名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 もうOver 40歳なのに、大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

朗読劇

井上芳雄による「夜と霧」

今年の冬は自宅に籠る事が多く、幾つか録画消化ができました。
これもその一つ。2014年、新潟での初演版です。
再演で観に行きたかったのですが、公演期間が短いため
どうしてもタイミングが合わなくて。

夜と霧「井上芳雄による『夜と霧』
〜苦しみの果て、それでも人生に然りと云う〜」
原作:ヴィクトール・E・フランクル
翻訳:池田香代子 「夜と霧」(みすず書房)より
上演台本・演出:笹部博司  出演:井上芳雄

◆「夜と霧」 とは…
精神医学者・心理学者のヴィクトール・E・フランクル(1905-1997)が、自身の第二次世界大戦中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を綴った体験記。日本でも「夜と霧」のタイトルでロングベストセラーとなっている。


井上芳雄氏が母親から勧められて読んだ本であり、過去のインタビューで
「もし無人島に何か一つ持っていくとしたら? 」と聞かれた時にも
この本を挙げていた事を見たことがありますので、本人の企画かと
思いきや、そういう訳ではなかったようで。


 



続きを読む

リーディングドラマ「Re:」(アールイー)

この舞台、丁度私の上京日が古田さん×宮沢さんの公演日で
観たい!と思ってチケットエントリーしたものの、見事にハズレ。
私も別の公演のチケットを既に持っていたので、深追いはしませんでした。
最近、リーディングが続いていたので「またリーディングかあ・・」
と思う気持ちも、正直ありましたし。

それがWOWOWで全組み合わせ放送された!嬉しい♪
Reリーディングドラマ「Re:」
作・演出:土田英生
主題歌:瓜生明希葉

■藤木直人 × ベッキー
■竹中直人 × 中越典子
■古田新太 × 宮沢りえ
■生瀬勝久 × 仲間由紀恵




4日連続で、上記の順番で同じ時間で毎日放送。
リーディングなら、むしろ映像でみるのも悪くない。


で、初日、ふと観始めてしまったら止まらない(笑)・・むりやりオフ。
二日目、途中でつけたら、また止まらない・・。
気づいたら、全シリーズ観てしまってました(^^ゞ

続きを読む

リーディングだの朗読劇だの。

最近「朗読劇」の類が多いように思うんですが・・・気のせい?
PARCOの「LOVE LETTERS」みたいに、長く続いている
シリーズもありますけどね・・・。

寺島しのぶさん降板で「リアルシング」公演中止になり、
その代替公演がどうなるのか、ずっと情報を待ってたんですよね。
もしすごく観たかったら、当初予定していたイキウメの「MISSION」を
大阪で観る事にして時間を空けようかしら、とか、有給を取って
1日前から東京に行こうかとか考えて(笑)。

そうしたら、こちらも朗読劇とか。
まあね、多分そうなるだろうとは思ってましたよ。
だって、諸々間に合わないでしょう。
朗読劇なら大掛かりなセットも、衣装も、小道具も殆ど不要だし
特殊な照明や特殊効果等もあまり必要ないだろうし、
既にある作品なら脚本も不要だし、役者さんの稽古も殆ど要らない。
(もちろんリーディングとはいえ演出もあるだろうし、リハーサルも
あるとは思いますけどね)


決して嫌いじゃないですが、やっぱり私は普通の舞台の方が好きかな。
“役者が演技している”のを観るのが好きなんだと思います。
(アニメに興味が向かない理由もこれ。)
もともと「リアルシング」はパスする予定だったし、宮沢賢治の朗読劇
なら当初の予定通り「MISSION」の方を選びます!
一瞬、堤さんもキャストに入っていて、軽くトキメキましたが、
この期間は「シダの群れ」に出ているので、出演されても僅かでしょ。
イキウメの方の先行発売に間に合って良かったよ。


・・・とか何とか言いながら、今日先行予約の案内が届いた
白石加代子さんの「百物語」はすっかり行く気になってる私(爆)。


観劇「白石加代子『百物語』」

友人とランチして、加圧トレーニングの体験コースに行き(3箇所目!)
向かったのはウィンクあいち。

百物語
白石加代子「百物語」シリーズ第29夜
ウィンクあいち大ホール12列
18:00開演、20:25終演
構成・演出:鴨下信一
出演:白石加代子
第93話「お文の影」
第94話「ばんば憑き」




これは白石さんのライフワークですよね。確か20年ぐらい続いて
いるとか拝見した記憶があります。(そうですよね、今回で29回目
になるわけですから)

白石さんはとてもすばらしい舞台女優さんだと思いますし、この
シリーズは以前から興味はあったものの、タイミングが合わないこと
そして源氏物語に興味が無い事もあって、いままで行かずじまい。
それが今回は宮部みゆきの江戸怪談だと言うので、それが
決め手になりました。宮部さんの本は多くを読んでいますが、
程度の差こそあれ、「つまらない」とまで思うものは無かったので。

が!直前になってふと思い出したのは何年か前に観た某劇団の
上演した宮部みゆき原作の舞台。
長くは無い観劇暦ですが、その中でもダントツの不動のワースト1。
あまりにも・・・だったため、途中で帰ろうとしたほどの作品です。
その原作を小説として読んだ事が無いので、果たして原作が悪い
のか、劇団側がいけないのかは分かりませんけど・・・
宮部みゆき原作だったら大丈夫って訳じゃない事は確かですから
不安になってきてしまいました(笑)。

ウィンクあいちは数年前にオープンしたばかり。
交通の便もよく、綺麗なホールなんだから、もっと使ってくれると
いいんですけどねー。

続きを読む

観劇「家守綺譚」

解禁後2本目は初・朗読劇です。
この公演の概要を知ったのは、確か7月末とか8月とか。
「ええっ?今から9月公演の告知?」と思ったのを覚えています。
東京無しの大阪のみ、と異例ずくめ。
公演時に配られた書類で、「7月に公演に来たときに“この日なら
会場を空けられる”と言われた」と書かれていました。
たった2ヶ月での公演。準備が大変だった事と思います。


家守綺譚Team申番外公演 朗読劇「家守綺譚」
森ノ宮ピロティホール2列目
13:00開演、14:35終演(トークショー終了15:30)
構成・演出 長部聡介
出演:佐々木蔵之介、市川亀治郎、佐藤隆太

【抜粋】
原作 梨木香歩『家守綺譚』(新潮社刊) より
サルスベリ、都わすれ、紅葉、葛、ホトトギス、サザンカ(ダァリヤより一部抜粋)、檸檬、葡萄



朗読劇の為だけに大阪遠征・・と思わないでもなかったのですが
このメンバーが集まるのは貴重だし、収益は東北の義捐金にも
なるというチャリティ性があるとの事で、行く事に決定!

なのに台風ですよ。これから近畿中四国方面に直撃とか。
青春18きっぷを用意していたのに、米原辺りが不通ですよ。
・・・・ったく・・・・。
ただ、調べてみると、近鉄特急は通常運転とのこと。
急遽方針変更して、アーバンライナーに乗り込みました。


続きを読む
livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定


<5月>
□ハムレット@兵庫
□エジソン最後の発明@名古屋
□フェードル@刈谷
□マリアの首@東京
□60'sエレジー@東京
□「髑髏城の七人」Season花@東京
□王家の紋章@大阪


<6月>
□非常の階段@豊橋
□天の敵@大阪
□平成中村座@名古屋
□「髑髏城の七人」Season花@東京
□グレート・ギャツビー@名古屋


<7月>
□怒りをこめて振り返れ@東京
□怪談 牡丹燈籠@東京
□「髑髏城の七人」Season鳥@東京
□Penalty killing remix version@豊橋


<8月>
□子どもの事情@東京
□罠@東京
□「髑髏城の七人」Season鳥@東京


<9月>
□デスノートThe Musical@東京
□レ・ミゼラブル@名古屋




以上がチケットGET済み。





●他に興味がある公演はコチラ(4/26更新)



2017年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>4本
■スルース〜探偵〜@名古屋
■新春浅草歌舞伎@東京
□「足跡姫」〜時代錯誤冬幽霊〜@東京
□壽新春大歌舞伎@東京

<2月>5本
■ビッグ・フィッシュ@東京
■陥没@東京
■ロミオ&ジュリエット@東京
■猿若祭二月大歌舞伎@東京
■ザ・空気@豊橋

<3月>6本
■ハテノウタ@大阪
■ロミオ&ジュリエット@大阪
■炎 アンサンディ@東京
■不信〜彼女が嘘をつく理由@東京
■令嬢ジュリー@東京
■死の舞踏@東京

<4月>6本
□白蟻の巣@豊橋
□城塞@東京
□エレクトラ@東京
■王家の紋章@東京×2
■あ、カッコンの竹@名古屋



★★観劇以外のエンタメ★★
■デスノート THE CONCERT@大阪





▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★




2017年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:18本(昨年は60本)
読書:3冊(昨年は14冊)
   ※除コミック
観劇:21本(昨年は68本)
その他:1本(昨年は11本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:4回8日
大阪遠征:2回2日

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン