名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 もうOver 40歳なのに、大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

チケットのこと

チケットGET「The Beauty Queen of Leenane 」

今年の12月の公演、チケット取っちゃいました・・・


2017年度 風姿花伝プロデュース公演
『The Beauty Queen of Leenane 』
【東京】シアター風姿花伝(12月11日〜24日予定〉


風姿花伝プロデュースの舞台、話題になっていたので是非一度
観たいと思っていたのですが、去年もタイミングが合わず
今年こそは!と狙っておりました。
「The Beauty Queen of Leenane 」という作品自体は
何年か前に長塚圭史さんの演出で観たことがある作品です。

それにしても、日程はまだ「予定」だわ(星取り表もない)
演出家もキャストもまだ未発表だわ・・っていうのに
チケット発売するのも凄いよね。
(観劇したい日は9月頃に改めて聞かれるらしい)

それにしても、やっとコートが要らなくなったな・・と思ったら
年末のチケット取りをする事になるとは。やれやれ(笑)。






チケットGET「子供のためのシェイクスピア『リア王』」

名古屋で公演をしてくれなくなって久しい、このカンパニー。
武豊に行ったり、静岡に行ったりしましたが、今回はもう
ツアーの方は、とっとと諦めて東京へ行くことにしました。


『子どものためのシェイクスピア「リア王」
【東京】あうるスポット(7月14日〜19日)
作:W.シェイクスピア 


とはいえ、先行を見逃してしまっていて、一般発売でのGET
となったのですけどね(笑)。
今年はどんな作品になるのかな、楽しみです。
 



 

チケットGET「謎の変奏曲」

今年の井上芳雄くんはミュージカルあり、再演あり、ストプレありと
色々ですね、羨ましい。(浦井くんはミュージカルばっかり、しかも再演多いし。
ペールギュントも「ほぼミュージカル」らしいので)




『謎の変奏曲』
【東京】 世田谷パブリックシアター(2017年9月14日〜24日) 
原作:エリック=エマニュエル・シュミット 演出:森新太郎
出演:橋爪功、井上芳雄
 


芳雄ファンの友人に取ってもらいましたので、席は読めませんが
無事GETで一安心。橋爪さんも素敵ですし、楽しみな1本です。

 

 

チケットGET「プレイヤー」

色んな意味でどうしても観たい公演の一つ。
まずは何と言っても前川さんの作品だから。 そしてキャストも
非常に私好みでございます。
前川さんがこんなキャストで、コクーンでの新作を書くようになるなんて・・。
長塚さんが、考えすぎた演出にしない事を願うばかりです。
 

『プレイヤー』
【東京】シアターコクーン(8月4日〜27日)※大阪/静岡公演あり
作:前川知大  演出:長塚圭史
出演:藤原竜也 、仲村トオル、成海璃子、シルビア・グラブ、峯村リエ
   高橋努、安井順平、長井短、本折最強さとし、木場勝己、飛聖 ほか



無事にGET出来たことはありがたいのですが、平日の昼公演
だというのに、2階席って・・・ _| ̄|○
けっこう期待していたので、かなり落ち込むわ。
「太陽 2068」の時も本当に席が悪かったし、私は前川さんの
外部公演はとことん縁がないらしい(涙)。




 

チケットGET「怪談 牡丹燈篭」

Twitterで先行予約の案内が流れてきて「あれ、5月の予定じゃなかった?」
と思いながら、慌ててGET。
(後から調べたら、やっぱり5月から発売の所もあったみたい)
小さな劇場なので、どこで取って、どの席になってもいいんですけどね。

  
『怪談 牡丹燈篭』
【東京】 すみだパークスタジオ倉(7月14日〜30日)
作:三遊亭円朝  脚本:フジノサツコ  演出:森新太郎
出演:柳下大、 山本亨、西尾友樹、松本紀保、太田緑ロランス、川嶋由莉、青山勝
   松金よね子、花王おさむ、児玉貴志、原口健太郎、宮島健、新上貴美、井下宜久



地味に、というか、あまり大きく広報されていないような気が
するのですが、私的には結構魅力的な作品だったりします。
そして初めての劇場、すみだパークスタジオ倉も楽しみ。
でも一番近い駅が錦糸町で、そこから徒歩12分か、結構遠いな・・。



 

チケットGET「子供の事情」

どう考えても人気公演だろうし、無事GET出来るだろうか・・と
ヒヤヒヤしておりました。


『子供の事情』(7月8日〜8月6日)
【東京】新国立劇場中劇場
作・演出:三谷幸喜
出演:天海祐希、大泉洋、吉田羊、小池栄子、浅野和之、林遺都、青木さやか、伊藤蘭ほか 


三谷さんの舞台に出る天海さんと言えば、直近では
おのれナポレオン」。本当に面白い舞台だったのに、天海さんが
降板という事態になってしまって、 この後天海さんを舞台で拝見が
できるのだろうか・・と考えた事を思い出します。
(「蒼の乱」でだいぶ不安は払しょくされましたけど)

最初に情報を知った時には、このキャストの豪華さにビックリ。
行かない選択肢はなく、何があってもSS席で観たいので、第一希望を
平日公演にする妥協策を立て(この時期は他にも観たい作品が多かったので
丁度良かったのだけど)、チケ取りで後悔したくなかったので、
使い勝手のいい自宅PCで参戦するために、午前の予定は全て
キャンセルして待ち構えておりました(笑)。

結局、1発で繋がって無事GET。 終って、手が震えてたよね(笑)。
なかなか繋がらなかった友人の代わりに、開始15分後ぐらいに
アクセスしてみたところ、ほぼ全席ソールドアウト状態でした。

舞台にハマるきっかけを作った天海さんの舞台ですから、とにかく
楽しみでしかありません(笑)。




 

チケットGET「罠」

公演情報を聞いたとき「おっ」と思ったこの公演、チケット確保。


『罠』
【東京】サンシャイン劇場(8月8日〜15日)
原作:ロベール・トマ  演出:深作健太
出演:加藤和樹、白石美帆、渡部秀、初風緑、山口馬木也、筒井道隆


この作品自体は観たことが無いのですが 、ロベール・トマと言えば
たまたま「W」を観たら面白くて、その後上演された「8人の女たち」
まで観ちゃったよ、という作家さん。
だからこれも観てみたかったんですよね。
それにしても、サンシャイン劇場なんて、何年振りかな、「鋼鉄番長」
観に行った以来かもしれないな。




 

チケットGET「60’sエレジー」

これ、どうしても行ってみたかったんですよね。
ていうか、絶対行くって決めておりました。
 

『60’sエレジー』
【東京】新宿サンモールスタジオ(5月3日〜21日) 
作:古川健  演出:日澤雄介
出演:浅井伸治、岡本篤、西尾友樹、林竜三、日比野線、浦田大地、栗原孝順、佐藤みゆき


 「ラインの向こう」も「治天の君」も、とってもいい舞台で
次も絶対に観たい、って思ってたんですよね。
イキウメを観て「次も絶対に観たい」と思った時に似てる。

整理番号も無い全席自由席で、チケット代も当日清算ってのは初めて。
昔はイキウメも3000円台でしたけど、席は全席指定でしたしね。 
まあ、どうしても遠征してまで観たいと思うのは
大きな劇場で上演される舞台が多くなってしまうので。


うん、楽しみだ♪




 

チケットGET「デスノート The Musical」

チケ取は春も夏も飛び越えて秋に突入した感がありますな。


『デスノート The Musical』
【東京】新国立劇場 中劇場(9月2日〜24日)
演出:栗山民也
出演:浦井健治/柿澤勇人(Wキャスト)、小池徹平、唯月ふうか
   盒恐摸、濱田めぐみ、石井一孝、別所哲也 ほか 



こちらは再演。初演も観ておりまして、決して嫌いな作品ではないし
WOWOWで放送されたものも、ちょくちょく観る程度には好き。
でも、浦井君が出演していなければチケットは取らなかっただろうな。
ということで、1度だけ観に行きます。
1度だけの観劇なので、せめて真ん中位の席が来るといいんだけど・・。




 

チケットGET「レ・ミゼラブル」@中日劇場

チケットに関するエントリーが久しぶり!な気がしますが
9月〜10月公演のチケットという事で、気が遠くなりそうです(笑)。

 
『レ・ミゼラブル』
【名古屋】中日劇場(2017年9月25日〜10月16日)


和音美桜さんや橋本じゅんさんは名古屋公演には出演しないし
ダブルキャストも前半・後半で入れ替わる事が多いので
どうしても、観たい組合せにはなり得ないのが地方公演の
残念な所なのですが、かといってその為だけに遠征するって
程でもなくて、ちょっと不完全燃焼感があるのは事実です。

新演出になった頃のレミゼ熱はすっかり失せていますので、
何なら、もう行かなくてもいいか・・ぐらいのテンションでは
ありましたが、中日劇場に行けるのもあと何回だろう・・
と思うと、やはり行っておかなきゃ!という事で。


 
 

チケットGET「天の敵」

土曜日に大阪に向かうアーバンライナーが10時発車だったため
隣に座るKさんとそれぞれ別の日をGETするために発車と同時に
チケットGET開始!
アクセス集中のため、繋がりづらかったけど、二人とも無事に
希望日GET。 昔はスイスイで取れたのになぁ・・・。
そして、気づくとチケット代が1000円も値上がりしてるわ(笑)。
(前が安すぎたと思うし、今でも安いので文句はない)

 
「天の敵」
作・演出:前川知大
出演:浜田信也、安井順平、盛隆二、森下創、大窪人衛、斧ゆり子、
  太田緑ロランス、松澤傑、有川マコト、村岡希美



これは「図書館的人生Vol3. 食べ物連鎖」という短編集が2010年に
上演されておりまして、その中の「人生という、死に至る病に効果あり」
という作品(作品ごとに“前菜”、“魚料理”、″肉料理”、“デザート”と
副題がつけられており、これは″肉料理”。)を抜きだし、1本の作品に
書き上げたというもの。
 
「獣の柱」も、「図書館的人生Vol.2 盾と矛」の中の1作である
「瞬きさせない宇宙の『幸福』」をリライトしたものなので、
似たような作り方と言う事になりますね。

既に「図書館的人生Vol3. 食べ物連鎖」が上演されている頃はイキウメに
ハマリ、公演を観ていたんですが、この作品だけは観ていないんです。
短編と言うカテゴリが苦手な事と、スケジュールが合わなかったので。
その後DVDで作品だけは観たのですが、この「人生という、死に至る病に
効果あり」がすごく面白くて、何で観に行かなかったんだ! と大後悔。

だからこの公演の事を知って、本当に嬉しくて。
でも、板垣雄亮さんはご出演にならないんだなぁ・・。
長谷川卯太郎は誰になるんだろう。安井さんかなぁ・・?



 

チケットGET「『髑髏城の七人』Season鳥」

夜、残業の合間にスマホでメールチェックをしたら、
「抽選結果のご連絡」のメールが来ていたのですが、一体何に
エントリーしていたのかも忘れておりました(爆)。コレですね。


劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season鳥
【東京】IHIステージアラウンド東京
作:中島かずき  演出:いのうえひでのり
演出:阿部サダヲ、森山未來、早乙女太一、松雪泰子、粟根まこと、福田転球
 少路勇介、清水葉月、梶原善、池田成志  他 



ほんと、新感線は(というかVACは)最後列近くとか2階席とかしか
回ってこないので(私には、ね。)、今度もどんな遠方席になることやら。
でも、「Season花」よりも、全体的なキャスティングとしては
「Season鳥」の方に興味アリなので嬉しいです。
「花」は3回分チケットを取っていたのですが、「鳥」の情報知ったら
「うーん、3回は多い気がする」と思い、1枚手放しちゃいました(笑)。

とりあえず1公演のみGETしましたが、もう1公演ぐらい観たいなあ。 
でも、他に同時に観たい作品のスケジュールが未だ分からないのと
どこなら仕事が休めそうなのかが読めず、なかなか手が出せない(涙)。




 

チケットGET「怒りをこめて振り返れ」

こちらもチケットが届きました。


JAPAN MEETS...現代劇の系譜をひもとく― Ⅻ
「怒りをこめてふり返れ」
【東京】 新国立劇場 小劇場(2017年7月12日〜30日)
作:ジョン・オズボーン    演出:千葉哲也
出演:中村倫也、中村ゆり、浅利陽介、三津谷葉子、真那胡敬二



中村倫也クンもずいぶん舞台で拝見していると思いますが
今ではCMにも出ていて、 ご活躍ですね。
はぁ、チケ取りの世界は既に7月ですか。
これから来たるべき先行のために、夏休みの計画を立てねば、だけど
今はまだ2月で、今朝は雪がチラついてたっつーの。 



 

チケットGET「君が人生の時」

悩んだのですが、とりあえずGET。
新国立でも、さすがにキャストにJの人が居ると、チケットの
先行スケジュールがいつもと勝手が違います・・・。


JAPAN MEETS...現代劇の系譜をひもとく― Ⅺ
「君が人生の時」
【東京】 新国立劇場 中劇場(2017年6月13日〜7月2日)
作:ウィリアム・サローヤン  演出:宮田慶子
出演:坂本昌行、野々すみ花、丸山智己、橋本淳、下総源太朗、沢田冬樹
  中山祐一朗、石橋徹郎、枝元萌、瀬戸さおり、渋谷はるか、RON×
  かみむら周平、林田航平、野坂弘、二木咲子、永澤洋、寺内淳志、坂川慶成
  永田涼、一柳みる、篠塚勝、原金太郎、木場勝己



勿論、観たいからチケットを取ったのですが、 6月はこれとは別に
上京予定が既にあるんですよね、「髑髏城の七人」があるので。
この作品のために、わざわざ遠征を追加するかどうか・・・。
ただ、かみむら周平さんがキャストに入っているという事に
とっても興味があるので悩ましい。
そして、そういう公演って無駄に前方のセンターという
いい席がやってくるんですよねぇ・・。




 

チケットGET「グレート・ギャツビー」

最初に聞いたときは「行きたい!」と思ったものの、それから徐々に
トーンダウンしてしまった公演です(笑)。


『グレート・ギャツビー』@名古屋
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
脚本/演出:小池修一郎
出演:井上芳雄、夢咲ねね 他


公演スケジュールを見て「ふざけてんのか?」と言っちゃったよね(笑)。
平日はほぼ毎日、マチネのみ。ソワレがあっても、17時開演。
普通にフルタイムで働いていたら、17時開演にどれだけの人が
行けると思ってるんだろう・・・。
そりゃ東京のように観劇人口が多ければ、それもいいのかもしれませんが
名古屋公演でこれは・・・。
で、更に活きたい気持ちがトーンダウンし、お友達と一緒に
エントリーしてもらい、取れれば行く、取れなければ行かない、と
割り切っていたら、取れていたそうです(爆)。

半日有給を取るか、フレックスを使って早上がりしなきゃだわ。
まあ、中日劇場にもあと何回行けるか、ですからね。





チケットGET「エレクトラ」

公演情報が出たのは随分と前な気がします。
その頃から観たいと思っていました。


「エレクトラ」
【東京】 世田谷パブリックシアター(2017年4月14日〜23日)
演出:鵜山仁
出演:高畑充希、白石加代子、麿赤兒、中嶋朋子、横田栄司他
 


高畑充希さんは 「奇跡の人」やら「ピーターパン」やらで、何作も
観ているのですが、白石さんとの共演という所に興味がありまして。
やっとチケットを手配出来て、ようやく落ち着きました。 





チケットGET「エジソン最後の発明」

「ふーん」と思いながら公演情報を見ていたら、名古屋公演あり
とのことでビックリした作品です。
遠征までは少々悩みますが、地元であれば観てみたいな、と。

 
『エジソン最後の発明』
【名古屋】 
作・演出:青木豪
出演:瀬奈じゅん、東山義久、小野武彦 他


東山義久さん、好きな俳優さんなんですが、なかなか彼がメインで
活躍するフィールドと、私がよく観るジャンルが重ならないようで、
すごく久しぶりになってしまいました。
彼のアンジョルラスは今でも、とても記憶に残っております。
恐らく、マイ・ベスト・アンジョじゃないかな(笑)。
青木豪さんも、最初は(根拠なく)苦手意識を持っていたのですが
最近は「実はこの人の脚本、好きかも」と思い始めてきた所でして(笑)、
その辺りも、確認してみたいと思います♪

・・・ったく、この年の瀬にチケットの話題ばっかだよ(爆)。

 
 
 
 

チケットGET「王家の紋章」

今年の初演も観に行きましたが、その際に再演も観たいなーと
思っておりました。あまり積極的に再演を観るほうではないので
まぁ、珍しいほうだと思います。もちろん浦井君も観たいですが、
何よりも濱田めぐみさんのアイシスが素晴らしすぎて。


『王家の紋章』
【東京】 帝国劇場(4月8日〜5月7日)
原作:細川智栄子あんど芙〜みん「王家の紋章」
脚本・作詞・演出:荻田浩一  作・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ 
出演:浦井健治、宮澤佐江・新妻聖子[Wキャスト]、宮野真守・平方元基[Wキャスト]
伊礼彼方、愛加あゆ、出雲綾、矢田悠祐、木暮真一郎 、濱田めぐみ、山口祐一郎 他 



どうやら再演では新曲も追加される様子。
今回は大阪公演もあるので、東京では1度ぐらいでいいかなーと
思っていたのですが、スケジュールが流動的なのと、初演が
あまりにもチケットが取りづらい状態になっていたので、幾つか
エントリーしていたら、全部取れちゃったという・・・(爆)。 
もう一度スケジュールを見なおさなくちゃね〜。



 

チケットGET「ハテノウタ」

名古屋公演が無いんだよね、来年は。
(今年の公演のカーテンコールで、その旨は聞いていましたが)
四日市でもいいか・・と思ったのですが、その日は東京遠征の日と
重なっており、四日市には行けない事が判明。
東京か大阪まで行くか、諦めるか・・・・。


『ハテノウタ』
作・演出:土田英生
出演:水沼健、奥村泰彦、尾方宣久、金替康博、土田英生
  松永渚、高橋明日香、松原由希子、浦嶋りんこ



悩んだのですが、「あらすじ」的なものを読んだら、俄然興味が
出てきてしまい、結局、大阪公演のチケットを取ってしまいました。 
気軽に大阪に行くのは止めようって、心に決めたばかりなんですが。
ま・・観たいんだから、仕方ないですよね(笑)。
再来年は出身地だし、是非、愛知県で公演してください、土田さん・・・。


 
 

チケットGET「不信〜彼女が嘘をつく理由」

取れたら行く、取れなかったら諦める・・でエントリーしたら
取れてました(笑)。

 
『不信〜彼女が嘘をつく理由』
【東京】東京芸術劇場 シアターイースト(3月4日〜4月3日)
作・演出:三谷幸喜 
出演:段田安則、優香、栗原英雄、戸田恵子


三谷さんの作品は、「面白そう」とか「面白いといいな」と期待感が
高まる作品が多いんですよね。
なので、ついエントリーしてしまいます(笑)。
うん、面白いといいなー。
それにしても「O列」って、どこなんだろう??
 


 

チケットGET「フェードル」

これはもう1週間以上も前にGETした公演なのですが、
一応、自分の覚え書きなのでアップしておきます。
(チケ取りと観劇が続いていて、書きそびれたままでした)


『フェードル』
【刈谷】刈谷市総合文化センター大ホール(2017年5月6日〜7日) 
作:ジャン・バティスト・ラシーヌ  演出:栗山民也
出演:大竹しのぶ、平岳大、門脇麦、谷田歩、斉藤まりえ、藤井咲有里、キムラ緑子、今井清隆



この公演の情報が出たときから、地公演はからっきし期待しておらず
遠征するものだとばかり思っておりましたら、愛知公演あり!と。
“愛知公演”かあ、“名古屋公演”ではなく。
豊橋か刈谷・・等と思っていたら、刈谷でございましたね。
大竹さんもですが、ドリさんことキムラ緑子さんも観たいな、と思いまして。
それにしてもこれ、来年のゴールデンウィークの頃の話ですよね。
毎度のことながら、先過ぎて笑えちゃいますよ。 




 

チケットGET「ハムレット」

このキャストだったら行きたいなーと思っていたのですが、
4月は予定がパツパツだった事と、芸劇の先行は不慣れなため
面倒になっちゃって、兵庫公演のチケットに手を出しました(笑)。

 
『ハムレット』
【兵庫】兵庫県芸術文化センター
作:ウィリアム・シェイクスピア  訳:松岡和子   演出:ジョン・ケアード 
出演:内野聖陽、貫地谷しほり、北村有起哉、加藤和樹、山口馬木也、今拓哉
  大重わたる、村岡哲至、内堀律子、深見由真、壌晴彦、村井國夫、浅野ゆう子、國村隼
 


席を選べる先行っていいですよねー。
2列目のセンターブロックGETできました。
まあ、どうせ来年のGWもどこにも行かないだろうから、
兵芸に行ったついでに、兵庫の観光なんかしちゃう?と思ったけど
劇場近くの観光地って何なのかがよく分かってない(爆)。




 

チケットGET「令嬢ジュリー」「死の舞踏」

今回この先行のある時間帯は、豊橋に向かう電車の中。
Wi-FiもなくLTEでの接続になっちゃうし、もともとモバイル通信は
信用ならんと思っているので(笑)、どうしようか・・・と思いましたが
両方とも無事GETしました。


『令嬢ジュリー』
【東京】シアターコクーン(2017年3月10日〜4月1日)
作:ストリンドベリ 演出:小川絵梨子
出演:城田優、小野ゆり子、伊勢佳世

『死の舞踏』
【東京】シアターコクーン(2017年3月10日〜4月1日)
作:ストリンドベリ 演出:小川絵梨子 
出演:池田成志、神野三鈴、音尾琢真
 


ストリンドベリの作品は恐らく初めて。
「令嬢ジュリー」は城田君の初めてのストプレで、「死の舞踏」は
もともと平さんが主演のところ、成志さんがその後を継ぐことになった
作品でもありますが、劇場を2分割して交互上演・・という企画に
興味もあり、また両方観る事に何か意味があるのではないか
という気もしたので、一日コクーンにお籠りとなりました。
個人的には、伊勢さんがシスカンパニーの舞台に出演する事になり
順調に活動の場を広げているなぁ、と感慨深いです。



 

チケットGET「炎 アンサンディ」

この作品は2014年に上演した時にも観たいと思ったのですが
どうしても遠征スケジュールに組み込めなくて見送り。
評判も良かったので、悔しかったのですよね。
だから、再演と聞いてうれしくて、今度こそは必ず!と思っていました。


『炎 アンサンディ』
【東京】シアタートラム(3月4日〜3月19日)
作:ワジディ・ムワワド  演出:上村聡史
出演:麻実れい、栗田桃子、小柳友、中村彰男、那須佐代子、中嶋しゅう、岡本健一 


この日も10時 30分からホットヨガのレッスンに予約を入れていたため
スタジオの隣のビルにあるコンビニでコーヒーを飲みながら待機し
そのまま参戦、終わり次第スタジオへ!
ちょっと操作をミスったりはしましたが、すんなり取れたので無事に
ホットヨガも行けて一安心でございました。 




 

チケットGET「かさなる視点−日本戯曲の力−」

新国立劇場の2016/2017シーズン
「かさなる視点−日本戯曲の力−」の通し券が届きました。

かさなる視点
 
三島由紀夫×谷賢一「白蟻の巣」 
安部公房×上村聡史「城塞」
田中千禾夫×小川絵梨子「マリアの首−幻に長崎を想う曲−」


申し込んだのが先月末ぐらいだったのですが、その段階で
3月〜5月の遠征日程を決めるというのは、かなり賭けなんです。
(まだほかの公演のスケジュールが出ていないことが殆どなので)
今回はかなりこの“賭け”に負けた感が強い。

3月が特に“やっちまった”感があって・・・・。
三島由紀夫は恐らく苦手だと思うのですが(笑)、谷賢一さんの
演出作品は観たいので、「白蟻の巣」だけは豊橋で取り直す事も
選択肢に入れて考えなければ。



 

チケットGET「壽新春大歌舞伎」@新橋演舞場

1月は毎年魅力的な演目が各劇場で上演されているものの
浅草ばかりに行っている私。
来年は他の劇場にも行ってみよう・・と思っておりまして、
早速チケットをGET致しました。


『壽新春大歌舞伎』@新橋演舞場
通し狂言 雙生隅田川(ふたごすみだがわ)
 吉田少将館奥殿より
 琵琶湖鯉つかみまで


私はまだ「黒塚」を観たことが無いという事もあって、昼夜とも
興味があったのですよね。 どうしよう・・と散々悩みましたが
通し狂言の昼の部のみでガマン。
あとは歌舞伎座の夜の部まで行くかどうか。うーむ。



 

チケットGET「新春浅草歌舞伎」

この演目が観たい!とか、この俳優さんが観たい!というより
お正月だから、行っとく?的な感覚で来年分もチケット取りました。


『新春浅草歌舞伎』昼の部
お年玉〈年始ご挨拶〉
一、傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
 土佐将監閑居の場
二、吉野山(よしのやま)



1月は演舞場にも興味があるので、浅草は昼の部だけね。
また浅草寺にお詣りして、おみくじ引かなきゃ。
・・・・ああ、今年の1月に浅草寺でおみくじを引いたのはつい
数か月前って感じなのに、もうすぐ1年ですか _| ̄|○




 

チケットGET「ザ・空気」

二兎社はねぇ・・・デフォルトで全国ツアーをやってくれるのはありがたい
のですが、基本的に名古屋には来ないのですよ。意図的ですか?という程。
なので、珍しく名古屋公演があった「歌わせたい男たち」しか観た事がなく
豊橋まで行く気になった「こんばんは、父さん」はチケットが取れず
映像で観たのみ。「書く女」はスケジュールが合わなくて、とことん
縁が無いなぁと思っておりました。


『ザ・空気』
【豊橋】穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール(2月18日)
作・演出:永井愛
出演:田中哲司、若村麻由美、木場勝巳 他



最近は自分も豊橋に行く事に抵抗が無くなってきましたし、内容も
面白そうだったし、スケジュールも前もって空けておいたので、問題なし。
そんなに激戦になる予感はなかったのですが、最近は予想を裏切って
チケット難になる公演もあるので油断は出来なくて。
10時30分からホットヨガのレッスンがあるので、スタジオの近くで
お茶を飲みながら参戦しました。

・・・結果、楽勝でしたね(笑)。

プレトークまでは行けませんけど、地方公演が無かったら遠征の際に
観劇してもいいな、と思う作品だったのでありがたいです。



 
 

チケットGET「あらしのよるに」

初演の際には、ちょうど観劇が重なっている時期で忙しかった事と

このために京都まで行くのは・・という思いが重なってパス。

でも評判がよかったし、舞台中継が放送されてそれを観ても面白いな

と思ったので、次回再演があったら観てみたいと思っていました。



『十二月大歌舞伎 第一部「あらしのよるに」』
 

 

再演のウワサは前より耳に入っていたのですが、南座は使えないし
いつ、どこで上演されるんだろう?と思っておりました。
12月かぁ・・・既に予定がパンパンなんだよな、と思ったのですが
待てよ、ハイバイも観たいから、もう1泊延泊しちゃう?!と言う事で
観劇が叶いました。

でも出来るなら、歌舞伎とハイバイを観る間に時間が空くから
もう1本ぐらい観たいところだったわ(爆)。





チケットGET「ビッグ・フィッシュ」

恐らく、浦井君が出演しなければ観に行かなかったであろう1本。
無事チケットGETしました。


『ビッグ・フィッシュ』
【東京】日生劇場(2017年2月7日〜28)
脚本:ジョン・オーガスト  音楽・詞:アンドリュー・リッパ
演出:白井晃
出演:浦井健治、川平慈英、霧矢大夢 
 

元々は映画だという事ですが、私自身が基本的に
ティム・バートンが苦手なのですよね。(「ビッグ・アイズ」は例外)
友人は「チャーリーとチョコレート工場」が大好きで、遊びに行くと
BGM的によく流れているのですが、良さがサッパリ・・分からない。
基本的に好みがコンサバだからダメなんだよな、私。
ということで、事前に映画を観ようという気持ちになれないので(笑)
ぶっつけ本番で楽しみたいと思います!
この作品の中から1曲を、先日のコンサートで浦井君が披露して
くれましたが、曲は良かったですからね。
 

 
 
 
livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定


<5月>
□王家の紋章@大阪


<6月>
□非常の階段@豊橋
□天の敵@大阪
□平成中村座@名古屋
□「髑髏城の七人」Season花@東京
□グレート・ギャツビー@名古屋


<7月>
□怒りをこめて振り返れ@東京
□怪談 牡丹燈籠@東京
□「髑髏城の七人」Season鳥@東京
□Penalty killing remix version@豊橋


<8月>
□プレイヤー@東京
□子どもの事情@東京
□罠@東京
□「髑髏城の七人」Season鳥@東京


<9月>
□謎の変奏曲@東京
□デスノートThe Musical@東京
□レ・ミゼラブル@名古屋


<12月>
□The Beauty Queen of Leenane@東京



以上がチケットGET済み。





●他に興味がある公演はコチラ(5/15更新)



2017年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています

<1月>4本
■スルース〜探偵〜@名古屋
■新春浅草歌舞伎@東京
□「足跡姫」〜時代錯誤冬幽霊〜@東京
□壽新春大歌舞伎@東京

<2月>5本
■ビッグ・フィッシュ@東京
■陥没@東京
■ロミオ&ジュリエット@東京
■猿若祭二月大歌舞伎@東京
■ザ・空気@豊橋

<3月>6本
■ハテノウタ@大阪
■ロミオ&ジュリエット@大阪
■炎 アンサンディ@東京
■不信〜彼女が嘘をつく理由@東京
■令嬢ジュリー@東京
■死の舞踏@東京

<4月>6本
□白蟻の巣@豊橋
□城塞@東京
■エレクトラ@東京
■王家の紋章@東京×2
■あ、カッコンの竹@名古屋

<5月>6本
■エジソン最後の発明@名古屋
■ハムレット@兵庫
■フェードル@刈谷
□マリアの首@東京
□60'sエレジー@東京
□「髑髏城の七人」Season花@東京



★★観劇以外のエンタメ★★
■デスノート THE CONCERT@大阪
■KEJI URAI TALK EVENT〜王家の紋章〜





▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■




★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★




2017年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:21本(昨年は60本)
読書:4冊(昨年は14冊)
   ※除コミック
観劇:27本(昨年は68本)
その他:2本(昨年は11本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:5回10日
大阪遠征:4回4日

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン