名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 もうOver 40歳なのに、大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

チケットのこと

チケットGET「荒れ野」

土曜日、ふと思い立って(笑)、こちらの舞台のチケット取りました。


穂の国とよはし芸術劇場PLATプロデュース【PLAT開館5年記念事業】
『荒れ野』
作・演出:桑原裕子
出演:平田満、井上加奈子、増子倭文江、中尾諭介、多田香織、小林勝也



PLATは豊橋という私にとっては行くのが辛い場所にある劇場ですが
田舎ながらも、今まででは愛知県で観られなかったような作品を
呼んでくれたり、アフタートークやプレトークを積極的に
行ってくれたり、様々なレクチャーを企画してくれたり・・と、
私にとっては、非常にありがたい存在です。
アフタートーク等では劇場の方が司会進行をして下さるので、演劇の事を
全く知らない地方テレビ局の局アナに進行されるより、断然実のある
話が聞けて地味に嬉しかったりもします。

そのPLATがプロデュースする公演であれば、行きませんとね(笑)。
「ナインテイルズ」も同じことを考えたのですが、あちらは
ミュージカルなので、どうも重い腰が上がらないままだったので(爆)。





チケットGET「黒蜥蜴」

井上芳雄ファンの友人にチケットを頼んでいましたが
「そう言えば、取れてるよ」と言われました(笑)。
チケット、無事に取れていたみたいです。


『黒蜥蜴』
【東京】日生劇場(2018年1月9日〜28日)
原作:江戸川乱歩  脚本:三島由紀夫
演出:デヴィッド・ルヴォー
出演:中谷美紀、井上芳雄、相楽樹、朝海ひかる、たかお鷹、成河 他



最初は見送ろうかと思ったんです、三島由紀夫に苦手感があったので。
でも「白蟻の巣」が思いのほか面白くて、毛嫌いしなくても・・と
思った事と、有名な作品だから、一度は観ておきたいとも思いまして。
原作は江戸川乱歩ですしね。
どうせ観るならキャストに興味のある公演がいいんじゃないか?
と思って、チケットGETに至りました。
はー、チケ取りは本格的に年明けだなー。





どんだけプラチナだよ。

先日当選した「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」の
チケットを今朝発券しました。
その後会社で、「このチケット、人気があるらしいんだよね」
と言いながら、後輩と某チケット販売サイトを試しに開いてみました。

うぉぉ、私が想定していた以上に高騰してる・・。

最安で40,000円で、60,000円ぐらいまでは全部取引中になってる。
90,000円〜150,000円ぐらいのものが多くて、これでも相当高いと
思うんですが、一番びっくりしたのは・・





続きを読む

チケットGET「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」

ちゃんと取れるかどうかドキドキものでしたが、
無事にGET出来ていて一安心でした。


『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』
【東京】世田谷パブリックシアター (10月30日〜11月26日)
作:トム・ストッパード  翻訳・演出:小川絵梨子
出演:生田斗真、菅田将暉、林遣都、半海一晃、安西慎太郎
   松澤一之、立石涼子、小野武彦 ほか



ハムレットに「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
というセリフがあって、「聞いたことがあるフレーズだな」と
思っていたら、同名の舞台作品があったんですよね。
いつか観たいなと思っていたので、上演されると聞いて嬉しくて。

知り合いに「生田君が出ると、チケット取りにくそう」と言ったら
「違うのよ、菅田将暉くんが出るから、取りにくいのよ」と
言われてしまいました。・・・・そうなのかぁ・・・。
私がドラマや邦画を観ないから、そういう事に疎いんですよね。

私は生田君も菅田君もキライじゃないけど、観たこともあるし
“作品”が観たいだけだから、キャストはそんな人気者でなくても
結構なんです。
何なら新国立の養成所の研修生でもよかったのですよ。
修了生は本当に上手な方が多いですしね。
そのせいでチケットが取りづらいって、ありがた迷惑(暴言)。

まあ、なかなかチケットが売れないご時世のようなので、
こういう人気公演も必要だという事も分かります。
シスカンパニーのプロデュース力はすごいですね、毎回。
チケットも無事にGET出来ましたので、有難く楽しませて頂きます〜。
これで年内のチケットで取りづらそうなものはクリア出来たかな。

これからは、本格的に来年のチケ取り期間に入りますねー。




チケットGET「欲望という名の電車」

気になっていたこちらのチケット、無事GETしました。


『欲望という名の電車』
【東京】シアターコクーン(12月8日〜12月28日)
作:テネシー・ウィリアムズ  演出:フィリップ・ブリーン
出演:大竹しのぶ、北村一輝、鈴木杏 ほか


この作品を観るのは3回目になるのかな?
大竹さんがブランチですよね。それは楽しみでもあり、またある程度
想像がつくキャスティングでもあるんですが、海外の演出家の方が
演出すると、どうなるのかなーという点に興味がありまして。
それにしても、本当に海外演出家の演出作品が増えたよな・・。





チケットGET「幻の国」

劇団昴は存じませんでしたが、この作品の事を知って
観たい〜と思っちゃいました。


劇団昴ザ・サード・ステージ第35回公演
『幻の国』
作:古川健  演出:日澤雄介
出演:石田博英、永井誠、渡辺慎平、田中久也、永井将貴、町屋圭祐
福永光生、加藤和将、寺内よりえ、石井ゆき、林佳代子、高山佳音里
落合るみ、関泰子、舘田悠々


観たいと思った理由は、作・演出のお二人。
劇団チョコレートケーキの作家・演出家さんじゃないですか。
てことは、ほぼ劇チョコの作品みたいなもんでしょ(笑)
っていう、かなり乱暴な意見なんですけど(笑)、もともと
劇チョコは役者さんも好きですが、何より作品そのものが
素晴らしいと思っているので、期待大。

しかし、大山駅ってどこよ(笑)。(←東武東上線だそうだ)

ただ、この段階で「上演予定時間は2時間半」と表記してくれて
居るのは助かります、予定が立てやすい。
(実際、この情報があったので、観に行くって決めたし)
まあ、19時開演で2時間半の上演時間、おまけに最寄駅が
大山駅っていう事で、最終の新幹線には間に合わないので(爆)
夜行高速バス決定〜。




チケットGET「散歩する侵略者」

いつかは上演してくれると信じ、待ち続けて6年。やっと願いが叶った!
これがイキウメの一番の代表作だと、私は思っております。
チケットが取れない、なんて事はないと分かっていても、無事に
GETするまでは緊張した〜(笑)。
前回は4列目を取りながら、日付を間違えていて最後列で観た・・という
悲しい出来事があったので(自分が悪いだけなんですけどね。)
今回こそ、前方席でガン観してやる!


『散歩する侵略者』
【大阪】ABCホール(11月23日〜26日)
作・演出:前川知大
出演:浜田信也、安井順平、盛 隆二、森下 創、大窪人衛 
   内田慈、松岡依都美、栩原楽人、天野はな、板垣雄亮



一刻も早く東京で観たいところですが、11月は東京遠征の予定が
パツパツで大阪までおあずけになっちゃいました。
鳴海役を内田慈ちゃん、明日美役は松岡依都美さんとか。
慈ちゃんはイキウメは「奇ッ怪」含めても久しぶりですよね。
やっぱり真治役は浜田さんかなぁ。板垣さんは桜井役って感じでしょうか。
前回観た時は前売りが3,800円だったと思うんですよね。
あれ、4,000円になった頃だったかな?
1,000円の値上がりに、時間の経過と劇団の成長を感じますね。
ああ、待ち遠しい。
でも期待し過ぎると、無駄にハードルをあげちゃうので、できるだけ
フラットに観たいな、と思っています。





チケットGET「ちょっと、まってください」

2年ぶりの劇団公演。
地元にいらっしゃらないならば(津はちょっと″地元”とは言えない)、
私が会いに参りましょう・・・。



ナイロン100℃ 44th SESSION
『ちょっと、まってください』
【東京】本多劇場(11月10日〜12月3日)
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:三宅弘城、大倉孝二、みのすけ、犬山イヌコ、峯村リエ
   村岡希美、藤田秀世、廣川三憲、水野美紀、遠藤雄弥、マギー



『消失』を観た際に「劇団公演は今後2年はありません」とケラさんが
おっしゃっていて、「おい・・、2年も無いのかよ」と思ったのが
つい最近のような気がするんですが、確かに2年前なんですよね。
月日のたつのは速いものだ。

私はケラさんデビューが「労働者M」だったため、当初はちょっと
苦手感が拭えずにいて、ナイロンデビューは遅めなんですが、
それでも、初めて観たのが「30th SESSION」だったようです。
今回が44thだから、随分経ったんだな、と改めて時の流れを
感じてみたりします(笑)。




チケットGET「トロイ戦争は起こらない」「プライムたちの夜」

申し込んでいたチケット、届いていました。
通し券なので2公演。


「トロイ戦争は起こらない」[新訳上演]
【東京】新国立劇場 中劇場(10月5日〜22日)
作:ジャン・ジロドゥ  演出:栗山民也
出演:鈴木亮平、一路真輝、鈴木杏、谷田歩、川久保拓司、金子由之、大鷹明良、三田和代 ほか


「プライムたちの夜」
【東京】新国立劇場 小劇場(11月7日〜26日)
作:ジョーダン・ハリソン  演出:宮田慶子
出演:浅丘ルリ子、香寿たつき、佐川和正、相島一之



新国立の演目は基本的に観る、というスタンスですので、
あまり深く考えていないのですが・・・。
(通し券で買うと割引率が高いという理由もあります)
今まではそれで問題なかったのですが、今年はチケットを取った
後からスケジュールが合わなくなったり、日程が他の舞台と
被ってしまったり・・という事が続いており、通し券で買って
その通り観に行けたのは、1本か2本だけ。
これらも無事、観劇までたどりつけるかどうか・・・(笑)。





チケットGET「この熱き私の激情」

11月はもう遠征の予定がパツパツなので、豊橋とはいえ地元で
上演していただけて助かります。
とはいえ、12月は週末全てがパツパツなので、豊橋で上演されても
かなり無理をして予定を空けた、という感じですが。


『この熱き私の激情
【豊橋】穂の国とよはし芸術劇場PLAT(12月9日 〜12月10日 )
作:ネリー・アルカン  演出:マリー・ブラッサール
出演:松雪泰子、小島聖、初音映莉子、宮本裕子、芦那すみれ、奥野美和、霧矢大夢



作も演出も海外の方かー。どんな感じになるんだろう。
しかし、チケ取りは既に師走突入ですか・・・。









チケットGET「八月納涼歌舞伎」

8月と言えば納涼歌舞伎。
魅力的な演目も多く、何だかんだと毎年観ているような気がします。
とはいえ、1部だけとか、2部だけとか。
でも今年は、3部とも全部興味があって困りました。


『八月納涼歌舞伎
第一部
一、刺青奇偶(いれずみちょうはん)
二、上 玉兎(たまうさぎ)
  下 団子売(だんごうり)

第二部
一、修禅寺物語(しゅぜんじものがたり)
二、歌舞伎座捕物帖(こびきちょうなぞときばなし)

第三部
  野田版 桜の森の満開の下(さくらのもりのまんかいのした)


第三部は絶対観たいじゃないですかー。
第二部は彌十郎丈好きの私としては、やはり観たいし
去年の納涼は第三部しか観ていないので、外せないでしょ。
第一部は見送る?と思ったら、勘太郎君が出るのかー。
・・・全部観るしかないじゃん(爆)。
8月は前半に上京するタイミングが2度あるので、通常の大歌舞伎と
同じスケジュールで上演してくれていれば、分散して
観られたのですが、1泊延泊して詰め詰めで全部観るしかない。

第三部は私は外せなかったので、これより前に別の所で確保済。
全部一等席は厳しいので、他は3等で観るか!と思って本日
歌舞伎会の先行に挑戦しました。
予約開始直後にみると、もう第二部は3等席なんて1枚も残ってない。
あー・・。まあ、人気あるでしょうからねぇ・・・。
第一部は3等Aが若干残ってるレベル。(ちなみに三部も3等席は全く無し)
結局、一部→二部→三部を3等→2等→1等で観ることになりました。
徐々に舞台に近づいていく感じね(笑)。






チケットGET「きゅうりの花」

東京公演のスケジュールがギリギリ合わなくて、今年こそこれは
見送らざるを得ないなぁ、と諦めていたんですが、土曜日に
魔がさして、ふと大阪公演のチケット残状況を見てしまいました。
この段階で負けなんですが(笑)、またいい席が残ってたんですよ。
1列目ですら残ってて。・・・そりゃ、ポチっちゃうでしょ?


土田英生セレクションvol.4『きゅうりの花』
【大阪】 ABCホール
作・演出:土田英生
出演:内田淳子、加藤啓、金替康博、神田聖司、諏訪雅、千葉雅子、土田英生



MONOの出世作らしいとか、MONOの舞台製作をする会社の
名前(キューカンバー)の由来になった舞台だとか、色々聞いていて
元々すごく観たかったから、むしろ「やっぱりね」って感じで(笑)。
お盆の時期は東へ西へと大忙しです。





チケットGET「ペールギュント」

東京公演はまだスケジュールすら出ていませんが、とりあえず
兵庫公演をGET。


『ペール・ギュント』
原作:ヘンリック・イプセン  演出:ヤン・ジョンウン
出演:浦井健治、趣里、万里紗、莉奈、梅村綾子、辻田暁、さつき、浅野雅博
 石橋徹郎、碓井将大、古河耕史、いわいのふ健、今津雅晴、チョウ ヨンホ
 キム デジン、イ ファジョン、キム ボムジン、ソ ドンオ、ユン ダギョン、マルシア



2015年に上演された時もパスした演目ですが、あまり得意なジャンルでは
無い予感がします・・・。イプセンは「人形の家」と「海の夫人」
しか観たことは無いですが。
12月は他にも観たい演目が目白押しなので、東京では観ないかも。
まあ、大晦日に遠征する私もどうかと思いますけどね(爆)。





チケットGET「東京」

8月6日はちょっとした用があり(分かる人には分かるだろうけど)
東京に行くんですが、その用事が1時間ぐらいで終了してしまいます。
1時間のために上京・・と思うと勿体なくて、何か観るものはないか
と、ちょっと探したのですが納涼歌舞伎はまだ始まっていない。
「きゅうりの花」を相当観たかったのですが、劇場が三鷹なので
その用事(品川)の後では間に合いそうもなく、止む無く断念。

そんな時にこれを知りました。


朗読「東京」第五回
出演:渡辺いっけい 中村まこと
朗読作品:黒井千次 著 「たまらん坂」


いっけいさんも、中村まことさんも好きな俳優さんですし、
チケット代もお値打ちです。
15時@池袋は結構ギリギリかなーとは思いますが、同じ時間に
三鷹に行くよりは間に合う確率が高い。(三鷹は駅からも遠いし)
はー、これで上京する罪悪感(何に対する罪悪感なのやら)も
軽減するってもんです(笑)。





チケットGET「リチャード三世」

「東京公演の先行が始まる」と思っていたら、名古屋公演の先行が
ゲリラ的に始まりました(笑)。日付も場所も知らなんだっつーの。
でも名古屋公演なんか期待していなかったので嬉しいわー。

  
『リチャード三世』
【名古屋】名古屋市民会館(11月15日)
作:ウィリアム・シェイクスピア
上演台本・演出:シルヴィウ・プルカレーテ  演出補:谷賢一
出演:佐々木蔵之介 ほか


シェイクスピア作品で海外演出家で、演出補が谷賢一さん。
蜷川さん亡き後、海外演出家の作品が増えていますね。
演出家不足って言われているからな・・・。
でもこのパターン、「マクベス」の時と似てますよね。
私としては、谷さんが演出補をされるなら観てみたい。
他のキャストはよく分かりませんが(爆)以前谷さんが

「演出補で現場にベタで参加します。まだ蔵さん以外発表に
なっていませんが、手練の多い、濃いキャスト陣です。
そしてまだ打ち合わせしてる段階ですが演出がかなり面白そう。
攻めまくってる『リチャード三世』、ご期待下さい。」

とツイートされていたので、素直に期待したいと思います(笑)。


しかし、この劇場は今、借りるのが大変らしい(他に会場が無くて)
という記事を先日読んだばかり。土日になると10団体ぐらいの
抽選になる事もあるんだとか。まあ2ホールあるので大きいほうの
ホールの話だとは思うのですが。名古屋はホールが少なすぎ。







チケットGET「関数ドミノ」

イキウメの公演ではないですけど、作品として好きですし
他の演出家が演出するとどうなるのか?という興味もあって
観てみたいな、と思っていました。


『関数ドミノ』
【東京】本多劇場(10月4日〜10月15日)
作:前川知大  演出:寺十吾
出演:瀬戸康史、柄本時生、小島藤子、鈴木裕樹、山田悠介、池岡亮介
   八幡みゆき、千葉雅子、勝村政信


 
千葉さんとか勝村さんのようなベテランも居れば、瀬戸君のような
若手も居て、なかなか面白そうな座組みです。
リスケした10月の遠征も、これでパズルは一旦コンプリート・・かな。
(あ、あと1本忘れてた・・・)





チケットGET「人間風車」

いつも地方公演をしてくれるPARCOとCUBEの舞台だったので
期待していましたが、どうやら名古屋は来てくれなさそう。
という事で、東京で観るべく遠征をリスケしました。
新潟や長野、仙台や高知も行くのに、華麗な名古屋飛ばし(涙)。


『人間風車』
【東京】東京芸術劇場 プレイハウス
作:後藤ひろひと  演出:河原雅彦
出演:成河、ミムラ、加藤諒、矢崎広、松田凌、今野浩喜、菊池明明、川村紗也
   山本圭祐、小松利昌、佐藤真弓、堀部圭亮、良知真次



大王の3大傑作は「ガマザリ」と「ダブリンの鐘つきカビ人間」、
そしてこの「人間風車」だと私は勝手に思っております。
前者2作は生の舞台を観たことがあるのですが、「人間風車」だけ
11年前に2000年上演版の映像を観たことがあるのみ。
だから、いつか再演する事があれば絶対に観たいと思っていました。
映像で観ただけですが、面白(怖い)かったし、この作品で
阿部サダヲさんの凄さを知った、と言っても過言ではないほど
印象に残っている作品です。

ただ・・・演出がオリジナルのG2さんではなくて、河原さんに
なるって事で、どういう感じになるのかなーとは思いますが。






チケットGET「ワーニャ伯父さん」

ケラさんによるチェーホフシリーズの3作目。
このシリーズはコンプリートするって決めてました。


『ワーニャ伯父さん』
【東京】新国立劇場小劇場(8月27日〜9月26日)
作:A.チェーホフ  演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:段田安則、宮沢りえ、黒木華、山崎一、小野ゆり子
   横田栄司、小野武彦、立石涼子 他



チェーホフの4大戯曲のうち、「ワーニャ伯父さん」だけは
まだ観たことが無い作品ですので、楽しみにしていました。
キャストも魅力的だし、劇場も好きな所だし。
先行は日曜日の12時から。
高速バスで移動中のため、どういう状況なのかが全く読めません。
多少遅延する事も想定していたのですが、11:56の段階で霞が関。
このまま乗車していたら、12時ちょうど位に東京駅だ。
先行に集中できないじゃん・・・と思い、慌てて途中下車。
12:58頃から、林野庁や人事院の前でスマホを持って待機!

まあ、サクっと一発で繋がって一安心だったのですけど、
夕方アクセスしてもまだチケットが残ってた様子。
そんなに焦る必要なかったじゃん・・・





チケットGET「『髑髏城の七人』Season風」

花鳥風月のうち、まだ「花」しか観ていませんが、チケットは
既に「風」に突入です。第一希望は取れなかったけど、第二でGET。
 
劇団☆新感線「『髑髏城の七人』Season風」
【東京】IHIステージアラウンド東京(9月15日〜11月3日)
作:中島かずき  演出:いのうえひでのり
出演:松山ケンイチ、向井理、田中麗奈 、橋本じゅん、山内圭哉、岸井ゆきの 、生瀬勝久 ほか


舞台で拝見した事が無いのは岸井ゆきのさんだけかな。
「風」は天魔王と捨之助が2役だという事と、橋本じゅんさんと、
初・新感線の生瀬さんが特に楽しみ。
でも、全体の遠征スケジュール組み直しのため、せっかくGET
しましたけど、別日で手配し直さなければいけなくなっちゃいました。
遠征は色々と難しいですな、







チケットGET「七月大歌舞伎」@松竹座

久しぶりに歌舞伎会の先行に参戦しました。


『七月大歌舞伎』@大阪松竹座
《昼の部》
一、夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)
二、二人道成寺(ににんどうじょうじ)

《夜の部》
一、舌出三番叟(しただしさんばそう)
二、盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)



特に何か大きな原因がある訳ではないのですが、何となく
歌舞伎を観る事に自信がなくなっていた今日この頃。
でも、先日読んだ本の影響もあるし「盟三五大切」は大歌舞伎でも
観てみたい、と思っていたので大阪まで遠征決定。
どうせ大阪に行くのに夜の部だけしか観ないというのも勿体ないし・・
という事で、昼の部も共にGETです。





チケットGET「マームとジプシー10th Anniversary Tour」

かねてより興味のあったマームとジプシー。
豊橋にも何度も来てくれていますが、ことごとく都合が悪い。
チケットを取っていた「蜷の綿」も無くなってしまったので、
藤田さんの作品は、結局観れないままになっていました。


『マームとジプシー 10th Anniversary Tour』
「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、 そこ、きっと──────」
「あっこのはなし」
「夜、さよなら 夜が明けないまま、朝 Kと真夜中のほとりで」


この公演、最初は「どういうこと?」と思ったんです。
結局、毎日毎日違う舞台を上演するって事ですよね。
同テーマの作品をそれぞれ3作品ずつ集め、再編集した作品3作と
2016年に発表された「あっこのはなし」の全部で4作。
役者さん・・大変だ(驚)。

ただ、そうなると「どれを観るか?」に困る訳です。
マームとジプシーは観たことが無いので、私の好みにハマるか
どうかもわからないし、観たことが無いから選ぶなんて出来ない。
もう・・・分かんないから、平日公演はパスして、それ以外は
全部観てやれ!という事で3公演セット券をチョイス。
1本あたり2,600円ですから、アタればラッキーぐらいの気持ちで。
(結果「クラゲノココロ モモノパノラマ ヒダリメノヒダ」は見送り)

先行のあった土曜日は出勤しており、先行スタート時は接客中のため
参戦できず手が空いた開始後10分過ぎにアクセスしたのですが、
整理番号がほぼ50番ぐらい。さすがにアマヤドリとは違いますね(笑)。
ちょっと舐めてた(笑)。まあ、こればかりは仕方ない。
でも3作の整理番号がほぼみんな同じだったのですよ。
セット券で買っている人が多いんじゃないかな・・・。

それにしても、マームとジプシーの作品って全般的にタイトルが長い・・。





チケットGET「CRIMES OF THE HEART ―心の罪―」

興味のあったコレ、チケットをGETしました。


『CRIMES OF THE HEART ―心の罪―』
【東京】シアタートラム(9月2日〜19日)
作:べス・ヘンリー(原題「Crimes of the Heart」) 演出:小川絵梨子
出演:安田成美、那須佐代子、伊勢佳世、渚あき、中嶋しゅう、岡本健一



仮チラシを見て興味はあったのですが、スケジュールが合わないな
と、当初は諦めておりました。
でも、平日に「Glorious!」に行く事にしたため、半日予定が空き
行けるじゃないか!という事に気づいてしまいまして(笑)。
お前は伊勢佳世ちゃんのストーカーかっ!とか、中嶋しゅうさんと
岡本健一さんが揃って出演する舞台多くない?とか、色々思う事は
ありますが(爆)、楽しみでございます。





チケットGET「Glorious!」

最初は興味が無かったんですけどね、詳細を知ったら何だか
観たくなっちゃって、タイミングも合ったのでご縁を感じてGET。


『Glorious!』
【東京】DDD青山クロスシアター(8月18日〜9月15日)
作:ピーター・キルター    演出:鈴木勝秀
出演:篠井英介、水田航生、彩吹真央 


最初はピンと来なかったのですが、概略をみてこれは昨年公開された
映画「マダム・フローレンス!夢見るふたり」じゃない?と。
メリル・ストリープ好きなので観に行きましたが、映画としては
それほど印象に残るものではなかったんです。
でも、メリルが演じたフローレンスを篠井さんが演じるとなれば
話は別ですから(笑)。チャーミングなフローレンスになるんじゃ
ないかな、と期待しています。

そして劇場は、DDD青山クロスシアターとか。
今年は初めて行く劇場が多いなあ、ワクワク。




チケットGET「The Beauty Queen of Leenane 」

今年の12月の公演、チケット取っちゃいました・・・


2017年度 風姿花伝プロデュース公演
『The Beauty Queen of Leenane 』
【東京】シアター風姿花伝(12月11日〜24日予定〉


風姿花伝プロデュースの舞台、話題になっていたので是非一度
観たいと思っていたのですが、去年もタイミングが合わず
今年こそは!と狙っておりました。
「The Beauty Queen of Leenane 」という作品自体は
何年か前に長塚圭史さんの演出で観たことがある作品です。

それにしても、日程はまだ「予定」だわ(星取り表もない)
演出家もキャストもまだ未発表だわ・・っていうのに
チケット発売するのも凄いよね。
(観劇したい日は9月頃に改めて聞かれるらしい)

それにしても、やっとコートが要らなくなったな・・と思ったら
年末のチケット取りをする事になるとは。やれやれ(笑)。






チケットGET「子供のためのシェイクスピア『リア王』」

名古屋で公演をしてくれなくなって久しい、このカンパニー。
武豊に行ったり、静岡に行ったりしましたが、今回はもう
ツアーの方は、とっとと諦めて東京へ行くことにしました。


『子どものためのシェイクスピア「リア王」
【東京】あうるスポット(7月14日〜19日)
作:W.シェイクスピア 


とはいえ、先行を見逃してしまっていて、一般発売でのGET
となったのですけどね(笑)。
今年はどんな作品になるのかな、楽しみです。
 



 

チケットGET「謎の変奏曲」

今年の井上芳雄くんはミュージカルあり、再演あり、ストプレありと
色々ですね、羨ましい。(浦井くんはミュージカルばっかり、しかも再演多いし。
ペールギュントも「ほぼミュージカル」らしいので)




『謎の変奏曲』
【東京】 世田谷パブリックシアター(2017年9月14日〜24日) 
原作:エリック=エマニュエル・シュミット 演出:森新太郎
出演:橋爪功、井上芳雄
 


芳雄ファンの友人に取ってもらいましたので、席は読めませんが
無事GETで一安心。橋爪さんも素敵ですし、楽しみな1本です。

 

 

チケットGET「プレイヤー」

色んな意味でどうしても観たい公演の一つ。
まずは何と言っても前川さんの作品だから。 そしてキャストも
非常に私好みでございます。
前川さんがこんなキャストで、コクーンでの新作を書くようになるなんて・・。
長塚さんが、考えすぎた演出にしない事を願うばかりです。
 

『プレイヤー』
【東京】シアターコクーン(8月4日〜27日)※大阪/静岡公演あり
作:前川知大  演出:長塚圭史
出演:藤原竜也 、仲村トオル、成海璃子、シルビア・グラブ、峯村リエ
   高橋努、安井順平、長井短、本折最強さとし、木場勝己、飛聖 ほか



無事にGET出来たことはありがたいのですが、平日の昼公演
だというのに、2階席って・・・ _| ̄|○
けっこう期待していたので、かなり落ち込むわ。
「太陽 2068」の時も本当に席が悪かったし、私は前川さんの
外部公演はとことん縁がないらしい(涙)。




 

チケットGET「怪談 牡丹燈篭」

Twitterで先行予約の案内が流れてきて「あれ、5月の予定じゃなかった?」
と思いながら、慌ててGET。
(後から調べたら、やっぱり5月から発売の所もあったみたい)
小さな劇場なので、どこで取って、どの席になってもいいんですけどね。

  
『怪談 牡丹燈篭』
【東京】 すみだパークスタジオ倉(7月14日〜30日)
作:三遊亭円朝  脚本:フジノサツコ  演出:森新太郎
出演:柳下大、 山本亨、西尾友樹、松本紀保、太田緑ロランス、川嶋由莉、青山勝
   松金よね子、花王おさむ、児玉貴志、原口健太郎、宮島健、新上貴美、井下宜久



地味に、というか、あまり大きく広報されていないような気が
するのですが、私的には結構魅力的な作品だったりします。
そして初めての劇場、すみだパークスタジオ倉も楽しみ。
でも一番近い駅が錦糸町で、そこから徒歩12分か、結構遠いな・・。



 

チケットGET「子供の事情」

どう考えても人気公演だろうし、無事GET出来るだろうか・・と
ヒヤヒヤしておりました。


『子供の事情』(7月8日〜8月6日)
【東京】新国立劇場中劇場
作・演出:三谷幸喜
出演:天海祐希、大泉洋、吉田羊、小池栄子、浅野和之、林遺都、青木さやか、伊藤蘭ほか 


三谷さんの舞台に出る天海さんと言えば、直近では
おのれナポレオン」。本当に面白い舞台だったのに、天海さんが
降板という事態になってしまって、 この後天海さんを舞台で拝見が
できるのだろうか・・と考えた事を思い出します。
(「蒼の乱」でだいぶ不安は払しょくされましたけど)

最初に情報を知った時には、このキャストの豪華さにビックリ。
行かない選択肢はなく、何があってもSS席で観たいので、第一希望を
平日公演にする妥協策を立て(この時期は他にも観たい作品が多かったので
丁度良かったのだけど)、チケ取りで後悔したくなかったので、
使い勝手のいい自宅PCで参戦するために、午前の予定は全て
キャンセルして待ち構えておりました(笑)。

結局、1発で繋がって無事GET。 終って、手が震えてたよね(笑)。
なかなか繋がらなかった友人の代わりに、開始15分後ぐらいに
アクセスしてみたところ、ほぼ全席ソールドアウト状態でした。

舞台にハマるきっかけを作った天海さんの舞台ですから、とにかく
楽しみでしかありません(笑)。




 

チケットGET「罠」

公演情報を聞いたとき「おっ」と思ったこの公演、チケット確保。


『罠』
【東京】サンシャイン劇場(8月8日〜15日)
原作:ロベール・トマ  演出:深作健太
出演:加藤和樹、白石美帆、渡部秀、初風緑、山口馬木也、筒井道隆


この作品自体は観たことが無いのですが 、ロベール・トマと言えば
たまたま「W」を観たら面白くて、その後上演された「8人の女たち」
まで観ちゃったよ、という作家さん。
だからこれも観てみたかったんですよね。
それにしても、サンシャイン劇場なんて、何年振りかな、「鋼鉄番長」
観に行った以来かもしれないな。




 
livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定



<9月>
□レ・ミゼラブル@名古屋


<10月>
□人間風車@東京
□関数ドミノ@東京
□「髑髏城の七人」Season風@東京
□トロイ戦争は起こらない@東京


<11月>
□全国芝居小屋錦秋特別公演@岐阜
□プライムたちの夜@東京
□ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ@東京
□ちょっと、まってください@東京
□散歩する侵略者@大阪


<12月>
□荒れ野@豊橋
□ペールギュント@東京
□この熱き私の激情@豊橋
□欲望という名の電車@東京
□The Beauty Queen of Leenane@東京
□ペールギュント@兵庫


<1月>
□黒蜥蜴@東京



以上がチケットGET済み。





●他に興味がある公演はコチラ(9/10更新)



2017年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>4本
■スルース〜探偵〜@名古屋
■新春浅草歌舞伎@東京
□「足跡姫」〜時代錯誤冬幽霊〜@東京
□壽新春大歌舞伎@東京

<2月>5本
■ビッグ・フィッシュ@東京
■陥没@東京
■ロミオ&ジュリエット@東京
■猿若祭二月大歌舞伎@東京
■ザ・空気@豊橋

<3月>6本
■ハテノウタ@大阪
■ロミオ&ジュリエット@大阪
■炎 アンサンディ@東京
■不信〜彼女が嘘をつく理由@東京
■令嬢ジュリー@東京
■死の舞踏@東京

<4月>6本
■白蟻の巣@豊橋
■城塞@東京
■エレクトラ@東京
■王家の紋章@東京×2
■あ、カッコンの竹@名古屋

<5月>8本
■エジソン最後の発明@名古屋
■ハムレット@兵庫
■フェードル@刈谷
■王家の紋章@大阪
□マリアの首@東京
■60'sエレジー@東京
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■王家の紋章@大阪大千秋楽

<6月>6本
■非常の階段@豊橋
■天の敵@大阪
■「髑髏城の七人」Season花@東京
■グレート・ギャツビー@名古屋
■平成中村座_昼の部@名古屋
■平成中村座_夜の部@名古屋

<7月>8本
■子どもの事情@東京
■怒りをこめて振り返れ@東京
■怪談 牡丹燈籠@東京
■子どものためのシェイクスピア「リア王」@東京
■「髑髏城の七人」Season鳥@東京
■七月大歌舞伎(昼)@大阪
■七月大歌舞伎(夜)@大阪
■Penalty killing remix version@豊橋

<8月>8本
■「東京」@東京
■プレイヤー@東京
■罠@東京
■「髑髏城の七人」Season鳥 2回目@東京
□八月納涼歌舞伎/三部@東京
■八月納涼歌舞伎/一部@東京
■八月納涼歌舞伎/二部@東京
■きゅうりの花@大阪

<9月>9本
□ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと─@豊橋
□あっこのはなし@豊橋
□夜、さよなら 夜が明けないまま、朝 Kと真夜中のほとりで@豊橋
■Glorious!@東京
□CRIMES OF THE HEART―心の罪―@東京
■謎の変奏曲@東京
□ワーニャ伯父さん@東京
■デスノートThe Musical@東京
□幻の国@東京



★★観劇以外のエンタメ★★
■デスノート THE CONCERT@大阪
■KEJI URAI TALK EVENT〜王家の紋章〜
■ライブビューイング「髑髏城の七人 Season鳥」
■KEJI URAI TALK EVENT〜デスノート THE MUSICAL〜




▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★




2017年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:33本(昨年は60本)
読書:12冊(昨年は14冊)
   ※除コミック
観劇:60本(昨年は68本)
その他:4本(昨年は11本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:10回21日
大阪遠征:8回8日

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン