名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。 アラフィフだというのに、こんな状態で大丈夫か?! 遊びすぎで常に貧乏(笑)。

チケットのこと

チケットGET「百年の秘密」

今年のナイロン公演のうち、こちの方が観たかったんですよね。
無事チケットGETです。


 ナイロン100℃ 45th SESSION
『百年の秘密』
【豊橋】 穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール(5月8日〜9日)
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:犬山イヌコ、峯村リエ、みのすけ、大倉孝二、松永玲子、村岡希美
   長田奈麻、廣川三憲、安澤千草、藤田秀世、猪俣三四郎、菊池明明
   小園茉奈、木乃江祐希、伊与勢我無、萩原聖人、泉澤祐希、伊藤梨沙子、山西 惇



豊橋で観られるのは助かる。チケットも他地区に比べて断トツに安い。
まあ、安い分交通費がかかりますしね、平日の夜公演、18時開演って。
豊橋に行くまでに1時間掛かるというのに・・・。
一体、職場を何時に出ればいいのやら。
フレックスタイム制で助かった・・と実感する瞬間ですね(苦笑)。




チケットGET「おとなのけんかが終わるまで」

ヤスミナ・レザかー、観てみたいなーとは思っていましたが
シアタークリエって、何故か相性が悪いし、どうしよう?と
思っている所に、名古屋公演の案内が!


『大人のけんかが終わるまで』
【名古屋】名古屋市民会館(7月4日〜5日)
作:ヤスミナ・レザ  上演台本:岩松了  演出:上村聡史
出演:鈴木京香、北村有起哉、板谷由夏、藤井隆、麻実れい



ほんと意表をついた公演が名古屋であるよな。
もっと大型の、話題になりそうな公演はたくさんあるのに(爆)。
いやいや、こういう「遠征はちょっと悩む」ぐらいの公演が
地元であるのが、一番ありがたいのかも。




チケットGET「隣の芝生も。」

あ、次回公演が発表された、と思ったらあっという間に
先行予約。慌ただしい(笑)。
  
『隣の芝生も。』
【名古屋】愛知県芸術劇場小ホール(3月10日〜11日)
作・演出 土田英生
出演 :水沼健、奥村泰彦、尾方宣久、金替康博、土田英生、石丸奈菜美
   大村わたる、高橋明日香、立川茜、渡辺啓太


次は名古屋公演がある!!
MONOは好きな劇団ですが、その為だけに遠征するか?
と言われると、ちょっと悩む。(いや、遠征した事もありますけど)
そして、久しぶりの愛知県芸術劇場小ホール!
確か今年の秋ぐらいから再オープンだったように思いますが
好きな劇場なので嬉しい♪
でも、小劇場が使えるようになったという事は、大ホールが
使えなくなる時期が近づいてきた、という事ですね・・。




チケットGET「新国立 春の3作品」

週末には届くはずのチケットが届かず、焦りましたよ。
今回もまた通し券買いました。


『赤道の下のマクベス』
【東京】新国立劇場 小劇場(2018年3月6日〜25日)
作・演出:鄭義信
出演:池内博之、浅野雅博 ほか

『1984』
【東京】新国立劇場 小劇場(2018年4月12日〜5月13日)
原作:ジョージ・オーウェル 作:ロバート・アイク/ダンカン・マクミラン
演出:小川絵梨子
出演:井上芳雄、ともさかりえ、森下能幸、宮地雅子、山口翔悟、神農直隆、武子太郎、大杉漣

『ヘンリー五世』
【東京】新国立劇場 中劇場(2018年5月17日〜6月3日)
作:W.シェイクスピア  翻訳:小田島雄志  演出:鵜山仁
出演:浦井健治、岡本健一、中嶋朋子 ほか



通し券の中には「うーん」と思う作品が混じっている事も多い
(でも観てみると実は面白かったりする)のですが、今回は
3作品とも単体でも観たいな、と思う作品が集まっています。

通し券は値段もお得だし、席もいいので有難いのですが、
日程が先過ぎて(11月中に申し込んでいる)、予定を立てるのが
毎回毎回、博打みたいになっちゃうのが困りもの。




チケットGET「夜、ナク、鳥」

この作品は行きたいな、と前から狙っていたんです。
4人の看護師による保険金殺人事件なんて、面白そうなテーマですし
キャストも魅力的です。


『夜、ナク、鳥』
【東京】吉祥寺シアター(2月17日〜24日)
作:大竹野正典、 演出:瀬戸山美咲
出演:松永玲子、高橋由美子、松本紀保、安藤玉恵 



前から狙ってはいたのですが、公演期間が短くて、どうやっても
1度の遠征では潰しきれない。
「岸 リトラル」も同じように遠征スケジュールに組み込めて
居なかったので、ええい、一緒に観て日帰り遠征追加じゃ!と(笑)。

夏に「怪談 牡丹燈篭」を拝見し、その後のトークショーで
プロデューサーの綿貫さんのお話を聞いてから、
オフィスコットーネのプロデュース作品が気になっています。
この作品も楽しみ♪





チケットGET「岸 リトラル」

これは「炎 アンサンディ」を観て、興味があったのですよね。
だから、何とか観たいなぁ・・と思っていて。


『岸 リトラル』
【東京】 シアタートラム(2018年2月20日〜3月11日)
作:ワジディ・ムワワド  演出:上村聡史
出演:岡本健一、亀田佳明、栗田桃子、小柳友、鈴木勝大、佐川和正、大谷亮介、中嶋朋子



でも、どうしても遠征のスケジュールに組み込めなくて。
結局「ええい、もう1回東京行っちゃえ!」と力ずくで
解決させたのでした(爆)。ちゃんちゃん。





チケットGET「PHOTOGRAPH 51」

フライヤーで知った舞台ですが、なんか面白そう・・。
ニコール・キッドマンがウエストエンドで主演をつとめた舞台だとか。
あと、キャストが面白いですよね、初舞台の板谷さん、一度は舞台で
拝見してみたかった神尾さん、歌舞伎役者の亀鶴さん・・。
バラエティ豊かだ(笑)。


『PHOTOGRAPH 51』
【東京】東京芸術劇場シアターウェスト(2018年4月6日〜22日)
作:アナ・ジーグラ   演出:サラナ・ラパイン
出演:板谷由夏、押尾佑、矢崎広、宮崎秋人、橋本淳、中村亀鶴



今回は、先行予約が早かったのと、前方席確約だったので
久しぶりに、ぴあでチケットを取りましたけど・・・
相変わらず、よく分からない手数料が積み上げられ、結構な額に。
いつもは、チケットぴあの先行などには、まず参戦しません。
先行が始まるのが遅いことが多いし、何よりも手数料が高い。
チケットを取る度に、チケット1枚につきランチ1回分ぐらいの
手数料が取られるのは、なんかすごい割高感。

手数料ビジネスだから、やむを得ない部分があるのは認めますが
この手数料の対価を得られていないと感じるのが、一番の問題
なんじゃないでしょうかね。
主催者側からも、それなりの委託料収入があるはずですし、
今はネットも浸透していて、ぴあやイープラスなどの大手業者を
使わなくても、チケット販売は出来る時代です。
もうちょっと、何とかならないもんでしょうかね・・・。





チケットGET「アンチゴーヌ」

へー、豊橋公演があるんだ、だったら行きたい!と狙っていました。
先行どころか、公演情報の詳細が劇場HPにすらアップされなくて
「公演中止か?」と焦りましたけど。
(まあ過去に何度かそういう事がありましたからね)


『アンチゴーヌ』
【愛知】穂の国とよはし芸術劇場PLAT<舞台上特設ステージ>(2月16〜18日) 
作:ジャン・アヌイ  演出:栗山民也
出演:蒼井優、生瀬勝久、梅沢昌代、伊勢佳世、佐藤誓、渋谷謙人、富岡晃一郎
   高橋紀恵、塚瀬香名子


ジャン・ヌアイの作品かあ。ジャン・ヌアイって「ひばり」
を書いた人ですよね。ああ既に懐かしいなぁ・・。
何となく・・ですが、栗山さんとの相性が良さそうな予感。
伊勢佳世ちゃん出てるし、生瀬さんのシリアスな芝居は好きなので
たのしみでございます。







チケットGET「シャンハイムーン」

劇場先行の方がいい席が取れそうでしたけど、さっさと決着を
着けてしまいたかったのと、そこまで席に拘らないので
ラクに取れる所で、GETしました。


『シャンハイムーン』
【豊橋】穂の国とよはし芸術劇場PLAT
作:井上ひさし   演出:栗山民也
出演:野村萬斎、広末涼子、鷲尾真知子、土屋佑壱、山崎一、辻萬長



最近はなかなか、こまつ座の舞台が観れていなかったのですが
この為だけに遠征をするのも難しいので、豊橋であっても
来てくれるのはありがたいです。
来年の3月下旬の公演かあ・・・。





チケットGET「Sing a Song」

少し前ですが、この公演のチケットGETしておりました。


『Sing a Song』
【東京】本多劇場
作:古川健    演出:日澤雄介
出演:戸田恵子、鳥山昌克、盒桐硫陝岡本篤、藤澤志帆、大和田獏


公演自体は知っていたのですが、あまり強い興味が無かったのです。
でも「作・演出が劇チョコの古川さん、日澤さんですよ」と
フォロワーさんに教えて頂き「なんですと!?」と慌ててチケットを
GETした次第。どんだけ劇チョコ推しなんだか(爆)。

これは遠征に行く途中で先行予約があったのですが、ちょうど品川に
到着する寸前。
慌てて決済をしようとしたら「このカードは使用できません」との表示。
入力をミスしたか?と思って再入力してもやはり同じ。
時間は経過する、降りる品川駅が近づき新幹線は減速しはじめる・・で
慌てて別のカードを取出し、入力していると品川着。
バタバタと荷物と、クレジットカードとスマホを両手に持ったまま
下車して無事に決済完了致しました。

納得がいかなかったので、その後カード会社に問い合わせたところ
「最近はチケット関係で、カードの悪用が増えているので、
 セキュリティの為に止めさせて頂いた」とのこと。

クレジットカード会社に、転売屋認定された私って・・・_| ̄|○ ガクッ






チケットGET「三月の5日間」

豊橋公演に行こうかなーと、何となく思っていた所、名古屋でも
公演があると知ったのはずいぶん後の事です。
名古屋公演なんて、最初から全く期待しておりませんでしたので(爆)。


チェルフィッチュ『三月の5日間』
【豊橋】愛知県芸術劇場 小ホール
作・演出:岡田利規
出演:出演:朝倉千恵子、石倉来輝、板橋優里、渋谷采郁、中間アヤカ
   米川幸リオン、渡邊まな実


チェルフィッチュは全く観たことがないのですけど、地元に
来てくれるのであれば、いい機会ですしね。
豊橋だと片道1時間ですが、愛知県芸術劇場なら(職場から)片道3分(笑)。







チケットGET「髑髏城の七人Season月」

1月以降に観に行こうと思っていたので、やっとGETでございます。
わざわざ1公演ずつ当落のメールが来るとは思わなかったので
最初は1公演しか取れなかったのか?マジか?と焦っちゃいました(笑)。


劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season月
【東京】IHIステージアラウンド東京(11月23日〜2018年2月21日)
作:中島かずき  演出:いのうえひでのり
[上弦の月] 福士蒼汰、早乙女太一、三浦翔平、須賀健太、平間壮一
     高田聖子、 渡辺いっけい 他
[下弦の月] 宮野真守、鈴木拡樹、廣瀬智紀、木村了、松岡広大
     羽野晶紀、千葉哲也 他


新感線に出ている羽野さんを生で観るのは初めてだし、千葉哲也さんの
狸穴二郎右衛門は大好きだし、早乙女太一さんの殺陣が観られると思うと
それだけでドキドキしちゃうのですが、まるでミュージカルの
ダブルキャストのような、上弦・下弦の2パターン上演。
観たい俳優さんは、綺麗に2パターンに分散してご出演です(涙)。
どれだけ貢がせるんだ、新感線さんよ・・と(爆)。
ええ、行きますよ、行きますとも。1回ずつだけどな。




チケットGET「熱狂」「あの記憶の記録」

大きな劇場で行われる、有名な俳優さんが出演される舞台のチケットは
本当に早く発売されるものですが、そうでないと遅いのね・・・。
というか、これぐらいが普通なんだろうか・・と改めて思ったりしました。


劇団チョコレートケーキ 第29回公演
『熱狂』/『あの記憶の記録』
【東京】東京芸術劇場シアターイースト(12月7日〜20日)
作:古川健  演出:日澤雄介


春公演の「60’sエレジー」は完売していましたが、そもそも劇場が
シアターイーストの方が大きいですし、取れないとは思ってはいません
でしたが、これで年内公演のチケ取りはコンプリートで一安心。
(厳密には12月の歌舞伎座を悩み中なので、増えるかも・・ですが)

これは劇チョコとしては、3演目になるという事なんですね。
今は本当にこの劇団の作品が楽しみです。
この感覚、イキウメを観はじめた2009年ごろの感覚に似てる。
劇団公演に限らず、前川さんの作品を追ったように、今は古川さんや
日澤さんの関わった舞台を追っかけていますから。
そう言えば、あのころのイキウメの公演も3,800円ぐらいだったよなー。

まあ、発売が遅いという事は、チケットを取ってから観劇までの
時間が短いという事なので、あと2か月もしないで2本観られるのは
嬉しいですね。




チケットGET「斜交」

これ、最初に知った時から行きたかったんですよ。
まずは脚本家。劇団チョコレートケーキの古川健さんだったから。
お話も面白そうだし。昭和38年におきた「吉展ちゃん誘拐事件」
容疑者拘留の最後の日にスポットを当てたお話なんて、何だか
すごく興味をそそられますもん。でも上演期間が短くて・・・。


『斜交』
【東京】草月ホール(12月8日〜10日)
作:古川健   演出:盒鏡菊
出演:近藤芳正、筑波竜一、福士恵二、渋谷はるか、中島歩 


12月は劇団チョコレートケーキの劇団公演があり、それを観るために
遠征時期を合わせておいたのですが、劇チョコは今回2本立てで
いつまで経っても、スケジュールが公開されない。見切り発車で、
先にこちらを押さえた結果、劇チョコが観られなくなったら本末転倒だし、
どうしよう・・と、散々悩んで、劇チョコの事務所に問い合わせたよね(笑)。
(そもそも古川健さんは劇チョコの方なんだしさ(笑))

結局、10月1日にスケジュールが公開されるという回答だったので
それまで待ったものの、どうやっても、劇チョコを2本観て、更に
この作品を観て、既に先に押さえた2本を観て・・という組合せは
不可能なことが判明。
「斜交」を諦めるか、劇チョコを1本だけにしておくか、散々悩み・・・

すまん、浦井君。ペールギュント@東京を諦めた(爆)。(兵庫には行きます)
この選択、間違っていないといいんだけどなー。
まあ、間違ってても、それも生の作品を観る醍醐味ということで。



チケットGET「ブロードウェイと銃弾」

エントリーしたのが前過ぎて、忘れてました(爆)。
来年2月の公演ですね〜。 


『ブロードウェイと銃弾』
【東京】日生劇場(2018年2月7日〜28日)※大阪・福岡公演あり
作・脚本:ウディ・アレン  演出:福田雄一
出演:浦井健治、城田優、平野綾、保坂知寿、鈴木壮痲、愛加あゆ、ブラザートム、前田美波里


改めてみるとキャストはなかなか豪華ですね。
でもこれは、浦井君が出演しなければ、チケット取らなかっただろうなぁ、
色んな意味で。せっかくなので楽しみたいと思います〜。





チケットGET「近松心中物語」

これは、今年の1月〜2月に上演される予定だった舞台です。
蜷川さんの演出で。公演情報を聞いた時から「観たい」と思っていたので
蜷川さんの逝去と共に、公演が中止となり、残念に思っていました。
それが、いのうえひでのり氏の演出で上演!観たい!
いのうえさんと蜷川さんは「天保一二年のシェイクスピア」上演の際に
交流があったと聞いたことがあります。


『近松心中物語』
 【東京】新国立劇場 中劇場(1月10日〜2月18日)
作:秋元松代   演出:いのうえひでのり
出演:堤真一、宮沢りえ、池田成志、小池栄子、市川猿弥、立石涼子、銀粉蝶 ほか

この日は豊洲に居たため、劇場前で待ち構えて、開始と同時に
一発でGETできました。
 


蜷川さんの著書によれば、秋元さんはとても気性の荒い方だそうで
演出について明け方に怒って電話してくることもあったのだそうです。
そんな秋元さんとの打ち合わせの際、「山菜そば」が出たので
食べたものの、緊張から帰りに吐いてしまい、それ以来、蜷川さんは
長い間、麺類が苦手になって食べられなくなってしまった、という
話も読みました。そんな舞台、興味ある〜。

そんな蜷川さんの演出で観てみたかった事に変わりはないのだけど、
一旦は諦めた作品が観られるのは嬉しいです。
そう言えば、この公演も中嶋しゅうさんが出演予定だったんだ(涙)。

近松心中物語
これ、上演される予定だった公演の仮チラシ。まだ手元にありました(涙)。







チケットGET「TERROR テロ」

おかしいなー。
この演目は見送るつもりだったのになー(笑)。
 
『TERROR テロ』
【東京】紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA(1月16日〜28日)※兵庫あり
作:フェルディナント・フォン・シーラッハ  演出:森新太郎
出演:橋爪功、今井朋彦、松下洸平、前田亜季、堀部圭亮、原田大輔、神野三鈴


1月は1泊2日の遠征で収めたかったので、もうこれ以上の追加は無理。
兵庫まで行くのもなぁ・・諦めるか。
・・・と思っていたのですよ。でも、「謎の変奏曲」で橋爪さんの
舞台を観たらやっぱりこちらも観たくなってしまって。
で、ついポチってしまった訳ですね(笑)。
シーラッハの作品は、「TABU」に興味がありつつスルーしてしまって
少し気になっていたので、ちょうど良かったです^^;




チケットGET「アテネのタイモン」

やっと再始動ですね、彩の国シェイクスピアシリーズ。
こうなりゃ最後までお付き合いします(笑)。
 
『アテネのタイモン』
【埼玉】彩の国さいたま芸術劇場(12月15日〜 29日)
作:W.シェイクスピア  演出:吉田鋼太郎
出演:吉田鋼太郎、藤原竜也、柿澤勇人、横田栄司、大石継太、間宮啓行、谷田歩、河内大和 ほか



埼玉に行くか、兵庫に行くかで少々悩みましたが、チケット代が
違いすぎるんですよね(笑)。兵庫が12,500円で、埼玉だと8,600円
(メンバーズ料金)ですから、交通費や宿泊費等を考慮しても
やっぱり埼玉に行くか・・と。
「尺には尺を」は梅田で観たので、さい芸には本当に久しぶりに
行く事になります。
「アテネのタイモン」も初めて観る演目だし、鋼太郎さんをガッツリ
拝見するのも久しぶりで楽しみですね。






チケットGET「プルートゥ PLUTO」

来年の1月のチケット、増えてきましたね。


『プルートゥ PLUTO』
【東京】シアターコクーン(2018年1月7日〜28日) 
演出・振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
出演:森山未來、土屋太鳳、大東駿介、吉見一豊、吹越満、柄本明、上月一臣
   大植真太郎、池島優、大宮大奨、渋谷亘宏、AYUMI、湯浅永麻、森井淳、笹本龍史
 

これは2015年に上演された作品の再演という事になるのかと思います。
特定のご贔屓俳優さんが出演される時を覗いて、私はあまりストプレで
再演を観に行く方ではありません。
でもこの作品は、悩むことなく「行く」って決めてました(笑)。
今回は初演で永作さんが演じた「ヘレナ」を土屋太鳳さん、寺脇康文さんが
演じた「ゲジヒト」を大東駿介さん、松重豊さんが演じた「アブラ―」を
吹越満さんがそれぞれ演じるという事ですね。
土屋太鳳さんは未知数ですが、ダンスがお上手という事なので、そういう
面での見どころがありそうですね。






チケットGET「ダディ・ロング・レッグス」

井上芳雄ファンのお友達にチケットを頼んでいたのですが、少し前に
聞いたときも「まだ取れたかどうか分からない」と言われて、
そのまま放置。そう言えば一般発売始まってるじゃん!と思って
今日聞いてみましたら「あ、取れてるよ」とのこと。
無事GET出来ていたそうです。


『ダディ・ロング・レッグス』
【名古屋】中日劇場(12月16日〜17日)
原作:ジーン・ウェブスター  演出:ジョン・ケアード
出演:井上芳雄、坂本真綾 



前回の公演を観ておりおりますので、何が何でも観たい、という
訳ではなかったのですが、恐らくこれが私のラスト中日劇場に
なるんじゃないかな・・と思いまして。
不満はあれども、職場に近い劇場だったから便利だったんだけどな。





チケットGET「荒れ野」

土曜日、ふと思い立って(笑)、こちらの舞台のチケット取りました。


穂の国とよはし芸術劇場PLATプロデュース【PLAT開館5年記念事業】
『荒れ野』
作・演出:桑原裕子
出演:平田満、井上加奈子、増子倭文江、中尾諭介、多田香織、小林勝也



PLATは豊橋という私にとっては行くのが辛い場所にある劇場ですが
田舎ながらも、今まででは愛知県で観られなかったような作品を
呼んでくれたり、アフタートークやプレトークを積極的に
行ってくれたり、様々なレクチャーを企画してくれたり・・と、
私にとっては、非常にありがたい存在です。
アフタートーク等では劇場の方が司会進行をして下さるので、演劇の事を
全く知らない地方テレビ局の局アナに進行されるより、断然実のある
話が聞けて地味に嬉しかったりもします。

そのPLATがプロデュースする公演であれば、行きませんとね(笑)。
「ナインテイルズ」も同じことを考えたのですが、あちらは
ミュージカルなので、どうも重い腰が上がらないままだったので(爆)。





チケットGET「黒蜥蜴」

井上芳雄ファンの友人にチケットを頼んでいましたが
「そう言えば、取れてるよ」と言われました(笑)。
チケット、無事に取れていたみたいです。


『黒蜥蜴』
【東京】日生劇場(2018年1月9日〜28日)
原作:江戸川乱歩  脚本:三島由紀夫
演出:デヴィッド・ルヴォー
出演:中谷美紀、井上芳雄、相楽樹、朝海ひかる、たかお鷹、成河 他



最初は見送ろうかと思ったんです、三島由紀夫に苦手感があったので。
でも「白蟻の巣」が思いのほか面白くて、毛嫌いしなくても・・と
思った事と、有名な作品だから、一度は観ておきたいとも思いまして。
原作は江戸川乱歩ですしね。
どうせ観るならキャストに興味のある公演がいいんじゃないか?
と思って、チケットGETに至りました。
はー、チケ取りは本格的に年明けだなー。





どんだけプラチナだよ。

先日当選した「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」の
チケットを今朝発券しました。
その後会社で、「このチケット、人気があるらしいんだよね」
と言いながら、後輩と某チケット販売サイトを試しに開いてみました。

うぉぉ、私が想定していた以上に高騰してる・・。

最安で40,000円で、60,000円ぐらいまでは全部取引中になってる。
90,000円〜150,000円ぐらいのものが多くて、これでも相当高いと
思うんですが、一番びっくりしたのは・・





続きを読む

チケットGET「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」

ちゃんと取れるかどうかドキドキものでしたが、
無事にGET出来ていて一安心でした。


『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』
【東京】世田谷パブリックシアター (10月30日〜11月26日)
作:トム・ストッパード  翻訳・演出:小川絵梨子
出演:生田斗真、菅田将暉、林遣都、半海一晃、安西慎太郎
   松澤一之、立石涼子、小野武彦 ほか



ハムレットに「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
というセリフがあって、「聞いたことがあるフレーズだな」と
思っていたら、同名の舞台作品があったんですよね。
いつか観たいなと思っていたので、上演されると聞いて嬉しくて。

知り合いに「生田君が出ると、チケット取りにくそう」と言ったら
「違うのよ、菅田将暉くんが出るから、取りにくいのよ」と
言われてしまいました。・・・・そうなのかぁ・・・。
私がドラマや邦画を観ないから、そういう事に疎いんですよね。

私は生田君も菅田君もキライじゃないけど、観たこともあるし
“作品”が観たいだけだから、キャストはそんな人気者でなくても
結構なんです。
何なら新国立の養成所の研修生でもよかったのですよ。
修了生は本当に上手な方が多いですしね。
そのせいでチケットが取りづらいって、ありがた迷惑(暴言)。

まあ、なかなかチケットが売れないご時世のようなので、
こういう人気公演も必要だという事も分かります。
シスカンパニーのプロデュース力はすごいですね、毎回。
チケットも無事にGET出来ましたので、有難く楽しませて頂きます〜。
これで年内のチケットで取りづらそうなものはクリア出来たかな。

これからは、本格的に来年のチケ取り期間に入りますねー。




チケットGET「欲望という名の電車」

気になっていたこちらのチケット、無事GETしました。


『欲望という名の電車』
【東京】シアターコクーン(12月8日〜12月28日)
作:テネシー・ウィリアムズ  演出:フィリップ・ブリーン
出演:大竹しのぶ、北村一輝、鈴木杏 ほか


この作品を観るのは3回目になるのかな?
大竹さんがブランチですよね。それは楽しみでもあり、またある程度
想像がつくキャスティングでもあるんですが、海外の演出家の方が
演出すると、どうなるのかなーという点に興味がありまして。
それにしても、本当に海外演出家の演出作品が増えたよな・・。





チケットGET「幻の国」

劇団昴は存じませんでしたが、この作品の事を知って
観たい〜と思っちゃいました。


劇団昴ザ・サード・ステージ第35回公演
『幻の国』
作:古川健  演出:日澤雄介
出演:石田博英、永井誠、渡辺慎平、田中久也、永井将貴、町屋圭祐
福永光生、加藤和将、寺内よりえ、石井ゆき、林佳代子、高山佳音里
落合るみ、関泰子、舘田悠々


観たいと思った理由は、作・演出のお二人。
劇団チョコレートケーキの作家・演出家さんじゃないですか。
てことは、ほぼ劇チョコの作品みたいなもんでしょ(笑)
っていう、かなり乱暴な意見なんですけど(笑)、もともと
劇チョコは役者さんも好きですが、何より作品そのものが
素晴らしいと思っているので、期待大。

しかし、大山駅ってどこよ(笑)。(←東武東上線だそうだ)

ただ、この段階で「上演予定時間は2時間半」と表記してくれて
居るのは助かります、予定が立てやすい。
(実際、この情報があったので、観に行くって決めたし)
まあ、19時開演で2時間半の上演時間、おまけに最寄駅が
大山駅っていう事で、最終の新幹線には間に合わないので(爆)
夜行高速バス決定〜。




チケットGET「散歩する侵略者」

いつかは上演してくれると信じ、待ち続けて6年。やっと願いが叶った!
これがイキウメの一番の代表作だと、私は思っております。
チケットが取れない、なんて事はないと分かっていても、無事に
GETするまでは緊張した〜(笑)。
前回は4列目を取りながら、日付を間違えていて最後列で観た・・という
悲しい出来事があったので(自分が悪いだけなんですけどね。)
今回こそ、前方席でガン観してやる!


『散歩する侵略者』
【大阪】ABCホール(11月23日〜26日)
作・演出:前川知大
出演:浜田信也、安井順平、盛 隆二、森下 創、大窪人衛 
   内田慈、松岡依都美、栩原楽人、天野はな、板垣雄亮



一刻も早く東京で観たいところですが、11月は東京遠征の予定が
パツパツで大阪までおあずけになっちゃいました。
鳴海役を内田慈ちゃん、明日美役は松岡依都美さんとか。
慈ちゃんはイキウメは「奇ッ怪」含めても久しぶりですよね。
やっぱり真治役は浜田さんかなぁ。板垣さんは桜井役って感じでしょうか。
前回観た時は前売りが3,800円だったと思うんですよね。
あれ、4,000円になった頃だったかな?
1,000円の値上がりに、時間の経過と劇団の成長を感じますね。
ああ、待ち遠しい。
でも期待し過ぎると、無駄にハードルをあげちゃうので、できるだけ
フラットに観たいな、と思っています。





チケットGET「ちょっと、まってください」

2年ぶりの劇団公演。
地元にいらっしゃらないならば(津はちょっと″地元”とは言えない)、
私が会いに参りましょう・・・。



ナイロン100℃ 44th SESSION
『ちょっと、まってください』
【東京】本多劇場(11月10日〜12月3日)
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:三宅弘城、大倉孝二、みのすけ、犬山イヌコ、峯村リエ
   村岡希美、藤田秀世、廣川三憲、水野美紀、遠藤雄弥、マギー



『消失』を観た際に「劇団公演は今後2年はありません」とケラさんが
おっしゃっていて、「おい・・、2年も無いのかよ」と思ったのが
つい最近のような気がするんですが、確かに2年前なんですよね。
月日のたつのは速いものだ。

私はケラさんデビューが「労働者M」だったため、当初はちょっと
苦手感が拭えずにいて、ナイロンデビューは遅めなんですが、
それでも、初めて観たのが「30th SESSION」だったようです。
今回が44thだから、随分経ったんだな、と改めて時の流れを
感じてみたりします(笑)。




チケットGET「トロイ戦争は起こらない」「プライムたちの夜」

申し込んでいたチケット、届いていました。
通し券なので2公演。


「トロイ戦争は起こらない」[新訳上演]
【東京】新国立劇場 中劇場(10月5日〜22日)
作:ジャン・ジロドゥ  演出:栗山民也
出演:鈴木亮平、一路真輝、鈴木杏、谷田歩、川久保拓司、金子由之、大鷹明良、三田和代 ほか


「プライムたちの夜」
【東京】新国立劇場 小劇場(11月7日〜26日)
作:ジョーダン・ハリソン  演出:宮田慶子
出演:浅丘ルリ子、香寿たつき、佐川和正、相島一之



新国立の演目は基本的に観る、というスタンスですので、
あまり深く考えていないのですが・・・。
(通し券で買うと割引率が高いという理由もあります)
今まではそれで問題なかったのですが、今年はチケットを取った
後からスケジュールが合わなくなったり、日程が他の舞台と
被ってしまったり・・という事が続いており、通し券で買って
その通り観に行けたのは、1本か2本だけ。
これらも無事、観劇までたどりつけるかどうか・・・(笑)。





チケットGET「この熱き私の激情」

11月はもう遠征の予定がパツパツなので、豊橋とはいえ地元で
上演していただけて助かります。
とはいえ、12月は週末全てがパツパツなので、豊橋で上演されても
かなり無理をして予定を空けた、という感じですが。


『この熱き私の激情
【豊橋】穂の国とよはし芸術劇場PLAT(12月9日 〜12月10日 )
作:ネリー・アルカン  演出:マリー・ブラッサール
出演:松雪泰子、小島聖、初音映莉子、宮本裕子、芦那すみれ、奥野美和、霧矢大夢



作も演出も海外の方かー。どんな感じになるんだろう。
しかし、チケ取りは既に師走突入ですか・・・。









livedoor プロフィール
今後の観劇等の予定



<1月>
□髑髏城の七人Season月(上弦の月)@東京
□TERROR テロ@東京
□PLUTOU プルートゥ@東京
□近松心中物語@東京
□黒蜥蜴@東京


<2月>
□ブロードウェイと銃弾@東京
□髑髏城の七人Season月(下弦の月)@東京
□Sing a Song@東京
□岸 リトラル@東京
□夜、ナク、鳥@東京
□三月の5日間@名古屋
□アンチゴーヌ@豊橋


<3月>
□隣の芝生も。@名古屋
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極
□赤道の下のマクベス@東京
□シャンハイムーン@豊橋


<4月>
□PHOTOGRAPH 51@東京
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極
□1984@東京
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極


<5月>
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極
□ヘンリー5世@東京
□修羅天魔〜髑髏城の七人Season極


<7月>
□おとなのけんかが終わるまで@名古屋





以上がチケットGET済み。




●他に興味がある公演はコチラ(1/17更新)



2018年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:2本(昨年は46本)
読書:4冊(昨年は22冊)
   ※除コミック
観劇:0本(昨年は84本)
その他:0本(昨年は6本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:0回0日
     (昨年は14回29日)
大阪遠征:0回0日
     (昨年は9回9日)

みんみんへのメールは

みんみんへのメールはこちら♪
Powered by SHINOBI.JP




録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。
「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます

みんみんのなう!
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線オフィシャルサイト
・ゲキシネ
・イキウメWEB
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・MONOオフィシャルWEBサイト
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・オフィスコットーネ
・Stage Gate

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・中日劇場

■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・シアターガイド(上演時間)
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロオンラインチケット
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム


blogram投票ボタン