最近平日夜の観劇が増えた気がしますが、今日もまた平日公演です。
仕事を終えて、金山へ。

藪原検校「藪原検校」名古屋市民会館 い列(最前列)
18:30開演、21:50終演
脚本:井上ひさし   演出:杉原邦生
出演:市川猿之助、三宅健、松雪泰子、盒桐痢∈監誓、宮地雅子、松永玲子、立花香織、みのすけ、川平慈英
【あらすじ】
とある按摩・盲太夫が語る、稀代の悪党の一代記……。
江戸時代の中頃、日本三景の一つ・松島は塩釜の漁港に一人の男児が生まれた。親の因果が子に報い……を地でいくこの子は、生まれた時から目が見えない。盲目の身に生きる術を得るべく塩釜の座頭・琴の市に預けられ、もらった名前が杉の市。父ゆずりの曲がった性根と母ゆずりの醜さ。有難くもない天賦のためか、杉の市は殺しと欲にまみれた栄華への道を上り始める……。




猿之助さんは「雨」もすごく良かったので、井上ひさし戯曲には
相性がいいんではないか、と思っていたんですよね。

名古屋市民会館、ほぼ満席。久しぶりだなー、こんな光景は。
まあ、三宅君と猿之助さんの集客力でしょうね、若いお嬢さんがいっぱい。
セットはちょっと「藪原検校」っぽくない、現代的なものでした。
おや、どんな感じになるのかしら・・・。





そこに登場したのが、川平慈英さん。
この作品に川平さんがキャスティングされたというのが不思議で
(時代モノなのに、ビジュアル的に欧米系の川平さんですか?と。)
どういう役なんだろうな、カツラとかつけてたりするのかしら?と
思っていたのですが、いたって普通の出で立ちです。(それはギターの方も。)

非常にミスマッチなイメージを持っていたのですが、音楽が物語と
セットの中和剤になっているような感じで、実際に拝見すると驚くほど
違和感はなく、スポーツキャスターをやっていたキャリアが活きたのか
客席に説明する・・と言う話し方が非常に聞き取りやすくて、
川平さんの盲太夫、意外なほどマッチしておりました。
ただあのセット・・・・、芝居が進んでくると目に入らなくなってくるので
良くも悪くも、あまり影響なかったかな、私には(爆)。

今回のお目当ては何と言っても、盒桐里気鵝
キャストが何役も演じられるものですから、もう常に舞台上で
「洋さんを探せ」状態ですよ(笑)。でもいろんな洋さんが拝見できて
本当に嬉しいですね。彼が出演する作品の感想を書くたびに書いてますが
もう少しコンスタントに舞台に出てくださると、ありがたいんですが・・。
楽しそうに演じていらっしゃって、私も嬉しくなりました。

そしてお市は松雪泰子さん。
これはもう、ドンピシャなキャスティングだろう・・と思っておりましたが
まさしく、ドンピシャ。まずこの役は、色っぽくないとダメでしょ。
かといってあまり若い子でも、ちょっと違う。
その上で、したたかさと、蛇のような執念・執着が無いとダメな訳で
松雪さんにはそれらが全部ある、って言う感じかな。
終盤の念のこもった目に声の凄さ。ガチで呪われそうだったわ〜。
綺麗なビジュアルだからこそ、その怖さも引き立つよね。

恐らく、客席の多くがお目当てにしてきただろう三宅君。
色々な役をやっていらっしゃいましたが、私はドラマを観ないので
バラエティでの三宅君しか存じ上げなかったのですが、思った以上に
声がスイートなんですね。歌なんか思わず「おお、アイドルだ!」という
バカみたいな感想が頭をよぎりました(笑)。
現代的なお顔立ちなので、カツラとか和装が似合うのかしら?と思って
おりましたが、そこはあまり気になりませんでした。
しかし、塙保己市役とは以外でしたね。
この作品の主役は杉の市に違いはないのですが、この塙保己市というのは
非常に大切なポジションですし、陰の主役でもあると思う役。
杉の市と塙保己市は、金に生きる道を求めるのか、学問にそれを求めるのか
という方法論は違うにせよ、盲人が生きるために、「手段」が必要である
と理解し、行動に移していたという点で、同じ種類の人間。
三宅君の塙保己市は、学問を手段としか捉えていないんだろうな、と
と思わせる所がありました。
だからこそ、杉の市と塙保己市はイーブンでなければ・・と思うのですが
ちょっと三宅君には荷が重かったような印象でした。
彼が表現したい塙保己市、と言うものは伝わってくるのですが、セリフがね・・。
どうしてもセリフに喋らされている、と言う印象が拭えなくて。
ま、私の感想なので、的外れだったらスミマセン。
以前拝見したのが段田さんとか、小日向さんだから、どうしても若さが
目についてしまったのかもしれません。

そして主役、市川猿之助さん。
もう・・・、ピッタリだろうな、と想像してましたけど、ピッタリでした(笑)。
どの役者さんが演じられても「早物語」は見応えがあるシーンです。
猿之助さんの早物語は、余裕すら感じられるんですよね。
またこういうセリフに慣れている、という事もあるんだと思いますが、
とにかく聞き取りやすい。私、3回目で初めてこの早物語で笑ったかもしれません。
ああ、確かにこれだったら、おひねりが飛んできそうだな、と実感しました。

極悪人で、だけど母親には弱い所もあって・・というダメダメ男なんですが
最後の裃姿では凛々しくて、堂々としていて、何と絵になる事か!
市川猿之助という役者のオーラを感じずにはいられませんでした。

また一方で早物語の時には名古屋ネタなんかをアドリブに入れてくれたりして
(昼は蓬莱軒に一人で行った、とか、夜は”井ば昇”だ。地元の人は”白河”に
行くんだ、とか、御園座によく出てるから知ってるんだよ、とか)
客席を盛り上げてくれたりもしていましたね。(御園座に「良く」は出て
居ないと思いますけど(笑)、ワンピース歌舞伎で御園座で拝見しましたね。)

この作品を観るのは今回で3回目ですが、今まで観たのとは全く違う演出。
賛否は分かれそうな気がしますが、新鮮ではありました。あとは
若い子にも分かりやすいよね。その代わりに「井上ひさし」らしさは
あまり感じられなかったけど。
しかし、あの天上から吊るされた人形のリアルなこと・・・!
こういう技術も、昔とはずいぶん変わったんだろうな、なんて思ったりも
したのでした。

正直、戯曲としてあまり好きな方ではない作品ではあったのですが、
これだけ雰囲気が変わるんだ!という事も面白かったし
役者さんも堪能できたので、想像していたよりもずっと楽しめたな、と思う
1本でした。