名古屋の負け犬OL徒然草

芝居を観るのが大好き!な名古屋在勤のお気楽OLです。 モットーは「週末の疲れは平日で癒せ」と「今日の労働は明日のチケット代」。芝居と映画、朝ごはんの事しか書いていないブログです。

エンタメ

配信「『Piece』オンラインリリースイベント」

浦井君の2ndアルバム「Piece」のリリースイベントが5/1にあり
その時は別の舞台を観劇していたので、アーカイブ視聴です。

リリイベ

こちらもあまり詳細を書くのは好ましくないでしょうから、
サックリとした感想だけ。

浦井君がオンラインで収録された曲についての裏話であったり
その曲にかける想いなどを語ってくれて、収録曲から3曲ほど
歌ってくれる1時間程度のイベントでした。

浦井君のせっかちぶりだったり、スタジオ入りが早いとか
相変わらず謝ってばかりだったりとか(笑)、適度に肩の力も抜けていて
ちょっと、おとぼけな感じもキュートでした。
歌も聞けると思わなかったので、ちょっとお得感ありました。

こういうイベントは配信で(アーカイブ有)でやって頂けると
本当に助かります・・・!




 

2021年5月のエンタメ予定

GWに突入。
もともと大した予定はなく、暦通りに出勤する予定だったところ、
緊急事態宣言が発出され、社内でもぼちぼち陽性者が出るようになりました。
会社もマジヤバイと思ったらしく「5/10まで極力出てくるな」という事に
なりました。有給休暇は売る程残っているので、有給休暇&半日有給取得で
4/29〜5/9という、非常に長いお休みに急遽突入しております。


【観劇】
「ウェイトレス」@名古屋
「カメレオンズ・リップ」@名古屋
「The PROM」@大阪
「フェイクスピア」@東京
「おわり良ければすべて良し」@埼玉
「コクーン歌舞伎『夏祭浪花鑑」』」@東京
「鋼の糸」@東京
 世の中がこんな状態ですから、これだけチケットは取ってますけど
何本か、もしかしたら半分以上中止になる可能性もあるでしょうね・・。
少なくとも「The PROM」@大阪は厳しい気がする。
「フェイクスピア」はもっと後半でチケットを取ればよかったなぁ。
もう後は「何とかなりますように」と言う気持ちで待つしかないですけどね。


【チケ取り】
「キネマの天地」@東京
「森 フォレ」@東京
「反応工程」@東京
 明確に分かっているのはこれだけ。「一九一一年」@東京も
先行は5月中なんじゃないかな、と推測。
どれも観たいけど、どうしても・・って程ではないので、悩みますねぇ。


【映画】
「ファーザー」
5/14〜
「ローズメイカー 奇跡のバラ」5/28〜
 やば、ここのところ全く映画を観に行っていない間に全く分からなくなってる。
ミリオン座もざっと見た所あまり惹かれる作品がないんだよね・・・。
そもそもここに挙げた2本だって公開が延期になってしまう可能性もあるしね。


【その他】
浦井健治『Piece』リリース記念オンラインイベント 
ミュージカル「アリージャンス〜忠誠〜」On WOWOW 5/22
シネマ歌舞伎「三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち」 On 衛星劇場



今年は思いがけずGWが長期になってしまったので、ジョギングしたり
本を読んだり、録画を消化したり・・・ぐらいしか、やる事が無くて
もうGW前半で既にぐーたら生活になってしまっております(涙)。






ドラマ「コールドケース3−真実の扉−」

これは珍しく私がシーズン1・2ともに観ていたドラマなので、
シーズン3が放送されると聞いて、楽しみにしておりました。

コールドケース3
連続ドラマW「コールドケース3−真実の扉−」(全10話)
出演:吉田羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和


まあ「好き」と言っても、12月初旬に放送が始まり、観終えたのは
4月の終わり(途中にお正月休みも含まれているのに!!)って
どんだけ時間がかかってるんだよ、って話ですね。
(私に「半沢直樹」を観る時が来るのだろうか・・・)

昔はドラマの放送を楽しみにしていた時期もあったんだけどなぁ。





続きを読む

昔話法廷 〜「桃太郎」裁判〜

NHK Eテレで「昔話法廷」というものが放送されているのは知っていて
その素材を会社の研修で使わせて頂いたこともあります。
そこには非常にメジャーな俳優さんが登場していて、かつクオリティが
高い事に驚いたものですが、うちのHDDレコーダーが録画しておりました。

昔話法廷
昔話法廷 〜「桃太郎」裁判〜
【あらすじ】
桃太郎は、犬と猿とキジを引き連れて鬼ヶ島を襲撃。鬼一人を切り殺し、30人以上に重傷を負わせたうえ、鬼たちの財産を奪って村に帰還した。事実を認める桃太郎に、検察官は、「これは強盗殺人罪であり、凶悪な犯行は死刑が相当」と主張。一方、弁護人は、「鬼の悪事におびえる村人を守るために、やむを得ず行った犯行である」として極刑回避を訴える。




何故ならば、うちのHDDは“天海祐希”のキーワードがあれば、勝手に
録画してくれるから。
どうやらこれが最終回、という事らしいです。


そもそも「昔話法廷」というのは小学校〜高校までの若い子達向けの
教育用コンテンツで、「赤ずきん」とか「浦島太郎」とかの昔話を
現代の法律で裁いたら・・と言う想定で作られた30分法廷ドラマ。
検察側/弁護側と別れて、証人尋問や被告人尋問などが行われていく
というものです。




続きを読む

浦井健治&伊礼彼方『スターライン|fullmoon』 

浦井君は2ndアルバムが出たばかりでしたが、伊礼さんとのデュエットで
CDが発売されました。
浦井君は1stアルバムがエイベックス、2ndがポニーキャニオンから
発売されているのですが、これは大手のレコード会社からの発売では
ない様子で(これ自主製作って言う表現で合ってますか?)、基本は
ネットでの販売のみの様子。でも何だか送料が勿体ないしなーと思っていたら、
(推しのCDを買うのに“送料が勿体ない”とか言うな、って話ですが、1,500円のCDに
送料が1,000円と言われると少々引きます・・)
日比谷シャンテでも販売しているとのこと。有楽町で観劇予定だったのと
時間もあったので、日比谷シャンテのHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEに
行ってまいりました。

スタートライン
『スターライン|fullmoon』
1.スタートライン
2.fullmoon


初めて来ましたが、ここは舞台関係の出版物やCD、DVD類を中心に
扱っている場所なんですね。なかなか新鮮な品揃え。
でもこのCDは陳列してなくて、レジで申し出てください、とのこと。

「あの・・・浦井健治さんたちの『スタートライン』欲しいんですが」と言うと、
「何枚ですか?」とのこと

まあ、専門店にありがちですが、少々スパイシーな接客で(笑)。
しかし「何枚」ってどういう事?え、CDだよ?と軽く頭が混乱しましたが
きっと買いに来れない方のためにまとめ買いする方が居たんだろうな、と
解釈しまして、「1枚」を無事に入手するに至りました。

これは浦井君から伊礼さんにコロナ禍で何かできる事が無いか・・と
持ちかけ、伊礼さんが作詞・作曲をしたものだ、という事を以前の
配信で聞いていました。このお二人は、ルドルフ仲間なんですよねー。
「Piece」と共に、通勤のお供とさせて頂いております。

サインあった
こんなのもあったのでパチリ。
何故かソフトフォーカスがかかったような写真になっちゃった(笑)。







2021年3月のエンタメ予定

今年ももう3月に入りました。またいずれ書きたいと思いますが
去年は3月に入ると、各作品が一斉に公演を中止し始めて、世の中が
急にトゲトゲし始めた頃。この頃からマスクが手に入らなくなりました。
まだまだ完全に戻ったわけではないけれど、このエントリーが書けるだけ
ここ1年かけて状況が以前の状態に戻ってきつつある、という事かな、
なんて思ったりします。
先が読めないので、公演情報がなかなかオープンにならなかったけど
「来年1月」とか「今年の冬」とか、先の情報が続々オープンになったのも
ああ、戻ってきたなぁ・・と思う一因かもしれません。


【観劇】
「子午線の祀り」
@名古屋
「藪原検校」@名古屋
「ダム・ウェイター」@東京
「月影花ノ丞大逆転」@東京
「本当のハウンド警部」@東京
 名古屋公演は平日ばかりですね。ま、名古屋なので便利ですし
来ていただけるだけでありがたいので、文句は申しません!


【チケ取り】
「サンソンールイ16世の首を刎ねた男ー」
@東京
「渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾『夏祭浪花鑑』」@東京
彩の国シェイクスピア・シリーズ第37弾「終わり良ければすべてよし」@埼玉
「ミュージカル ロミオ&ジュリエット」@東京
 この辺りが明確に先行があるもの。タイミング的にはこれも要注意かな。
「月とシネマ―The Film on the Moon Cinema―」
5月はありがたい事に観たい演目が多くて、スケジュール組みが大変です。


【映画】
「ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日」
3/5〜
「旅立つ息子へ」3/26〜
「テスラ」3/26〜
 映画の撮影ができてないよね、そのうち公開する作品が無くなるよね・・と
去年から危惧していましたが、ミリオン座もリバイバル上映とか増えてきたし
邦画も増えてきましたね。それに伴って観たいと思える作品が減ってきて・・。
そろそろレイトショーも再開しようかという所ですが、今度は観たいものが
あまりない・・と言う状態です。


【その他】
「いきなり本読み!」On WOWOW 3/6
「真夏の世の夢」On BSプレミアム 3/7
「ベイジルタウンの女神」On WOWOW 3/20
 やばっ、HDDの容量が足りなくなってきたから、何とかしなくちゃ。
あとは、イキウメの配信チケットを買ったのでそれを観て、劇チョコの
「帰還不能点」は配信チケットも買ったので、アクターズカメラで配信を観なければ!




気温もあがって、沈丁花の香りもするようになって、春が来たなぁ・・と
感慨深い今日この頃。
相変わらず職場では色々ありますが、可能な範囲でエンタメを楽しんで
あとは、ケセラセラ・・でしょうか。





2021年2月のエンタメ予定

2021年になって1か月。
世の中の状況はあまり変わっていないなぁ・・と思うんですが
時間が経つのは速いもんですね。


【観劇】
「イキウメの金輪町コレクション(甲)」@東京
「墓場なき死者」@東京
「帰還不能点」@東京
「イキウメの金輪町コレクション(乙)」@東京
「スルース〜探偵〜」@名古屋
「キオスク」@名古屋
「ザ・空気 ver.3」@長久手
 東京公演が含まれていますね、うーむ。
チケットを取る時には「この頃は落ち着いていますように」と思って
取るんですけどね・・。緊急事態宣言も延長みたいだし、困ったものです。


【チケ取り】
観に行く予定の公演のうち、チケット発売情報をきちんと掴んでいるものは
ないのですが、これらは要注意かな・・と。
 「ダムウェイター」@東京
 「終わり良ければすべてよし」@埼玉
 「夜への長い旅路」@東京
 あとは「ザ・プロム」に行くかどうかまだ悩んでいるので、もしかすると
気まぐれで取るかもしれません。


【映画】
「私は確信する」
2/12〜
「ある人質 生還までの398日」2/19〜
「レンブラントは誰の手に」2/26〜
「ステージ・マザー」2/26〜
 映画は観たいんですが、最近あまり映画館に行っていないので
作品情報が入らないのと、レイトショーが無いのがイタい・・・。
仕事帰りにサクっと観て帰りたい時もあるんですよね〜。



先月は母親が2度も入院/手術をしたりして(いずれも短期ですけど)
エンタメが少なかった割に、何だか落ち着かなかった1か月でした。
心から諸手を挙げてエンタメを楽しめるような状況ではないですが
マイペースで過ごしていきたいですね。






2021年1月と2021年全般のエンタメ予定

年が明けたけど、今日も朝ランしたぐらいで後は特に何かをしていた
訳でもなく、まったり・・。
最近はこういう状況に罪悪感を感じる事も無くなってきて。
自分の新たな面を知ったような、自分、大丈夫か?と思ったり・・(笑)。
まあ、月初でもありますので、予定をまとめておきたいと思います。


【観劇】 
「オトコ・フタリ」@刈谷
「てにあまる」@刈谷
「チョコレートドーナツ」@東海市
 1月はありがたい事に、地方公演をやって頂ける予定なので
遠征をする必要はなく、地元で大人しく過ごす予定です。
ただ。今日、東京都知事らが政府に対して緊急事態宣言の発出を要請した
というニュースを見たので、これらの公演を地方で開催できるのか?と。
まあ、こればかりは焦っても仕方ない。なるようになれ、ですね。
↑ こう思うようになったのは、本当に大きな変化だと自分でも思う。


【チケ取り】
「GHOST」
@名古屋
「ウェイトレス」@名古屋
「イキウメの金輪町コレクション」@東京
「帰還不能点」@東京
「ほんとうのハウンド警部」@東京
「日本人のへそ」@名古屋
 チケ取りがめっちゃ続くんですけど・・・。その他にも
「ダムウェイター」「Oslo」「子午線の祀り」「カメレオンズ・リップ」
辺りは時期的に要注意かな、という感じですね。


【映画】
「プロム」
1/1〜
「ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画」1/8〜
「この世界に残されて」1/8〜
「どん底作家の人生に幸あれ!」1/22〜
「パリの調香師 しあわせの香りを探して」1/29〜
 うーん。「プロム」はとても観たいんだけど、最近映画を観る機会が
減ってきているので、「プロム」以外の予告を観ておらず、完全に
「タイトル」と「チラシ」の画像だけでのチョイスです(笑)。


エンタメは大人しめですね。
でも年末年始に観ようと思って、結局観られないままだった録画が
結構たまっているので、そちらが消化できたらいいかな。


今年の全体の予定(ざっくりしたやつ)は追記にて。





続きを読む

2020年12月のエンタメ予定

2020年は忘れられない年になるだろうけど、そんな1年がもう
あと1か月で終わるんですね。色々あったような、何もなかったような。
感染拡大でどこまでクリアできるか分かりませんが、現在の予定。


【観劇】 
「Op.110 ベートーヴェン『不滅の恋人』への手紙」@東海市
「プライベート・ジョーク」@東京
「ミセス・クライン」@東京
「23階の笑い」@東京
 今はもう、当日になったら公演中止になっていた・・なんて事が普通に
起こり得る世の中なので、どうなるか分かりませんが・・。


【チケ取り】
うーん、きちんとチケット発売の情報を掴んでいるものは
「イリュージョニスト」ぐらいなんですが、今が12月という事を考えると、
2月の公演は全部要注意ですよね。
「Oslo」「イキウメの金輪町コレクション」「月影花之丞大逆転」辺り。
「GHOST」は公演スケジュールが出たので、そろそろ・・かも。
「日本人のへそ」@名古屋も一部では先行が始まってますよね。
オフィスコットーネの作品や劇チョコに関しては、今までを思い返すと
年明けにチケット発売でもおかしくないですね。

とはいえ、2月公演でも星取り表はおろか、公演期間の詳細もまだ
出ていない公演も多く・・・。
揃って全部遅いなら構わないんですけども、そうすると、なかなか
予定が立てづらい。以前ならば考えられないスケジュール感ですよね。
2月頃はまだ感染拡大が収まっているとは思えないし、どうなる事やら。


【映画】
「ノッティングヒルの洋菓子店」
12/4〜
「ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢」12/11〜
「ヒトラーに盗られたうさぎ」12/12〜
「NETFLIX世界征服の野望」12/11〜
「ニューヨーク 親切なロシア料理店」12/11〜
「GOGO 94歳の小学生」12/25〜
 映画はここのところご無沙汰してして、予告も観ていないから、
ここに挙げてはいるけど、殆どがチラシの第一印象でしかない(笑)。
観始めて予告の情報が入ってくると、増えたり減ったりするかもしれません。



忘年会のようなものも予定はないし、この状況でやりたいとも思わないし
あまり年末感はないですねぇ。
テレビなども年末進行になってきて、特番も増えてくるんでしょうね。
まあ、テレビは殆ど見ないんですが(爆)。
今月も健康に過ごせますように。






「KENJI URAI TALK EVENT at streaming+」

今までであれば、公演期間に上演している劇場を使って行われる
浦井君のファンクラブのトークイベント、別名「浦井大学」。
もう・・ずいぶん行ってない。(全公演実施されるとは限りませんし)

それがこのコロナ禍という事もあってだと思いますが、今回は
ライブ配信と言う形になりました。
テーマは新国立で行われたシェイクスピア歴史劇シリーズ。
「1部」はヘンリー六世とリチャード三世について
「2部」はヘンリー四世、ヘンリー五世、リチャード二世
と内容が分かれておりました。

私は「リチャード三世」以降は劇場で観劇していますし、先日
「ヘンリー六世」の記録映像も拝見していましたので、ここでは
1部および2部の両方視聴、という事で。

日曜日は朝から筋トレ〜ホットヨガがルーティーンのため、一部は
リアタイで観ることはできませんでしたが、2部はオンタイムで。
FCイベントでレポ禁なので内容については書けませんが・・・

とても興味深く拝見しました。
これだけ芝居の内容についてガッツリ聞けたのは、嬉しかったな。
舞台の裏側で起こっていた事や、演出の意図、浦井君がその時に
どう考えて演じていたのか・・とか、とても充実していたな、と思います。
通常の浦井大学より、時間が長めという事も要因だったかもしれない。
リアタイで観られなかった一部も、夜にアーカイブで拝見しました。
今回は落ち着いて、ちゃんと話せてましたね(笑)。

これから、コロナが落ち着いた後も、浦井大学は配信という方法を
残してもいいんじゃないかなあ。
抽選でハズレちゃう人も配信で観られる、って言うのもあると思うし
イベントの為だけに上京か・・と言う人も居ると思うので、劇場で
客を入れて行うイベントを中継してくれたら、選べて嬉しいなあ。

改めてこの歴史劇シリーズはすごい企画だったんだなぁ・・と思いました。
出来ればNHKとかで放送して欲しいんだけどな。
DVD販売の話も出ていたけど、以前鵜山さんが「出来ない」とおっしゃって
いたし、新国立劇場主催の公演が製品化された実績なんてあるんだろうか?
(何て言っても“国立”だからねぇ・・・)
そう考えると、あまり期待できないんだよね、残念ながら。





2020年11月のエンタメ予定

今年もあと2か月ですね・・・。
年明け早々に、これからどうなる事かと思いましたが、色々と対策をしつつ
それなりに以前に近い生活が送れるようになったな、と思います。


【観劇】 
「火の殉難」@東京
「迷子の時間-語る室2020-」@東京
 前月から比べるとめっちゃ減った(笑)。でも仕方ないですね、
どうしても観たいと思うのが2本だったんだから。
「ブカブカジョージ・ブカブカジョージ」の配信が今月だったので
そちらも観たいな、と思います。


【チケ取り】
「23階の笑い」@東京

分かってるのはこれぐらいかな。「スルース〜探偵〜」「キオスク」の
愛知公演は意外と早く先行があるかもしれないので、注意しないとね。


【映画】
「ストックホルム・ケース」
11/6〜
「アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌」11/13〜
「シカゴ7裁判」11/20〜
 最近は映画館に行けていないので、他にも面白い作品があるかも。
映画は余裕があれば、随時観ていきます。


【その他】
「この声をきみに〜もう一つの物語〜」on 衛星劇場
「古典遊学 〜シェイクスピア講座〜」@穂の国とよはし芸術劇場
「KENJI URAI TALK EVENT at Streaming+」@配信
 こんな感じかなぁ。
 あ、「パラドックス定数オーソドック」のYouTube無料公開が今月末まで!
 これは私も全部観たいし、舞台が好きな人には是非観て頂たいなぁ。
 派手なエンタメ要素が溢れるような作品ではないのですけど。
 (本来私はあまり人に「オススメ」をするのは得意じゃないんですけど)
 特に「Das Orchester」はこの年のマイベスト舞台だったんですよ〜。
 毎週1作ずつ追加されていっています。
 



今月は観劇予定も少ない事ですから、まだ書けていない舞台の感想を
書いたり、もう少し本を読んだりしたいな、と思います。
自粛期間で自宅に居る事に慣れてしまい、以前のように全部の土日に
予定が入っていると、疲れるわ。歳かしら(笑)。





2020年10月のエンタメ予定

10月に入りましたね。気候もやっと秋らしくなってきて。
このエントリーが久しぶりに充実してるんですよ。
書き出していると、それだけでワクワクしてきました〜!


【観劇】
「ひとよ」@豊橋
「リチャード二世」@東京
「All My Sons」@東京
「ねずみの三銃士 獣道一直線!!!」@東京
「ビリー・エリオット」@東京
「真夏の世の夢」@東京
「リチャード二世」@東京
「ゲルニカ」@豊橋
「浦島さん」@配信)
「カチカチ山」@配信)
 観劇予定8本、リピ観あり、配信は2本・・と、久しぶりに
毎週末予定が入っている・・という状態。
これはコロナ禍の前でも「忙しい」と思うレベルですねー。
もう観に行くことは無理だけど「ブカブカジョージ ブカジョージ」
は可能なら配信で観たいな、と思います。


【チケ取り】
「チョコレートドーナツ」
@東海市
 ちゃんと分かっているのは、これぐらいかなぁ。
「迷子の時間 −語る室2020−」
「火の殉難」
この2つは11月公演だから、さすがに10月にチケット発売あるでしょう?
風姿花伝プロデュースvol.7「ミセス・クライン MrsKLEIN」も、
闇鍋チケットがあるなら、10月ごろに発売になってもおかしくないけど、
もうキャストも演目も発表になっているので「闇鍋」が成立しないねぇ・・。
「23階の笑い」「てにあまる」も、マークしておかないとね。


【映画】
「オン・ザ・ロック」
10/2〜
「フェアウェル」10/2〜
「ある画家の数奇な運命」10/2〜
「ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ」10/9〜
「博士と狂人」10/16〜
 「フェアウェル」は本来2月だか3月に公開予定で、楽しみに
していた作品だったので、改めて公開が決まって、とても楽しみ。
ただ10月は久しぶりに忙しいので(笑)、どこまで映画が観られるだろう・・


【その他】
「殺意 ストリップショウ」10/4  on NHKBS
「人間合格」 on 衛星劇場
「precious moment 浦井健治×朝夏まなと」 on TBSチャンネル1
「大地 (social Distancing Version)」on WOWOW
「シェイクスピア歴史劇シリーズ映像上映」@新国立劇場
「パラドックス定数オーソドックス」7作品YouTubeで無料配信 
ゲキシネ「偽義経冥界歌」10/24〜
もう・・・この項目が充実し過ぎちゃってどうしましょう(笑)。
どれも楽しみなんですけど、月末に飛び込んできたパラドックス定数
オーソドックスのYutube配信!知った時は「マジ?」って言っちゃった(笑)。
これはいろんな人に観てもらいたい!



どの作品も無事に幕が開きますように。
そして、今月も健康に過ごせますように。






2020年9月のエンタメ予定

怒涛の2020年も、もう9月なんだ・・と思うと目が点になりそう(笑)。
まだまだ暑いですけどね。
とてもじゃないけど既に8か月も過ぎたとは思えないわ・・。
今年はまだ何もしてない、っていう感じがする(涙)。


【観劇】
「十二人の怒れる男」@東京
「ベイジルタウンの女神」@東京
(配信視聴予定)
「わたしの耳」@東京
「あなたの目」@東京
 今月、生の舞台を観る予定なのは2本。以前の私だったら
「たった2本しかない〜!」って言ってただろうな(笑)。
シス・カンパニーの2本については、以前だったら劇場に行ってたな
と思うけど、配信があるので、今回は配信でガマン。
(あ、コロナ禍でなければこの公演は無かっただろうね・・)


【チケ取り】
「真夏の夜の夢」
@東京
 分かってるのは、これぐらいかな・・。
チケット発売に関しては、急に発表〜発売になる事が続いているので、
あまり先が読めないんですよね・・。
「迷子の時間−語る室2020−」は、少し注意が必要かなー。
例年なら、もう来年のチケットが発売されていたりする頃なんだけどね。


【映画】
「スペシャルズ!」
9/11〜
「ソニア ナチスの女スパイ」9/11〜
「マイ・バッハ」9/11〜
 ありゃ、これだけだっけ?しかも全部公開日が同じじゃないか・・。


【その他】
「My Story -素敵な仲間たち-」配信視聴予定
「終わりのない」TBSチャンネル1




私事ですが、会社で8月から異動になりまして。新しい部署なのと、同僚が
大阪と福岡に名古屋に分散しているという事と、メンバーの中では長老なので
いい感じにこき使われておりましてね(あくまで自分比)。
Teamsなんか使い始めたものだから、WebのMtgが簡単に出来るように
なったり、色々便利になったのだけど、タスク管理だの、資料共有だのが増え
オンラインでの研修も増えたし、チャットですぐに連絡が飛んでくるし、
在宅で働いていてもWeb電話が追っかけてくるし(せっかく携帯電話からは
逃げているというのに)、追われている感、ハンパない毎日でございます。

こういう時こそ、遠征でぱ〜っとストレス発散!とかしたいんですけど(涙)。
感染拡大も一旦これで落ち着いてくるかなー、落ち着いて欲しいなー・・。






2020年8月のエンタメ予定

何だかまた感染の広がりが凄い事になってきてしまい、仕事も
7月下旬からテレワークが再開されるに至りました。
この状況下で、どれだけエンタメが楽しめるのか・・・。


【観劇】
「無畏」@東京
「八月花形歌舞伎」@東京
「メイビー・ハッピーエンディング」@東京
 行けるのか?というコメントしかない・・・。
他にも大阪にて2本観る予定でしたが、チケットが一旦払い戻しになり
再販売になった時点で心が折れ、観劇を断念しました。

あと、このような状況下でなければ絶対に観に行っていた
「プレミアムリーディング『もうラブソングは歌えない
は配信で観ようと思っています。(「Re:」狙いです)
次に上演される事があったら、キャストに関わらず何があっても劇場に
観に行こうと心に決めていた公演なだけに、無念でなりません。


【チケ取り】
「十二人の怒れる男」
@東京(後期日程)
「ひとよ」@豊橋
「わたしの耳」@東京
「あなたの目」@東京
 他に気になる公演はありますが、チケット発売の予定が未定なので。
最近、なかなかチケ取りに燃えないんですよね・・・。


【映画】
「ハニー・ボーイ」8/7〜
「ジョーンの秘密」8/7〜
「ファヒム パリが見た奇跡」8/14〜
「グッバイ・リチャード!」8/21〜
「オフィシャル・シークレット」8/28〜
 映画は遠出をしなくても良く、比較的手が出しやすいエンタメなので、
この辺りは観たいな、と思ってます。


【その他】
「Q」:A Night At The Kabuki  on WOWOW  8/15
その他、WOWOWでいろんな特番があるっぽい。
配信も色々とあるとは思いますが、あまり前向きでないため
調べ切れておりません。



「配信は嫌だ」とか言っていられないなぁ・・と思うようになり
PC画面をテレビで観るためにケーブルを買いました。
もう、去年のようにバンバン観たい公演を観に行く・・みたいな生活
戻ってこないんじゃないか、とか考えてしまう私的ネガティブ期です。
(いずれはワクチンが開発され、観に行けるようになると信じてはいますが)







2020年7月のエンタメ予定

東京での感染者が急に増えてきてしまい、何だか不穏な状況。
少しずつ予定も入ってきているけど・・・大丈夫なのかな。


【観劇】 
「アンチフィクション」
@東京
「殺意(ストリップショウ)」@東京
「外の道」豊橋
「ジョン王」@名古屋
「アルキメデスの大戦」@名古屋

コロナのせいで観られなくなった作品も数多くある中、やっと
今月から観劇が再開できる予定なんですけど・・・。


【チケ取り】
歌舞伎座公演はチケット発売されるけど、それ以外は本当に分からない。
こればっかりは仕方ないんだろうな、主催者側も悩ましいだろうし。
恐らく当面は以前のように、半年も先のチケット先行とかは
リスク高すぎなので行われず、公演間近にしか発売されないんだろうな。
私自身も情報収集の習慣が無くなってきていたので、チケット情報は
気を付けておかないと。


【映画】
「チア・アップ」
7/3〜
「WAVES」7/10〜
「グッド・ワイフ」7/10〜
「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」7/17〜
「パブリック 図書館の軌跡」7/17〜
「ブリット=マリーの幸せなひとりだち」7/17〜
私の映画情報は、劇場で見る予告編とチラシで8割以上を占めている為、
劇場に行かなくなってから情報が少なくて。
なので、映画を観始めてから興味のある作品が出てくることもあるかな。


【その他】
・石井一孝さんのミュージカル講座
・NTLive「フランケンシュタイン」
コロナで4月に予定していたカルチャー講座が7月になってます。
正直もう今更感があるんですが。
あと、年末年始に見逃していたNTLiveの「フランケンシュタイン」が
ミッドランドスクエアシネマで観られるらしいので、これは是非。
ゲキシネ「けむりの軍団」も始まりますね。
これも通常ならパスする所ではありますが、新感線とミニシアターの
応援の意味も込めて、名演小劇場に観に行くか、と思っています。
配信は色々とありますけど、あまり萌えないんですよね・・・。




そう簡単に以前の生活が戻ると、能天気に考えていたわけでは
ないのですが、やっぱりまだまだね・・と、ため息が出ちゃいます。
まずは自分自身が健康で過ごさないと、なんですけどね。






2020年6月のエンタメ予定

今までの生活が徐々に戻りつつある6月。
といってもエンタメは世の中的に「不要不急」という事なので、
まだまだこのエントリーで書くことがあるかと言われると・・ですが。


【観劇】
エリザベート@名古屋
ケンジトシ@大阪
4@東京
三人吉三@東京
「サヨナフ ―ピストル連続射殺魔ノリオの青春」
「ズベズダ―荒野より宙そらへ―」「ある馬の物語」も行くつもり
だったのですが、これらはチケットすら発売されなかったですね。
これ以外にも、浦井君がゲストで出る井上芳雄氏のコンサートだったり
浦井君のコンサート(昼夜2公演)も予定しており、6月は4度も上京を
する予定だったんです。「こんなに出かけていいのかしら」と思って
いたのに、今となっては杞憂に終わりましたわ。
という事で、今月も観劇はゼロでございます。(今は公演そのものが無いよね)


【チケ取り】
「無畏」
@東京
 とりあえず今ある情報はこれだけ。でも、これだけでも嬉しい!
チケットが発売されるという事は、公演が観られる可能性があるわけで。
ここ数か月はチケット発売そのものが無いから、家に送られてくる
DMそのものが殆ど無かったですからね。
「殺意(ストリップショウ)」「リチャード二世」の辺りのチケットも
(公演があるなら)そろそろ発売になってくるかな。
本来なら秋以降の公演のチケットも発売される頃なんでしょうが、
今のご時世だと、本当にギリギリの発売・・という事になるんでしょうね。


【映画】
「ルース・エドガー」
6/5〜
「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」6/12〜
「エジソンズ・ゲーム」6/19〜
 映画は少しずつ日常が戻りつつある・・という感じでしょうか。
まだまだミニシアターは集客に苦労されているとは聞きますが。
観劇はまだまだ先になってしまうと思いますので、せめて映画でも観て
エンタメに貢献したいと思います!(ていうか自分が観たいだけ(笑))


【その他】
「ピサロ」6/27 on WOWOW
「ヘンリー八世」on 衛星劇場
「私たちは何も知らない」6/7 on NHK BS
「浦井健治 の Dressing Room Live at Streaming+」
 いろんな団体が様々な配信をして下さっているので、そちらまで
挙げると大変なので(私自身があまり配信に惹かれない事もあり)
敢えてそちらはパスさせていただきました。
浦井君の配信は、中止になってしまったコンサートの有料配信なので
これはちょっと別格(笑)。



自粛期間は自粛期間なりに、出来ることをして過ごしていますけど
少しずつ町が賑わいはじめ、そ芝居のお稽古が開始されたとか、
映画の公開のニュースなんかも徐々に耳に入るようになってきました。
徐々に、以前の生活が戻ってきた実感があります。
このまますんなり以前の生活が完全に戻るとは考えられませんが
こうやって、少しでもこのエントリーに書くことがあるって、
それだけで嬉しくなりますね〜。






2020年5月のエンタメ予定

このエントリーを書くのもどうかと思いますけどね(爆)。
まあ、月初ですので書いておきます。


【観劇】
「ウエスト・サイド・ストーリーSeason3」@東京×2
「ヒッキー・カンクーントルネード/ワレワレのモロモロ 東京編2」@東京
「ナツノヨノ夢」@東京
「赤坂大歌舞伎」@東京
 もともと観劇予定が多い月ではなかったんですけど、当然ながら
今月もすべて予定が無くなりました。
ついでに言うと、浦井君のファンミも無くなりました。
まあ、「行くつもりだった」という記録までに。


【チケ取り】

チケットの発売も延期になっているものが多くて、今月何か
発売されるんでしたっけ・・?的な感じです。
最近はチケットが発売される前に公演中止になる事が増えましたから。
敢えて言うなら、次の劇チョコのチケットとかは、今月〜来月ぐらいに
発売になるかもしれませんね、公演があれば、ですが。


【映画】
これも、作品の公開時期が延期続出しているだけでなく、映画館が
クローズしてしまっている以上、特に書き出すものがございません。


【その他】
「タージマハルの傭兵」on NHK BS
「アントニーとクレオパトラ」 on 衛星劇場
劇団チョコレートケーキの過去作品のWEB限定公開と、ZOOMコメンタリー




緊急事態宣言も延長されるでしょうし、感染がおさまった感じもないので
とても以前の生活が戻ってくるという気がしません。
2月には遠征していたなぁ・・と思いますがそんなたった数か月前の事が
はるか昔の事のように感じられますし、また東京に芝居を観に行ける
んだろうか・・と、途方に暮れそうになります。

ただ、そういった先が見えない状況以上に、世の中のトゲトゲとした雰囲気に
毒されたか、自分自身も気が短くなってきているな、と思う事もあります。
「足るを知る」を心に留めて、ちょっとでも前向きに過ごしたいと思う
2020年の5月初めでした。






初めてのクラウドファンディング

全国的に緊急事態宣言が発出され、愛知県も特定警戒対象となりました。
休業要請も出ていろんなお店がシャッターを閉めています。

私自身も、家族も今のところは健康だし、仕事もあって、ちゃんと
お給料も頂けています。
ただ、世の中には本当に大変な思いをしている方が少なくなくて、
自宅に籠る事を余儀なくされていたとしても、安穏と生活している
という事に、申し訳ない気持ちになっていました。

なので、今回はこちらに参加してみました。
ミニシアター・エイド
「ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金」


メディアでも取り上げられることが増えてきて、気になっていたので。
愛知県だと私が行くのは「名演小劇場」ぐらいだし、名演だって
そんなに頻繁に行っている訳じゃないんです。
でも、だったら無くなっていいのか?って言ったらそれは困る。

幸か不幸かチケットの払い戻しも20件を超えて、あぶく銭はあるし(笑)
遊びに行くところも無いし、食事をしに行く事も出来ない。
(本当に頂けるか分からないけど)今後国が10万円くれるって言うのなら
この騒動が収まった時に「無くなって欲しくないもの」にお金を
使うのも悪くないじゃない、と。
今までも「あ、気になるな」と思うものがあっても、ついつい
後まわしになって、応援できずに終わってしまっていたので、
いい加減、自分も行動を起こそうと思いまして。

所詮私は、しがないOLなので、高額な協賛は出来ませんが、
でももし、何もしない間に映画館が潰れたら、後悔すると思うんです。
ちょうどニュースで観た時には支援金が1億2千万を超えていた所ですが
その段階で1館150万円分配されるんだそうです。
今現在、1億4千万弱、あと27日残っているらしいので、何とか
1館200万ぐらい分配される程度、集まったらいいなぁ。

ただ、私の一番の趣味は観劇、演劇なんですよね。
同じように何か支援したいな・・と思うんだけど、なかなか相応しい
支援先が見つからないんです。
ちょっと、これから探してみよう・・・。









2020年4月のエンタメ予定

今月も観ようと思っていた舞台が続々と公演中止になってしまい
観ようと思っていた映画も続々と公開延期になってしまいました。
時間があるから本でも読めばいいものの、何だか何もする気になれず
自分のクズっぷりを自覚した1か月。


【観劇】
「反応工程」
@東京 ←初日延期のため観られず・・後に全公演中止
「桜の園」@東京 ←初日延期のため観られず・・後に全公演中止
「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド 〜汚れなき瞳〜」@名古屋←公演中止
「NARUTO」@名古屋 ←公演中止のため観られず
 もともと観劇予定が少ない月だったのですが、全滅でしたね。
今の情勢を考えると、必然って気もしますし、公演があったとしても
楽しめませんし、もう心構えは出来ていましたよ。
特に「桜の園」に関してはリリース2日前に演劇ライターの方がTwitterで
「前半は中止の連絡があった」とツイートされていたので、覚悟してました。
公演中止になれば、私たちはチケット代が返金されるからいいんですよ、
残念ではありますけど。でも主催者側は、そうもいかないですからね・・・。


【チケ取り】
「サヨナフ ―ピストル連続射殺魔ノリオの青春」@東京
「アンナ・カレーニナ」@東京
「ある馬の物語」@東京
「メイビー、ハッピーエンディング」@東京
「リチャード二世」@東京
「ズベズダ―荒野より宙そらへ―」@東京
 おやおや、芝居は観られないのにチケ取りが大忙しじゃない?
何だかとっても自分自身のテンションが低くて、なかなか先の
スケジュールまで考えられないんですけどね。
オリンピックの為に7月〜8月は東京に近寄らない方向で考えていたので、
そこもまた練り直さないといけないですし。
「リチャード二世」はもう少し後の先行で取ろうかな、と思います。
10月とか、まだ予定立てられない・・!


【映画】
「シェイクスピアの庭」
4/4〜
 うぇ。これだけ??最近は映画館に行っていないので、情報が
入ってこないという事もあるんですが、公開延期の作品も続々なんですよね。


【その他】
「ドクターホフマンノサナトリム」4/6 on NHK BS
「石井一孝ミュージカル入門〜アラン・メンケン」
NTLive「スモール・アイランド」
 「ドクターホフマン〜」は映像化されないって思っていたので
嬉しい誤算ではあります。戯曲も読んでおいたので、観直すのが楽しみ。



これで丸々2か月以上観劇が出来ない状態な訳ですね。
もう、こういう生活にも慣れてきてしまったので、さほど辛くはないですが
色々な面で先が見えず、仕事も忙しくて、どよーんとした毎日です。
5月公演は4月からお稽古が始まる訳で、この調子だと5月公演も
どうなるでしょうかね・・・。






2020年3月のエンタメ予定

もうすぐこの世に生を受けて半世紀経ちますけど、感染症で
こんなに大騒ぎになったのは初めてで、日常が非日常になっちゃった感じ。
仕事でも色々な影響は出ているし、エンタメも軒並み公演中止とかで
半月先さえ、どうなっているのか分からないような状況に戸惑うばかり。
とりあえず、今の段階でのエンタメ予定。


【観劇】
「愛する母、マリの肖像」@東京
「アナスタシア」@東京
「偽義経冥界歌」@東京
「十二夜」@東京
「冬の時代」@東京
「明治座三月花形歌舞伎」@東京
 「天保十二年のシェイクスピア」@大阪と、「オグリ」@京都は
払い戻しになってしまったのですが、それ以外も怪しいんだよね。
「愛する母、マリの肖像」「十二夜」は公演する方向で調整中
とのことだけど、「アナスタシア」も「偽義経冥界歌」も3月初旬迄は
公演中止が決まっているので、その期間が延長されると、アウト。
仕方のないことではあるけど、気が揉めますね・・・。


【チケ取り】
「外の道」
@豊橋
「ジョン王」@名古屋
「4」@東京
 ん?これだけか?「ケンジトシ」もあるかな?


【映画】
「ジュディ 虹の彼方に」
3/6〜
「ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏」3/7〜
「ハリエット」3/27〜
「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」3/27〜
 あら、思ったよりも興味のある作品が少ないわ・・・。
春休み期間だから、公開作品にも傾向があるかもしれませんね。


【その他】
「月の獣」on BS Premium
「カリギュラ」on WOWOW



台風も無い、そろそろ降雪の心配も無い、遠征するにはリスクが
一番少ないはずのこの時期に、公演中止が続くとは・・・。
当たり前の生活が、当たり前に送れることの大切さって、本当に
「当たり前じゃない」状況になって、痛感します。
震災等があって、忘れちゃいけないと分かっているつもりなんだけども。
早く、平穏な日々が戻りますように。

今年の土筆
先週末撮った今年の土筆。
最近は朝早く、夜遅く・・の帰宅が多かったので気づかなかった
のですが、もう既にこんなにニョキニョキ伸びてた(笑)。
過去の自分のブログを遡ると3月20日頃になる年もあるみたい
だったけど、ここ数年は3月初旬に発見している様子。
土筆が顔を出す時期が全体に早まっている印象ではありますが
やっぱり今年は早いよね、暖かいもん・・。
既に近くではれんげの花も咲いていて、「何月だよ」と思わず
突っ込みたくなりました(笑)。(普通は、桜が散った後ぐらい。)

春はすぐそこ。








NTLive「リーマン・トリロジー」

興味はあるNTLiveですが、いかんせん上映館が少ないのと、
交通の便が宜しくないため、どうしても見逃してしまいがち。
名演小劇場でアンコール上映があれば・・ぐらいの頻度でした。
それが今回、お誘いいただき、観に行ってきました!

リーマントリロジーNTLive「リーマン・トリロジー」
演出:サム・メンデス  作:ステファノ・マッシーニ
出演:アダム・ゴドリー、サイモン・ラッセル・ビール、ベン・マイルズ
【あらすじ】
世界的な投資家リーマン一家が米国に移住した1844 年から2008年のリーマン・ショックが起こるまでの3世代にわたる栄光と衰退を描く






内容をよく把握していなかったのですが、「リーマン」はあの
リーマンショックの「リーマン」。リーマン・ブラザーズの歴史を
トリロージーで描く、というものです。
演出家のサム・メンデスは先日観た映画「1917 命をかけた伝令」
の監督でもありますね。
とにかく事前のネットでの評判がすこぶる良くて、期待大!

感想はまた書きますが、こりゃ評判になりますよね(笑)。





2020年2月のエンタメ予定

2月かぁ。。今年は暖冬ゆえに、あまり実感が湧きませぬ。
そして仕事は繁忙期に突入しつつあります。(繁忙期が前倒しだ・・)
呑気に仕事前にマックでコーヒーを飲みながら読書をしたり、
仕事帰りに映画を観に行くのも、しばらくお預けになるかもね。


【観劇】 
「私たちは何も知らない」@名古屋
「メアリ・スチュアート」@東京
「偽義経冥界歌」@東京
「ヘンリー八世」@埼玉
「天保十二年のシェイクスピア」@東京
「往転」@東京
「タブーなき世界そのつくり方」@東京
「誰にも知られずに死ぬ朝」@埼玉
 土壇場でもう1本増えるかもね、という感じです。今月は遠征が2度。
スケジューリングを結構頑張ったんですが、2本諦めました。諦めたのは
「コタン虐殺」と「メアリー・ステュアート」(紛らわしい・・)、
どっちも観たかったなぁ。


【チケ取り】
カクシンハン第14回公演 「ナツノヨノ夢」@東京
「NARUTO」@名古屋
「ボーイズ・イン・ザ・バンド 〜真夜中のパーティー〜」@大阪
 「NARUTO」はどうしようかな、原作を全く知らないし・・と悩み中。
『ヒッキー・カンクーントルネード/ワレワレのモロモロ 東京編2』とか
そろそろ・・?と思うし、木ノ下歌舞伎の「三人吉三」も注目してるけど
「三人吉三」は上演時間が5時間半とかで、日程がねぇ・・。
夏場は極力東京に近寄る事を避けたく、大阪公演を狙うものもあります。


【映画】
「グッドライアー 偽りのゲーム」
2/7〜
「1917 命をかけた伝令」2/14〜
「私の知らないわたしの素顔」2/14〜
「名もなき生涯」2/21〜
「スキャンダル」2/21〜
「黒い司法 0%からの奇跡」2/28〜
「ラスト・ディール  美術商と名前を失くした肖像画」2/28〜
 実はけっこう観たい映画が多い2月。今まではあまり注目していなかった
ミッドランドスクエアシネマが私的にアツい(笑)。
あ、名演小劇場も観たい作品が多い。がんばれ、ミリオン座!


【その他】
「渦が森団地の眠れない子たち」on WOWOW 2/29



休日出勤もあるし、東京遠征も2度あるし、なかなかのんびりできない
2月になりそうな予感。
ただ今若干体調不良中ですが、何とか元気に乗り切りたいものです。






2020年1月と2020年全般のエンタメ予定

あっという間に年が明けてしまいましたが、エンタメ関連の確認と
今年の抱負という事で。まずは今月の予定から。


【観劇】
「グッドバイ」@名古屋
「沖縄世 うちなーゆ」@東京
「FORTUNE」@東京
 おお、少ない!でも振り返ると例年1月は少ないんです。遠征も日帰り。
今回は「沖縄世 うちなーゆ」を軸に遠征時期を決めてしまったので
歌舞伎もタイミングが合わなかったんですよね。
まあ、こういう事もあります。


【チケ取り】
「櫻の園」
@東京
「ウェスト・サイド・ストーリー Season3」@東京
「愛する母、マリの肖像」@東京
「大地」@東京
「明治座 三月花形歌舞伎」@東京
この辺りは決まっていますが、「エリザベート」@名古屋なんかも、
そろそろあるかもしれませんね。
あとはコットーネの「山の声」とか、5月のカクシンハンとかの情報が
早く出て欲しいんですけど。


【映画】
「リンドグリーン」
1/11〜
「キング」1/11〜
「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」1/17〜
 どれもあまりピンと来ないんですが、一番観たいのが「キング」かな。
恐らく「ヘンリー五世」なんでしょうね。シェイクスピアと全く同じ作品
かどうかは分かりませんが。元々はNetflixの映画のようなのですが、
私は加入していませんから、劇場で上映されるのはありがたい。
「マリッジ・ストーリー」や「アイリッシュマン」も上映されるようなので
タイミングが合えば・・と思いますが、ちょっと難しそう。
今後もネトフリの映画が充実していくようなら、加入しないとダメなのかな。


【その他】
「掬う」1/13 on NHK



ざっと見ると、予定も少なそうなので、今月は頑張って本を読もう!
読みたい積読本が溜まっております・・・。



今年の抱負は(大した内容ではないが)追記にて。





続きを読む

NTLive「リチャード二世」

名古屋でのNTLiveのオリジナル上映館は名古屋市内にあっても
交通が不便なので、どうも足が向かなくて諦めていたのですが
アンコール上映が名演小劇場であると知って、アガりました。

リチャード二世NTLive「リチャード二世」
作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:ジョー・ヒル=ギビンズ
出演:サイモン・ラッセル・ビール、レオ・ビル ほか

 






とはいえ、上映期間が短いうえに、その上映期間の土日は東京遠征で
観に行く事が出来ないため、ほぼ絶望的。(1日1回の上映のため)
だったらもう、仕事を休むしかないじゃないか!と(笑)。
12月中にどこかで1日ぐらい有給休暇を取ろうかな・・と思って
いたので、ちょうどいいや!ということで。

NTLiveも会員だと500円引きになるのが有難い。
これから何本観られるか分からないけど、これだけで会費の大部分が
回収できるんじゃないだろうか(笑)。




続きを読む

2019年12月のエンタメ予定

もう2019年もあと1か月とか信じられないんですけど。
毎年毎年、12月には「早い」だの「信じられない」だのと飽きもせず
書き続けているんですが、それでも書かずにはいられない。
ああ・・何だかしょっちゅう年賀状作っている気がします・・・。



【観劇】
「ビッグ・フィッシュ」@刈谷
「正しいオトナたち」@名古屋
「タージマハルの傭兵」@東京
「月の獣」@東京
「マクベス」@神奈川
「ドクター・ホフマンのサナトリウム 〜カフカ第4の長編〜」@豊橋
6本ですか。もう現時点で昨年観た舞台の本数は越えてます(笑)。
12月はあまり無理をしない、ゆったりめのスケジュールかな。
1本、名古屋の地元劇団の公演を観るかも・・?


【チケ取り】
「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド 〜汚れなき瞳〜」@名古屋
「誰にも知られず死ぬ朝」@埼玉
どちらも既にエントリーが始まっていたり、一部既に先行が終了
していたりするものばかり。
た組。は観たいのだけど、KAKUTAプロデュースの「往転」の予定次第
なんですよね。2月の「タブーなき世界そのつくり方」はそろそろ?
と思うんですが。
T-works#3『愛する母、マリの肖像(仮)』とか、コットーネの「山の声」
とかもスケジュール出してほしいんだけどな。
小劇場はギリギリまで分からないし、こちらから情報をガツガツ
探しに行かないと知らぬ間に情報アップされていたり、チケットが発売に
なっていたりするので、追いかけるのが大変。


【映画】
「家族を想うとき」
12/13〜
「再会の夏」12/13〜
「バッド・バンディ」12/20〜
あれ、少ないぞ?まあ・・ムリに観なくてもいいんですけどね。


【その他】
「愛と哀しみのシャーロックホームズ」12/28 on WOWOW
「男たちの中で」12/2 on NHK
「リア王」@名演小劇場
「リチャード二世」@名演小劇場
「アントニーとクレオパトラ」@名演小劇場
「ジュリアス・シーザー」@名演小劇場
NTLiveのアンコール上映が名演小劇場であるのが、私的には今月の
 一番のハイライトなんだけど、いったいどれだけ観られるだろう・・。



とりあえず、ちゃんと年賀状を間に合わせ、部屋を片付け、HDDを整理し
観れていない録画を消化し、書けていない芝居の感想を冬休みが終わる
までには(年内とは言わない)書き終える!
ちゃんと年越しが出来るように、頑張りたいと思いますっ!




WOWOWを活用する生活

いつから加入しているのか覚えていないんですけど、舞台中継が
ある時しか利用していなかったWOWOW。
それが、最近結構利用しているんですよね。


■WOWOWメンバーズオンデマンド
ジムで走る時、飽きてしまうのでテレビを見ながら走っていたのですが
健康情報の情報番組ばっかりで飽きてしまって。
当初は、自分が録画したHDDの番組をネット経由でスマホで
観ていたのですが、ふとオンデマンドの事に気づいたんですよね。
普段ドラマは観ないんですが、今は走りながら過去のドラマをオンデマンドで
コンスタントに観ております。

神の手「神の手」
出演:椎名桔平、杉本哲太、鈴木砂羽、北村有起哉、星野真里、芦名星、葉山奨之、井上肇、坂井真紀、近藤正臣








真犯人「真犯人」
出演:上川隆也、小泉孝太郎、内田有紀、甲本雅裕、田中要次、浜田学、森岡 龍、清水伸、長野里美、モロ師岡、近藤芳正、尾美としのり、北見敏之、でんでん、高嶋政伸








血の轍「血の轍」
出演:谷原章介、原田泰造、TAO、高嶋政伸、釈由美子、徳山秀典、嶋田久作、田中健、北見敏之、宅麻伸 ほか










どれも1話60分、CM無し。
いつも筋トレの後で30分走るので、2度ジムに行くと1話観られる感じ。
何の頓着も無く、適当に観ているんですけど・・・どれも重いし
そして全体に画面が暗い(苦笑)。
偶然だとは思いますが、高嶋政伸が全く同じような役で出演されていて
ちょっと笑っちゃいましたよ。

ドラマWって、基本的には原作があるものばかりなんですけど、よくも
これだけ見つけてくるよね、と思います。そもそも「下町ロケット」も
2011年、地上波の2015年より早くドラマ化されていますし、
「空飛ぶタイヤ」も2018年の映画化より9年早い2009年にドラマ化
していますから、目の付け所がいいと言えるかも。


■ムビチケギフトを1200円で買う。
Wowショップで1200円でムビチケが買えるんです。
厳密に言うと、1200円払うとムビチケギフトが購入でき、そのギフト券で
ムビチケに交換ができるんですね。

いつも会員料金で観られる映画館で映画を観ますが、たまには大手の
シネコンでしか上映されていない映画が観たかったり、遠征の際の
空き時間など、出先で映画が観たい事もあります。
でも、1900円を払う気にはなれないのですよね、私(笑)。
そんな時に、便利に使わせて頂いています。
ムビチケで映画鑑賞をすると、映画館としては「有料鑑賞」にカウント
されるので、映画館でもポイントが溜められますし。
欠点は、ムビチケは公開が始まるまでに買わないといけない事、かな。

今年に入って、やっと色々と活用し始めたWOWOW(笑)。
出来れば、舞台中継をもっと増やしてくれると嬉しいんだけどな〜。





読了「くちびるに歌を」

ちょっとサスペンスものを読むのが続いたので、違うテイストの
本を読みたいな・・と思い、積み本の中から選んだのはこちら。

くちびるに歌を「くちびるに歌を」
著:中田 永一 
【あらすじ】
長崎県五島列島のある中学合唱部が物語の舞台。合唱部顧問の音楽教師・松山先生は、産休に入るため、中学時代の同級生で東京の音大に進んだ柏木に、1年間の期限付きで合唱部の指導を依頼する。それまでは、女子合唱部員しかいなかったが、美人の柏木先生に魅せられ、男子生徒が多数入部。ほどなくして練習にまじめに打ち込まない男子部員と女子部員の対立が激化する。一方で、柏木先生は、Nコン(NHK全国学校音楽コンクール)の課題曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」にちなみ、十五年後の自分に向けて手紙を書くよう、部員たちに宿題を課していた。提出は義務づけていなかったこともあってか、彼らの書いた手紙には、誰にもいえない、等身大の秘密が綴られていた。



アンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓 十五の君へ~」がベースに
なっている作品なんだそうです。
確か、映画もあったよなーと記憶していたのですが、映画の
ノベライズという訳ではなく、歌→小説→映画、といった
流れ・・・らしい(笑)。





続きを読む

2019年11月のエンタメ予定

とうとう今年もあと2か月を切ってしまいました。
なのにまだ「寒い」と感じる事が無く、冬感ゼロなんですよねぇ・・。


【観劇】
「渦が森団地の眠れない子たち」@名古屋
「あの出来事」@東京
「カリギュラ」@東京
「Q:A Night At The Kabuki」@東京
「一尺四方の聖域」@東京
「終わりのない」@東京
「あの記憶の記録」@名古屋
「掬う」@豊橋
なかなかバラエティに富んでいますね(笑)。
今月は割と規模の大きな公演を観ることが多いかな。というか
100名未満の劇場に行く機会が無い月ですね、最近にしては珍しく。


【チケ取り】
「メアリ・スチュアート」@東京
「泣くロミオと怒るジュリエット」@東京
「お勢、断行」@東京
「沖縄世 うちなーゆ」@東京
 「泣くロミオと〜」は見送るかな、あまり惹かれないし。
2月・3月はうまくスケジューリングが出来ず、本当に頭が痛い。
もう1度の上京で全部観る、という考えは捨てて、どこで手を打つか・・
で考えないと。ほんと、小劇場は上演期間が短くて困る。
ここに挙げた「メアリ・スチュアート」は世田谷パブリックシアター。
赤坂RED/THEATERはまた別ね。
「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド 〜汚れなき瞳〜」@愛知
もそろそろ先行があるんじゃないかな。


【映画】
「グレタ」
11/8〜
「ベル・カント」11/15〜
「ライト・イットセルフ 未来に続く物語」11/22〜
「LORO 欲望のイタリア」11/23〜
「人生、ただいま修行中」11/23〜
 どうしても観たい!と思うような作品が無いなぁ・・。
ボヤボヤしていると、また映画館から足が遠のいてしまいかねないな。


【その他】
劇団☆新感線『メタルマクベス』disc3 11/16 on WOWOW




仕事が落ち着いているこの時期なので、のんびりしつつ、師走になって
バタバタしなくてもいいように少しずつ準備していければいいな・・と。
年内の舞台鑑賞数はもうほぼ固まっているので、映画鑑賞の数と、
読書数がどれだけ伸ばせるかな・・・という感じかな。




 

2019年10月のエンタメ予定

まだ毎日最高気温が30度前後あって、普通に半袖の服を着ていて
(昨日の最高気温は34度ですから〜!)自室では相変わらず
毎日エアコンを入れてて、何が10月だって話ですよ(苦笑)。


【観劇】 
「人形浄瑠璃 文楽(昼)」@豊橋
「人形浄瑠璃 文楽(夜)」@豊橋
「終夜」@東京
「どん底」@東京
「死と乙女」@東京
「受取人不明 ADDRESS UNKNOWN」@東京
「治天ノ君」@東京
「三億円事件」@東京
「けむりの軍団」@大阪
「吉例顔見世(夜)」@名古屋
バラエティに富んでるな(笑)。東京での遠征は殆どが小劇場や
規模の小さな劇場ばかり!でも、どれもすっごく楽しみな作品です。
今月は自分への誕生日祝いに、新感線@大阪を追加致しました ♪


【チケ取り】
「ヘンリー八世」
@埼玉
「泣くロミオと怒るジュリエット」@東京
「ねじまき鳥クロニクル」@名古屋
「ヘンリー八世」は絶対に観たいですけど、それ以外はどうかな・・。
悩み中ですが、何となく見送りそうな予感。
「KERA CROSS 第二弾 グッドバイ」@名古屋も今月中ね。
(私はエントリーしてませんが、既に受付ている所、ありますしね)
12月の「マクベス」や1月の古川さんの作品も観たいのですが
スケジュールも含めた詳細が分からないので、何とも・・・。
早く情報プリーズ。


【映画】
「エンテベ空港の7日間」
(10/4〜)
ボーダー 二つの世界(10/11〜)
イエスタデイ(10/11〜)
ホームステイ ボクと僕の100日間(10/12〜)
今さら言えない小さな秘密(10/18〜)
映画は9月公開で積み残しているものが、結構あるんですよね。
「観たいなぁ」と思っても、開映時間がとことんタイミングが
悪かったり、どうしても映画館に足が向かなかったりして、今は
ちょっと映画に対して距離感がある感じ・・かな。
今月は誕生月でサービスも多いので、頑張って通わないとね。


【その他】
「キネマと恋人」10/26 on WOWOW
「機械と音楽」10/7 on NHK BSプレミアム
 いずれも生の舞台で観ている作品ですけどね。



ふむ。今月でまた一つ歳をとるわけですね。
・・・致し方あるまい・・・。








初体験「スジナシ BLITZシアター Vol.10」

この為だけに上京するなんて(しかも数日前に遠征してたし!)
贅沢すぎるよね、そもそもチケット取れないよね・・と思って
いたのですが、チケット取れちゃったし、天海祐希と浦井健治には
お金を使ってもいいって事にしてますんで(爆)。

スジナシ
「スジナシ BLITZシアター Vol.10」 マイナビBLITZ赤坂 F列
19:00開演、21:00終演
出演:笑福亭鶴瓶  案内人:中井美穂
ゲスト:天海祐希



外せない仕事が2件ほど入ってましたので、15時近くまで普通に
仕事をして、午後休という体で職場離脱。
贅沢だけど、バスを使ったりすることも出来ない時間なので
「のぞみ」で東京へ。
私はラッキーな事にチケットが取れましたが、やはりなかなか
取りづらい回だったようで、当日券の発売も無かったとか。

「スジナシ」自体は名古屋ローカルだった頃に見た事がありますが
舞台版は観た事がありません。
舞台版はその日の夜中にテレビ放送されますけど、関東ローカルなので
CBCじゃ観れないのよね。もともとCBCの番組だったってのにさ(怒)。
なので、舞台版の「ルール」は今回初めて知りました。

・セットは当日知らされる(これは昔も同じだったと思う)
・登場シーンは観客と鶴瓶さんで決める。
 「天海さんには客席から登場してもらいたい」という意見が多くて
 笑っちゃいました。天海さんは「嫌だ」っておっしゃってましたけど(笑)。
・観客から効果音係を募集し、自分の好きなタイミングで好きな音を
 出すことができる。

・客は笑っても拍手してもいけない

「やりたい人いますか?」とか言うと、凄く手が上がるのね。
名古屋だったら「シーン」としちゃうと思うのですけど、さすが東京。
効果音係の女性なんて、初めて来たっていうのに手を挙げる積極さ!

上記のようなことが色々とあって
「セットは早朝のパン屋さん」
「お店の中に最初に天海さんが居て、鶴瓶さんが入ってくる」
という事だけが決まりました。

お二人がセットの中で準備している間は中井美穂さんがお話をして
時間を繋がれるのですが、中井さんは舞台好きで有名な方。
この日も「修羅天魔をご覧になった方、いらっしゃいます?」と
客席に聞いたところ、ものすごい数の手が挙がりました(笑)。
(ちなみに初日も二日目も、この日も客席の雰囲気が全く違ったそう。
初日は八嶋智人さん、二日目が笹本玲奈さんでした)

中井さんは「観た方にしかわからない話でごめんなさい」と前置きを
した上で「あのラストのシーンが如何に素晴らしかったか」をガチで
語られて、ああこの方は本当に舞台が好きなんだなぁ・・・と
思わずホッコリさせて頂きました。





続きを読む
livedoor プロフィール

みんみん

今後の観劇等の予定




<5月>
□フェイクスピア@東京
□おわり良ければすべて良し@埼玉
□コクーン歌舞伎「夏祭浪花鑑」@東京
□鋼の糸@東京


<6月>
□ロミオ&ジュリエット@大阪
□ロミオ&ジュリエット@名古屋
□夜への長い旅路@東京
□キネマの天地@東京
□首切り王子と愚かな女@東京


<7月>
□外の道@豊橋
□Hedge1-2-3@東京


<8月>
□王家の紋章@東京



以上がチケットGET済み。
( )内は配信視聴




●他に興味がある公演はコチラ(5/2 更新)



2021年に観た舞台


感想を書いてあるものは
作品名にリンクしています



<1月>3本
■オトコ・フタリ@刈谷
■てにあまる@刈谷
■チョコレートドーナツ@東海市


<2月>7本
■墓場なき死者@東京
■イキウメの金輪町コレクション(甲)@東京
■イキウメの金輪町コレクション(乙)@東京
■帰還不能点@東京
■スルース〜探偵〜@名古屋
■キオスク@名古屋
■ザ・空気 ver.3@長久手


<3月>6本
■子午線の祀り@名古屋
■藪原検校@名古屋
■アリージャンス@東京
■ダム・ウェイター@東京
■月影花ノ丞大逆転@東京
■本当のハウンド警部@東京
■アユタヤ@配信
■帰還不能点@配信
■イキウメの金輪町コレクション(丙)@配信


<4月>2本
■ミュージカルGHOST@名古屋
■日本人のへそ@名古屋


<5月>2本
■ウェイトレス@名古屋
□カメレオンズ・リップ@名古屋


※( )内は配信視聴




▼▲コロナ禍で断念▲▼
・月とシネマ@東京
・The PROM@大阪




★★観劇以外のエンタメ★★
・KENJI URAI 20th Anniversary Concert








▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

■昨年以前の記録(観劇)
■2006年に観た舞台はコチラ■
■2007年に観た舞台はコチラ■
■2008年に観た舞台はコチラ■
■2009年に観た舞台はコチラ■
■2010年に観た舞台はコチラ■
■2011年に観た舞台はコチラ■
■2012年に観た舞台はコチラ■
■2013年に観た舞台はコチラ■
■2014年に観た舞台はコチラ■
■2015年に観た舞台はコチラ■
■2016年に観た舞台はコチラ■
■2017年に観た舞台はコチラ■
■2018年に観た舞台はコチラ■
■2019年に観た舞台はコチラ■
■2020年に観た舞台はコチラ





★昨年以前の記録(映画)
★2007年に観た映画はコチラ★
★2008年に観た映画はコチラ★
★2009年に観た映画はコチラ★
★2010年に観た映画はコチラ★
★2011年に観た映画はコチラ★
★2012年に観た映画はコチラ★
★2013年に観た映画はコチラ★
★2014年に観た映画はコチラ★
★2015年に観た映画はコチラ★
★2016年に観た映画はコチラ★
★2017年に観た映画はコチラ★
★2018年に観た映画はコチラ★
★2019年に観た映画はコチラ★
★2020年に観た映画はコチラ★



こんな本読みました

読書メーター


2021年の活動記録

■どんな作品と出会えたかな?■

映画:7本(昨年は37本)
読書:42冊(昨年は115冊)
   ※除コミック
観劇:20本(昨年は30本)
配信:3本
その他:2本(昨年は10本)
(ゲキシネ・ライブ・イベント等)


東京遠征:4回5日
     (昨年は11回18日)
大阪遠征:0回0日
     (昨年は0回0日)

みんみんへのメール

録画やダビング、コピー等の複写行為は一切お断りしております。 「DVD貸して」という類の御依頼も申し訳ありませんが、全てお断りさせて頂いております。 またそのようなご依頼にはお返事も致しておりません。御了承下さい。

名前
メール
本文
このブログ記事から検索
Archives
最新コメント
訪問ありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

みんみんのなう!
Instagram
LINKS
■劇団/俳優関連■
・劇団☆新感線
・ゲキシネ
・イキウメ
・野田地図
・松竹(歌舞伎・演劇)
・歌舞伎美人
・キューブオフィシャルサイト
・東宝演劇WEBサイト
・シス・カンパニー
・ナイロン100℃
・阿佐ヶ谷スパイダース
・MONO
・彩の国シェイクスピアシリーズ
・猫のホテル
・こまつ座
・劇団チョコレートケーキ
・華のん企画
・ハイバイ
・オフィスコットーネ
・パラドックス定数
・Stage Gate
・TheatreCompany KAKU-SHIN-HAN
・アン・ラト(unrato)
・JACROW

■劇場■
・シアターコクーン
・パルコ劇場
・世田谷パブリックシアター/シアタートラム
・東急シアターオーブ
・新国立劇場(演劇)
・東京芸術劇場
・本多劇場グループ
・赤坂ACTシアター
・IHIステージアラウンド東京
・帝国劇場
・シアタークリエ
・赤坂RED/THEATER
・シアター風姿花伝
・あうるスポット
・すみだパークスタジオ倉
・新宿・サンモールスタジオ
・吉祥寺シアター
・神奈川芸術劇場KAAT
・彩の国さいたま芸術劇場
・梅田芸術劇場
・ABCホール
・サンケイホール・ブリーゼ
・兵庫県芸術文化センター
・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・御園座


■演劇系ポータルサイト■
・VAC(VILLAGE AUDIENCE CLUB)
・エントレ
・シアターリーグ
・おけぴ上演時間情報
・CoRich舞台芸術!
・ステージナタリー
・歌舞伎見物のお供

■チケット関連サイト■
・チケットぴあ
・e+(イープラス)
・ローチケ.com
・ホリプロステージ
・東宝ナビサーブ
・チケットWEB松竹
・cubit club(旧)
・cubit club plus
・キョードー東海
・中京テレビ
・メーテレ(名古屋テレビ)
・東海テレビ
・カンフェティ
・JCBチケット
・オケピネット


■俳優さん等のブログ■
・StarSオフィシャルブログ
・高田聖子の見られていい日記
・橋本じゅんの福音書2
・粟根まこと式デジタル地上波
・未確認ヒコー舞台:UFB」(粟根まこと)
・山本カナコのアンニュイ日記
・Krnji's Diary(浦井健治)
・石井一孝の情熱マニア日記
・れなにっき(笹本玲奈)
・岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息
・キムラ緑子の『いつか〜〜の前に』
・鈍ラ・エクスペリエンス(前川知大)
・二塁手 高橋洋ブログ
・高橋洋オフィシャルブログ
・坂東彌十郎オフィシャルブログ

■映画関係■
・映画屋どっとcom(ミリオン座系列)
・名演小劇場
・ミッドランドスクエアシネマ
・109シネマズ




イーオシバイドットコム