名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 もうOver 40歳なのに、大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

手ぬぐいコレクション

梅雨があけたので、爽やかな青紅葉へ



昨夜はネットカフェで1夜を過ごしましたが、寝られないですね・・。
フラットな部屋が取れなかったという事もありますが、3時ぐらい
までは殆ど寝られず、4時過ぎには起きて退店してしまいました。
どこでも眠れるのが特技だと思ってたのに、ちょっとショック(笑)。
ただ、何故か今日は全く眠くなくて。
帰りの電車でもほぼ眠らず、帰宅後も寝たりすることも無ければ
特に疲れを感じる事もなく・・・。
ショートスリーパーで良かった、とつくづく思った1日でした。
(時間差で明日、疲れが出たりしなければ・・ですが(笑))

ただ、帰宅時間が狂ったため、予定していた外出は取り止めに。
せっかく時間が出来たので、手拭額をチェンジしました。
以前は梅雨仕様の柄でしたから、梅雨明けしたしね・・という事で。

楓石畳
「町家手拭 楓石畳」

5月に京都に行った際に買い込んでおいた1枚です。
夏柄なのか、春柄なのか分かりませんが、爽やかなので
今年の夏はこれで過ごそうと。
やっぱり縦柄は落ち着くな(笑)。

でも、今日は一日梅雨時みたいな天気だったんですけどね(爆)。




梅雨入りして「夏の町屋」に。

以前飾っていた「番傘」も好きではありましたが、やはり梅雨時は
それっぽい柄にしたくなるのですよね。
 
ということで、先日京都に行った時に永楽屋で買ってきた手ぬぐいに
取り替えました。
夏の町屋
「夏の町屋」


基本的に縦置き柄の方が好きなので、あまり横置き柄を買わない
のですが、永楽屋さんは横置き柄が多いんですよね。
まあ、たまには雰囲気も変わっていいかな・・という事で。

取り替えてたらそれ以来、快晴ばかり続いて
ちっとも梅雨っぽくなかったんですが(爆)、明日からは
梅雨らしい天気になるようですね。





春の絵柄は諦めて、番傘で。

もう随分前になりますが、手拭額を取り替えました。

春になったら桜の柄にしたい!と冬のあいだじゅう思っていたのに
いざ替えようと思ったら、桜柄を買っていない事に気づくという・・。

今から買っても、届く頃にはもう桜も散ってるじゃん・・という
時期だったので、急にテンションが下がりまして、結局は前から
買ってあったこちらに替えました。1月に浅草で買ったものです。
番傘

でもこれ・・梅雨時の柄になるのかもね(爆)。
まあ、赤が好きなので、暫くはこちらの柄にしておこうと思います。


 

 

やっと冬の柄に。

とうとう母親に「いつまで、あけびの手ぬぐいなの?」と言われてしまいました。
でも、冬の柄の手ぬぐいって、あまり多くないのですよ。
「お正月」とか「干支」とかはあっても、そういうイベント系の柄は
すぐに取り替えなければならないので、出来れば避けたく・・・。

なので、先週浅草で「冬の柄、買うぞ!」と、気合入ってました(笑)。
で、こちらをGETです。
椿
浅草はさすがに和モノを扱う店が多いので、合計4店舗ほど
巡回し、最終的に昨年「め鯨」を買った「ふじ屋」さんで売っていた
手拭いに決めました。
ここの手ぬぐいは、他とはちょっと風合いが違うんですよね。

これで、わが部屋がやっと「秋」から「冬」になりました(笑)。

春はいろんな柄が多すぎて、逆に悩むのですが、早く春に
なって、暖かくならないかなー。
 

 
 

一足早く秋柄の「あけび」

既に9月に入ったというのに気温は高くて、真夏真っ盛り。
さすがに36度とか37度っていう日は無くなりましたけどね。
とはいえ、いつまでも朝顔の手ぬぐいでも季節感無さすぎ。
ということで、一足早く取り替えました。

あけび
 Maduの「あけび」です。


別に買う気もなかったけど、先日歌舞伎座に行った際に
目に留まって、そのままお買い上げしたものです。
桔梗や竜胆、中秋の名月とかは既に持っているので
こういうのもいいなーと思って。
秋柄は種類が多いので、冬になる前にもう一回ぐらい
取り替えちゃうかも♪ 



 
 

今年の夏は「すだれ朝顔」

仕事でキリキリ舞いする事を想定して「め鯨」の手拭いを飾っていましたが
そろそろ落ち着いてくる頃なので、夏らしい柄にお取替えです。

先日京都に行った時に、京都駅にある「永楽屋」へ寄って
買っておいていたのがコチラ。「すだれ朝顔」です。
一時ハマっていた濱文様も最近は少し飽きてきちゃったし、
よく買う歌舞伎座や浅草へも最近はあまり行く機会がなかったので。

すだれ朝顔
浴衣を連想するような柄で、一目で気に入ったのですが
実際に飾ってみるとちょっと渋すぎたかなぁ・・と思わなくもない。

でも今年の夏はこの柄で乗り切りたいと思います♪




イライラには「鯨の目」

歳を取ってから仕事に対してもイラつくことが減ったというか
ある程度はコントロール出来るようになったと思っていたのですが
本当にキリキリする事が多い今日この頃。
こんな時がやって来ると想定して買っておいた手拭いにチェンジ。

鯨の目
 「め鯨」です。

″鯨(くじら)”の″目”のデザインです。
これは「横」で飾らないとダメなんです、立てちゃダメ。
つまり「目くじらを立てない」と言う意味なんですって(笑)。 
もう、今の私にピッタリ〜! 

新年早々の中村屋さんの出演する番組で紹介されていて
「欲しいっ!」と思ったので、浅草歌舞伎を観に行った時に
お店を探して、買ってきていたのです。

ふじ屋
ふじ屋
手作り甘納豆を売っている大沢屋さんの近くでした。


でも3月早々に「め鯨」の出番がやって来るとは思わなかったな。
どうだろう・・7月位までこのままになりそうです。





 

新春は「矢の根」から。

秋柄の手ぬぐいがそのままになっており(萩の絵柄でしたから)
いい加減差し替えないと・・・ということで、こちらにしました。

矢の根
「矢の根」 です。
別にこの演目が特別好き、という事ではありませんけど
(でも去年は何度も観たな・・)「曽我もの」だと少しは
″新春”っぽいかな、と思いまして(笑)。
″お正月柄”は幾つもありますが、「冬」となるとなかなか
気に入ったものが無いため、春が来るまでこちらを飾ります♪

写真を撮ると、あまりに反射して映りこむものですから、
面倒ですけど今回から作品展などで図録を作るときに
撮影するように写真は、アクリルを外して撮ってみました。





晩秋は「月光の夢」

秋は今飾っている柄が大変気に入っているので、特にこれを
変えるつもりはなく、冬の柄を探しにお店に行ったのですが、
なかなか気に入るものが無く、結局、また秋柄を買ってしまいました。
春や秋って他の季節よりも柄が多い気がするんですよね。
来年まで取っておく・・という選択肢もありましたが 我慢できず
飾ることにしました。「月光の夢」という名前だそうです。

月光の夢
この柄ですと、季節的にあまり長く飾れないよなぁ・・と思いつつ
1か月程度はこちらを愉しみたいと思います。
冬は以前飾っていた物を再登場させようかな。
絵手ぬぐいも溜まるばかりなので、再利用もしないとね。


 
 

秋は「竜胆」。

今年はあっという間に“秋”になってしまった気がします。
そうすると、いつまでも“朝顔”ではなあ・・・。
昨年飾っていた“桔梗図”も気に入っていたので、再登場か?
と思っていたのですが・・・新しいもので。
「竜胆(りんどう)」・・・PCの変換機能が無ければ分からない
漢字だわ(笑)。
りんどうとススキ
8月は初旬に日帰り遠征が1度あっただけだったのですが
下旬に東京出張が2日ほどありました。
行き先が丸の内オフィスだったので、東京駅から歩いて行きますが
東京駅地下街にある歌舞伎座のショップの前を通るルートなので
フラっと入ったところ、これが目に留まり、連れ帰っていました。
ここ最近お気に入りの濱文様さんのものではないですけどね。

うん、今年の秋もいい感じです♪
 



今年の夏は「朝顔−花日和−」

春先に、無理やり藤の花の柄の手ぬぐいに替えたのですが
色がどうも部屋に合わないのと、好みではないので落ち着かず
(もう藤の花の季節じゃないし)早く取り替えたい!と思ってました。

朝顔
 先日歌舞伎座に行ったのですが、 思いっきり途中からの観劇
長時間の休憩は終了済で、チャンスは15分の幕間の休憩が1度のみ。 
空腹だから、持ってきたパンぐらいは食べてしまいたいし、
3階席の下手側だったから、1階の向かって右側にある売店からは
一番遠い位置だし、どうしよう・・・。でも次に歌舞伎座に来るのは
早くて9月。夏が終わっちゃう・・・。

やっぱり、15分しかなくても買いに行くぞ。

休憩になって階段を急いで降りて売店へ。
(手拭い売り場も一番奥なんですよね・・・)
ゆっくり検討する余裕もなく、とりあえず夏っぽいものを掴みお会計
を済ませて、ミッション・コンプリート。(パンも食べられました♪)

これで今年の夏を過ごしたいと思います♪ 




 

季節感優先

「絵手ぬぐいを買うのは歌舞伎座に行った時」がマイルールだけど
随分、歌舞伎座に行っていないんですよね、最期が11月かしら?
歌舞伎そのものは結構観ているんですが。
多分、7月には行くと思うんですが、既に「七転び八起き」にも
飽きてきてしまって・・・。もう半年経ちますしね。

去年の夏に飾っていたものを再登場させようかな・・と思ったのですが
折角なので、 季節感のあるものを買ってきました。

藤の花
リアルみんみんを知っている人はこんな爽やかな水色なんて
「うわぁ、らしくない色」と思うでしょうが、季節感優先と言う事で。
・・・季節的にはもう藤も終わりなんですが(爆)
(店頭で売っている点数も少なくて、あまり選択肢が無かったんですよ・・・)

とりあえず、真夏になるまではこちらを飾る事にします!


 
 

冬は、「七転び八起き」。

先日歌舞伎座に行った時の目標の一つが「冬用の手ぬぐいを買う」こと。

ですが、最近お気に入りの濱文様さんの商品は非常に数が少なく
また「梅」とか新春の絵柄ばかり。
それ以外の手ぬぐいもチェックしましたが、どれも今一つピンと
来なくて、何も買えないまま帰ってきました。

でも、もうすぐ12月だというのに、いつまでも「桔梗」ではねぇ・・と思い、
手元にあった、こちらの手ぬぐいに差し替えました。
七転び八起き
今年の春に琴平に行ったときに買った「七転び八起き」。
(どうやっても部屋が映り込むので外して撮影しました・・)

4月は仕事面でいろいろ変化のあった時期だったので、今後に
不安もあり、“七転び八起き”っていう心情だったんですよね(笑)。

確かに日々「七転び八起き」な状態ですが、最近は少し慣れてきて
(というか図太くなってきて)「転んでもタダでは起きん」というか
「七転び八起き三蹴り」ぐらいな感じになってきました(笑)。

とりあえず、このデザインで年越しをしたいと思います♪
 

 

 

初秋は「桔梗図」

今年の夏の手ぬぐいも気に入っていたのですが、さすがに9月。
気温も湿度も下がってきて、虫の音が秋らしくなってきました。
先日、納涼歌舞伎を観に行ったときに、
「次に歌舞伎座に来るのは10月以降だなあ」と気づいたため、
買っておいた手ぬぐいに差し替えました♪

桔梗図
「桔梗図」です。最近お気に入りの濱文様さんのもの。
これもなかなか気に入っております。 

そう言えば、幼いころに庭に植えられた桔梗の、風船のように
ふくらんだつぼみを、片っ端から潰していたなあ・・なんて
思い出しました(笑)。

桔梗のような派手ではない花の良さは、歳をとってから
分かるようになりましたねぇ。


次に歌舞伎座に行ったら、晩秋〜初冬向けのものを探そうっと。





夏の木陰

先日歌舞伎座に行ってきたときに、夏に向けて新しいてぬぐいをGET。

初夏の手拭い
「かまわぬ」の手拭が多いのだけど、少しあそこの柄にも飽きてきて
どうしようかな〜と思っていたら、売店のすごく隅っこに「濱文様」の
てぬぐいが少し置いてあったのを発見。どれもステキなんです。
他にも買いたいものがありましたが、グッとこらえ、こちらを選択。
「夏の木陰」です。中に白抜きで猫が居たりします(笑)。

気に入ったので、暑いあいだはこの手拭を飾っておこう〜♪
そして次も、濱文様さんの手拭をチェックしよう〜っと。 


 

さすがに忠臣蔵は片付けました

12月に歌舞伎座で「仮名手本忠臣蔵」を観たときに、忠臣蔵柄の
手拭を買って、飾っておりました。忙しくて、手拭の事まで考えが
及びませんでしたが、気づけばもう5月。
いくらなんでも、そろそろ取り替えねばなりますまい。

近々歌舞伎座に行く予定はないしなあ・・・。
過去に飾っていた手拭でお気に入りを再登場させるかな?と
」の手拭を出してアイロンがけしようかな・・と思っていたところ
スキップさんがまたもや 同じ「暫」を飾っているとのこと

何故だ・・。
一度も相談した事がないのに、なぜ同じ手拭を買っているんだ。
しかも二人とも改装前の歌舞伎座で。
そしてなぜ同じタイミングで同じ手拭を飾ろうとしてるんだ(笑)。
思わず笑ってしまいましたが、2度も真似っこするのもね〜と
ちょっと思ったりして、他に無かったかしら?とガサゴソ漁ると
未登場の手拭が1本残っていたのを発見!

手拭い

確か、歌舞伎座が開場して直ぐ、4月に行ったときに買った
1本だと思います。買ったけどイマイチ気に入らなくて
そのまま眠っていたという・・・(笑)。

でも、飾ってみたら意外とよくて、次に歌舞伎座に行って、
新しいものをGETするまでは、この柄でいこう!と
方向性が決まりました(笑)





 

冬は忠臣蔵で。

手拭い額に入れる手ぬぐい、ついつい目にすると買ってしまいそうな
誘惑に駆られてしまうのですが、その度に買っていたらキリがないので
“手ぬぐいは歌舞伎座に行った時だけ買って良し”がマイルール。

そこで、先日(といっても年末)歌舞伎座に行った時に、売店では真っ先に
手拭いを物色したのですが、この手拭いに目が留まりました。
忠臣蔵手拭
忠臣蔵の柄です。
額に入れて飾る場合(特に自室は殺風景なので)繊細な柄
のものよりも、大きく大胆な柄の方が映えるのですよね。

でも、ちょっぴり躊躇ったのは、スキップさんも同じ柄のものを
お買い上げになった・・というのをブログで拝見していたから。
同じものを買っても、同じ場所に住んでいる訳じゃないので
気にしなくてもいいし、クレームが来たりはしないと言う事は
分かっているんですけど(笑)。

でも、やっぱり冬っぽいし、忠臣蔵を観たいい思い出になるので
買っちゃいました♪
春が来るまでは、この手ぬぐいを飾りたいと思います〜。



“秋”ではなくて“助六”で。

“歌舞伎座に行ったら手拭いを買うんだ”
“秋らしい手拭いが欲しいな”
と遠征前にアップしましたが、結局今回はこちらに。

助六手拭い
「助六」の柄の手ぬぐいです。

歌舞伎座の中の売店では、一般的な柄の手拭いもあるんですが
数が多くなくて、歌舞伎柄や歌舞伎座柄のモノが中心。
だったら、派手なのがいいな〜と思って(笑)。

地下の木挽町広場の売店は、少し品ぞろえが違うので
次に行くときは木挽町広場のほうの手拭いにしようかな♪




明日の午後は歌舞伎座♪

本当は1日有給を取って、バスでのんびり東京に向かうはず・・・
だったのですが、外せないアポが2件、午前中に入ってしまったので
午前の仕事が終わり次第、新幹線で東京へ行く事にしました。

そもそも3連休の前日なので、半日でも休めるのはありがたいです。
新しい手拭い
これが現在の手ぬぐい。
買い始めるとキリがないので、歌舞伎座に行った時だけ買うんだ♪
と心に決めております。

秋らしい柄の手ぬぐいを買いたいな〜。
今回は2泊3日、1本・2本・1本という、少し余裕のある観劇スケジュール。
今月はこれで観劇の予定は終わりなので、楽しんでこなくちゃ!





五代目のお目見え

とうとう新しい歌舞伎座のオープン。
3年経ったんですねー。長かったというか、あっという間と言うか。
何せ業務繁忙期につき、職場を出たのが22時近く。
仕事中もネットを覗く余裕もなく、届いていた携帯のメールで
「七緒八クンが出ていたよ」
と言う事を教えてもらったぐらいなのですが、母親曰く
「今日は歌舞伎座のニュースばっかり!」
だったそうですね。幕観席にはすごい行列になったそうですし。

閉場の際にあった顔がいくつも開場で見られなくなっているのが
残念で仕方がないですが。
勘三郎さん、出たかっただろうなあ・・・。
今日も。歌舞伎座の様子を遠くから見ながら悔しがってただろうなあ。
「まったくさー、もう少しで出られたってのに悔しいよ」とか言ってそう。
うっ・・。また泣けそう(/_;)。

手拭額










これ、閉場となった前の歌舞伎座の4月さよなら公演で買った
手ぬぐいです。せっかくなので、額に入れてみました。

これから五代目の歌舞伎座で新しい手ぬぐいを買い足して
いきたいですね。
my初日まで、あと2週間ぐらい。待ち遠しいです♪




秋っぽい柄

今までは歌舞伎座の手ぬぐいを飾っていましたが、折角なので
秋っぽい柄のものに替えてみよう!と思い、買ってきました。

秋の手ぬぐい










う〜ん、何だかイマイチ(ーー;)。
もっと大きな柄の、派手めなものの方が良かったかなぁ・・・。
冬になったら、今回の反省を活かして、違う手ぬぐいを買おう〜っと。

ちなみに、前回「どこから写しても、何かが額に写り込んでしまう」と
思ったのですが、この角度であれば完璧♪という事が発覚しました。

・・・・面倒くさがってベッドに寝そべって写真を撮ったら、それが
結果的に良かった・・という(笑)。



念願の

随分前から「買いたい」と思っていたものの放置状態だったコレ、
ようやく買いました。

手ぬぐい額手ぬぐい額です。















手ぬぐいってデザインが素敵なものが多くて大好き。
「家を建て直したら額に入れて飾ろう」と思って買っておいたものが
何本もあったのです。

手ぬぐいやさんに行けば額も売っているのですが、手ぬぐい屋で
売っている額は、あんな安い造りなのに9000円とか、ありえない
価格設定で、どうしても納得できず。

カリグラフィーでお世話になっている額屋さんでオーダーするつもり
だったのですが、その店は私の生活動線の中には無くて、どうしても
行く機会がないままで、家を建て直して既に1年半以上が経過・・・
さすがに「どうよ?」と思ったので、ネットで探してみました。
すると、サイズも1センチ単位で発注できてフレームの材質、
ガラス・エンビ・アクリルの選択もできて送料無料、というお店発見。
値段も納得できる範囲だし、納期も翌日だし。

・・・まあ、ちゃんと工房がある、そこそこのお店なら、どれも出来て
当たり前の事ばかりなんですが(爆)。


そこで、やっとお買い上げです。
本当は夏らしい爽やかな手ぬぐいにしたかったのですが、手持ちの
手ぬぐいを改めて見てみると、歌舞伎座さよなら公演(4月)で
買ってきたものばかりだったので桜とか、“春”の絵柄ばっかり。
なので、まずは季節感の無い“暫”を飾る事にしました(笑)。
いずれ夏っぽい絵柄のものを買ったら、差し替えよう〜♪

元々はホテルのように何も無い男性的な部屋が私の好み。
“飾る”とか“見せるて収納”とかは私の選択肢の中に無かったので
この部屋の唯一の“装飾”になりました(笑)。





livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定



<9月>
□レ・ミゼラブル@名古屋


<10月>
□人間風車@東京
□関数ドミノ@東京
□「髑髏城の七人」Season風@東京
□トロイ戦争は起こらない@東京


<11月>
□全国芝居小屋錦秋特別公演@岐阜
□プライムたちの夜@東京
□ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ@東京
□ちょっと、まってください@東京
□散歩する侵略者@大阪


<12月>
□荒れ野@豊橋
□ペールギュント@東京
□この熱き私の激情@豊橋
□欲望という名の電車@東京
□The Beauty Queen of Leenane@東京
□ペールギュント@兵庫


<1月>
□黒蜥蜴@東京



以上がチケットGET済み。





●他に興味がある公演はコチラ(9/10更新)



2017年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>4本
■スルース〜探偵〜@名古屋
■新春浅草歌舞伎@東京
□「足跡姫」〜時代錯誤冬幽霊〜@東京
□壽新春大歌舞伎@東京

<2月>5本
■ビッグ・フィッシュ@東京
■陥没@東京
■ロミオ&ジュリエット@東京
■猿若祭二月大歌舞伎@東京
■ザ・空気@豊橋

<3月>6本
■ハテノウタ@大阪
■ロミオ&ジュリエット@大阪
■炎 アンサンディ@東京
■不信〜彼女が嘘をつく理由@東京
■令嬢ジュリー@東京
■死の舞踏@東京

<4月>6本
■白蟻の巣@豊橋
■城塞@東京
■エレクトラ@東京
■王家の紋章@東京×2
■あ、カッコンの竹@名古屋

<5月>8本
■エジソン最後の発明@名古屋
■ハムレット@兵庫
■フェードル@刈谷
■王家の紋章@大阪
□マリアの首@東京
■60'sエレジー@東京
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■王家の紋章@大阪大千秋楽

<6月>6本
■非常の階段@豊橋
■天の敵@大阪
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■グレート・ギャツビー@名古屋
■平成中村座_昼の部@名古屋
■平成中村座_夜の部@名古屋

<7月>8本
■子どもの事情@東京
■怒りをこめて振り返れ@東京
■怪談 牡丹燈籠@東京
■子どものためのシェイクスピア「リア王」@東京
■「髑髏城の七人」Season鳥@東京
■七月大歌舞伎(昼)@大阪
■七月大歌舞伎(夜)@大阪
■Penalty killing remix version@豊橋

<8月>8本
■「東京」@東京
■プレイヤー@東京
■罠@東京
■「髑髏城の七人」Season鳥 2回目@東京
□八月納涼歌舞伎/三部@東京
■八月納涼歌舞伎/一部@東京
■八月納涼歌舞伎/二部@東京
■きゅうりの花@大阪

<9月>9本
□ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと─@豊橋
□あっこのはなし@豊橋
□夜、さよなら 夜が明けないまま、朝 Kと真夜中のほとりで@豊橋
■Glorious!@東京
□CRIMES OF THE HEART―心の罪―@東京
■謎の変奏曲@東京
□ワーニャ伯父さん@東京
■デスノートThe Musical@東京
□幻の国@東京



★★観劇以外のエンタメ★★
■デスノート THE CONCERT@大阪
■KEJI URAI TALK EVENT〜王家の紋章〜
■ライブビューイング「髑髏城の七人 Season鳥」
■KEJI URAI TALK EVENT〜デスノート THE MUSICAL〜




▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★




2017年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:33本(昨年は60本)
読書:12冊(昨年は14冊)
   ※除コミック
観劇:60本(昨年は68本)
その他:4本(昨年は11本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:10回21日
大阪遠征:8回8日

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン