトへとタイムスリップ。キャロルの金髪碧眼に白い肌、現代の知恵からエジプト人達に、“ナイルの娘”“黄金の姫”と崇められ、メンフィスからも求愛を受ける。強引で美しい若き王メンフィスに反発しながらも心惹かれてゆくキャロル。だが、メンフィスを愛するアイシスより命を狙われ、ヒッタイト王子・イズミルからも求愛されるなど、2人の間には数々の困難が立ちふさがる。果たしてメンフィスとキャロルの運命は―。



千秋楽キャストです。
キャストで選んでいないので、とうとう平方君が観られなかった・・。
千秋楽キャスト
今回は比較的センターに近いお席で(下手ブロックのセンター寄り)
再演を観た4回の中で一番良かったかもしれません。

開演前、みなさんがチラチラ後ろの席を見るので、ん?と思ったら
原作者の細川智栄子、芙〜みん両氏がいらっしゃいました。
(その後ろにいらっしゃったのは、ジェンヌさんじゃないかな
と思うのですが、私には誰が誰だか分からず・・・)





続きを読む

観劇「王家の紋章」@大阪

東京で2度観た舞台ですが、大阪まで観に来ましたよ(笑)。
少し会社に行って、仕事をしてから梅田に向かおうか・・と
思っていたのですが、「もう、休んだら?」と口を揃えて同僚に
言われて、ありがたく休ませて頂きました。

王家の紋章大阪「王家の紋章 」梅田芸術劇場メインホール22列
13:00開演、16:00終演
原作:細川智栄子あんど芙〜みん「王家の紋章」
脚本・作詞・演出:荻田浩一 
作曲・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ 
出演:浦井健治、宮澤佐江・新妻聖子[Wキャスト]、宮野真守・平方元基[Wキャスト]、伊礼彼方、愛加あゆ、出雲綾、矢田悠祐、木暮真一郎 、濱田めぐみ、山口祐一郎 他
【あらすじ】 
 16歳のアメリカ人キャロル・リードは、エジプトで大好きな考古学を学んでいる。ある日、古代エジプトの少年王・メンフィスの墓の発掘に立ち合う。古代エジプトへのロマンに沸き立つキャロルの前にアイシスという謎の美女が突然現れる。アイシスは古代エジプトの神殿の祭司でメンフィスの異母姉。メンフィスの墓を暴いたことによる祟りを起こすため、現代に現れたのだ。彼女の呪術によって、キャロルは古代エジプトへとタイムスリップ。キャロルの金髪碧眼に白い肌、現代の知恵からエジプト人達に、“ナイルの娘”“黄金の姫”と崇められ、メンフィスからも求愛を受ける。強引で美しい若き王メンフィスに反発しながらも心惹かれてゆくキャロル。だが、メンフィスを愛するアイシスより命を狙われ、ヒッタイト王子・イズミルからも求愛されるなど、2人の間には数々の困難が立ちふさがる。果たしてメンフィスとキャロルの運命は―。



キャスト表
できれば、イズミルは平方君で観たかったんですけどね・・
宮野さんが嫌という訳でなく、この組合せは既に観たので。

大きな意匠
劇場に入ってすぐの左手、階段の下の所にある大きな意匠。
でも、新感線の時のような巨大なものではありませんけど。

ザックリした感想はこちら↓。






続きを読む

観劇「王家の紋章」@帝劇

遠征2日目は帝国劇場です。初演が面白かったので、再演も
楽しみにしておりました。

王家の紋章「王家の紋章 」帝国劇場
マチネ:12:30開演、15:25終演(G列)
ソワレ:18:00開演、21:00終演(R列)
原作:細川智栄子あんど芙〜みん「王家の紋章」
脚本・作詞・演出:荻田浩一 
作曲・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ 
出演:浦井健治、宮澤佐江・新妻聖子[Wキャスト]、宮野真守・平方元基[Wキャスト]、伊礼彼方、愛加あゆ、出雲綾、矢田悠祐、木暮真一郎 、濱田めぐみ、山口祐一郎 他
【あらすじ】 
 16歳のアメリカ人キャロル・リードは、エジプトで大好きな考古学を学んでいる。ある日、古代エジプトの少年王・メンフィスの墓の発掘に立ち合う。古代エジプトへのロマンに沸き立つキャロルの前にアイシスという謎の美女が突然現れる。アイシスは古代エジプトの神殿の祭司でメンフィスの異母姉。メンフィスの墓を暴いたことによる祟りを起こすため、現代に現れたのだ。彼女の呪術によって、キャロルは古代エジプトへとタイムスリップ。キャロルの金髪碧眼に白い肌、現代の知恵からエジプト人達に、“ナイルの娘”“黄金の姫”と崇められ、メンフィスからも求愛を受ける。強引で美しい若き王メンフィスに反発しながらも心惹かれてゆくキャロル。だが、メンフィスを愛するアイシスより命を狙われ、ヒッタイト王子・イズミルからも求愛されるなど、2人の間には数々の困難が立ちふさがる。果たしてメンフィスとキャロルの運命は―。




芝居を観るようになって、「やるまい」と心に決めていたのが
同じ演目を昼夜通しで観る事。理由は単純に「勿体ないから」。
勿論私だって、リピ観する事はありますし、一日どっぷりと
好きな作品を観続けられる醍醐味は理解出来るんですけど、どうせ
2回観るなら、別の日に分けてじっくり・長く楽しみたい派なのです。
でも今回は、結果的にその禁を破る事になりました(爆)。
もともと、もう1泊するつもりでしたし、初演があまりにチケットが
入手困難だったため、どうせどちらかは取れないだろう、と思って
昼夜ともエントリーしていたら、まさかのW当選。
譲り先を探したものの、譲渡板には大量の同公演の投稿があって
値下げしても、譲り手が見つからない。
・・・であれば、自分で楽しみましょう、という事で。

ちなみにマチネの組み合わせがこちら。
昼公演
この組み合わせ、私の中では一番優先順位が低かったヤツ(笑)。

夜公演
ソワレがこちら。イズミルが平方君じゃないのね・・というのが残念。

帝劇入口
帝劇入口は今回もこんな感じでど〜ん。
でもビジュアルは初演からは変わっておりますね。

再演の評判が今一つ芳しくないようで心配しておりましたが、
まあ、なんかそういう評判も分からなくはない感じですね。
ただこれは、初演を観ていればこそだよね、という事もあると思う。
ちなみに、オケはここ10年間の東宝のミュージカルの中では
2番目に規模が大きいそうで、音楽は迫力が増しておりました。
歌ウマさん揃ってますしね、基本的には(笑)。

「あー、そこ無くしたか」と「あー、そこ変えないのか」とか
「違わなくね?」と突っ込みながら観ておりましたが、
そうは言っても、エンタメとして面白かったです。
大阪公演も2公演チケット取れちゃってて、「おぉぉ」と思って
おりましたが、あと2回ぐらい観ちゃえ!という気になりました(笑)。






続きを読む

チケットGET「デスノート The Musical」

チケ取は春も夏も飛び越えて秋に突入した感がありますな。


『デスノート The Musical』
【東京】新国立劇場 中劇場(9月2日〜24日)
演出:栗山民也
出演:浦井健治/柿澤勇人(Wキャスト)、小池徹平、唯月ふうか
   盒恐摸、濱田めぐみ、石井一孝、別所哲也 ほか 



こちらは再演。初演も観ておりまして、決して嫌いな作品ではないし
WOWOWで放送されたものも、ちょくちょく観る程度には好き。
でも、浦井君が出演していなければチケットは取らなかっただろうな。
ということで、1度だけ観に行きます。
1度だけの観劇なので、せめて真ん中位の席が来るといいんだけど・・。




 

チケットGET「レ・ミゼラブル」@中日劇場

チケットに関するエントリーが久しぶり!な気がしますが
9月〜10月公演のチケットという事で、気が遠くなりそうです(笑)。

 
『レ・ミゼラブル』
【名古屋】中日劇場(2017年9月25日〜10月16日)


和音美桜さんや橋本じゅんさんは名古屋公演には出演しないし
ダブルキャストも前半・後半で入れ替わる事が多いので
どうしても、観たい組合せにはなり得ないのが地方公演の
残念な所なのですが、かといってその為だけに遠征するって
程でもなくて、ちょっと不完全燃焼感があるのは事実です。

新演出になった頃のレミゼ熱はすっかり失せていますので、
何なら、もう行かなくてもいいか・・ぐらいのテンションでは
ありましたが、中日劇場に行けるのもあと何回だろう・・
と思うと、やはり行っておかなきゃ!という事で。


 
 

映画「LA LA LAND」

私も映画は一人で観に行くのが基本なのですが、今回は
珍しく友人から映画のお誘い。
友人が土日は難しいとのことなので、平日のレイトショーとなりました。

ララランドLA LA LAND
監督:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン 他
【あらすじ】 
夢追い人が集まる街ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャンと出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが・・・。


★第89回アカデミー賞受賞
<監督賞><主演女優賞><撮影賞><美術賞><作曲賞><主題歌賞>
最多6部門


とはいえ、最近は毎日相当忙しく、普通にしていたら、とても
20時に職場を出られる状態ではなく、必死に「逃げ帰る」ように
職場を出て、20:35の開映に間に合わせたのでした。 



 
続きを読む

「デスノート THE CONCERT」

土曜日は、こちらのコンサートに行ってきました。

Death Note「デスノート THE CONCERT」
梅田芸術劇劇場メインホール20列
18:00開演、17:25終演
出演:浦井健治、柿澤勇人、小池徹平、唯月ふうか、濱田めぐみ、石井一孝 ほか。
ゲスト:カン・ホンソク
 





いつもなら大阪で何か食べに行ったり、買いに行ったり・・・と
予定をいれるところで、今回もそうするつもりだったのですが、 
17時過ぎに難波に着くアーバンライナーに乗る事にして
それまでひたすら家でダラダラする事にしました(笑)。
もう、何だか疲れちゃってて。

「デスノート The Musical」は初演を2回観ましたが、
コンサートに行くほどデスノート好きか?と言われるとちょっと・・
ですが(決して嫌いな訳ではない)そこはホラ、浦井君出てますし(笑)。


 
 続きを読む

観劇「ロミオ&ジュリエット」@大阪

東京で1度観て、今回はそれで終了!のはずだったのですが
1度観たらやっぱりもう一度観たくなって、ちょうど「ハテノウタ」
の後にソワレが観られるじゃないか!と気付いちゃいまして(笑)。

ロミオ&ジュリエット「ロミオ&ジュリエット」梅田芸術劇場メインホール16列
 17:30開演、20:45終演 
原作:W.シェイクスピア  作:ジェラール・プレスギュルヴィック 
潤色・演出:小池修一郎
出演:大野拓朗、生田絵梨花、、矢崎広、小野賢章、広瀬友祐、大貫勇輔、香寿たつき、シルビア・グラブ、坂元健児、阿部裕、秋園美緒、川久保拓司、岸祐二、岡幸二郎  他
※あらすじは省略



そう言った理由なので、キャストに関しては選択権なし。
キャスト表3_4
ロミオとジュリエット以外は全員前回と同じでした。 
欲を言えば、主演の二人は据え置きで、それ以外は全員
もう一方の方を観てみたかったなぁ。

そして、ある程度は想像していましたけど、やっぱり
男性客がいらっしゃいましたねぇ。
普段はあまり若い男性の二人連れとか、ミュージカルでは
見かけないのですが、勿論おひとり様の男性も含めて
結構の人数を見かけました。さすがアイドル(笑)。

 

 
続きを読む

観劇「ロミオ&ジュリエット」

朝からバタバタと活動して、向かったのは赤坂です。
最近、赤坂で舞台を観るときは2階ばっかり・・・(溜息)。

ロミオ&ジュリエット「ロミオ&ジュリエット」赤坂ACTシアター2階D列
12:30開演、15:30終演 
原作:W.シェイクスピア
作:ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出:小池修一郎
出演:古川雄大、木下晴香、矢崎広、小野賢章、広瀬友祐、大貫勇輔、香寿たつき、シルビア・グラブ、坂元健児、阿部裕、秋園美緒、川久保拓司、岸祐二、岡幸二郎  他

※あらすじは省略


すっかり若手の登竜門といった位置づけの公演になっているのと
私がミュージカルに疎いので、Wキャストで知っている人の方が少なく
「知っている人」と、一部の「避けたい人」を考慮した組み合わせで
週末の日程を掛けあわせたら、選択肢はほぼ一択(爆)。
キャスト
 
残念ながら初演は観ていないのですが、2013年の公演は観ていて 
とても音楽が気に入り、幕間に売店にCDを買いに走ったという
(過去にそんな経験はない)楽曲が大好きな作品です。
今でもCDをよく聴いています。
だから今回もとても楽しみにしていて、チケ取りも気合が
入っていたのですが、2階のD列。
リベンジ!と思って大阪公演にも挑戦したけど、25列目とかで
すっかりトーンダウンして、大阪遠征は止めることにしました。

とはいえ、赤坂ACTシアターの2階は観やすくて、しかも
どセンターだったので、席に着くとそれはそれでワクワク(笑)。



 続きを読む

観劇「ビッグ・フィッシュ」

趣味がコンサバというか、頭が固い私は、ティム・バートン作品が苦手。
そんな私が楽しめるのか?が不安だった一本です。

ビッグフィッシュ「ビッグ・フィッシュ」日生劇場 B列
脚本:ジョン・オーガスト  音楽・詞:アンドリュー・リッパ
演出:白井晃
出演:川平慈英、浦井健治、霧矢大夢、赤根那奈(夢咲ねね 改め) 他

【あらすじ】 
エドワード・ブルーム(川平慈英)は昔から、自らの体験談を現実にはあり得ないほど大げさに語り、聴く人を魅了するのが得意。自分がいつどうやって死ぬのかを、幼馴染のドン・プライス(藤井隆)と一緒に魔女(JKim)から聴いた話や、共に故郷を旅立った巨人・カール(深水元基)との友情、団長のエイモス(ROLLY)に雇われたサーカスで最愛の女性、妻・サンドラ(霧矢大夢)と出逢った話を、息子のウィル(浦井健治)に語って聞かせていた。幼い頃のウィルは父の奇想天外な話が好きだったが、大人になるにつれそれが作り話にしか思えなくなり、いつしか父親の話を素直に聴けなくなっていた。そしてある出来事をきっかけに親子の溝は決定的なものとなっていた。しかしある日、母サンドラから父が病で倒れたと知らせが入り、ウィルは身重の妻・ジョセフィーン(赤根那奈)と両親の家に帰る。病床でも相変わらずかつての冒険談を語るエドワード。本当の父の姿を知りたいと葛藤するウィルは、以前父の語りに出ていた地名の登記簿を見つけ、ジェニー・ヒル(鈴木蘭々)という女性に出会う。そしてウィルは、父が本当に伝えたいことを知るのだった−。



まあ、ティム・バートンが苦手とはいっても、「ビッグ・アイズ」
みたいな作品もある訳だし、観てみなければ分かりませんからね。
今回は平日ということもあってか、いいお席での観劇となりました。
学生の団体も入っていて、ロビーはとても賑やかでした。 



 


続きを読む

チケットGET「グレート・ギャツビー」

最初に聞いたときは「行きたい!」と思ったものの、それから徐々に
トーンダウンしてしまった公演です(笑)。


『グレート・ギャツビー』@名古屋
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
脚本/演出:小池修一郎
出演:井上芳雄、夢咲ねね 他


公演スケジュールを見て「ふざけてんのか?」と言っちゃったよね(笑)。
平日はほぼ毎日、マチネのみ。ソワレがあっても、17時開演。
普通にフルタイムで働いていたら、17時開演にどれだけの人が
行けると思ってるんだろう・・・。
そりゃ東京のように観劇人口が多ければ、それもいいのかもしれませんが
名古屋公演でこれは・・・。
で、更に活きたい気持ちがトーンダウンし、お友達と一緒に
エントリーしてもらい、取れれば行く、取れなければ行かない、と
割り切っていたら、取れていたそうです(爆)。

半日有給を取るか、フレックスを使って早上がりしなきゃだわ。
まあ、中日劇場にもあと何回行けるか、ですからね。





チケットGET「王家の紋章」

今年の初演も観に行きましたが、その際に再演も観たいなーと
思っておりました。あまり積極的に再演を観るほうではないので
まぁ、珍しいほうだと思います。もちろん浦井君も観たいですが、
何よりも濱田めぐみさんのアイシスが素晴らしすぎて。


『王家の紋章』
【東京】 帝国劇場(4月8日〜5月7日)
原作:細川智栄子あんど芙〜みん「王家の紋章」
脚本・作詞・演出:荻田浩一  作・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ 
出演:浦井健治、宮澤佐江・新妻聖子[Wキャスト]、宮野真守・平方元基[Wキャスト]
伊礼彼方、愛加あゆ、出雲綾、矢田悠祐、木暮真一郎 、濱田めぐみ、山口祐一郎 他 



どうやら再演では新曲も追加される様子。
今回は大阪公演もあるので、東京では1度ぐらいでいいかなーと
思っていたのですが、スケジュールが流動的なのと、初演が
あまりにもチケットが取りづらい状態になっていたので、幾つか
エントリーしていたら、全部取れちゃったという・・・(爆)。 
もう一度スケジュールを見なおさなくちゃね〜。



 

ミュジコの村

産休に入った後輩からLINEでこんなお知らせが。

「みんみんさん!浦井君がドラマに出ますよ!」

ああ・・・アレですね。
「ゲストの予告はしない」という方針だとは知らなかったのですが
そこは浦井クラスタですので、WEB経由で何だかんだと情報は
入って来るもので、出演する事も、ミュージカルパロディだという事も
知ってはいたのです。

勇者ヨシヒコ
 
ただ、ドラマを見ても舞台を観ても、どうしても福田雄一作品の
面白さが分からない私は(というかお笑いというジャンルがそもそも
苦手なので)、浦井君が出ようともパスする予定だったのですが、
せっかく後輩が教えてくれたのだから、録画して観てみました。



「勇者ヨシヒコと導かれし七人」
第7話:「ミュジコ村の旋律…芸術の神に守られし村の秘密!?」
【あらすじ】
ヨシヒコ(山田孝之)たちはミュジコの村にやってきた。村人たちは仕事に勤しみながらもずっと踊り続けている。立ち寄ったパン屋でヨシヒコは突然フランスパンを持って逃走し、万引きの現行犯で逮捕されてしまう。玉を奪われまいとする村人のトラップにはまったのだ。村には古より伝わる玉(オーブ)があり、それは芸術の女神から授かった村の宝と固く信じられていたのだ。果たしてヨシヒコたちは玉を手に入れられるのか?!







 続きを読む

チケットGET「ビッグ・フィッシュ」

恐らく、浦井君が出演しなければ観に行かなかったであろう1本。
無事チケットGETしました。


『ビッグ・フィッシュ』
【東京】日生劇場(2017年2月7日〜28)
脚本:ジョン・オーガスト  音楽・詞:アンドリュー・リッパ
演出:白井晃
出演:浦井健治、川平慈英、霧矢大夢 
 

元々は映画だという事ですが、私自身が基本的に
ティム・バートンが苦手なのですよね。(「ビッグ・アイズ」は例外)
友人は「チャーリーとチョコレート工場」が大好きで、遊びに行くと
BGM的によく流れているのですが、良さがサッパリ・・分からない。
基本的に好みがコンサバだからダメなんだよな、私。
ということで、事前に映画を観ようという気持ちになれないので(笑)
ぶっつけ本番で楽しみたいと思います!
この作品の中から1曲を、先日のコンサートで浦井君が披露して
くれましたが、曲は良かったですからね。
 

 
 
 

観劇「エリザベート」

朝から加圧トレーニングに行って汗だくになり、その後向かったのは
中日劇場です。

エリザベート「エリザベート」中日劇場 2階1列
12:00開演、15:10終演
劇作・脚本・作詞:ミヒャエル・クンツェ  音楽:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・翻訳:小池修一郎 
出演:花總まり、井上芳雄、山崎育三郎、田代万里生、古川雄大、涼風真世、未来優希、大谷美智浩、角川裕明、広瀬友祐、秋園美緒 他

【あらすじ】
19世紀末のウィーン。若き皇帝フランツ・ヨーゼフが妻に選んだのは、自由な心と魂を持つシシィ(エリザベート)だった。一目で惹かれ合い、固い絆で結ばれたかに見えた2人だったが、自由を愛するエリザベートにとって、宮廷での暮らしは苦痛以外の何ものでもなく、姑の皇太后ゾフィーが取り仕切る宮廷では、自身の子供を自ら養育することも叶わなかった。自分の美貌が武器になることに気付いたエリザベートは、自らを磨きあげ、ハプスブルク帝国の皇后として栄華を極めてゆく。エリザベートが望みを叶えたのも束の間、彼女のまわりには、夫の不義、国民の誹謗中傷、
愛する皇太子ルドルフの死と、不幸の影がつきまとう。そして、それらの不幸と共に彼女の前に現れるのが黄泉の帝王“トート=死”。トートはエリザベートが少女の頃から彼女の愛を求め続け、彼女もいつしかその愛を意識するようになっていた。しかし、その禁じられた愛を受け入れることは、自らの死を意味することであることも、エリザベートは知っていた。


新演出になった昨年、帝劇で2度観たのと、キャストが殆ど変っていない
という事もあって、今回は名古屋で1度観るだけにしました。
ちょっと冷静にならなきゃ・・と思いまして(笑)。

キャスト表
本当は成河さんのルキーニも観たかったのですが、ホタルイカ的には
やっぱりこのキャストになってしまうのですよね。
結局、昨年殆ど全員拝見しておりますので、初見は涼風真世さんのみで
何とも変わり映えしない組み合わせになってしまいました。
でも、仕方ないんだよね〜。



 
続きを読む

KENJI URAI 15th Anniversary Concert 〜Wonderland〜

ファンクラブの会員対象のコンサートはあっても、ちゃんとした
ソロコンサートは15年でこれが初めてという浦井君。
芳雄氏のディズニーコンサートでも行ったんだ、浦井君の
ファーストコンサートに行かない選択肢は無い(笑)。
でも何で平日なのよ・・・(涙)。

concert_wonderlamdKENJI URAI 15th Anniversary Concert
「Wonderland」 東京国際フォーラムA 11列
18:35開演、20:45終演

ゲストヴォーカル:AKANE LIV、照井裕隆
ダンサー:加賀谷真聡
構成・演出:荻田浩一
音楽監督:かみむら周平
 




午後休にするか1日休むか。最近休んでばっかだしな・・と思ったのですが
「夏まで忙しくて休めてないんだから」と上司や同僚に言ってもらい、
朝からのんびり高速バスで上京です。
東名集中工事の時期なので、どんだけ時間がかかるんだろう?と
思ったら、予想を裏切る定刻の30分前倒し到着。
新東名経由だったとはいえ、前日は1時間遅延だったそうですから。
天気の悪さも覚悟していたのに、薄日が差すほどで、結局傘いらず。
何だかラッキー。

東京国際フォーラムAは5000人キャパの会場で、大丈夫かいな?と
思っていたのですが、プレイガイドでも「取扱い終了」「残席わずか」の
状態にまでなっていたので、私ごときが心配するほどの事では
ありませんでした(笑)。

以下感想。長いっ!



 続きを読む

観劇「王家の紋章」2回目

本当は2度も観るつもりはなかったのですが、8月6日の公演は
お目当てのキャストでの公演がなく、また本来ならば公演後半で
観たかったので、諦めて2度遠征する事にしていました。
7月〜8月で3日間夏休みを取得するので、今日がその3日目。
(盆時期の休みは「強制的に有給休暇を取得させられる日」でした)

王家の紋章「王家の紋章」帝国劇場1階D列
13:00開演、16:20終演
原作:細川智栄子あんど芙〜みん「王家の紋章」
脚本・作詞・演出:荻田浩一 
作曲・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ 
出演:浦井健治、宮澤佐江・新妻聖子[Wキャスト]、宮野真守・平方元基[Wキャスト]、伊礼彼方、愛加あゆ、出雲綾、矢田悠祐、木暮真一郎 、濱田めぐみ、山口祐一郎 他
【あらすじ】 
16歳のアメリカ人キャロル・リードは、エジプトで大好きな考古学を学んでいる。ある日、とあるピラミッドの発掘に参加するが、そこは古代エジプトの少年王・メンフィスの墓だった。古代エジプトへのロマンに沸き立つキャロルだったが、アイシスという謎の美女が突然現れる。実はアイシスは古代エジプトの神殿の祭司でメンフィスの異母姉。メンフィスの墓を暴いたことによる祟りを起こすため、現代に現れたのだ。彼女の呪術によって、キャロルは古代エジプトへとタイムスリップしてしまう。キャロルは、エジプト人にはありえない金髪碧眼に白い肌。そして、考古学の知識と現代の知恵を持つことにより古代エジプト人達から、“ナイルの娘”“黄金の姫”と呼ばれ、崇められる様になりメンフィスから求愛を受ける。強引で美しい若き王メンフィスに反発しながらも心惹かれてゆくキャロル。だが、メンフィスを愛するあまり憎きキャロルの暗殺を企てるアイシスや、キャロルの英知と美しさにほれ込み、彼女を奪おうとするヒッタイト王子・イズミルなど、2人の間には数々の困難が立ちふさがる。果たしてメンフィスとキャロルの運命は―。


お目当てキャスト
これがお目当てキャストです。
前回は2階席で俯瞰して観ていたのですが、今回は4列目、しかも
驚きのどセンター。こんなにいい席が貰えたのは初めて。
最近は2階席ばっかりでしたから。
そういう意味でも楽しみにしていた公演でした。

だから、台風だって関係なし(笑)。舞台は滅多な事では休演には
ならない事も知っていましたしね。
台風対策
とはいえ、帝劇入口も土嚢が積まれていたりして、あー帰りは
どうなるのかなーとは思いましたけど(笑)。

私の右隣は原作を知らないらしいミュージカルファンの方々。
私の左隣は原作しか知らないらしい、妙齢の御婦人方。
何だか凄い谷間に座っちゃったな、感満載だったのですけど、
一幕が終わった時、右からは「ストーリー分かんないー、でも面白いー」
終演時は左から「キャロルは原作そっくりねぇ」とそれぞれ聞こえてきて
ああ、いろんなファンの方が観にいらっしゃってるんだな、と思いました。

感想は追記にて。



続きを読む

KENJI URAI TALK EVENT 王家の紋章

日曜は16:20に終演の「頭痛肩こり樋口一葉」の後、慌てて
クリエを飛び出し、向かったのは帝国劇場です。近くてよかった・・・。

 トークイベントKopi Luwak Presents
「KENJI URAI TALK EVENT 王家の紋章
 〜Birthday Special〜」 
@帝国劇場 N列 
16:40開演、17:40終演










8月6日に観劇をするのは、その前後にFCの誕生日イベントが 
あるであろう・・という前提でして(笑)。
今年は浦井君のお誕生日当日は2公演があったので
当日ではなく、翌日の8月7日(日)での開催でした。
さすがに場所が帝劇なので、抽選に外れる事は無いだろうと
安心しておりました。あのハラハラ感は本当に勘弁して欲しいし(笑)。

この日のマチネを観劇するという方法もあったのですが、
キャロルが新妻さんじゃなかったので、その案は却下(キッパリ!)。
なので、直前に別の舞台を観ていたんですね(笑)。

今回は「Birthday Special」な面もありましたが、浦井大学として
公演についての話も聞かせてもらえて、また次回観るのが
楽しみになる内容もありました。
こういうイベントは去年の「トロイラスとクレシダ」以来。
公演が始まったばかりで、なかなか大変であろう時期に開催してくれて、
ファンとしてはありがたい限りです。
いい意味でいつも通りの雰囲気で、あったかい感じがして
楽しい1時間でした〜♪ 

次にイベントがあるのはいつかなー。


 
 

観劇「王家の紋章」

浦井くんが出演しなければ観なかっただろうなあ(笑)。
今回は青春18きっぷで6時間半かけての上京です(笑)が、最近は
8月6日(浦井君の誕生日)に公演を観るのが定番になってきました。
私はそれほど苦労しなかったのですがチケットが相当取りづらい
公演になってしまったようで、初日に来年の再演が発表されましたね。

王家の紋章「王家の紋章」帝国劇場2階D列
17:30開演、20:45終演
原作:細川智栄子あんど芙〜みん「王家の紋章」
脚本・作詞・演出:荻田浩一 
作曲・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ 
出演:浦井健治、宮澤佐江・新妻聖子[Wキャスト]、宮野真守・平方元基[Wキャスト]、伊礼彼方、愛加あゆ、出雲綾、矢田悠祐、木暮真一郎 、濱田めぐみ、山口祐一郎 他
【あらすじ】 
16歳のアメリカ人キャロル・リードは、エジプトで大好きな考古学を学んでいる。ある日、とあるピラミッドの発掘に参加するが、そこは古代エジプトの少年王・メンフィスの墓だった。古代エジプトへのロマンに沸き立つキャロルだったが、アイシスという謎の美女が突然現れる。実はアイシスは古代エジプトの神殿の祭司でメンフィスの異母姉。メンフィスの墓を暴いたことによる祟りを起こすため、現代に現れたのだ。彼女の呪術によって、キャロルは古代エジプトへとタイムスリップしてしまう。キャロルは、エジプト人にはありえない金髪碧眼に白い肌。そして、考古学の知識と現代の知恵を持つことにより古代エジプト人達から、“ナイルの娘”“黄金の姫”と呼ばれ、崇められる様になりメンフィスから求愛を受ける。強引で美しい若き王メンフィスに反発しながらも心惹かれてゆくキャロル。だが、メンフィスを愛するあまり憎きキャロルの暗殺を企てるアイシスや、キャロルの英知と美しさにほれ込み、彼女を奪おうとするヒッタイト王子・イズミルなど、2人の間には数々の困難が立ちふさがる。果たしてメンフィスとキャロルの運命は―。
夜の部
キャロルは新妻聖子さん一択。イズミルはWキャスト両方観る予定
ですが、まず今日は宮野さん。
よく存じ上げない方だ・・と思ったら、声優をなさっている方だとか。

5月頃「なぜ舞台化を許可したか」という問いに「4巻までならいいかと思って」
という原作者の取材記事に愕然。
原作は未読だったので、レンタルで25冊借りた直後だったんです(笑)。
新妻聖子さんのコンサートのMCでも「5巻ぐらいまで読んでくれたら」
って言っていたので、それを信じればよかった(笑)。
とはいえ、25冊読破し、世界観は何となく分かった上での観劇です。

舞台の袖幕がヒエログリフが彫りこまれた石板調の板になっていて
古代のエジプト感を演出しています。
舞台の上からは大きな首飾りがぶら下がっているのですが、所々
破損していて、発掘された宝飾品、という事のようです。
つまり、現代からみた当時のエジプトの象徴ってことですか。
そしてその首飾りが上に上がって、開幕−。
 
帝劇入口
帝劇の入り口も王家の紋章バージョンになっていたので、一応パチリ。



 
続きを読む

CD「Wonderland」

そりゃ買うでしょ、な1枚です(笑)。
アルバムが出るって聞いたのはいつだったかな、FCコンサートの
時だったかな?

Wonderland
「Wonderaland」

01 ジャーニー・ホーム 〜「ボンベイドリームス」より  
02 いまは子どものままで 〜「二都物語」より  
03 デスノート 〜「デスノート The Musical」より  
04 闇が広がる 〜「エリザベート」より  
05 どうやって伝えよう 〜「ロミオ&ジュリエット」より  
06 ホール・ニュー・ワールド 〜「アラジン」より duet with濱田めぐみ  
07 Color of Dream  
08 ミッドナイト・レディオ 〜「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」より  
09 彼方へ  
10 シャルルの小冒険 〜劇団☆新感線スピンオフ作品
  ≪『薔薇とサムライ〜GoemonRock Overdrive』後日談プロット≫
  〜ボスコーニュ公国シャルル王子のある日の出来事〜  


今回の為のオリジナルは「Color of Dream」と「シャルルの小冒険」。
「彼方へ」もオリジナルですが、前からありましたし。
それ以外は舞台やイベントで聞いたことがある曲ばかりでした。

それにしても「シャルルの小冒険」には軽くぶっ飛びましたね(笑)。
中島かずきさんや新感線の劇団員の方も参加されているという事で
まさにシャルルそのもの!歌い方もシャルル!
ただそれまでの雰囲気を最後にぶち壊すガラッと変えてしまうのが
いいのか悪いのか(笑)。
私はシャルル好きなので歓迎なんですが、舞台を観た事が無い人は
のけ反りそうだな(笑)

個人的には「二都物語」が好きだったので「いまは子どものままで」
が嬉しかった。
そろそろiPodの中の曲に飽きてきていたので、ちょうど良かったです♪





チケットGET「ロミオとジュリエット」

何だか“若手の登竜門”的になってきたような演目ですよね、
主役の二人は新人とか若手ばかりで、脇を固めるのがベテランさん。
再演したらぜひまた観たいな、と思っていました。


ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
【東京】赤坂ACTシアター(1月15日〜2月14日)   
原作:ウィリアム・シェイクスピア  作・音楽:ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出:小池修一郎
出演:古川雄大/大野拓郎 ※Wキャスト、生田絵梨花/木下晴香 ※Wキャスト
   馬場徹 / 矢崎広 ※Wキャスト、平間壮一 / 小野賢章 ※Wキャスト
   渡辺大輔 / 広瀬友祐 ※Wキャスト、大貫勇輔 / 宮尾俊太郎 ※Wキャスト
   香寿たつき、シルビア・グラブ、坂元健児、阿部裕、秋園美緒、川久保拓司
   岸祐二、岡幸二郎
 


ジュリエット役はいずれも拝見した事がありませんが、46とか48にいる人を 
お金を払ってまで観たいとは思わないので、キャストの拘りはそれぐらい。
前回は特に苦労せず、主催者先行1本釣りで2列目とか取れていたので、
気を許していたのですが、締め切り直前になって嫌な予感がして、
念のために別の先行にもエントリーしておいたんです。
すると、主催者先行は見事落選。
保険でエントリーした方で何とかGET出来ましたが、2階D列・・・ _| ̄|○
最近、赤坂は2階席ばっかりだよ。

それにしても、来年2月の公演かあ。気が遠くなりそうだな。



 
 

観劇「ブラック メリー ポピンズ」

私は一部の作品を除き、一度観ると再演は特に観たいと思わない
事が多いのですが、この作品に関しては迷いなく「もう一度観たい」と
チケットを押さえていたのでした。

ブラックメリーポピンズ「ブラック メリー ポピンズ」愛知県芸術劇場大ホールA列
18:30開演、20:40終演
作曲・脚本:ソユンミ 演出:鈴木裕美
出演:小西遼生、上山竜治、中川翔子、良知真次、一路真輝
【あらすじ】
1920年代初頭、ドイツの著名な心理学者グラチェン・シュワルツ博士の豪邸で火事が起こり、博士の遺体もろとも、すべてが燃え尽きた。全身に火傷を負いながら、猛火の中から博士の4人の養子達、 ハンス、ヘルマン、ヨナス、アンナを救い出した家庭教師メリー・シュミット。しかし、翌日メリーは失踪。 子供たちは誰一人その悲惨な出来事を覚えていない。それから 12年。 いつしか事件は忘れられ、それぞれ違う家庭で新しい人生を送っている4人は、当時グラチェン博士によって書かれた手帳の存在を知る。 そこには事件の真相が・・・。あの夜、いったい何があったのか・・・。 封印されていたパンドラの箱が開けられる。 


初演を観たのは2014年だから、2年前ですか。
ストーリーも記憶に残っているし、舞台美術も印象的で
とにかく「照明が美しかった」という記憶が強く残っていました。

キャスト5名のうち、音月桂さんが中川翔子さんに替わった以外は
キャストは全員続投だったのも、嬉しかったですね。

ただこの作品は最前列で観るもんじゃないなー。
舞台上に“盆”を仕込んであるから、更にかさ上げされていて
観づらくて観づらくて。真ん中のソファーが邪魔になって、
ドアから誰が入って来たのか、見えなかったのが残念。



 
続きを読む

コンサート「井上芳雄 sings Disney」@名古屋

先日東京で観たばかりで、それだけでも満足だったのですが
せっかく名古屋に来てくれているのだし、お席も良かったので
楽しみにしておりました。

Yoshio Inoue sings Disney「井上芳雄 シングス ディズニー〜ドリーム・ゴーズ・オン! 」
愛知県芸術劇場大ホール 5列
18:30開演、21:40終演

構成・演出:小林香
音楽監督:かみむら周平
スペシャルゲスト:田代万里生





とにかくチケットが売れない街、名古屋。
平日と言うハンデはあるものの、キャパが似ている大阪の
フェスティバルホール(フェスティバルホールは2700、名古屋は2500)
は入手困難なプラチナチケットと化していたのに、こちらは
ソールドアウトに至らず。

とはいえ、5階まで客が入っているのはすごい事だと思います。








続きを読む
livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定



<11月>
□散歩する侵略者@大阪


<12月>
□荒れ野@豊橋
□ダディ・ロング・レッグス@名古屋
□十二月大歌舞伎[第一部]@東京
□十二月大歌舞伎[第二部]@東京
□熱狂@東京
□あの記憶の記録@東京
□斜交@東京
□この熱き私の激情@豊橋
□欲望という名の電車@東京
□The Beauty Queen of Leenane@東京
□アテネのタイモン@埼玉
□ペールギュント@兵庫


<1月>
□髑髏城の七人Season月(上弦の月)@東京
□TERROR テロ@東京
□PLUTOU プルートゥ@東京
□近松心中物語@東京
□黒蜥蜴@東京


<2月>
□ブロードウェイと銃弾@東京
□髑髏城の七人Season月(下弦の月)@東京
□Sing a Song@東京
□三月の5日間@名古屋


<3月>
□シャンハイムーン@豊橋




以上がチケットGET済み。




●他に興味がある公演はコチラ(11/17更新)



2017年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>4本
■スルース〜探偵〜@名古屋
■新春浅草歌舞伎@東京
□「足跡姫」〜時代錯誤冬幽霊〜@東京
□壽新春大歌舞伎@東京

<2月>5本
■ビッグ・フィッシュ@東京
■陥没@東京
■ロミオ&ジュリエット@東京
■猿若祭二月大歌舞伎@東京
■ザ・空気@豊橋

<3月>6本
■ハテノウタ@大阪
■ロミオ&ジュリエット@大阪
■炎 アンサンディ@東京
■不信〜彼女が嘘をつく理由@東京
■令嬢ジュリー@東京
■死の舞踏@東京

<4月>6本
■白蟻の巣@豊橋
■城塞@東京
■エレクトラ@東京
■王家の紋章@東京×2
■あ、カッコンの竹@名古屋

<5月>8本
■エジソン最後の発明@名古屋
■ハムレット@兵庫
■フェードル@刈谷
■王家の紋章@大阪
□マリアの首@東京
■60'sエレジー@東京
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■王家の紋章@大阪大千秋楽

<6月>6本
■非常の階段@豊橋
■天の敵@大阪
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■グレート・ギャツビー@名古屋
■平成中村座_昼の部@名古屋
■平成中村座_夜の部@名古屋

<7月>8本
■子どもの事情@東京
■怒りをこめて振り返れ@東京
■怪談 牡丹燈籠@東京
■子どものためのシェイクスピア「リア王」@東京
■「髑髏城の七人」Season鳥@東京
■七月大歌舞伎(昼)@大阪
■七月大歌舞伎(夜)@大阪
■Penalty killing remix version@豊橋

<8月>8本
■「東京」@東京
■プレイヤー@東京
■罠@東京
■「髑髏城の七人」Season鳥 2回目@東京
□八月納涼歌舞伎/三部@東京
■八月納涼歌舞伎/一部@東京
■八月納涼歌舞伎/二部@東京
■きゅうりの花@大阪

<9月>10本
■ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと─@豊橋
■あっこのはなし@豊橋
■夜、さよなら 夜が明けないまま、朝 Kと真夜中のほとりで@豊橋
■Glorious!@東京
□CRIMES OF THE HEART―心の罪―@東京
■謎の変奏曲@東京
■ワーニャ伯父さん@東京
■デスノートThe Musical@東京
■幻の国@東京
■レ・ミゼラブル@名古屋">

<10月>5本
■トロイ戦争は起こらない@東京
■人間風車@東京
■「髑髏城の七人」Season風@東京
■関数ドミノ@東京
■「錦秋名古屋顔見世」夜の部

<11月>5本
■全国芝居小屋錦秋特別公演@岐阜
■プライムたちの夜@東京
□ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ@東京
□ちょっと、まってください@東京
□吉例顔見世大歌舞伎@東京
□リチャード3世@名古屋





★★観劇以外のエンタメ★★
■デスノート THE CONCERT@大阪
■KEJI URAI TALK EVENT〜王家の紋章〜
■ライブビューイング「髑髏城の七人 Season鳥」
■KEJI URAI TALK EVENT〜デスノート THE MUSICAL〜
■ナショナル・シアター・ライヴ「戦火の馬」





▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★




2017年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:41本(昨年は60本)
読書:20冊(昨年は14冊)
   ※除コミック
観劇:70本(昨年は68本)
その他:5本(昨年は11本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:12回25日
大阪遠征:8回8日

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン