名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。芝居と映画、朝ごはんの事しか書いていないブログです。

「家族モドキ」を観る

この作品は昨年、行こうと思って千秋楽のチケットも取っていた
のですが、公演日数日前にコロナ感染が発覚してしまい、断念。
私自身はほぼ症状が無い(初日に熱が出た位)だったので
公演日にはすっかり元気だったんですけどね・・・。
(何なら、病院で熱を測ったら37度を下回ってた)

家族モドキ「家族モドキ」2023年作品
脚本:田渕久美子  演出:山田和也
出演:山口祐一郎 浦井健治 大塚千弘 保坂知寿
【あらすじ】
その日、幕末史研究の第一人者として知られる高梨次郎(山口祐一郎)は、リビングで、立ったり座ったりをくり返し、そわそわと落ち着かなく過ごしていた。そこに、ひとりの若者が、何度も窓から室内を覗いてくる。大学で教鞭を執っていることも相俟って、なにかと説教をしがちな性格の次郎はその若者を呼び止め、人の家を覗く無礼をたしなめる。彼は木下渉(浦井健治)と名乗り、次郎の一人娘・民子(大塚千弘)の大学時代の同窓生だと言う。途端に何を思ったか、渉を家の中に引き入れる次郎。実は、娘の民子が久しぶりに家に帰ってくることになっていたのだ。とある事態を境に音信がなくなってしまっていた父と娘は数年ぶりに再会を果たすが、予期せぬ事実が発覚し次郎は大混乱。さらに渉の妻・木下園江(保坂知寿)が現れ次郎の常識をくつがえす行動に出たことから……




どんなに体調が良くても、さすがに劇場には行けないし
直前すぎてチケットを誰かに譲る事も出来なくて
残念ながら空席を作ってしまった公演です。
諦めていた所、公演を観た方から「配信がありますよ」と
お知らせを頂き、それならば観られるかな・・と
思っていたのですが、その告知を完全に見落としてしまっており
気づいた時にはもう、配信を観る時間を捻出できないぐらいに
配信終了ギリギリだったため、配信も諦めていました。
それが、衛星劇場で放送されるので「ラッキー」♪
(配信もあるのだから、どこかで放送されるんじゃ?と思ってましたけどね)

その録画はしてあって、やっと時間を取って観る事ができました。 






続きを読む

モーニングよりも先にランチ@四ツ谷

この店のモーニングに興味があったのでチェックしていたのですが、
遠征初日は開演が14時だった事もあり、ランチに行ってみる事にしました。
ランチも美味しそうだったもん。

fish a week
「FISH A WEEK 週一魚」
東京都新宿区四谷2丁目2−18 Vort四谷



四ツ谷かあ・・・と思ったら、以前にもモーニングで
来た事がありました。(そのお店の比較的近く)
お昼少し前だったのですが、混んではいなかったです。

FAW店内1

FAW店内2

お店は広くはなくて、一人席も多いので、ビジネスマンとかを
ターゲットにしているのかな、という印象。
カフェみたいな印象ですね。
実際、お弁当のテイクアウトもされていますし、ランチや
ドリンクのサブスク等もやっているようです。
若い女性2名で切り盛りされていました。





続きを読む

ゲキ×シネ「天號星」

前売りは買ってあったのですが、公開タイミングをすっかり忘れていて
ニュースで「舞台挨拶があった」と知って「おう・・。もう公開か!」と
慌てて予定を立てる事になりました。

ゲキシネ天號星ゲキ×シネ「天號星」
作 :中島かずき  演出:いのうえひでのり
出演:古田新太、早乙女太一、早乙女友貴、久保史緒里、高田聖子、粟根まこと、山本千尋、池田成志 他
【あらすじ】
口入れ屋の藤壺屋主人・半兵衛(古田新太)は、裏で世のため人のため、悪党を始末する牋導屋瓩慮議めとして知られている。だが、実のところは顔の怖さを買われただけ。表も裏も、真の元締めは女房のお伊勢だ。あるとき、金さえ積めば誰彼かまわず斬り殺す、殺し屋の宵闇銀次(早乙女太一)が現れる。引導屋を潰し、裏稼業の独占を目論む黒刃組に依頼され、半兵衛を待ち伏せして斬ろうとする銀次。だがその瞬間、激しい落雷の中、半兵衛と銀次の身体が入れ替わってしまう。そこへ銀次を追って上州から人斬り朝吉(早乙女友貴)がやってくる。朝吉は「銀次の首は自分がもらう」と言い始め、銀次の身体に入った半兵衛は、命からがら逃げ出すはめに。 一方、半兵衛の身体に入ったものの、引導屋の主人とは名ばかりと知って失望する銀次。だが自らの野望を叶えるため、この身体を利用することを思いつく……。



4月は比較的予定が落ち着いているので、今週末でも、
来週末でもいいし、何なら平日の夜の上映でもいい。
どうしようかな・・と思ったんですが、あまり先延ばしにしても
あまりいい事は無い気がするので(上映時間が夕方だけとか
今よりも不便になるかもしれない)、さっさと観る事に
したんですが、もう、満席とかだったらどうしよう・・・。

と思ったんですが、前日でもかなり空いてました(笑)。
バラサム2は前日では殆ど空席がなくて断念していたので
ビビったんですけど。やっぱりバラサム2は天海さんの
集客力がすごかったのかもしれないな・・。
恐るべし、天海祐希(笑)。
(主演が女優の舞台は客入りが良くないと聞いていたけど・・)
 




続きを読む

今年の桜@2024

今年は早い段階から気温が高くなったので、いったいどんだけ早く
桜が咲くんだろうと思っていたら、ガツンと寒の戻りがあって
思った以上に遅くなりました。

職場近くの桜
ここは毎年必ず撮影している職場近くの桜です。
寒の戻りのせいか、少しずつ咲いたからか、下の方は少し
葉桜になっていて、イマイチなんだよなあ、ビジュアル的に。

同じ場所で撮影してアップを始めてもう15年になりますけど
当時はもっと本数も多くて枝ぶりも良くて、見ごたえがあったので
この桜の状態は寂しい限り。

夜桜も
長らく人事の仕事をしていると、この季節は忙しくて
ここの桜は夜しか見られない事も多いので(撮影のために昼休みに
わざわざ出かけていた)、今年は夜桜も撮ってみました。





続きを読む

チケットGET「オーランド」

もともとこの公演は豊橋で観るつもりだったのですが
たまたま「先行が始まりますよ」のメールを目にしまして
ふと、考えました。これ・・東京でも観れるんじゃね?



『オーランド』
【東京】PARCO劇場
原作:ヴァージニア・ウルフ   演出:栗山民也
出演:宮沢りえ、ウエンツ瑛士、河内大和、谷田歩、山崎一 



7月の遠征の予定を組んでいたのですが、この作品を観る余裕
ありそうです。
確かに豊橋は愛知県ですけど、自宅からだと、何だかんだで
往復2時間半以上はかかってしまうし、交通費も2,000円ぐらい
かかってしまうのですよねえ。
あと、チケットの先行予約が遅いのがホント、嫌。
PARCO劇場も豊橋も劇場のサイズ的には同じぐらいなので、
もうだったら、東京でさっさとチケット取ってしまおうと
決めてエントリーしていたのでした。






久しぶりにコンパルのモーニングを食す@栄

そう言えばコレもモーニングだなあ・・と思ったのでアップします(笑)。

先日、健康診断を受けに行ったところ、信じられない程の爆速で
検査が終了してしまい、9時40分には健診センターを後にしました。
11時半ぐらいまでかかる年もあるんですけど、たまたま予約者が
ビックリするぐらい少なかったみたい。
もちろん、すぐに出勤してもいいんですけど、お腹もすいたし
何か食べてから行こうかな〜と思いました。
(うちの会社は、健康診断に行っている時間は勤務扱いにならない&
フレックスタイム制を導入している会社なので、のんびり朝食を
食べに行っても問題はないのです)

さて。想定していなかったからどこに行こう。
コメダ珈琲やドトールのモーニングでは量が足りない(笑)。
すき家でも行こうかな、ゆで太郎に行く?なんて考えた時
「あ、コンパル!」と思い至りました。

別にコンパルに思い入れがある訳じゃないんですけど(笑)、
毎週日曜日の朝、筋トレに行くときに前を通りかかると、恐らく
観光客と思しき人がお店の外まで行列を作っていて、何でそんなに
コンパルに並んでるんだろう・・・といつも疑問に思っていたんです。
(エビフライサンド食べる、って言うなら分からなくもないけど)





続きを読む

戻ってきた!

祝日にデータ移行して、21日に故障したスマホを投函しましたが
31日の日曜日に修理が終わって手元に戻ってきました!!

依頼した電池交換と背面ケースだけでなく、正面のケースも
交換し(恐らく防水面での問題があるんじゃないかな)てくれて
USB・充電プラグの部分の基盤も腐食が見つかったとかで
交換してくれました。
防水なのをいいことに、湯船に何度か水没させたからな(笑)。
これ全部で3,000円なのは助かる〜。(携帯保証に加入しているので)
とはいえ、今まで払ってきた掛け金のほうが高額だと思うので
少しは取り返した、って感じなのかな(笑)。
ただ、携帯保証がないとギリギリまでガマンして、なかなか
修理に出そうと思いきれなかったかも。

外観に関しては新品同様ですよ。
電池も新しくなったので、電池持ちも良くなったし・・・。

一次的に利用していた古いスマホはOSの問題もあると思うけど
とにかく動きが遅くて、アプリが立ち上がるまでに分単位で
時間が掛かる時もあるぐらい。
急いで電話をしたいとか、お店でバーコード決済をしようと
した時などは「使えねー」を実感していました。
だから、戻ってきたスマホのサクサク具合に超感動(笑)。

修理完了
今度はもう少し役に立ちそうな(前はデザイン重視だったので)
頑丈そうなケースをソニーストアで購入しましたよ。

ただ、データや設定を元に戻すのが思いのほか大変で
何だかんだと半日ぐらいかかってしまいました。
戻ってきたのが日曜日の午前で助かりましたよ。
(それでもデータがクラウド上にあるし、SDカードもあるので
以前に比べたらかなり楽だと思いますけど)

SNSとかは最悪見られなくてもガマンできるし、LINEも
私は殆ど使っていないので影響はないんですけど、手帳とか
支払いや地図に関してははやりスマホが無いとね・・と実感。
遠征のタイミングを避けて修理できて本当に良かった。

この端末ももう2年使っていて、OSのアップグレードも
これ以上無いですけど、やっぱり動きが全然違うもんね。
それにこの細長いフォルムが持ちやすくて好きなんですよ。

電池も新しくなったのでまだしばらくは使えるはず。
もう落としたりしないように気を付けなければ!!


 

2024年4月のエンタメ予定

とうとう4月ですね、もう1年の1/4が終わってしまった・・・。
今月から色々と変わる事もあると思われるので、何かと気分的には
落ち着かないのですが、今週末に急に気候が春めいて来て
ああ、4月だなあ・・と実感をしています。


【観劇】
「リア王」@刈谷
「デカローグB」@東京
「デカローグA」@東京
「カム フロム アウェイ」@名古屋
「『GOOD』-善き人-」@兵庫
 気づくと今月末はもうゴールデンウィークですよ!
関西への遠征が続きますので、どこかまた朝ご飯スポット
探しておきましょうかね。


【チケ取り】
「白き山」
@東京
「ふくすけ」@東京
 うーん、分かっているのはこれぐらい?突発的に公演の
発表とチケ取りが始まる可能性もありますけど・・・。


【映画】
「プリシラ」
4/12〜
「エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命」4/26〜
 あれ、映画が少ない?ミリオン座しかチェックしていないので
ミッドランドスクエアをチェックするともう少し増えるかな?


【その他】
「パラサイト」on WOWOW 4/6
「イザボー」on WOWOW 4/20
ゲキ×シネ「天號星」
井上芳雄 by MYSELF × Greenville Concert2024
 コンサートはずいぶん先だと思っていたら、もう今月か・・。




4月からは上司も変わるので、どんな感じになるのかドキドキ・・。
プライベートでは観劇数が特別多い訳でもないので、
ちゃんと読書をしようかな、と思っていたりします。
そして、今年のGWも遠征はあれど、基本的には何の予定も無し。
見たいものもたまっているし、フライヤーを入れるファイルも
時間がないと作れないし、のんびり過ごそうと思ってます。
この歳になると「のんびり過ごせる」事のありがたみを
実感しますね。





映画「パリ・ブレスト〜夢をかなえた魔法のスイーツ〜」

前日観た「オッペンハイマー」でポイントが満欄になったので
招待券をGETしており、この作品も予約していました。
体調の方はほぼ回復したので、気持ちよくミリオン座へ。

パリ・ブレスト「パリ・ブレスト〜夢をかなえたスイーツ〜」
監督:セバスチャン・テュラール
出演:リアド・ベライシュ、ルブナ・アビダル、フェニックス・ブロサール、エステバン
【あらすじ】
母親に育児放棄され、過酷な環境で暮らす少年ヤジッド。そんな彼にとって唯一の楽しみは、里親の家で団らんしながら食べる手作りスイーツで、いつしか自分も最高のパティシエになることを夢見るように。やがて児童養護施設で暮らし始めたヤジッドは、パリの高級レストランに見習いとして雇ってもらうチャンスを自らつかみ取る。田舎町エペルネから180キロ離れたパリへ通い、時には野宿もしながら必死に学び続けるヤジッド。偉大なパティシエたちに従事し、厳しくも愛のある先輩や心を許せる仲間に囲まれて充実した日々を送るが、嫉妬した同僚の策略によって仕事を失ってしまう。《あらすじ》


ほんわかストーリーのフィクションなのかと思いきや、
これは実在のパティシエさんの半生を映画化した実話ベース
のお話なのだとか。






続きを読む

映画「オッペンハイマー」

前日が殆ど寝られておらず(雨の音が激しかったのと、胃の具合が
悪くて寝付けなかった)、仕事に行っても体調は回復せず。
帰ってしまいたかったのですが、この映画のチケットを取って
しまっていた事もあり、医務室で休み、薬を飲んで持ち直したかな・・
という状態で、映画館へ。長尺の映画だと聞いていたので、最後の回
ではなく、仕事を早上がりして1本前の上映回に行きました。

オッペンハイマー「オッペンハイマー」
監督:クリストファー・ノーラン
出演:キリアン・マーフィ、エミリー・ブラント、マット・デイモン、ロバート・ダウニー・Jr.他
【あらすじ】
第2次世界大戦中、才能にあふれた物理学者のロバート・オッペンハイマーは、核開発を急ぐ米政府のマンハッタン計画において、原爆開発プロジェクトの委員長に任命される。しかし、実験で原爆の威力を目の当たりにし、さらにはそれが実戦で投下され、恐るべき大量破壊兵器を生み出したことに衝撃を受けたオッペンハイマーは、戦後、さらなる威力をもった水素爆弾の開発に反対するようになるが……。《アメリカ製作》



アカデミー賞も獲りましたよね、この作品。
内容的にこの作品がアカデミー賞を獲るのは意外だったな。
もちろんまだ映画を観ていないので、どんなふうに原爆が
描かれているのかは分からなかったのですが。
そういう意味でも興味があった作品でした。




続きを読む
livedoor プロフィール

みんみん

名古屋に勤める負け犬OL。
趣味は観劇。観劇のためなら、大阪だって東京だってお構いなし。60〜80本/年程度のペースで観ています。(おかげで慢性的な金欠でございます)
基本的にはストレートプレイ派、特に小劇場系に心惹かれるこの頃。映画もそれなり、読書もそれなりにしています。

映画・舞台の感想はネタバレしてますので、要注意。中には辛口レビューもありますが、私の好みなので悪しからず。コメントは大歓迎です!

今後の観劇等の予定




<4月>
□リア王@刈谷
□デカローグB@東京
□デカローグA@東京
□カムフロムアウェイ@名古屋
□『GOOD』-善き人-@兵庫


<5月>
□あのよこのよ@東大阪
□カラカラ天気と五人の紳士@大阪
□デカローグC@東京


<6月>
□ハムレットQ1@東海市
□ハムレット@名古屋
□デカローグD@東京
□デカローグE@東京
□モンパルナスの奇跡@東京
□ロミオ&ジュリエット@刈谷
□メディスン@東海市



以上がチケットGET済み。
( )内は配信視聴




●他に興味がある公演はコチラ(3/23 更新)



2024年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています
(  )内は配信による視聴


<1月>2本
■海をゆく者@豊橋
■アンネの日@東京

<2月>3本
■夜は昼の母@東京
■兵卒タナカ@東京
■パートタイマー・秋子@豊橋

<3月>8本
■オデッサ@名古屋
■平成中村座@名古屋
■中村仲蔵@名古屋
■カムフロムアウェイ@東京
■骨と軽蔑@東京
■イノセント・ピープル〜原爆を作った男たちの65年〜@東京
■メディア/イアソン@東京
■諜報員@東京


★★観劇以外のエンタメ★★
■ゲキ×シネ「天號星」






▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■
■2017年に観た舞台はコチラ■
■2018年に観た舞台はコチラ■
■2019年に観た舞台はコチラ■
■2020年に観た舞台はコチラ■
■2021年に観た舞台はコチラ■
■2022年に観た舞台はコチラ■
■2023年に観た舞台はコチラ■








★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★
★2017年に観た映画はコチラ★
★2018年に観た映画はコチラ★
★2019年に観た映画はコチラ★
★2020年に観た映画はコチラ★
★2021年に観た映画はコチラ★
★2022年に観た映画はコチラ★
★2022年に観た映画はコチラ★




こんな本読みました

読書メーター


2024年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:10本(昨年は20本)
読書:26冊(昨年は65冊)
   ※除コミック
観劇:13回(昨年は67回)
配信:1本(昨年は0本)
その他:1本(昨年は4本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:3回5日
     (昨年は13回22日)
大阪遠征:0回0日
     (昨年は5回5日)



みんみんへのメール

録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。 「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。 またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

名前
メール
本文
このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

みんみんのなう!
Instagram
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線
・ゲキシネ
・イキウメ
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・阿佐ヶ谷スパイダース
・MONO
・劇団チョコレートケーキ
・オフィスコットーネ
・パラドックス定数
・アン・ラト(unrato)
・JACROW
・SerialNumber

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・吉祥寺シアター
・神奈川芸術劇場KAAT
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座
・メニコンシアターAoi


■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・おけぴ上演時間情報
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー
・歌舞伎見物のお供

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロステージ
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club plus
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・高橋洋オフィシャルブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム