名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。芝居と映画、朝ごはんの事しか書いていないブログです。

BOOKS

2021年5月の読書まとめ

5月に読んだ本のまとめ。
これで2021年に入ってから読んだ本は52冊なので、10冊/月のペースは
変わってない、って事ですね。


5月の読書メーター
5月に読んだ本の数:13
5月に読んだページ数:4095




読んだ本の内訳は追記にて。




続きを読む

読了「ライオンのおやつ」

相変わらず、それなりのペースで読書は続けていますし、
読んだ本は読書メーターに記録しているので、普段は敢えて
ここでは書かないのですが、久しぶりに「おおっ」と思ったので。

ライオンのおやつ
著:小川糸(ポプラ社)
【あらすじ】
余命を告げられた雫は、残りの日々を瀬戸内の島のホスピスで過ごすことに決めた。そこでは毎週日曜日、入居者がもう一度食べたい思い出のおやつをリクエストできる「おやつの時間」があった―。毎日をもっと大切にしたくなる物語


これは前から興味があった1冊です。
きっかけは昨年、2020年の本屋大賞で2位だったから。
ただ、いつも格安な古本を読んでいる私にとって、新刊は
贅沢なので(あっという間に読み終えちゃうのでねぇ・・)
何となく先送りにしていたのです。

ただ、先日の「DMMブックス」の70%オフキャンペーンで
「ここだ!」と思い、やっと読むことが出来たのでした。






続きを読む

2021年4月の読書まとめ

4月は序盤、あまり本を読む気分になれななかったのですが、
DMMブックスで本を大量買いしてから急にペースが上がりました(笑)。



4月の読書メーター
4月に読んだ本の数:9
4月に読んだページ数:2776



結局DMMブックスでは48冊お買い上げでしたが、100冊ギリギリまで
買えばよかったよ・・と軽く後悔しております(笑)。
読んだ本の詳細は追記にて。



続きを読む

100冊チャレンジ

Twitterで見かけたキャンペーン。

「DMMブックスでは上限100冊まで、70%オフ

そして何より凄いのが「全電子書籍対象」って事。
このキャンペーンを知ったのが11日(日)。期限は6月5日までだというので
GWにでもゆっくり選ぼう♪と思ったら、月曜の朝には
「好評のため12日(月)の11:59でクーポン配布終了」とのこと。

・・・・まぢか。

もともとあまり電子書籍が得意ではないから、それも含めて悩もう
と思っていたのに、時間的猶予無し。もうこれは買うしかない。
という事で、慌ててクーポンGET。
一旦クーポンをGETしたら、6日以内に使わないとパーになっちゃう。

という事で、「ミュージカル1本分ぐらい」の費用を予算と考え
今まで気になっていた本をぼんぼんカートへ(笑)。
DMMブックスは初めてですが、欲しいと思った本はまずありました。
マンガやアダルト系が充実している所みたいですけどね(笑)。

いやぁ・・・、70%オフ、ハンパない。
カートに追加しても、追加しても、なかなか1万円に到達しない。
コミックス全巻買いしている人も多いみたいですが、私は読みたいと
思っているコミックスも無いので、やはり小説中心で。
最初の20冊ぐらいまでは楽しかったんですけど、それを超えると
けっこう面倒になってきちゃって、「誰か選んで・・」って感じに
なってきちゃいました(笑)。

2日間悩んで結局・・・




続きを読む

2021年3月の読書まとめ

3月は2月とは違って、超スローペースの読書になってしまいました。
前月の半分なんですけど・・・。何なんだろうなぁ、このムラは。
(もちろん読書量を競っている訳じゃないんですけどね)



3月の読書メーター
3月に読んだ本の数:6
3月に読んだページ数:2564




3月は本を買うのを我慢したんですよね。
それが読書熱を下げる原因だったんじゃないか?と勝手に思ってます
(単に本を衝動買いする言い訳ですね、ハイ。)


詳細は追記にて。








続きを読む

2021年の2月の読書まとめ

3月もすでに10日を過ぎちゃいましたが、2月の読書まとめ。
今年はのんびり本を読もう・・と思っていたのですが、何故か2月は
読書が楽しくて、止まらなくて。
持っていた本を出先で読み終えて、慌てて書店で次に読む本を買う事2回。
2月は28日しかないのに14冊読みましたよ。私の中では過去一番読んだかも。



2月の読書メーター
2月に読んだ本の数:14
2月に読んだページ数:5271





どんな本を読んだかは、追記にて。




続きを読む

2021年1月の読書まとめ

今年は読書ペースを落として、のんびり読もう・・と思ったのですが
年末に我慢していた事もあり(Kindle Unlimitedeのキャンペーンで
そちらの本を優先していたので)読みたい本が溜まっており、
それらを読み始めたら読書が楽しくて(笑)。
今月は結局10冊、昨年と全く同じペースになってました、ちゃんちゃん(笑)。



1月の読書メーター
1月に読んだ本の数:10
1月に読んだページ数:3986




まあ、ページ数は4000ページにも満たないので、そんなに
長編の本は含まれていないって事かな。

詳細は追記にて。





続きを読む

2020年12月の読書まとめ

12月は、なかなかハイペースで読んでいたのですが、
クリスマスを過ぎた頃から、ピタっと読まなくなってしまい
冬休み中は1ページも読みませんでした(爆)。



12月の読書メーター
12月に読んだ本の数:12
12月に読んだページ数:3847



それでも、まあ、そこそこ読んでる感じかな。
年間では115冊なので、10冊/月までは到達しませんでした・・・。


12月の内訳や、昨年のまとめは追記にて。




続きを読む

2020年11月の読書まとめ

11月は冊数としてはそこそこ読んでいる感じに見えますが
短い作品が多かったので、ページ数的には多く読んだ月の半分以下。
コンスタントに読んではいますが、以前ほど猛烈に読んでいる・・
という感覚はないですね。



11月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2078





詳細については追記にて。




続きを読む

2020年10月の読書まとめ

10月は遠征も多くて、あまり土日に時間が割けなかったこともあり
読書量は少なかったです、予想の通り。
往復の新幹線で読むこともできますが、乗り物酔いしやすいタイプなので
調子が悪いと全然読めない時もあるんですよねぇ・・・。



10月の読書メーター
10月に読んだ本の数:6
10月に読んだページ数:2376



だいたいここ最近の6割ぐらいの読書量かなぁ。
10月中に今年の100冊目に突入するかと思いましたが、それは
11月に持ち越しです。(10月末現在で95冊)


詳細は追記にて。



続きを読む

2020年9月の読書まとめ

9月も今までと同じぐらいのペースで読めたかな。


9月の読書メーター
9月に読んだ本の数:10
9月に読んだページ数:4513




冊数は今月も10冊だけど、いつもだいたい4000ページぐらいなので
約1冊分ぐらい多めのページ数です。
長編の作品が何冊か含まれていたからかな。





続きを読む

2020年8月の読書まとめ

8月は映画も観たり、芝居も観たり・・でしたが、読書もそこそこ
継続しております。



8月の読書メーター
8月に読んだ本の数:10
8月に読んだページ数:4093




読んだ冊数は先月と同じで、ページ数も大差ない感じですね。
8月末の時点で80冊という事なので、キッチリ毎月10冊ずつで
安定してきた、っていう事ですね。





続きを読む

2020年7月の読書まとめ

去年から急に読書量が増え、いずれペースダウンするかしら・・と
自分でも思っていたのですが、観劇という私の一番の楽しみが奪われている
という背景もあってか、一向にペースは落ちず、すでに69冊読了。
積読本は40冊を切る事がありません。(いくら読んでも、すぐ買っちゃう。)


7月の読書メーター
7月に読んだ本の数:10
7月に読んだページ数:4178
7月のナイス数:182




冊数は先月と同じ10冊だし、薄い本も3冊ほどあったんですが
それ以外がいずれも500ページ超の厚めの本ばかりだったので
ページ数は先月よりも多かったようです。



続きを読む

読了「騙し絵の牙」

相変わらずのペースで本を読んでおりますが、最近ちょっと
本のチョイスがまんねりしてきたなぁ・・と思っていたところ
仕事でお付き合いのある方から、おススメ頂いた本、読んでみました。

隠し絵の牙「騙し絵の牙」
著:塩田武士
【あらすじ】
出版大手「薫風社」で、カルチャー誌の編集長を務める速水輝也。笑顔とユーモア、ウィットに富んだ会話で周囲を魅了する男だ。ある夜、上司から廃刊の可能性を匂わされたことを機に組織に翻弄されていく。社内抗争、大物作家の大型連載、企業タイアップ…。飄々とした「笑顔」の裏で、次第に「別の顔」が浮かび上がり―。




全く知らない本だったのですが「大泉洋にアテ書きした本」と聞き
興味を持ったんですよね。
お芝居などの「アテ書き」は知っていますが、小説のアテ書きって
どういうもん?と思って。




続きを読む

2020年6月の読書まとめ

6月に入ってテレワークが終わり、ジムにも映画にも行くようになって
読書時間が減るか・・と思ったのですが、仕事が忙しくないのですよ。
コロナ以前から満員電車が嫌で、7時半には出勤していたので、すぐに
オフィスに行くのではなく、マックでコーヒーを飲みながら1時間ほど読書
をする・・が現在の定番の朝のスタイルになっております。



6月の読書メーター
6月に読んだ本の数:10
6月に読んだページ数:3929
6月のナイス数:170




冊数は先月と変わらず。
でもページ数は300ページ以上増えているので、ちょっとボリュームが
ある本を先月よりは読んでいるみたいです


続きを読む

2020年5月の読書まとめ

5月はもっと読めると思ったのですが、2週間ほど全く本を読まない・・
という時期(GWの頃かな)があったので、それほど冊数は多くないです。
GWの期間にも読んでいたら、相当伸びたと思うんですが。


5月の読書メーター
5月に読んだ本の数:10
5月に読んだページ数:3680
5月のナイス数:173




内訳は追記へ。





続きを読む

三代目「ベルサイユのばら」

自粛生活での楽しみの一つがネットでのお買い物。
「そう言えば!」と思い出し、ポチりました。

ベルサイユのばら
「ベルサイユのばら」文庫版 全5巻


今更ながらの、ベルばら。
いや、持ってたんですよ。でも人に貸しては行方不明になり
買うのはこれが3度目という・・(笑)。
ふと読みたくなったので買っちゃいますかねー・・と。





続きを読む

2020年4月の読書まとめ

自宅お籠り生活にも慣れてきた(腹が括れてきた)ので、読書量も
増えてきましたね。ただ読む以上のペースで本を買っているんです。
暇があればネットで本を漁ってて。
今は落ち着きましたが、一種のストレス発散だったのかもしれません。
この生活もまだ続きそうですが「読む本が無くなりそう」という事は
無さそうですので、安心です(笑)。



4月の読書メーター
4月に読んだ本の数:13
4月に読んだページ数:4569
4月のナイス数:161





内容は追記にて。






続きを読む

読了「中島かずきと役者人」

最近は本を買う機会が多いので密林を徘徊する事も多いのですが
その時に見つけて(予約で)ポチっていたものが、週末届きました。

中島かずきと役者人「中島かずきと役者人」
中島 かずき (著), 藤津 亮太 (著)







 




これは、かずきさんがアニメ系の月刊誌で行っている対談連載を
まとめて(内容も増えているようですが)書籍化したもの、とのこと。
ページ数も大した量ではないし、対談なのであっという間に読了です。




続きを読む

2020年3月の読書まとめ

とうとう緊急事態宣言が出ましたね。愛知は対象ではないですが。
結局3月の観劇がゼロになり、「その分、本が読めるじゃないか」と
思う所ですが、仕事が忙しい&何に対してもやる気になれないくて、
結局大した冊数読めず。何だか情けないわ・・・。


3月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2673
ナイス数:111



内容は追記にて。





続きを読む

読了「望み」

2月の読書まとめ」にも書きましたが、これは気にいった1冊なので
書いておこうかな、と思います。

望み「望み」
著:雫井 脩介
【あらすじ】
東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(いしかわかずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。二人は、高一の息子・規士(ただし)と中三の娘・雅(みやび)と共に、家族四人平和に暮らしていた。高校生になっ規士は夏休みに無断外泊を度々するようになった。そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡すら途絶えてしまう。そんな時、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、二人は胸騒ぎを覚える。行方不明は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとも……。


何故この本を選んだのかはあまり覚えていないのです。
恐らく、密林で読んだことのある作家さんの著書という事で
(「火の粉」を読んだことがありました)ポチったのだろうな
と思います。
常に30冊ぐらいある積読本の中からこれをチョイスした理由は
分かりません。「何となく」なんだろうな(笑)。
それぐらいノーマークだった1冊です。





続きを読む

2020年2月の読書まとめ

2月は8冊、今年に入って18冊。今月はちょっとペースが落ちました。
繁忙期に突入してしまったため、出勤前にマックで読書をする
時間も取れないし、帰宅すると疲れて寝てしまう事が多いし、
(帰宅して夕飯を摂ったらもう23時過ぎだからね〜)
仕事での新幹線移動の時間もPCで仕事をする事が多かったので、
思ったよりも読めなかったな・・という感じの1か月でした。

仕方ない、今はそういう時期だ・・・。

2月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:3102
ナイス数:87




内訳は追記にて。




続きを読む

読了「僕は、線を描く」

去年の秋からハイペースで読書をしておりまして、今もそのペースは
落ちることなく、今年に入ってから14冊読み終えております。
簡単な感想は「読書メーター」にも書いていますが、この本は
面白かったのでブログにも感想を書いておこうかな、と。

線は、僕を描く「線は、僕を描く」
著:砥上裕將
【あらすじ】
両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介は、アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。なぜか湖山に気に入られ、その場で内弟子にされてしまう霜介。それに反発した湖山の孫・千瑛は、翌年の「湖山賞」をかけて霜介と勝負すると宣言する。水墨画とは、筆先から生みだされる「線」の芸術。描くのは「命」。はじめての水墨画に戸惑いながらも魅了されていく霜介は、線を描くことで次第に恢復していく。



これは2020年本屋大賞ノミネート作品という事で買ってみました。
普段は古本を手当り次第に読んでいるので、出版されてから
随分経ったものが多いんですよね。
たまには、今話題になっている本を読んでみようかしらね、と思って。
どうやら、コミックスにもなっている本のようです。




続きを読む

2020年1月の読書まとめ

引き続き読書はいいペースです。
まだ1月は仕事が忙しくなかったので、出勤前にマクドナルドで
コーヒーを飲みながら(現在はMサイズ100円だし♪)本を読んでから
出勤する日々でございました。

でも、平日働いているとやっぱりこれぐらいの冊数が限界かなー。
帰宅してからも読み続けたら、もっと読めると思うんですけどね。

1月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:3869
ナイス数:85



内訳は追記にて。



続きを読む

2019年12月の読書まとめ

「読書メーター」を始めたら、急に読書ペースが上がりました(笑)。
仕事で移動時間が多かったので、その時に本が読めたのが要因の一つ。
でも一番の理由は、読書が楽しくて、自宅でも本を読む事が多かったからかな。
元々自宅ではあまり読まない方なので、珍しいと思います。

どこまでこの読書ペースが続くか分かりませんが、読書メーターでは
前月の読書のまとめが出せる機能があるらしいので、これから暫く
その機能を使って、アップしてみようかな、と思います。


12月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:2713
ナイス数:166


読んだ本の詳細は追記にて。
改めて見ると、作者もジャンルも本当に滅茶苦茶で節操がない。
同じジャンル・作家を読み続けると飽きるから・・という理由もありますが
それにしてもねぇ・・。




続きを読む

読んだ本を記録する

自分が自分の為に使う時間が多いのは「観劇」「映画」
「ジムでトレーニング(ホットヨガ含む)」と「読書」かな。

観劇は「趣味です」と言い切れると思う。
映画はちょっと、自信ない。
読書に至っては、「趣味」とはとても言えないと思っている。

映画や舞台は感想を書かない時があっても、観た事だけはきちんと
このブログにアップしているので、後で振り返る時に何かと便利。
でも、読書に関しては読みっぱなしなんですよね。
本の買い方も適当だし、印象に残った作品しかブログで取り上げないし
読んだらすぐに捨てるか、知り合いに譲ってしまいますしね。

なので、始めてみました。
読書メーター
読書メーター。
自分の読んだ本、ストックしてある「積読本」が登録できるサイト。
レビューも登録出来るけど、そこまではいいかな・・と思い、
読んだ本の記録用に、とりあえず、今年読んだ本を遡って登録。
しかし、どうしても2冊足りない、残り2冊が思い出せない・・(涙)。
まー改めて一覧にしてみても、節操がないラインナップだこと(呆)。
今後自分のデータが蓄積されて、何らかの傾向が見えたら面白いな。

調子に乗ってまたネットで15冊も注文しちゃった(^_^;)。
これで積読本が30冊になっちゃう〜・・何、やってんだか。





読了「くちびるに歌を」

ちょっとサスペンスものを読むのが続いたので、違うテイストの
本を読みたいな・・と思い、積み本の中から選んだのはこちら。

くちびるに歌を「くちびるに歌を」
著:中田 永一 
【あらすじ】
長崎県五島列島のある中学合唱部が物語の舞台。合唱部顧問の音楽教師・松山先生は、産休に入るため、中学時代の同級生で東京の音大に進んだ柏木に、1年間の期限付きで合唱部の指導を依頼する。それまでは、女子合唱部員しかいなかったが、美人の柏木先生に魅せられ、男子生徒が多数入部。ほどなくして練習にまじめに打ち込まない男子部員と女子部員の対立が激化する。一方で、柏木先生は、Nコン(NHK全国学校音楽コンクール)の課題曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」にちなみ、十五年後の自分に向けて手紙を書くよう、部員たちに宿題を課していた。提出は義務づけていなかったこともあってか、彼らの書いた手紙には、誰にもいえない、等身大の秘密が綴られていた。



アンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓 十五の君へ~」がベースに
なっている作品なんだそうです。
確か、映画もあったよなーと記憶していたのですが、映画の
ノベライズという訳ではなく、歌→小説→映画、といった
流れ・・・らしい(笑)。





続きを読む

読了「贖罪の奏鳴曲」ほか

最近ペースが落ちていた読書ですが、読み始めたら面白くて
シリーズを3日で一気読み。

御子柴シリーズ
「恩讐の鎮魂曲」
「追憶の夜想曲」
「贖罪の奏鳴曲」
著:中山七里



中山七里さんは最近、私的に注目の作家さんなのですが
評判が良さそうだったので、シリーズまとめて買っていたのでした。

 



続きを読む

読了「総理にされた男」

ちょっとペースは落ちましたけど、ボツボツ本は読んでまして
最近お気に入りの作家さんの本です。

総理にされた男「総理にされた男」
著:中山七里
【あらすじ】
売れない舞台役者・加納慎策は、内閣総理大臣・真垣統一郎に瓜二つの容姿とそ精緻なものまね芸で、ファンの間やネット上で密かに話題を集めていた。ある日、官房長官・樽見正純から秘密裏に呼び出された慎策は「国家の大事」を告げられ、 総理の“替え玉”の密命を受ける 。慎策は得意のものまね芸で欺きつつ、 役者の才能を発揮して演説で周囲を圧倒・魅了する 。だが、直面する現実は、政治や経済の重要課題とは別次元で繰り広げられる派閥抗争や野党との駆け引き、官僚との軋轢ばかり。政治に無関心だった慎策も、 国民の切実な願いを置き去りにした不条理な状況にショックを受ける。義憤に駆られた慎策はその純粋で実直な思いを形にするため、国民の声を代弁すべく、演説で政治家たちの心を動かそうと挑み始める。そして襲いかる最悪の未曽有の事態に、慎策の声は皆の心に響くのか―。



まず主役が「売れない舞台俳優」っていうのが私的にヒット(笑)。
「演じる」という事についても書かれてたりします。
そう言えば、昔あった舞台専門チャンネルの「シアターテレビジョン」
を買収した会社の社長が「政治は舞台」みたいな事を言って
全然違うチャンネルにしちゃったなぁ・・という事を漠然と
思い出しました。





続きを読む

読了「時宗」

買ったのは昨年なのですが「全4巻」に腰が引けてしまい
そのままになっていたのでした。

時宗 全4巻
「時宗」 著:高橋克彦
巻の壱:乱星
巻の弐:連星
巻の参:震星
巻の四:戦星


日本史が苦手な私がこの本を買ったのは、高橋克彦さんの著書
だったからです。
ええ、時宗とか言われても、誰の事ですか?ってぐらいな
知識の無さですから(笑)。





 続きを読む
livedoor プロフィール

みんみん

今後の観劇等の予定




<6月>
□夜への長い旅路@東京
□キネマの天地@東京
□首切り王子と愚かな女@東京
□Crime-3rd- 〜不可解編〜@東京


<7月>
□外の道@豊橋
□ロミオ&ジュリエット@大阪
□ロミオ&ジュリエット@名古屋
□Hedge1-2-3@東京
□森 フォレ@名古屋
□一九一一年@東京
□フェイクスピア@大阪


<8月>
□王家の紋章@東京


<9月>
□レ・ミゼラブル@大阪


以上がチケットGET済み。
( )内は配信視聴




●他に興味がある公演はコチラ(5/23 更新)



2021年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています



<1月>3本
■オトコ・フタリ@刈谷
■てにあまる@刈谷
■チョコレートドーナツ@東海市


<2月>7本
■墓場なき死者@東京
■イキウメの金輪町コレクション(甲)@東京
■イキウメの金輪町コレクション(乙)@東京
■帰還不能点@東京
■スルース〜探偵〜@名古屋
■キオスク@名古屋
■ザ・空気 ver.3@長久手


<3月>6本
■子午線の祀り@名古屋
■藪原検校@名古屋
■アリージャンス@東京
■ダム・ウェイター@東京
■月影花ノ丞大逆転@東京
■本当のハウンド警部@東京
■アユタヤ@配信
■帰還不能点@配信
■イキウメの金輪町コレクション(丙)@配信


<4月>2本
■ミュージカルGHOST@名古屋
■日本人のへそ@名古屋


<5月>6本
■ウェイトレス@名古屋
□カメレオンズ・リップ@名古屋
□フェイクスピア@東京
□終わりよければすべてよし@埼玉
□コクーン歌舞伎「夏祭浪花鑑」@東京
□鋼の糸@東京
■ロミオとジュリエットーコロナの時代の愛―
■図夢歌舞伎「弥次喜多」

※( )内は配信視聴




▼▲コロナ禍で断念▲▼
・月とシネマ@東京
・The PROM@大阪




★★観劇以外のエンタメ★★
・KENJI URAI 20th Anniversary Concert
・『Piece』オンラインリリースイベント







▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■
■2017年に観た舞台はコチラ■
■2018年に観た舞台はコチラ■
■2019年に観た舞台はコチラ■
■2020年に観た舞台はコチラ





★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★
★2017年に観た映画はコチラ★
★2018年に観た映画はコチラ★
★2019年に観た映画はコチラ★
★2020年に観た映画はコチラ★



こんな本読みました

読書メーター


2021年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:7本(昨年は37本)
読書:52冊(昨年は115冊)
   ※除コミック
観劇:24本(昨年は30本)
配信:5本
その他:2本(昨年は10本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:5回7日
     (昨年は11回18日)
大阪遠征:0回0日
     (昨年は0回0日)

みんみんへのメール

録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。 「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。 またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

名前
メール
本文
このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

みんみんのなう!
Instagram
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線
・ゲキシネ
・イキウメ
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・阿佐ヶ谷スパイダース
・MONO
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・オフィスコットーネ
・パラドックス定数
・Stage Gate
・TheatreCompany KAKU-SHIN-HAN
・アン・ラト(unrato)
・JACROW

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・吉祥寺シアター
・神奈川芸術劇場KAAT
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座


■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・おけぴ上演時間情報
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー
・歌舞伎見物のお供

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロステージ
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club(旧)
・cubit club plus
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・高橋洋オフィシャルブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム